作品詳細ページ

沸騰

Rime

★8 2,232

最新話公開 2024年04月21日 第1話公開 2024年04月21日

2021の旧作です。
絵やネームは今見るとあまり良くないかもしれませんが、ストーリーは気に入っていますので、投稿させていただきます。
現在は作画の仕事を探しています。
作画の例は別のページでアップロードします。

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2024年04月21日

    ★4

編集者メッセージ(新着)

  • DAYSNEOへの投稿ありがとうございます!
    「沸騰」、面白く拝読いたしました。物凄い作品でした。大人と子供、正義感と保身、理想と現実の狭間でどちらにも突き抜けられない、息の詰まるような感覚が、鮮明に描きだされていました。
    主人公が人気者の先生を軽蔑するキッカケになった「バカがうつる」というセリフを、巡り巡って主人公が咄嗟に口にしてしまう(そしてそこが最も読者の緊張感が高まるシーンとして配置されている)という構成もバッチリはまっていました。ラストシーンは抽象的な演出は良いのですが、もう少し読者をこういう気持ちにさせたい、という狙いを持てるとより良くなったかと思います。
    作画希望とのことでしたが、ストーリーを作る力も十分お持ちだと思います。これほどの心理解像度の高さとそれを読者にも味わわせられる表現力の高さは素晴らしいですし、何よりコレを描けるRimeさんがこの世界をどう見つめて何を考えているのかを知りたくなりました。
    ぜひ一度お話できますと嬉しいです。
    担当希望を出させて頂きますので、よろしくお願いいたします!

    2024/04/26 23:56

編集者メッセージ(いいね)

  • DAYSNEOへの投稿ありがとうございます!
    「沸騰」、面白く拝読いたしました。物凄い作品でした。大人と子供、正義感と保身、理想と現実の狭間でどちらにも突き抜けられない、息の詰まるような感覚が、鮮明に描きだされていました。
    主人公が人気者の先生を軽蔑するキッカケになった「バカがうつる」というセリフを、巡り巡って主人公が咄嗟に口にしてしまう(そしてそこが最も読者の緊張感が高まるシーンとして配置されている)という構成もバッチリはまっていました。ラストシーンは抽象的な演出は良いのですが、もう少し読者をこういう気持ちにさせたい、という狙いを持てるとより良くなったかと思います。
    作画希望とのことでしたが、ストーリーを作る力も十分お持ちだと思います。これほどの心理解像度の高さとそれを読者にも味わわせられる表現力の高さは素晴らしいですし、何よりコレを描けるRimeさんがこの世界をどう見つめて何を考えているのかを知りたくなりました。
    ぜひ一度お話できますと嬉しいです。
    担当希望を出させて頂きますので、よろしくお願いいたします!

    2024/04/26 23:56

TOP