プロフィール

ヤングマガジン白木

★139

52

経歴

茨城➞ロシア➞池袋。 入社以来ヤンマガ一筋です。
ヤンマガ新人賞チーフ。
マンガWEB&アプリ「コミックDAYS」の編集も兼任で、ヤンマガ班のサブチーフをしております。

担当作

※敬称略

『ホームルーム』千代
『魔女と野獣』佐竹幸典
『首を斬らねば分かるまい』門馬司/奏ヨシキ
『東独にいた』宮下暁


《過去担当作》
『食糧人類 -Starving Anonymous-』蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾
『生贄投票』江戸川エドガワ/葛西竜哉
『カイジ』福本伸行
『KING BOTTOM』樋野貴浩
『クダンノゴトシ』『モンタージュ 三億円事件奇譚』渡辺潤
『匿名の彼女たち』五十嵐健三
『KILL the ROSE』エビガワ
など

メッセージ

現在連載を担当している作家さんはほとんど新人さんです。
とにかく新しい才能が大好きで、新人漫画家さんの才能を世に届けることが自分の編集者としての使命だと思ってます。

器用な方では決してないですが、時間をかけてとことん打ち合わせするスタイルです。
DAYS NEOで担当についた方のちばてつや賞&月間賞受賞作品は下記リンクから読めます。
ここからデビューする人をどんどん出していきたいです!

リンク

新着メッセージ

  • 勇者の息子が平和すぎてグレるって設定、秀逸ですねー!
    整形魔法のくだり笑いましたw

    個人的にはP.6の「世の中 金のないやつが働く」「金があるやつは働かない 働かなくていい」というセリフが好きです。
    『カイジ』で利根川が言っていた「金は命より重い‥‥!」のように、綺麗事感のないストレートな言葉でいいと思います。

    現状主人公がこじらせてるだけに見えなくもないので、よりピカレスク感が強まると、冒頭の設定とも噛み合ってより面白そうだなと感じました。
    『喧嘩稼業』の佐藤十兵衛のように「悪すぎてカッコイイ!」ってなると、さらにキャラとしての魅力が増しそうですね。

    続き、楽しみにしております!

    2018/12/15 17:59
  • 2話目お待ちしてましたー!
    イケメン観月くんを手玉に取る犬飼さんが最高です!
    正直2話目のハードル超高いと思ってましたが、想定を余裕で越えてきました。
    犬飼さんの討論部的アプローチになぜこんなにドキドキしてしまうんでしょうか‥?
    ほっぺをグイッとやってムリヤリ顔を数値化しようとするくだりとか素晴らしいです。

    そして何より、実際にロジカルな語りで観月君の心を動かしている所がスゴい。
    「面倒くさいで片付けてはダメです」のあたりとか超面倒くさい人のはずなのに、なぜかすごく魅力的に見えてしまいます。2話目最後の問いかけるような推論もすごく良いです。
    オオノさん、これはとんでもないヒロインを生み出してしまってるかもしれませんね笑

    3話目も心から楽しみにしてます!

    そしてこれだけ良い企画なので、もし担当に選んでいただけるのであれば連載を前提にお話しさせていただきたいです。
    ヤンマガ編集部にはヤングマガジン以外にも
    ・大人向けの月刊ヤングマガジン
    ・女性向けのヤングマガジンサード
    ・何でもアリのコミックDAYS
    といった3つの選択肢があり、連載チャンスはかなり多めです。
    怖いイメージ持たれがちですが、ちゃんと女性向けの媒体もありますので!

    ぜひご検討いただけたら嬉しいです!
    よろしくお願いします。

    2018/12/04 04:30
  • これは怖い‥‥。サイコっぽい犯人の喋り方が秀逸ですね。
    強姦殺人の事情聴取なのに、「最高でしたよ」とか「この女、良かったですよ」とか、自分の主観をちょいちょい挟んでくる所を見て、素直に嫌~な気持ちになりました。ゾワゾワとした恐怖感というか。
    あと個人的には、最後の辞世の句の前に、「泣いて謝る女房の姿」と「もう一発やりたいとしか思ってない小平の姿」を描いたことで、この話の救われなさが倍増したなと思ってます。

    読み手の感情を狙ってコントロールするのはとても大事なことなので、こうした誰もが感じる気持ち悪さ・救われなさを描けるというのは大きな武器ですね。

    韓国映画の『チェイサー』なんかも「気持ち悪さ・救われなさ」の部分でかなり類似するものがあるので、観てみると参考になるかもしれません。(個人的にはクライムサスペンスの傑作です)
    史実に基づかない、谷口さんだから描けるヤバい犯人もぜひ見てみたいです!

