編集者一覧

  • にへい

    ★324

    縁の下の力持ちとして。 作家さんの力になる!という基本スタンスのもと。

  • I上

    ★288

    世界はもっと豊かなはずなのに、味わえていないものが多すぎる。その一部なりとも誰かに伝えることができれば──。ノンフィクション畑で長く編集をしてきた身ですが、いつもそんな思いを持って働いてきました。 漫画という大変な営みに挑戦しようとしている人なら、多かれ少なかれ同じような思いを持っておられるのではないか、と期待しています。 なにしろ「意外な人間性」も「ヤバい景色」も「キレキレの罵倒」もみんな世界の驚異の一部なのですから。 (※2021年から若手編集者の邪魔にならない範囲で担当希望を出します)

  • 青年誌の編集しかやったことがありません。漫画に対する度量は盆地のように狭いです。夢のない人間でもありファンタジーとかまったくわかりません。リアルな漫画、越境性に富んだ漫画、大いにくだらないギャグ漫画、漫画観を変えてくれる漫画、デジタルだけどアナログな漫画等々との出会いを熱望しております

  • もがいている主人公が好きです。好きな人やものに一途な主人公が好きです。優しい心を持った主人公が好きです。 たとえ「骨の髄までありきたりだ」(山田太一「早春スケッチブック」より)と言われても、どの人にだって必ずドラマがあります。人間の数だけドラマが…! まだまだいろんな人間を、漫画で読ませてください。待ってます。

  • こちら、10年近く前のイラストで、今はこれに+20kgのデブです。動くの遅いですが、返信は早いです。

  • G2

    ★16

    最初に漫画家さんの「好きなもの」 「面白いと思うもの」を聞かせてもらいたいです。 そこから、どうやって人気の出る作品、 売れる作品を作っていくか、ぜひ打合せでお話しさせてください。 あるミュージシャンの方が、 「『自分の好きなもの』と『世間でウケるもの』が重なる、 ほんのわずかな部分を探して、自分はヒットを出せた」と語っていました。 編集者の仕事はその「わずかな部分」を探すお手伝いをして、 漫画家さんと世の中との橋渡しをしていくことだと思っています。 ご一緒にお仕事させていただけると嬉しいです。

  • 若気の至り、勇み足。逆に不安で自信がなかったり。 でも、誰しも最初の作品には原初のパワーで満ちているはずです。 一緒にその力を磨いていきましょう。

  • 誰かの心を揺さぶる作品には、自覚的にせよ無自覚的にせよ「作者の価値観や経験」が反映されているものです。 僕はそういう作品が好きだし、そういう部分ときちんと向き合いたいし、 打ち合わせを通じて引き出したいと思っています。

  • マナブ

    ★99

    ベテランですがこの間まで女性漫画誌にいたので、あたりはとてもソフトだと思います。ご安心ください。前部署では編集長として、みなさんの漫画を客観的に見させせていただき、ベターな方向に導く修練を重ねてきました。壁にあたって迷っている方、編集者に緊張して思ったことを言えない方など大歓迎です! 安心して打ち合わせをしましょう!!

  • ナガオ

    ★87

    いい歳して漫画を読んでいたいし、読んでもらいたい。 だから、それを届けるお手伝いをしたい。 宜しくお願いします。

TOP