編集者オススメ作品

470人の編集者あなたを待っています!

会員登録はこちら

コンテスト

ILLUST DAYSにて2024/4/26(金)まで応募受付中!
2024/2/29(木)まで応募受付中!
ただいま審査中!
ただいま審査中!
結果発表!
結果発表! 8名がマッチング!
結果発表!大賞1名&優秀賞5名決定!
結果発表!22組がマッチング&4作品が連載決定!
結果発表!大賞&山下和美賞&吉本浩二賞 決定!
結果発表! 23名が担当決定!
ILLUST DAYSにて2024/4/26(金)まで応募受付中!
2024/2/29(木)まで応募受付中!
ただいま審査中!
ただいま審査中!
結果発表!
結果発表! 8名がマッチング!
結果発表!大賞1名&優秀賞5名決定!
結果発表!22組がマッチング&4作品が連載決定!
結果発表!大賞&山下和美賞&吉本浩二賞 決定!
結果発表! 23名が担当決定!
ILLUST DAYSにて2024/4/26(金)まで応募受付中!
2024/2/29(木)まで応募受付中!
ただいま審査中!
ただいま審査中!
結果発表!
結果発表! 8名がマッチング!
結果発表!大賞1名&優秀賞5名決定!
結果発表!22組がマッチング&4作品が連載決定!
結果発表!大賞&山下和美賞&吉本浩二賞 決定!
結果発表! 23名が担当決定!
ILLUST DAYSにて2024/4/26(金)まで応募受付中!
2024/2/29(木)まで応募受付中!
ただいま審査中!
ただいま審査中!
結果発表!
結果発表! 8名がマッチング!
結果発表!大賞1名&優秀賞5名決定!
結果発表!22組がマッチング&4作品が連載決定!
結果発表!大賞&山下和美賞&吉本浩二賞 決定!
結果発表! 23名が担当決定!
ILLUST DAYSにて2024/4/26(金)まで応募受付中!
2024/2/29(木)まで応募受付中!
ただいま審査中!
ただいま審査中!
結果発表!
結果発表! 8名がマッチング!
結果発表!大賞1名&優秀賞5名決定!
結果発表!22組がマッチング&4作品が連載決定!
結果発表!大賞&山下和美賞&吉本浩二賞 決定!
結果発表! 23名が担当決定!

編集者新着メッセージ

  • 整合性で気になる点はいくつかありますが、キャラクターへの執念を感じる、いい漫画でした!

    とくにルブランがド畜生であったことが読むにつれて明らかになっていく流れには興奮しました。世評と実像との違いをこうした形で楽しませてくれるのは好きです。

    ならばこそ、本作の語り手であるモーリスも同様に、善性を持った人に見えていたのが実は画業に取り憑かれた危険人物であった……という構図は、最初から悪人が2人いた、という話になってしまうので、読者にカタルシスを約束できない作りになってしまったかと。

    ルブランかモーリス、どちらかが付き合いの過程で闇堕ちしていくという、ベタな作りにはしたくなかったのだと推察しますが、そのせいでベタな漫画に比べると一段階楽しみづらい筋になってしまったと思います。

    そして、実は美少年の躍動がメインであったことが読了後に分かるというのも、さらにもったいないです。

    ただでさえ筋を追いづらいルブランとモーリスの葛藤の話はもしかしてサブプロットなのか……と思わせてしまうと、読むのに味わった苦労と読後に味わう快楽のバランスが取れていないことになってしまうのではないでしょうか。

    以上をまとめると、作者のオリジナリティを発揮したい要素を詰め込みすぎたのでは、というありきたりな感想になってしまいますが、本当にもったいないと感じたもので縷々申し上げた次第です。

    「描きたいもの」を追求しながら、「広く読まれるもの」を作る。この両立を目指す打ち合わせが可能なら、一度お話しできれば幸いです。
    ご投稿、ありがとうございました!

  • 楽しく読みました!
    女性キャラクターの魅力的な表情は、すでに水準に達していますね。

    ですが、何物も持たない人間に押しかけ女房的にヤバイ奴がやってきて……という具合に物語の構図を整理してしまうと、さすがに古さを感じてしまうのも事実ではあります。

    他の作品も拝読しましたが、あさ様はどうも「巻き込まれ型の主人公」が「魅力的な異常者」に振り回されるという「型」に縛られてしまっているのではないかと気になっています。

    この「型」は定番でもありますが、そのまま展開すると、定番ゆえに古いと思われるリスクもあります。

    おそらく「この関係性を応援したい!」と読者に強く思われるように、2人(1人と1妖精)の間に流れる感情をもっと作り込む必要があるのではないかと存じます。
    現在ヒットしているラブコメ作品の多くは、この関係性をしっかりと独自なものに練り上げているので、参考になるのではないかと。

    あるいはもっとシンプルに、主人公のキャラクターを起てる作り方にも、もっと挑んでもらってもいいように感じました。

    ありきたりのアドバイスで申し訳ありません。ですが、まだまだ類型から突出した作品を作れるように思えるもので、改めてベーシックなところから申しました。

    もっとページ数を取った作品を描きうるようなら、お考えをうかがう場を持てれば幸いです。
    ご投稿、ありがとうございました!

  • 挑戦的な作品ですね!
    自分は委員長が好きです。でも登場後の「学級委員長は~」からのネームがモノローグなのかナレーションなのか誰かの発話なのか分かりませんでした。
    ほかにも、7人の登場人物を読者が脳内で扱いきるには分かりづらい描写やネームが随所にあり、読み切りとしてはうまく行かなかったかな……というのが率直な感想です。

    一番気になったのは、最初に森田が宣言した怪奇現象についての認識を、先生以外の全員が共有しているのかどうかが分からなかった点です。
    森田が暴走しているだけなのか、森田と同レベルの認識が数人いて他は別の認識をしているのか、それとも皆が森田と同じ認識で、宇宙人云々のところだけ何人かズレているのか。

    この大前提が伝わらないまま話が進んでいき、視点もコロコロ変わるので、読解力の低い私のような読者は高確率で離脱してしまうのではないかと。

    アドバイス希望のタグがあったので、僭越なことを申しました。
    次は主人公を決め、その主人公が何かをなし遂げるあるいは変容を遂げるオーソドックスな話を読んでみたいです。
    ご投稿、ありがとうございました!

担当決定作品

ランキング

新着マンガ

人気のタグで作品を探そう!

公式タグで作品を探そう!

TOP