プロフィール

経歴

茨城➞ロシア➞池袋。入社以来ヤンマガ一筋です。
ヤンマガ新人賞チーフ。
コミックDAYSチームも兼任で、ヤンマガ班のサブチーフをしております。

担当作

※敬称略

【ヤングマガジン】
『KING BOTTOM』樋野貴浩

【ヤングマガジンサード】
『魔女と野獣』佐竹幸典
『KILL the ROSE』エビガワ

【eヤンマガ】
『食糧人類 -Starving Anonymous-』蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾
『生贄投票』江戸川エドガワ/葛西竜哉

【コミックDAYS】
『ホームルーム』千代


《過去担当作》
『カイジ』福本伸行
『クダンノゴトシ』『モンタージュ 三億円事件奇譚』渡辺潤
『匿名の彼女たち』五十嵐健三
など

メッセージ

漫画には人生を変える力があると思っています。
漫画家さんが全身全霊を込めて描いた作品が、人々の心を打つ瞬間が大好きです。
スポーツ漫画に感動して部活を始め、女の子にフラれてはラブコメ漫画で心を癒し、
ギャグ漫画でストレスを吹きとばして、アツい職業漫画に涙した学生時代。
僕の人生の要所には、いつも漫画という存在がありました。
エンターテイメントという大舞台で戦うあなたをセコンドとして叱咤激励しながら、
最高のパンチが打てるよう全力でサポートをさせていただきます。
あなたの持っている情熱と経験値を最大化して、最速で世の人々に届けましょう!

リンク

新着メッセージ

  • 力作ですね!
    ワルキューレの戦闘シーンがめちゃくちゃカッコよくてワクワクしました。
    キャラのデザインにも非常にフユキさんの性癖&こだわりを感じます。
    P.10の描き方とかいいですよね~。あとラストのセリフはグッときました笑

    コマをはみ出すようにキャラを描いたり、キャラクターに「ハゲ」というコンプレックスを与えてみたり、かなり読者サービスを意識していると思うのですが、まだだいぶ読みづらさがあり、それで読者を弾いてしまっている印象です。

    その原因は、簡単に言うと“設定過多”です。

    キャラクターに癖をつけてみたり、「寄生」「戦闘形態」という設定を入れてみたり、今のところフユキさんの作品は足し算をもとに生まれている感じがします。
    主人公の感情を動かす要素以外の余分なものは極力そぎ落として、引き算の形でネームを作ってみることをオススメします。
    読みやすさこそ最大の読者サービスなので。

    まずは
    ・冒頭で主人公の悩み(=解決すべき目標)をしっかり読者に見せる
    ・メインキャラクターを2~3人に絞る
    ・設定の後出しを極力控える
    この辺りから始めてみると、読みやすさが格段に増すと思います。

    後半を拝見する限り描きたいシーンはある方だと思うので、そこに向かって一番気持ちの良い持っていき方ができるよう、逆算してネームを作ってみると良いと思います。
    またのご投稿お待ちしております!

    2018/10/18 03:21
  • NTRタグにちょっと笑いましたw

    心理ネームの描き方がとても巧みだと思います。配置・テンポ・言い回し、どれもすごくいいですね。
    他の作品も拝見しましたが、絵柄についてはこの作品が一番良いと思いました!特に目の描き方がすごく上達してます。表情のバリエーションも増えてますね。

    まだ短いページ数ではありますが、主人公に感情移入してしまい、二人の今後がすごく気になりました。
    あえてアドバイスをするとすれば、P.2までのツカミが弱く設定に入りづらいので、「人には言えない秘密がある」「同姓の彼女のことが好き」といった、この作品ゆえの個性的な心理ネームを冒頭に持ってこれると、さらにヒキが強くなると思いました。
    しのさんは心理ネームが上手いですしね。
    彼女の持つ「卑しい自分」「聞き分けのいい女」という悩みが今後どう解決されていくのか楽しみです。続きも期待しております!

    2018/10/18 04:12
  • 終末世界っていいですよね~。僕も好きです。
    学生時代、伊坂幸太郎先生の『終末のフール』を何回か読みました。
    一周回ってのほほんと過ごしてるみたいな世界観がツボで。

    そういった意味で、終末を迎えようとしている世界で、あえて「普通の日常」を過ごそうとしている葵くんのキャラがすごく好みです。そしてその日常を狂わせる紗江ちゃんの存在が出てくるのが素晴らしいですね。

    個人的にP.5の紗江ちゃんの表情とセリフにとてもグッときたんですが、ショート漫画ゆえに紗江ちゃんのキャラが読者に浸透していない状態でこのページが来てしまったのが少し惜しいな―と感じました。「普段こんなこと言う子じゃないのに」と読者が驚けるくらいのキャラにしておけば、さらにP.5の一言の価値が増したと思います。
    いわゆる見せ場への“フリ”ですね。
    長ページものならここは序章に過ぎないんでしょうが、この作品の中では見せ場はここになると思いました。