    2018/11/30 22:43
  • 続き、楽しみにしておりました!
    ラストがすごく良いですねー。どっちの可能性かわかりきってるクセに‥!とついついツッコんでしまいましたw
    あと2話目P.10の二人の表情がとても好きです。シミズさん、こういう照れ顔が抜群に上手いと思います。

    全体通して読ませていただいて、
    ・前半(第1話)は宇川先輩のキャラ
    ・後半(第2話)は弟君の行動
    で驚かせる人物を変えている印象を受けました。
    後半ちゃんと「主人公の行動」で驚かせようという意識が良いですよね!

    ただ途中から先輩がやや普通の人になってしまっているのがちょっともったいないかなーと思いました。弟君の告白を受けた後の展開で、もう一つ彼女のキャラクターゆえにもたらせる驚きがあっても良かったかもしれません。
    シミズさんはかわいくて不思議なヒロインを描ける人なので、“不思議”の部分がさらに見せ場のシーンにもかかってくると、より唯一無二の作品が作れると思います。

    とはいえ才能は間違いないものをお持ちだと思います。
    連載に向けてお手伝いをさせていただければと思うので、変わらず担当希望させていただきます。よろしくお願いします!

    2018/11/22 01:22
  • めちゃくちゃ可愛い話なのに、後半で超ビックリしました!
    まさかあんな形で失恋が確定するとは‥!

    「1話の中でキャラクターの見え方が変わる」というのは、最近のマンガの売れ筋の一つだなと勝手ながら感じてまして、それにバナー映えするインパクト大のコマが一つあれば結構売れる可能性があると思ってるんですが、この話はその条件をどちらも満たしていると思います。
    おまけに絵柄がカワイイし、コマ割りが超絶上手い。これは強い!

    さらに売れる可能性を高めるためには、あの1コマのパワー(唯一無二感)をさらに上げられると良いなと思いました。絵柄的に近い方向性で言えば、『大上さん、だだ漏れです。』の1話目くらいのインパクトが出せるといいですね。(リンク:http://u0u0.net/NC4A)

    すでにデビュー済みとのことですので、連載に向けてお手伝いをさせていただければと思っております。よろしくお願いします!

    2018/11/17 00:13
  • めっっっっちゃいいですね!なんだこの才能!
    キャラクター二人がどちらも生き生きとしていて素晴らしいです。
    P.2でデカいこと言ってる感じもかっこいいし、P.10のめくりの言葉とかも超面白かったです!二人のやりとりが笑えるのが何よりいいですね。

    まだ1話目ではありますが、続きがとても気になりました。
    少し読みづらさがあったり荒削りな部分もありますが、それを跳ねのけるキャラクターのパワーを感じます。
    続きをお待ちしてますと書くべきところですが、我慢できず担当希望させていただきます。
    よろしくお願い致します!

    2018/11/14 02:02
  • 絵がうまい!
    そしてラスト、唯一無二の見せ場を描いてやろうという気概を感じました。
    こういうシーンが僕は大好きです。もっともっとやっていいです。
    そもそも「女の子が男の子に牛丼を作りたくて頑張る」という設定が面白いですよね。
    紹介部分を見て、どう話が転がるのか全然予想つかなかったですw

    キャラが弱いと仰ってますが、個人的には外面の部分(見た目やしゃべり方)は全然インパクトがあるなと思います。「メリーに首ったけ」みたいな髪型がステキですよね。
    一方で、もう少し内面の部分(悩みやコンプレックス)に踏み込めると、さらにキャラクターが強くなる気がしました。
    この話は最後がサイコーなのですが、このシーンで誰が救われたのかちょっとだけわかりづらいのです。それは“救われたい人間”の心情がほぼ描かれていないからです。主人公の行動に救われるのはヨータロのはずなので、主人公の悩みじゃなく、彼が何に悩んでいるかを序盤・中盤でもっと掘り下げておけると、このシーンの価値はさらに増したと思います。

    読み切りは「誰かの人生や価値観が変わった瞬間」を描くものです。
    白星さんには「人生を変えるシーン」を作る力があるので(これはすごい事です)、「変わりたい人間」の方も描けると、さらに物語の価値を上げることができるなーと感じました。

    お気に入りに登録させていただきますので、ぜひ頑張ってください!
    次作も期待しております!

