プロフィール

経歴

2002年入社/週刊少年マガジン→月刊少年ライバル→ヤングマガジン→コミックDAYS立ち上げと運営を経て→モーニング編集次長。『ロッキー』『ランボー』『ロボコップ』の話なら3時間くらい話せると思います。よろしくお願いします。

担当作

担当作は『上京生活録イチジョウ』『中間管理録トネガワ』『1日外出録ハンチョウ』『食糧人類』『食糧人類Re:』『ワンオペJOKER』『僕の奥さんはちょっと怖い』『JKさんちのサルトルさん』『電人N』『殿さまとスティッチ』『アポカリプスの砦』など。

メッセージ

①「自分の本音」を ②「他人に伝わるように描く」・・・・この2つができればプロになれます。②は編集者がお手伝いできることもあると思います。なので、まずは①の部分「自分の本音」を作品にぶつけてください!よろしくお願いします。

リンク

新着メッセージ

  • すごい絵と内容ですね。

    WEBTOONで縦でこんなふうに見せ方や演出をつけられるんだ、と感動しました。時間と空間が流れるように繋がっていて、すごいな、と。

    绘图工厂さんに非常に興味を持ちました。現状で原作や企画があるわけではないですが、一度お話しさせてもらって双方の希望に合うような企画や原作などをご用意できれば良いな、と思います。担当希望しますので、よろしくお願いします。

    2021/10/13 19:19
  • すごく面白かったです。
    個人的に、自分がダメ人間だと自覚していてもがいている人が好きなので、
    キャラクターがみんな生きていてぐいぐい読めました。

    太陽のように完璧に見えるお姉さんと、
    その光で自分の日陰者性が浮き彫りになっている二人の、
    キャラクター配置が完璧やと思いました。

    月刊連載希望でしたらモーニング・ツーでの連載目指すのはどうでしょう?
    ページ数を減らしてコミックDAYSで隔週連載でもよいかもしれません。

    担当希望出しますのでよろしくお願いします。

    2021/09/02 11:29
  • 絵がすごいうまくて、面白いですね!
    日常の裏にすごい歴史の積み重ねがある、
    という世界観とかキャラクターが好きなので、楽しく読みました。

    企画も内容も良くできていて絵もうまくて…と言うことなしなんですが、
    少し物足りないというか、もう少し「はみ出してくるもの」が欲しいような感じもしました。

    例えば最初読んだ時は「食事シーンあと2P欲しい」と思いました。
    そしたら日常のハッピーさがはみ出してくるかな…と。

    最後の「ごちそうさま」の絵がめちゃくちゃかっこいいわけですが、
    この表情がルラにとってどういう意味を持つか、
    怖いのか、キュンとくるのか、嬉しいのか、悲しいのか…
    というようなことを明確にできれば、より「はみ出す」シーンになったかもと思いました。

    はみ出す、はみ出すばかり言ってますが、
    どれだけ上手く出来ていても最終的に人の心を揺さぶるのは
    はみ出す部分だと思うので、しつこめに言ってしまいました。

    魅力的な作品であり力ある方なのは間違いないので
    作品のお手伝いできると嬉しいです。
    よろしくお願いします!

    2021/08/08 21:43
  • ご投稿ありがとうございます!

    ちょっと状況わかりづらいところもあるのですが、
    画面に説得力と緊張感があって「なにか重大なことが起こってる感じ」がします。

    続き楽しみです。
    担当希望出してお待ちしております。

    2021/07/29 21:52
  • 面白かったです!
    これ含めて3作品読んだのですが、どれも起承転結や意外な展開があり、人の心が動く瞬間が印象的に描かれており、楽しく読めました。ネーム原作志望という点を踏まえて、3作品まとめての意見、感想を書いていきますね。

    ・画力に課題があると思いました。というのは、ネーム原作とはいえ、どのような表情か、どのような状況か、どういう雰囲気がするコマか、ということが作画の方に伝わった方が良いからです。コマ割りがやや読みづらいのも中に入っている絵の画力の問題が大きいと思いました。

