人気のマンガ

編集者新着メッセージ

  • 力作ですね!
    ワルキューレの戦闘シーンがめちゃくちゃカッコよくてワクワクしました。
    キャラのデザインにも非常にフユキさんの性癖&こだわりを感じます。
    P.10の描き方とかいいですよね~。あとラストのセリフはグッときました笑

    コマをはみ出すようにキャラを描いたり、キャラクターに「ハゲ」というコンプレックスを与えてみたり、かなり読者サービスを意識していると思うのですが、まだだいぶ読みづらさがあり、それで読者を弾いてしまっている印象です。

    その原因は、簡単に言うと“設定過多”です。

    キャラクターに癖をつけてみたり、「寄生」「戦闘形態」という設定を入れてみたり、今のところフユキさんの作品は足し算をもとに生まれている感じがします。
    主人公の感情を動かす要素以外の余分なものは極力そぎ落として、引き算の形でネームを作ってみることをオススメします。
    読みやすさこそ最大の読者サービスなので。

    まずは
    ・冒頭で主人公の悩み(=解決すべき目標)をしっかり読者に見せる
    ・メインキャラクターを2~3人に絞る
    ・設定の後出しを極力控える
    この辺りから始めてみると、読みやすさが格段に増すと思います。

    後半を拝見する限り描きたいシーンはある方だと思うので、そこに向かって一番気持ちの良い持っていき方ができるよう、逆算してネームを作ってみると良いと思います。
    またのご投稿お待ちしております!

  • NTRタグにちょっと笑いましたw

    心理ネームの描き方がとても巧みだと思います。配置・テンポ・言い回し、どれもすごくいいですね。
    他の作品も拝見しましたが、絵柄についてはこの作品が一番良いと思いました!特に目の描き方がすごく上達してます。表情のバリエーションも増えてますね。

    まだ短いページ数ではありますが、主人公に感情移入してしまい、二人の今後がすごく気になりました。
    あえてアドバイスをするとすれば、P.2までのツカミが弱く設定に入りづらいので、「人には言えない秘密がある」「同姓の彼女のことが好き」といった、この作品ゆえの個性的な心理ネームを冒頭に持ってこれると、さらにヒキが強くなると思いました。
    しのさんは心理ネームが上手いですしね。
    彼女の持つ「卑しい自分」「聞き分けのいい女」という悩みが今後どう解決されていくのか楽しみです。続きも期待しております!

  • このようなガシャドクロを出されたら、『相馬の古内裏』好きとしてコメントせずにはいられません。(実物思いのほかちっちゃくてビックリしました) 面白く読めたのですが、ドラマツルギー的な部分に引っかかりを覚えました。妖怪文明を発展させるために、かつて栄えて今は滅びた人間について調べたい、というモチベーションはわかるのですが、そのためにガシャドクロを追求すれば良いんだという理由がいまいち腑に落ちませんでした。かつガシャドクロを倒した結果、人間に関する情報を得る訳ですが、その情報をくれるキャラクターはガシャドクロと直接関係はなく、知っていたのに黙っていた理由が、言っても信じないと思っていたからというのも、作者のご都合な印象を受けました。倒したガシャドクロから情報を得るか、せめてガシャドクロを倒す過程のやりとりにおいて、主人公たちが信頼に値する人間(妖怪)であるという確信を得る演出を入れられると良かったと思います。そうすると読後の満足感が変わってくると思うので。

担当決定作品

編集者オススメ作品

新着マンガ

人気のタグで作品を探そう!

公式タグで作品を探そう!

TOP