編集者新着メッセージ

  • ご投稿ありがとうございます!

    漫画歴浅めとのことですが、絵にとても華があり
    かつ、お話も主人公のユイに対する気持ちでしっかりまとまっていたように思います!

    コマ割りも随所に工夫というかチャレンジが見られますし、P5の演出もちょっと面白い…!
    読者に見られることをしっかり意識された作品なのも、良かったです!

    個人的に少し気になった点は、根本的な話になってしまうのですが、
    主人公とユイの間の感情の話を、天使というファンタジーかつ部外者との出来事で
    描写しているのが、間接的な分少し読者は入り込みづらいかなと思いました!
    少なくとも、自殺してしまいたくなるくらい、のことだとは思いづらいのかなと‥。
    もうちょっと主人公とユイの描写を足して、二人の結びつきの強さが表現できると良かったかもしれません!

    とはいえ、非常に漫画作りの才能がありますし、
    もう一つの投稿作品とも合わせて女性同士の友情だったり、
    描きたいものがしっかりある方のようにお見受けしますので
    今後がとても楽しみです!

  • ご投稿ありがとうございます!
    サムネイルの沙夜の表情と緑の髪の艶のあまりの美しさに惹かれて読ませていただきましたが、沙夜の婚約に驚くところ、掃除をしながらふいに涙があふれてしまう場面、彰吾にキスされた瞬間、そして告白をされたときなど、色んな表情に何度も読んでいるこちらの胸がギュッとしめつけられるような思いがして、こんなにもキュンキュンハラハラな気持ちに浸らせて下さり、この度はありがとうございます。
    沙夜の気持ちになって切なく、彰吾の気持ちになって切なく、そして第三者目線で「彰吾、沙夜のことをくれぐれも頼むな!?」と、都合三回キュンキュンハラハラな読書体験をいたしまして、237さんにとって初めて仕上げたオリジナルの作品とのことですが、性別を問わずに幅広い層に愛される物語やキャラを紡ぐ作家さんになる方だなと感じました。

    また服の装飾や小物や風景の細やかな書き込みも素晴らしく、ディテールまでこだわられる237さんの創作の姿勢に、メイドとは無縁の一般庶民の人生をこれまで送っていた私も、すんなりと物語への極上の没入感を味わわせていただきました。

    自分が担当で連載の決まっております西洋ファンタジーのコミカライズの企画がございまして、沙夜のような可愛らしくて言動も魅力的な女の子、彰吾のような同性の読者が応援したくなる男の子が描けて、またミックスの方も拝読しましたが、この作品のようなファンタジーを描く才能もお持ちの237さんにご相談させていただけるなら嬉しく思います。
    もし237さんがご興味ございましたら、一度お話させていただけますと幸いです。

  • 作者さんの描きたいが爆発した作品、
    読んでいてとても気持ちよかったです!

    途中までしか清書できなかったと記されていましたが、
    もしかすると結末に対してご自身がワクワクしなかったからではないですか?
    とても良い話ではあるのですが、冒頭を読めばある程度結末までの流れが予想できてしまう。
    技術があるからこそ、「型」に嵌めてしまって創作意欲を欠いてしまったのかも知れません。

    とはいえ作家さんとしての「芯」をお持ちの方だと原稿から感じました。
    もう少し向上しなければならない部分はありますが、
    プロの元でアシスタントをすればすぐに身につくとは思います。
    ぜひ連載を目指して一度打ち合わせしてみませんか?
    担当希望しますので、ご検討お願いいたします!

  • ご投稿ありがとうございます!「漫画を描くのってすげー楽しい」のシーン、本当に良い表情ですね…。さすがプロという感じで、トーンの入れ方や背景の抜き方がお上手で、とてもオシャレな原稿だと感じました。そして何より表情のバリエーションが豊富なのが良いと思います。非常にキャラがイキイキしていますね。

    他の作品も拝見しましたが、ほっこり系やサスペンスなど、描ける幅が広いのも素晴らしいと思いました。プロフィールを拝見したところ恐らく完全に同世代なので、一度キカイニンゲンさんとお話できると嬉しいです!これから描いていきたいものや、お好きな作品などぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

  • ご投稿ありがとうございます。
    『アブノーマル』『陰キャ男子と不器用女子』
    併せて読ませていただきました。

    どちらもキャラがしっかり描かれていて、楽しく読ませていただきました!
    「フツーなんてつまんねぇ 24年生きて確信した」のセリフ良いですね…!

