編集者一覧

  • 丁寧に描かれた背景に心惹かれます。 漫画を描くのはとにかくめんどくさい作業の連続。それを乗り越えて作品を描きあげた皆さんが、一つでも有益なものを持ち帰れるように、誠意をもってコメントをつけたいと思います。

  • 声が低いので電話ではよく怖がられますが、温厚なタイプです。 ストライクゾーンは広めですので「こんなイケメン、良くないですか!!??」など、愛や夢やフェチの詰まった作品をぜひお見せくださいませ。

  • このサイトに作品を投稿する時点で、皆さんは大きなハードルを越えられていらっしゃると思います。 お話を思いついて、描いて完成させて、世に出すって、凄いことです! そのエネルギーを持っている方全員を尊敬しますし、やる気に応えたいと思います。 僕も本気で一緒にデビュー・連載を目指せる作家さんを探していますので、よろしくお願いします!

  • G2

    ★12

    最初に漫画家さんの「好きなもの」 「面白いと思うもの」を聞かせてもらいたいです。 そこから、どうやって人気の出る作品、 売れる作品を作っていくか、ぜひ打合せでお話しさせてください。 あるミュージシャンの方が、 「『自分の好きなもの』と『世間でウケるもの』が重なる、 ほんのわずかな部分を探して、自分はヒットを出せた」と語っていました。 編集者の仕事はその「わずかな部分」を探すお手伝いをして、 漫画家さんと世の中との橋渡しをしていくことだと思っています。 ご一緒にお仕事させていただけると嬉しいです。

  • I上

    ★221

    世界はもっと豊かなはずなのに、味わえていないものが多すぎる。その一部なりとも誰かに伝えることができれば──。ノンフィクション畑で長く編集をしてきた身ですが、いつもそんな思いを持って働いてきました。 漫画という大変な営みに挑戦しようとしている人なら、多かれ少なかれ同じような思いを持っておられるのではないか、と期待しています。 なにしろ「意外な人間性」も「ヤバい景色」も「キレキレの罵倒」もみんな世界の驚異の一部なのですから。 (※2021年から若手編集者の邪魔にならない範囲で担当希望を出します)

  • もがいている主人公が好きです。好きな人やものに一途な主人公が好きです。優しい心を持った主人公が好きです。 たとえ「骨の髄までありきたりだ」(山田太一「早春スケッチブック」より)と言われても、どの人にだって必ずドラマがあります。人間の数だけドラマが…! まだまだいろんな人間を、漫画で読ませてください。待ってます。

  • あなたの思い・世界を届けるお手伝いをさせてください。 お力になれるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします!

  • 「人に惚れ、人に尽くす」私のモットーは変わりません。 あなたに惚れて、あなたの作品に尽くします! マンガ編集者として駆け出しですが、 みなさんの作品に誠心誠意向き合っていきたいと思っています! よろしくお願いいたします!

  • 好きなものやこだわりを、数多聞かせてください! そこに読者を掴む力が眠っていると思います。 互いが大好きな漫画で、成功しましょう。 僭越ながら、お力になれるようがんばります。 よろしくお願いします!!

TOP