    2018/11/08 04:49
  • 万札の出方に笑いましたw
    予想を裏切る展開力も素晴らしいですが、何より言葉選びが素晴らしいですね。
    天使のディスがいちいち面白かったです。

    上記の展開力とワードセンスは武器にしていただきつつ、まだ読者の目を止め得るようなインパクトのあるコマは少ないので、読者にとってアイキャッチになるものをさらに増やせると良いなーと思いました。

    コンビニでお客さんが雑誌を手に取るときをイメージしてほしいんですが、普通手に取ったらパラパラーッと読んで終わりなので、そのスピードでもお客さんの目に留まるようなコマを持っておくことは大事だと思うんですよね。
    見た目とギャップのあることをキャラに言わせられる新波さんならなおさらです。

    個人的にはキャラクターの表情がもっと増えると良いと思っていて、突然の劇画調の顔だったり、女の子がドン引いている顔だったり、絵だけで笑えるようなコマを作れると、さらに笑いとインパクトのバリエーションが増やせるなと思いました。

    武器は武器として磨きつつ、より強いコマ力が生まれるようキャラクターの表情を磨いていっていただければ。
    次作も期待しております!

    2018/11/08 05:22
  • 大切な作品のご投稿、ありがとうございます。
    良い作品ですね!個人的にはキャラクター同士のやりとりから生まれる“地に足ついてる感”が素晴らしかったです。変な歌うたいながら職場に来たり、朝からチョコ食べてたり。特に会話の自然さがすごく良い味出してますよね。「ユーチューバーになる」のあたりとか、「こういうこと言う人いそー!」と思いながら読んでしまいました笑

    P.28に最大の見せ場のシーンを持ってきていると思うのですが、ここは「自分を必要としてくれる人がいた」ことに主人公が感動しそれに応えるシーンだと思います。1ページ使った演出が良いですよね。
    ただこのシーンの前に、感動した瞬間のシーンもちゃんと大きく描かれていると、さらに気持ちよさがあるのではないかと思いました。読者は主人公の視点で話を読むので、主人公の心が動いた瞬間は一緒に感動できるよう、ちゃんと大ゴマでわかりやすく導いてあげられるといいと思います。

    また、その気持ちよさから逆算すると、主人公が悩んでいる感じはもっと冒頭から強調されていても良かったかもしれません。冒頭ではあまり悩んでいるように見えないので、読者を感情移入させるフックとしてはやや弱いです。

    「必要としてくれる人は意外と身近にいた」というアイデアは良いと思うので、お客さんを絶対そんなこと言わなそうなキャラに見せておいたり、P.12-13の田村くんのセリフ(フリ)も隠したりできると、さらに驚けたかなと思います。主人公の悩みの部分はそういった逆算の最たるポイントですね。

    キャラクターの会話力など地力は大いにある方だと思いますので、今後は描きたいシーンに向けて逆算をする意識を持ってみていただければ。そうすれば寺山さんの才能はさらに光るともいます。またのご投稿をお待ちしております!

    2018/11/05 03:17
  • 完全に騙されました!まさかそう来るとは…!
    読者をミスリードする能力って、わりと構成の問題が絡んでくるので最初から持ってる人はあまりいないのですが、わずか19歳でこれを描いてしまったことに驚きを禁じ得ません。しかもラストがイイ!多少の分かりづらさはありますが、「そんなんどうでもいい!」と思わせるパワーを持った素晴らしい作品でした。

    僭越ながら1点だけ言えるとすれば、P.13で「これはやばそ…」というアイカのモノローグが入っているのですが、戻ってきた時点で取り憑かれているなら心理ネームは怪物のハズになるのでやや変です。ただ非常に些末な部分ですし、こういった部分こそ打ち合わせで解消できていくポイントだと思います。

    「人間と人間とは違った価値観を持つ怪物のやり取りを描くのが好き」とプロフィール欄に描かれてますが、個人的にはそこにしっかり焦点を当てた作品を読んでみたいと思いました。
    今回は構成上視点が「クロユリ→アイカ→お兄さん」という形で動いてましたが、視点をきっちり怪物に絞った話を読んでみたいですね。冒頭のモノローグ「妖精は人間と同じあの世にはいけない」のように、“怪物のゆえの悩み”に感情移入できるような。
    ぜひカツザワさんの作品作りのお手伝いをさせていただけると嬉しいです!よろしくお願いいたします。

    2018/11/05 02:42

担当希望作品

TOP