    ・ストーリーを円滑に進めるために、敵キャラの設定などがややおざなりだったり、無理を感じるところもありました。

    ・いずれもストーリーは面白かったのですが、欲を言えば、忘れられないキャラクターを登場させられると良いな、と思いました。

    個人的にネーム原作者の方を担当する機会が多いのですが、「ネーム原作者としてデビュー目指していくにはどうすれば良いか?」など、わかる範囲でいろいろお話ししつつ、上田さんのことも伺えればと思います。よろしくお願いします。

    2021/01/26 22:59
  • ご投稿ありがとうございます。実際に巻き込まれるのは嫌ですが、エンタメの中のバイオレンスは大大大好きなので、非常に楽しく読みました。

    絵とアクションにものすごい迫力があり、込められているキャラクターの感情も強くて、浴びるように読むことができました。ただ、Otsuさんが作品に込めた面白さの何分の一かしか伝わっていないんだろうな、という感覚もありました。「ちゃんと理解できればもっともっと面白いんだろうな!」と。

    そう感じた理由なのですが

    ・世界観、キャラクターの関係性、状況など説明が足りない。

    ・同時並行的、群像劇的でどのキャラクターの気持ちを追えばいいか分かりづらい。

    ・何が起こっているか分かりづらい絵がある。重要なシーンがサラッと描かれていたりするので、重要度に応じたコマの大小やメリハリをつけて、流し読みでもストーリーがなんとなくわかる読みやすさが欲しい。

    ・絵が力強い反面、雑なところがある。

    など思いました。

    おそらくですが、
    「Otsuさんの頭の中を出力するときのスピードや順序を、初見の人のテンポに合わせてゆっくりにし、見せる順序を整理する」ということができれば大部分解決するのかな、と。

    担当希望いたしますので、よろしければ一度お話聞かせてください。

    よろしくお願いします。

    2021/01/20 12:54
  • この画面を200Pも描いたんですか!
    すごい!

    そして投稿作全作品読みましたが、
    絵柄バラバラなのにいずれも高レベルかつ、
    インパクトのある構図で描かれていて
    本質的にめちゃくちゃ絵が上手い方なのだと思いました。
    (担当作でアシスタント募集してますのでよろしければ応募してみてくださいw
    https://daysneo.com/recruit/detail_6627ea4a199f4da174a7cd6b4b875023.html )

    ストーリー的にも「奇想」と呼ぶにふさわしい、アイデアがあって楽しめました。
    ただ「商業作品を目指す!」という目線で考えると、
    キャラクターの「最初の強い気持ち」を描くことが大事かな、と思います。
    いずれの作品もこの部分がちゃんと提示されていなかったり、
    ギャグっぽくスカされていたりしていると感じました。

    マンガの1話は煎じ詰めると
    「Aという感情を持つキャラクターが、何かと出会うことでBという感情に至る過程の感動を描く」ものだと思うのですが、このAにあたる感情でしっかりと読者を掴むことができれば、Bに至る過程に読者をうまくライドさせ、楽しませることができます。現状はAが弱いためにうまく作品に乗っかることができず、Bに至っても感動が湧きおこらない…という風に思うのです。

    世間のヒット作の1話目を色々と読んでみて、どういう強い気持ちが最初に提示されているか、確認してみるのも良いかもです。

    徒然と感想を述べましたが、絵の力がある方だと思いますので、今後が楽しみです!
    引き続きよろしくお願いします。

    2020/12/23 12:05
  • 各キャラクターがまとっている空気感とか雰囲気が伝わってくる漫画だなぁ、と思って読みました。一人一人が「実際にいたらこういうやつかな?」という実在感があるところが非常にいいと思います。

