編集者オススメ作品

編集者新着メッセージ

  • どこか諦観があるのに、感傷に溢れたモノローグが素晴らしいですね。「ただ死ぬのも難しい世の中だ」「どのように生き、死ねば、愚かでないのだろう」あたりは特にグッときました。無駄な要素がなく、入念に選びぬかれた言葉だと思います。

    生活見守りAIが家にいるというちょっと近未来風な設定ですが、部屋の畳やベランダの手すりの質感が凝っていて、リアリティの補強に一役買っていると感じました。以前ちばてつや先生が「良い原稿からは風景の匂いが伝わってくるものだ」と仰っていましたが、まさにそういった空気感がありますよね。「この部屋に行ってみたい!」と思わされるというか。P.17のように構図を工夫しているのも素晴らしいですし、西日や夕焼けなどの光の使い方も巧みです。

    まだ短いページなのでこれからという感じかもしれませんが、主人公にとってプラスの変化も起きると、さらに読後感の良い作品になると思いました。P.15でちょっと切ない出来事が描けているので(まさかメルカリ使うとは思いませんでした笑)、マモちゃんとの関係を使って、リサの心の変化を描けていくとさらに良いと思います。

    とても才能のある方だと思いますので、お好きな作品や、今後の目標含めて一度お話を聞かせて頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します。

  • 「あなたに与えられるものなら、痛みでも嬉しいの」というモノローグがすごく好きです。P.7の風の演出もとても良いですよね。髪のなびき方が心地良い…。

    背徳感があるストーリーなのに、とても切なくて素晴らしかったです。

    個人的な意見ですが、小川さんは読者に想像を促すのが上手だなぁと思いました。P.3の「待って、もう安定期入った?」という一言でふたりの関係性がなんとなく想起させられるし、ラストも読者に想像する余地を残しているというか。

    あえて一言だけアドバイスさせていただくとすれば、男の子のほうにちょっと女性っぽい雰囲気があって、最初「百合ものなのかな?」と誤読したので、まつげの長さなどで男女の描き分けがしっかりできるとよい良いと思いました。

    素敵な雰囲気をお持ちだと思うので、ぜひ一度お話を聞かせていただけると嬉しいです!よろしくお願い致します。

  • うわああああ、これはとても良いお話ですね!初めて描いたなんて思えません。
    セリフのリズムがとても心地よくて、ずっと読んでいたくなりました。

    ①イケメン男性の描き方を追求(もし真中さんがイケメンに興味がないとしても、やはり漫画フィルターで超イケメンにしてほしい)
    ②キャラクターの描き分けに力を入れていただきたい(特に瞳の描き方)

    真中さんはすごく絵がここから上達されそうな印象を受けるので、
    上記を意識して、また新たに性愛の物語を描いていただきたい!と強く思いました。

担当決定作品

ランキング

新着マンガ

人気のタグで作品を探そう!

公式タグで作品を探そう!

TOP