    読者をドキッとさせるシーンを作れるというのはそれだけで大きな武器なので、今後はそれを最大化するような意識を持っていただければ!
    またのご投稿お待ちしております。

    2018/10/03 02:58
  • 見開きの美しさハンパないですね‥‥‼
    あの一撃でかなり心を掴まれてしまいました。

    連載のご経験もあり、読者を惹きつける画力はすでに十分お持ちだと思うので、あとは読者を惹きつける「キャラクターの行動」が描けてくれば、高遠さんはさらに上のレベルへ行けると思います。

    この読み切りの中では二つ大きな「行動」がありました。

    一つ目は「三貴のもとに現れる」という夜の行動。
    この行動は話を面白くするエンジンになっているのですが、読者はその“理由”の部分を気にして読み進める構成になっているので、そこに意外性を持たせられれば、さらに夜を魅力的にできたと思います。読者的には「そのための行動だったのか…‼」と驚けるような。「心配だったから」はやや予想通りなので、もう少しだけ予想外の理由だと良かったですね。

    二つ目は「天国に向かう夜を止める」という三貴の行動。
    “キャラクターはリアクションで決まる”なんてよく言ったりしますが、わりと引っ込み思案だった三貴が夜の手を自ら握るというリアクションはすごく良かったです。「ピンチの状況でのとっさのリアクション=キャラクターの本音」みたいなところがあるので、三貴の夜への気持ちがあの行動で伝わってきました。
    ただ「そこに意味がある」という感じの見せ方ではなかったので、もう少し強調して演出してもよかったのかもしれません。

    上記二つのように、キャラクターを魅力的にする「行動」の種はあるので、あとはそこの面白さをどう最大化するかだと思います。

    駄文失礼しました!
    またのご投稿をお待ちしております。

    2018/10/03 04:00
  • 見開きにやられました!
    このワンシーンだけで広告作れそうなくらい良いシーンだと思います笑
    読者を驚かせようというyhさんのエンタメ精神を強く感じました。

    そしてセリフのテンポが良いですね。
    読者の気持ちが乗っかりやすい等身大の言葉でモノローグが語られていて、つい感情移入して読んでしまいました。
    1点だけあるとすれば、たまにフキダシの位置が上下しすぎて読みづらい時があります。P.6の2~4コマあたりは特にそうですね。

    目線が上下する回数を減らすだけでも相当読みやすくなると思うので、今後意識していただいて、今のテンポの良さをさらに活かしていただけたら。

    個人的にはBL要素がなくなった時、yhさんはどういう作品を描くのかなーというのがとても気になりました。次の作品も楽しみにお待ちしております!

    2018/08/28 18:45
  • おお!新作嬉しいです!
    キャラクターの影が切り絵のように表現されていたり、コマの枠線が泡に溶けていたり、工夫が沢山あって見るのがすごく楽しかったです。
    モノローグもつづらさんにしか書けない言葉で表現されているので凄く良いですね。

    ただ、なんだかよくわからないまま終わってしまったので、できればP.7から描かれる主人公の悩みと、P.9のらむ音ちゃんとの出会いをもう少しじっくり見たかったなーという印象です。

    読み切りを作る上で、「どう悩んでるか(葛藤)・誰と出会うか(出会い)・どう解決するか(解決)」はとても重要です。
    俗に三幕構成なんて言われたりもしますが、現状つづらさんの描く物語には「葛藤」「出会い」の割合が少なく、「解決」がありません。

    前作「チコちゃんの星」の時もそうでしたが、つづらさんは中盤の回想で二人の出会いを描くクセがあります。この構成だと悩んでる主人公に、らむ音ちゃんがどういう影響を与えたかがわかりづらいのです。(影響与えた後から始まってるので)

    その解決策として、「悩める主人公➞二人の出会い」を冒頭に持ってくるという手があります。

    現状では、キャラクターの名前(らむ音ちゃん)を強調するために最初からいきなり主人公と一緒に出しているのですが、できればまず主人公(悩んでる人)を描いて、後から出会う相方を主人公にとって印象的な人物だったり変な人物だったりにすると良いと思います。読者は主人公目線で読むので、その人が驚いたり訝しんだり惚れたりすれば、その頭の中と同じ状態で読んでくれます。
    この流れであれば、主人公の悩みも描けるし、出会いも強調できます。
    要は冒頭で「葛藤➞出会い」のくだりをやるってことですね。

    最後の「解決」は100%必要!ってもんでもないのですが、読み切りは“主人公の人生や価値観が変わる瞬間”を描くものなので、悩みに対してどう向き合い、どう感じたか、というのはぜひ見せてほしいです。
    それこそが、これからつづらさんの描く物語の最大の見せ場になると思います。