    ただ、なんかちょっと掴みどころがない部分もありまして、各話を読んで「俺はどういう気持ちになればいいんだ?」みたいなところもありました。出汁はいっぱい出ていますが、味が弱い感じがします。「この1話でこのキャラクターのこういう感情を受け取って欲しい!」という部分を、1話1話明確に打ち出せればと思いました。

    あとキャラクターの立ち位置と位置関係がわかりづらいです。場面が変わったら、1コマその場にいるキャラクターの位置関係と向き、周囲の状況がわかるヒキの絵を入れる。これだけで、ずいぶん読みやすくなると思います。映画的な場面のつなぎというか、別な場所の出来事をシームレスに繋ぐような演出も多用されている分、各場面で「どこで、誰が、何をして、どっちを向いているか?」を都度明確に示すのが重要です。

    以上、雰囲気好きなので読みやすくなると良いな!と思い、感想をお送りしました。引き続きよろしくお願いします。

    2020/12/15 21:36
  • すごい面白かったです。

    演出がスーパー的確で、17Pの「だから無事生まれてきてくれよ」の1枚絵で、なんかわからないですが、グッと感情移入させられてしまう。それも、この時点での主人公の願いは誉められたものではないのに、です。これはすごいな、と。ページ運びのテンポも良くて、非常に読みやすいです。

    あと「他者」がしっかり描かれていることも良いと思いました。僕はざっくりと少年漫画は夢を、青年漫画は現実を描くものだと考えているのですが、青年漫画において「主人公に都合の良くない、結局のところ何者かわからない他者」が描かれていることは非常に重要だと思っています。そういう他者と戦ったり、理解したような気になったりしながら、主人公が成長していくのが青年漫画なのな、と。そういう意味で、鳥の仰天の他者っぷりや、同僚との通じてるんだか通じてないんだかよくわからないやりとり、そしてそれらを通じて成長する主人公…うむ、良い青年漫画だな!と思いました(鳥、かわいそうだな、とも思いましたがw)

    難点を挙げればキャラ絵でしょうか。キャラクターの顔の輪郭が似ていて、男女ともに体型が同じような感じだったりするので、ここは練習の余地があると思いました。

    今後のご活躍非常に楽しみにしております!

    2020/12/11 14:01
  • 超高出力のレーザービームみたいな作品だな、と思いました。
    いや〜、とんでもないな。すごいですねw

    絵・セリフともに全ページ過剰な勢いに満ちてますが、
    キャラクターの感情はひねりなく真っ直ぐで、
    キャラの抱えている問題やポリシーもハッキリしていて、
    実はど直球なストーリーマンガになっていると思いました。

    リクエストはひとつで、読者をもうちょっとだけ待ってあげてもらいたいな、と!

    今は、押し引きの「押し」しかない状態で、
    プラスの感情もマイナスの感情もギャグもシリアスも全て同じテンションMAXに設定されているため、
    逆に大事なことが伝わりにくく、途中で振り落とされてしまいます。

    漫画を読んでいて、作品内の時間が止まったように感じたり、ゆっくりになったり速くなったり感じたりすることないですか?大事な事実やセリフや感情があらわになるとき、多くの漫画で時間が止まったりゆっくり流れているように演出します。読者の心に事実・セリフ・感情がしみ込むのを、作品内の時間のペースを緩めることで待っている訳です。この「読者の心に染みるのを待つ感覚」、押し引きの「引き」の感覚、静と動の「静」の感覚を身につけて欲しいな、と思いました。そうすれば、今のハイテンションで高スピードな持ち味がより魅力を増すと思います。

    ものすごく早口で面白いことを言っているが、早口すぎて途中からついていけなくなっている感じなので、早口は芸風として大事にしつつ「読者と対話する」「客席のリアクションを見ながら話すペース調整する」イメージを持ってもらえると良いな、と!

    その辺り含めて、色々とお話できればと思います。担当希望いたしますので、よろしくお願いします。

    2020/07/27 21:47

担当希望作品

TOP