    画力やストーリー構成など、今後の課題はあると思いますが、是非一度滋賀シーガーさんの描きたい漫画についてお話させていただければと思います。

    担当希望出させていただきますのでご検討よろしくお願いいたします!!


  • ご投稿ありがとうございます!
    人の感情を描こうとなさっているのがよく伝わってくるのと、哀しい表情や嬉しい表情の画力(えぢから)がとても印象的に思いながら、読ませていただきました。

    ストーリーを考えるのが得意ではありませんとのことですが、きちんと起承転結とそれに伴うキャラクターの感情の変化が描けていらっしゃるので、決してそんなことはないと思います。
    その上で、主人公の名前が出てくるのが遅いので、そこは天使と出会ったときに天使から「君がサキで間違いね?」とか、読んでいる人に早めに伝わるようにしてあげるとよいと思います。実際の人間関係でも名前を知っている人の方が親近感を抱きやすいように、ほんのちょっとの工夫ですが、読者にユイの名前は度々出てくるけどこの子自体の名前は…?と思われると、その分没入感は削がれてしまうものです。
    作中でキーとなっているユイの存在をもっと印象強めに描写されるとより物語自体が盛り上がると思います。私なら、作中で訪れたケーキのお店も、ユイに教えてもらった思い出のお店にして、最後も直接会って話したいことがあるので、あの店で会えない?とかそういう演出をご提案差し上げます。

  • デイズネオへのご投稿ありがとうございます!!


    31ページの中でしっかり作品のメッセージがまとめられており、読後にじんわり感動する素晴らしい作品でした!「宇宙から来たロクさん」や「撃った相手を消す銃」という少年漫画らしくワクワク・ハラハラさせる設定や、いじめっ子といじめられっ子が本音でぶつけ合った末に友達になるハッピーエンドもとても良かったです!!


    すでに完成度が高い作品ではありますが、あえて気になった点をお伝えすると、「いじめられている主人公の気持ちにあまり感情移入できない」点が気になりました…!


    その理由として、いじめられている主人公の悩みや本当の願い(例:学校で友達を作りたいなど)について描かれているシーンが少ないことが挙げられます。主人公に共感や同情させられないまま話が進んでいることで、「撃った相手を消す銃」を撃つ瞬間のインパクトが薄くなっていますし(※最初に読んだ時、こんな物騒なアイテムを簡単に撃つなんて主人公ってヤバい奴だ…と思いました)、喧嘩の末に友情が芽生えた時の感動が少し弱くなっていると思います。


    現状、主人公の悩みは5〜6ページでコンパクトに言及されていますが、ここをもう少し丁寧に描いたり、もしくは葛藤するシーンを他のページで増やしたりすることで、主人公にもっと感情移入させるようにできれば、読み終わった後の感動も増すのではと感じました!


    気になった点はあるとはいえ、漫画作りの実力は高く、ジャンルとしても少年漫画に向いている作家さんだと感じました!ぜひマガジン編集部で一緒に作品つくりを目指して行けたら嬉しいなと思い、担当希望を出させて頂きます!ご検討のほどよろしくお願いします!

  • 面白く読みました!
    やばい奴はいったい誰なのか、という視点の転換で読む側の興味をつなぎ止め、24ページでしっかり展開を入れられたのはすごいです!

    青年誌的には、現在の精神科医療の方向性と逆行する動き方を母と医師がしているので、ちょっと題材を消化しきれていないかなあ……とは感じました。
    つまり、現段階ではまだ、キャラクターがプロットに従って動く道具の域を出ていないように見受けられる次第です。

    ですが、本作で示された「野心的な事件を描こう」という強い意志は、フィクション作品を描くにあたって大事な要素ですし、それを備えておられるのはとても心強いです。

    次回作を作られるにあたっては、精神疾患に陥らずに大事な人を殺せるのは、どういう状況だろう……といった思考実験からキャラクターの行動を考えてみたら、自然でかつ新しい動かし方ができるかもしれないな、と思いました。

    いずれにせよ力作のご投稿、ありがとうございました!