    駄文失礼しました!
    次の作品も期待しております。

    2018/07/24 02:25
  • 本当に切ないエピソードでした…。
    10代でこの作品を描かれたということに驚きを隠せません。

    華沢さんは主人公の心理を言語化するセンスがずば抜けていると思います。
    「ゆらゆら揺れる無意識はまるで水のようだ」「大好きで 大好きで 大好きだった」なんかは特に素晴らしいですよね!
    こういった心理ネームが優れているだけでなく、実際にいそうなキャラクターや辛いエピソードをきちんと描けているからこそ、これほどまでに感情移入して読めるのだと思います。華沢さんは普段からかなり人を見ていらっしゃる気がしました。

    『遠雷のソナチネ』の方も拝見して、僭越ながら2作品に少しアドバイスをさせていただくとすれば、やや回想と非現実を織り交ぜる回数が多いと思います。
    時系列や空間(特に現実と非現実)が変わるのは、時に読み手にとってストレスになるので、極力抑えたほうが良いと思います。『遠雷のソナチネ』は現実と非現実の境が分かりにくいので、少し読みづらさを招いてしまっているかもしれません。

    また、主人公が最後に一人で答えを出すことが多いので、その前に“主人公の価値観を変える言葉”を生み出すことができれば、さらに読者も刺さる作品が作れると思いました。
    この作品で言えば、長谷川くんと別れを告げる前のP.39の高橋くんのセリフですが、ここで諭すだけでなく、主人公がしっかり前を向くようなセリフが言えれば、最後長谷川くんとの別れに対峙する主人公の気持ちにより乗れると思います。
    主人公が変わる瞬間が、読み切りで一番大事だと思うのです。

    言語センスは非凡なものをお持ちですし、感情移入させる力もあるので、あとは主人公を変える力を持った言葉を作って欲しいです。
    「この読み切り読んで良かったなー!」という気持ちよさは、きっとそこから生まれるはずなので。

    長々とすみません!その溢れる才能をぜひ早く世に出してください。
    そして、もしよろしければそのお手伝いをさせていただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします!

    2018/06/02 00:34
  • たった3ページなのにグッと掴まれてしまいました笑
    ショウくんの泣き顔、そして魔女のワルい顔、どちらも表情が素晴らしくて見ているだけで凄く楽しかったです!

    ギャロップの方も爽やかで好きでしたが、こちらの方もキュンとする感じで素敵ですね!そして何より画力の向上に驚きました笑

    もしよろしければ、ぜひお話聞かせて頂きたいです。
    よろしくお願いいたします!

    2018/05/24 05:11
  • すごく素敵な世界観ですね!
    これだけ青に染められた漫画は初めて見ました笑
    個人的には最後のページのモノローグが切なくて超好きです。
    作品に出てくるアイテムを上手く使って、二人の心の距離を見事に表現してます。
    星ってどうしてこうもロマンを感じてしまうんでしょうか…。

    そしてコマ割りがとても面白いと思います。
    煙突の煙の表現とか、見開きの使い方とか、つづらさんの読者を楽しませようとする気概を感じました。キャラクターの顔や街並を色々な構図で描けていることも素晴らしいですね!

    1点だけ贅沢を言えば、キャラクターのバックグランド(生活感や考え方)がまだあまり見えていないので、そこさえ見えるとさらに良くなると思いました。
    星の見えなくなっていく世界を主人公はどう感じているのか。抗議活動を続けるチコちゃんにどうなってほしいのか。主人公はチコちゃんが好きなのか否か。

    現状、読者に感情移入を促すための情報がやや足りていないので、導線となる心理ネームがもう少しあると、よりつづらさんの描きたいことが伝わりやすくなると思います。
    見開きのバッグを被せるシーンなどは正直めちゃくちゃ良いので、このシーンにどんな意味があるかが、さらに読者にわかりやすく伝えられると良いですね。

    つづらさんの世界観はとても素敵だと思うので、もう少しだけ主人公の心の内を読者に見せて頂けたら、ぐっと寄り添いやすい作品が作れると思います。

    次作も楽しみにしております!

    2018/05/22 00:20
  • 目の描き方が凄く良いですね!
    “目だけで感情が分かるのが理想”とよく言われますが、それに近いくらいよく目を研究されていると思います。個人的にはP.8「行きたい」の時の目とP.10「くやしい」の時の目が特に好きですね。

    かなたさんの今後のため、僭越ながら一つアドバイスをさせていただくとすれば、めくり(右ページの上のコマ)がさらに上手く使えるようになると良いと思います。
    主に人を驚かせたい時や、印象的なシーンを作りたい時に使うのがこのコマですが、まだそこまで効果的には使えておらず、使えればさらにネームに強弱を付けられると思いました。

    今回の作品でめくりが使えそうなポイントを申し上げると、P.5の白髪(?)の悪魔の登場シーン、P.14の主人公の「要らないっ」あたりですね。特に後者のような、キャラクターが予想外のリアクションをするようなシーンでは、めくりが効果的です。
    Kindleみたいに1Pずつ読む形だとオールめくりみたいにはなるのですが笑、女性誌を志望されているということでお伝えさせていただきました。

    次回作も楽しみにしております!

    2018/05/18 05:23

担当希望作品

TOP