作品詳細ページ

野武士とクリエイター

石上ニモ

★3 3,855

最新話公開 2024年04月21日 第1話公開 2024年03月25日

テンポのよい会話劇を楽しむ新感覚しゃべくり漫画です。

時は令和2年。気ままで大らかな殺人鬼の野武士と、真面目なアマチュア小説家のメガネ丸の、コミカルな日々をコミカルに描いています。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2024年03月25日

    ★1
  • 第2話

    公開日:2024年03月28日

    ★0
  • 第3話

    公開日:2024年03月31日

    ★0
  • 第4話

    公開日:2024年04月03日

    ★0
  • 第5話

    公開日:2024年04月06日

    ★0
  • 第6話

    公開日:2024年04月09日

    ★0
  • 第7話

    公開日:2024年04月13日

    ★0
  • 第8話

    公開日:2024年04月15日

    ★0
  • 第9話

    公開日:2024年04月18日

    ★0
  • 第10話

    公開日:2024年04月21日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • はじめまして。
    月刊少年マガジン編集部の市原と申します。

    『野武士とクリエイター』を拝読しました。
    非常に面白く、アマゾンkindleで7巻まで楽しませていただきました。
    「野武士」というキャラクターが何しろ気に入りました。
    破天荒なこのキャラを現代に投げ入れることで生まれるコメディを、
    飽きさせることなく描かれていて素晴らしいなと感じました。
    個人的には、堪忍袋から堪忍が出てくるところで一番笑ったように思います。
    後にあったあらすじ紹介の際に再度堪忍が登場しており、
    石上さんご自身としても気に入られているのかなと、何だか嬉しくなりました。

    私は『セトウツミ』や『女の園の星』など、動きの少ない画面で、会話で魅せる漫画がとても好きなので、そういったものを立ち上げたいという思いがあります。
    一方で、このジャンルは展開を作りづらいため、究極的には作家の方のセンス次第とも言えてしまう、非常に難しいものだと感じています。
    その点、『野武士とクリエイター』を長く続けておられる手腕はたいへん信頼できるものです。
    また、ストーリー展開になったとき、会話劇を期待していた私としては最初、「そう来たか」と正直なところ思ったのですが、
    それはそれで面白く、バリエーションも豊かで、
    ファンタジー要素さえ何気なく受け入れられるような世界観を作り上げられていることが素晴らしく感じられました。
    竜編でコメントされていたように、長編展開への挑戦心も素敵です。

    担当希望を出させていただくとともに、まずは一度、作品作りについてのお話をさせていただく機会を持ちたいと考えています。
    ご検討いただけると幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします。

    2024/04/18 15:26

編集者メッセージ(いいね)

  • はじめまして。
    月刊少年マガジン編集部の市原と申します。

    『野武士とクリエイター』を拝読しました。
    非常に面白く、アマゾンkindleで7巻まで楽しませていただきました。
    「野武士」というキャラクターが何しろ気に入りました。
    破天荒なこのキャラを現代に投げ入れることで生まれるコメディを、
    飽きさせることなく描かれていて素晴らしいなと感じました。
    個人的には、堪忍袋から堪忍が出てくるところで一番笑ったように思います。
    後にあったあらすじ紹介の際に再度堪忍が登場しており、
    石上さんご自身としても気に入られているのかなと、何だか嬉しくなりました。

    私は『セトウツミ』や『女の園の星』など、動きの少ない画面で、会話で魅せる漫画がとても好きなので、そういったものを立ち上げたいという思いがあります。
    一方で、このジャンルは展開を作りづらいため、究極的には作家の方のセンス次第とも言えてしまう、非常に難しいものだと感じています。
    その点、『野武士とクリエイター』を長く続けておられる手腕はたいへん信頼できるものです。
    また、ストーリー展開になったとき、会話劇を期待していた私としては最初、「そう来たか」と正直なところ思ったのですが、
    それはそれで面白く、バリエーションも豊かで、
    ファンタジー要素さえ何気なく受け入れられるような世界観を作り上げられていることが素晴らしく感じられました。
    竜編でコメントされていたように、長編展開への挑戦心も素敵です。

    担当希望を出させていただくとともに、まずは一度、作品作りについてのお話をさせていただく機会を持ちたいと考えています。
    ご検討いただけると幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします。

    2024/04/18 15:26

TOP