  • 展開が早くていい作品ですね!
    楽しく読ませていただきました。

    それでも掲載に至らなかった理由は何だろう……と考え、2つくらい思いつきましたので記しておきます。

    ・かつてのイトコへの感情を忘れている(あるいは意志の力で忘れてしまった)主人公が、三角関係の渦中に立たされるような魅力を備えているようには見えなかった。できれば男2人から好かれる理由に納得した上で、「この人はどうするんだろう」と読み進めたかったです。

    ・主人公たちの家業を継ぐことへの執着が、最近の価値観ではどうも賛同されないのでは、と感じます。今の首相が、地位を世襲させようとしている息子を外遊に連れて行って大批判を浴びているのが傍証になるでしょうか。

    画力や演出力には高いものがあり、ラフのサムネイルにもオッと思って読み始めたもので、そこに負けない斬新な行動原理や魅力のキャラクターを求めてしまったのかもしれません。
    いずれにしてもベースとなる技術の高さには、丁寧な蓄積を感じていますので、楽しみにこの先のご投稿作も拝読したいと思います。まことに失礼いたしました。

  • デイズネオへのご投稿ありがとうございます!!


    1話そして続きの2話冒頭共に、とても楽しく読ませていただきました!!すでに連載作家としてご活躍されている櫓刃様の実力を十二分に感じる作品でした…!!


    設定がオリジナリティにあふれていることに加えて、神様の「ミア」がめちゃくちゃよかったです!可愛い神様、だけど情けないというところが魅力的でした。「お布施は1日1円」という設定に笑い、同時に「安すぎて呼んでもらえない」点に哀愁を感じるのもキャラの魅力を押し上げていると思います。


    すでに完成度が高いネームではある一方で、連載作品となる上では「もっとこうなってほしい!」と感じたことが主に2点ありました…!!


    1つ目が、特に1話で陽に「もっと主人公らしさ」を付与してほしいと感じたことです。陽は「たまたまミアの婿(=主人公)に選ばれている印象」があり、もう少し主人公らしい考え方や設定を付け加えつつ、かつ読者が共感できるようなキャラクターになってほしいと読んでいて感じました…!!(例:温泉地復活に向けて、陽だけが抱える特別な「思い入れ」を描くなど)


    2つ目が、読者に「こんな楽しみがこの先の話に待ってるよ!」と思わせる仕掛けをもう少し増してほしいと感じました…!!


    1話で「ミアの神威を下げないために、結婚して禁酒させる」と明確な目的を設けられたのはとても良いと思います!ただ、いきなり主人公の意思で「結婚=恋愛のゴール」に到達していることに加え、「神様が禁酒する」という目的の達成方法が想像しにくいため、読者に「続きが気になる」「続きが読みたい」と強く思わせるまでには至っていないと感じました…!


    現状のネームを前提に考えるならば、読者に対して「形だけ結婚した2人が、禁酒をテーマにどんなドタバタラブコメを繰り広げるんだろう!?」という期待値を提示できているので、ここをもっと強める形が良いかと思います!具体例を挙げると、2話冒頭で「結婚したは良いけど、いきなり同棲が始まっちゃって、てんやわんや!?」という主人公の動揺+同棲でありがちな日常のラブコメ展開を持ってきて、「この先もこんなラブコメが見たい!」としっかり思わせる演出を作るなどが良いかと思います…!もしくは、1話で陽が自らの意思で結婚を選択している部分を変更しても良いと思います。具体的には、陽が「周りの意見に押し流される形で結婚を選んでしまった!これからどうしよう!?」という設定に変えてあげながら、「1話以上に刺激的な展開が2話以降に待っている」と予感させる作りにしてあげる、といったイメージです…!!


    読んでいてもっとこうなってほしいと思ったことはあるとはいえ、設定やミアのキャラはとても楽しく面白く、僭越ながら担当希望を出させていただきます。マガジン編集部には、週刊誌の「週刊少年マガジン」、月刊誌の「別冊少年マガジン」、そしてアプリ媒体の「マガポケ」がございます。もしご興味ございましたら、ぜひこれらの媒体で連載作品つくりに一緒に取り組んでいけたら嬉しいです…!何卒ご検討のほどよろしくお願いします!

TOP