編集者新着メッセージ

  • DAYS NEOへのご投稿ありがとうございます!

    1P目で期待させたことをしっかりと回収してスッキリ!っていうよりは、もう少し違うEDが見たかった〜という感想です。現状のネームが漫画のお作法通りに進みすぎていて、絵柄以外が記憶に残らない作品になっています。ここでの作品に対する粘りがたくさんある漫画から、本棚に置いておきたい漫画へ昇華させることになると思います。

    別作品の投稿にて担当編集さんがいらっしゃると記されていた中で、大変恐縮ですが担当希望させていただきます!! もし他の編集者とも話してみようかな〜などの気持ちが少しでもあれば、ご検討いただけますと幸いです。

  • ご投稿いただきありがとうございます。
    ヤングマガジン編集部のゆげと申します。
    作品を楽しく読ませていただきました!

    絵がとても上手で、1P目のタイトルページからとても惹き込まれて、読んでみたいという気持ちをかき立てられました。また、戦闘シーンや主人公の顔がとても迫力がある上に読みやすく、内容がとてもスーッと入ってきて、その世界観に入り込んで楽しむことができました。
    ストーリーについても
    無駄がなく、柚月がまだ子どもであること、柚月の謎の過去、橘の存在が印象としてとても残りました。そして、これらの要素が今後どのようになっていくのかワクワクさせられるストーリーでした。

    このような迫力ある作品を創造される コーヒーメーカーさんの漫画に携わらせていただきたいと思い、担当希望を出させていただきました。何卒宜しくお願い致します

  • 非常に力の入った、人を魅了する絵を描ける作家さんだと感じました!!

    少し残念だったのは世界観やルールの説明が比較的多く
    作家さんの魅力をハートで感じているよりも
    設定を頭で理解している時間が長く感じてしまった点です。

    読者の方々に絵やキャラの魅力を堪能してもらうためにも
    思い切って
    誰でも知っているような題材や
    一言で説明できるような切り口での
    漫画作りを意識するのが良いのではないかと感じました・・・!

  • ご投稿いただき誠にありがとうございます!

    とても楽しく読ませていただきました。

    魔法を使うと寿命が縮まるなどの設定は読んだことがありますが
    目に見えて傷がつくという設定は寿命よりも
    読者が読んでいて共感しやすいとても良い設定だなと思いました。
    僕自身も魔法の代償をとても生々しく感じてお話入っていきやすかったです。
    また、六花自身の人生なんとかなると思ってたという裏付けに
    美雨の存在があるのもとても分かりやすく伝わってきて良かったです。
    本当に美雨がいなくなったら、六花はダメなんだろうなととても共感できました。

    このような人の共感を誘う作品を創造されている ぐもさんの漫画に携わらせていただきたいと思い、担当希望を出させていただきました。何卒宜しくお願い致します

  • ご投稿ありがとうございます。
    可愛らしい作品でした。
    ぜひ漫画制作をご一緒したいです。

    週刊少年チャンピオンで担当希望です。
    ご興味があられましたら、ご連絡ください。

    秋田書店 週刊少年チャンピオン編集部
    蛇口玲(へびぐちれい)

  • 古西様

    はじめまして。
    月刊少年マガジン編集部の市原と申します。

    『オバケはお菓子がお好き』『告白』ともに拝読いたしました。
    両作に共通して、キュートさの演出力が素晴らしいですね。
    まずこちらの作品では猫又とタヌキという人ではないキャラが主役となっており、
    中身のあるお話にするのが非常に難しかったと思います。
    しかし、猫又の高貴さとデレデレの描き分けが爽快で、すぐに大好きになりましたし、飼いたくなりました。
    自分にだけデレてくれるというのは人間でもそうでなくても愛らしいものですね。

    そして『告白』、私は適当な感じの、良い意味で小汚く、かっこいいおっちゃんキャラが好きで、まずそこで刺さったのですが、
    想定の上を越されました。とても良いキャラだったと思います。
    欲を言えば、告白シーンでのエンドではなく、
    おじいちゃんとわかったあとの秋津さんの返事までしっかり描き、
    秋津さんの一癖もさらに見せられると良かったかと思います。
    とはいえ非常に楽しませていただきました。

    月マガ編集部では、本誌以外にもいろいろな媒体での作品を手掛けており、古西様に合った活動がしやすいのではないかと思います。
    そのあたりを含めて、ぜひ一度、漫画作りについてお話する機会をいただければと思います。
    担当希望を出させていただきますので、ご検討いただけますと幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします!

  • ご投稿いただきありがとうございます!

    冒頭の強面おじさんが豪華で可愛らしいケーキを作っているギャップ、狸がひらがなのトリックオアトリート(とりーとおあとりーと)を書かれた紙をもって訪ねてくる、キュートな冒頭が掴みとしてしっかり機能していると思いました!

    読み始めてみると、どんどん化け狸の小物感が強くなっていき面白いのですが、それに加えて彼と猫又のユキとのやり取りを通して、どれだけ男が良いやつなのかが強く伝わってきました。ユキの恐ろしさを描くことで、狸よりも恐ろしい存在であるユキですら懐いてしまう、という男の魅力が間接的に表現されていて、非常にお上手だなと…!

    また、本作とともに「告白」も読ませていただきました。ドレッドヘアーのおじ様に恋の相談をして告白しにいったら、相手の女の子がまさかの…といった展開が予想できそうではあるけども、その予想を超える面白さで引き込まれました!
    また、こちらでは「オバケはお菓子がお好き」とは違った年齢・性別の3キャラクターが描かれていたことがあまりにも衝撃的でした!
    まさか強面おじさんと動物だけでなく、イケオジ、中学生男子、可愛らしい女子中学生まで描けるとは…!
    広い幅のキャラクターを描く作画の技量はどのジャンルを描くうえでも非常に大きな武器になると確信しております。

    そこで是非一度古西さんと、今後の制作についてのお話の機会をいただきたいと考えております。テンポの良い掛け合いと、多様なキャラクターを最大限に生かせるお話作りのお手伝いをさせてください!
    担当希望出させていただきましたので、もしよろしければご検討いただけますと幸いです。

    何卒よろしくお願いいたします。

  • 有柚まさき先生

    ご投稿をありがとうございます。

    フランスの漫画出版社Ki-oonの東京編集部のアンと申します。

    Days Neoと有柚まさき先生のサイトを拝見しました。
    『Doctor Price』の連載はもうすぐ終わって、大変お疲れ様でした。


    「Scamp」を読みさせていただきました。
    ハードボイルドな雰囲気だけではなく、一死に生きる理玖ちゃんも気に入りました!
    分かりやすい社会問題的な設定とアクションと頑張っているキャラクターのミックスは海外にも伝わります。

    絵柄に関しては、Scampから時間が経って、画力とアクションの表現と絵の読みやすさが良くなりました!
    「犬猿」のくせの強いセリフとキャラクターも良かったです!


    弊社はフランスの出版社としてフランス市場をターゲットにしています。
    ファンタジーからSFやスリラーまで、多くのジャンルに興味あります。
    もしよかったら、今後どのような展開を考えていらっしゃるのか聞かせていただけますか?
    担当希望をしましたので、ご検討の程よろしくお願いします!

  • 有柚まさき様

    初めてご連絡させていただきます。
    スクウェア・エニックス
    少年ガンガン&ガンガンONLINE編集部の福本と申します。

    有柚様の「犬猿」を
    拝見させていただきました。

    その基礎画力の高さはもちろん、
    キャラクターの表情の引き出しの多さと
    構図力の高さ、一癖も二癖もありそうな
    キャラクターの性格の面白さなどが魅力的で惹かれました。

    特に会話のエグいセリフ選びが
    個人的にはすごく好きでした!

    有柚様が弊社でのマンガの執筆にも
    ご興味あるようでしたらぜひ担当に
    つかせていただきたいと考えております。

    ご検討の程よろしくお願いします。

  • 二家様

    はじめまして。
    月刊少年マガジン編集部の市原と申します。

    ご投稿作、2作品とも拝読し、コメントさせていただいております。
    最初に読ませていただいたのは『悪魔なシスター』です。
    きっかけとしてはコメントが先についていたからなのですが、非常に良い作品だと感じました。
    シスターの悪魔っぷりが、行動でも言葉でも、多彩に描かれており、短い作品ながらも、一筋縄ではいかない人物像が際立って見えてきました。
    それに伴い、落ちこぼれ悪魔の可愛らしさ、魅力的な人柄(悪魔柄)も右肩上がりに伝わってきて、2人両方に愛着を感じることのできる作品になっていたと思います。

    その後、『3年目の春、ふたり』を投稿されていたことを知り、読ませていただいたのですが、まず描かれるものの広さに驚かされました。
    こちらの作品は当初、『悪魔なシスター』に比べると展開の大きさに欠け、2人の微妙な距離感を描くだけなのかな、と感じていました。
    しかし後半、怒涛の伏線回収が巻き起こり、その絶妙さに感嘆すら覚えるとともに、2人の曖昧だけど深い関係性をまざまざと見せつけられました。
    素敵なラストシーンでしたし、明るい未来を願うばかりです。


    2作ともに絵の強さにもたいへん惹かれました。
    僕は絵の描き方のことは皆目わかりませんが、力強くも優しい、独特の味のある絵だと感じました。(特に『3年目の春、ふたり』)
    そしてそのあたりも総合してこちらをより評価させていただき、メッセージをお送りしております。

    『悪魔なシスター』ではいろいろなタグをつけておられ、2作の方向性、雰囲気も異なることから、どういう媒体を目指すか迷っておられるのではないかと思います。
    月刊少年マガジン編集部では、少年誌らしい本誌のほかに、ジャンルレスに作品を展開できる月マガ基地(コミックDAYS)を抱えています。
    また、マガポケやPalcyにも載せることができるため、そのあたりのご心配は必要ないかと思います。
    担当希望を出させていただきますので、まずは一度、漫画作りについてお話しできますと嬉しいです。
    ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします!

TOP