プロフィール

経歴

2002年入社/週刊少年マガジン→月刊少年ライバル→ヤングマガジン→コミックDAYS ※今はコミックDAYSの全体の統括をしています。モーニング・イブニング編集部と機構上くっついたので、双方の新人賞や雑誌に作品を出せる立場でもあります。『ロッキー』の話なら3時間くらい話せると思います。よろしくお願いします。

担当作

現担当作は『中間管理録トネガワ』『1日外出録ハンチョウ』『電人N』『殿さまとスティッチ』。

メッセージ

①「自分の本音」を ②「他人に伝わるように描く」・・・・この2つができればプロになれます。②は編集者がお手伝いできることもあると思います。なので、まずは①の部分「自分の本音」を作品にぶつけてください!よろしくお願いします。

リンク

新着メッセージ

  • 超絶画力・・・!すごい!
    企画が決まれば即デビューの実力者であることは間違いないですが、
    超絶画力の方だからこそのリクエストを2つお伝えします。

    ①間と段取りを飛ばして少ないコマで伝える。
    体験談です。過去に担当していたある超絶画力の作家さんのネームが、
    すごくコマ数が少ないのに展開が早いことに気がつきました。
    「なぜだろう?」とコマ割りを精査したところ、
    普通の画力の作家さんなら描くはずの「間」や「段取り」が極限まで省かれていたことに気づきました。

    例えば普通の作家が
    「1主人公が決め台詞をいう 2言われた敵役がたじろぐ 3主人公が踵を返す 4去っていく主人公の後ろ姿」
    と4コマかけて描くシーンを
    「1主人公が決め台詞をいう 2去っていく主人公の後ろ姿とうなだれる敵役」
    と2コマで描いていたのです。結果、絵が大きく、かっこよく、読みやすく、それでいて展開が早い、というネームになっていました。これは絵が弱いとできないことですが、Fanさんの画力ならできると思います!

    ②止め絵を描く
    過去にどこかで聞いた話ですが、ダンスは「動くこと」と同じくらい「静止すること」が大事だそうです。
    これはアクションにも言えると思います。「マトリックス」とかわかりやすいですが、印象に残るアクションは実は「止まっていること」が多いです。目が止まる、時間が止まる瞬間を交えて描けるとより印象的なアクションになるかと思いました。

    取り急ぎですが、ご感想まで!

    2019/07/23 12:42
  • ご投稿ありがとうございます!
    亜暉さんの顔がどれも綺麗で「ええやん!」と思いながら読んでました。
    読みやすく、画面も丁寧で、画力も高い、総合的にレベルの高い作品です。
    (どこで「方向性が違うな」と感じたのかにすごい興味あります。)

    ただ「2人の関係が安定していて少しスリルに欠ける」と感じました。
    こういう物語には「目を離せない関係」を見たいのですが、
    今の二人は「少しくらい目を離しても大丈夫そうな関係」になっているかと。

    置かれている立場や考え方や生き様がまるっきり違っていたり、
    ちょっとした一言で関係が破綻しかねない一方で、
    ちょっとした行動で一気に関係が進展しかねないようなもっと危うい関係性。
    ・・・・そういうキャラクター同士を見たいです。

    はなはだ簡単ですが、まずは感想まで。。。
    またのご投稿お待ちしております!

    2019/06/29 00:05
  • ご投稿ありがとうございます!

    1P漫画にハマっていらっしゃる…ということだったのですが、素直に読むとそれぞれ3〜4P分くらいの分量を1Pに収めているように感じますね。ちょっと窮屈さと読みづらさを感じました。

    ちょうど今朝、同じく1Pマンガの西原理恵子さんの「毎日かあさん」を読んでたんですが、情報量もセリフもギッシリなのに1P漫画としてすごい読みやすいですよね。例えば「毎日かあさん」は吹き出しにも色をつけて強弱をつけてますよね。また、基本3段割でほぼ全コマが長方形です(斜め割りや縦割りをしていない)。他にも読みやすさの秘訣は色々とありそうです。

    本作との違いを比較していただくと、1P漫画の最適な描き方が見えてくるかもしれません!
    以上、簡単な感想までですが、引き続きのご投稿よろしくお願いします。

    2019/06/28 23:38
  • ご投稿ありがとうございます!「これからは読者のために漫画を描きたい」という気持ちに少しでも応えられればと思い、メッセージを送ります。

    まずは以下の3つのことを意識してみてください。
    ①視線がページの右上から左下にスムーズに移動するようにふきだしと心理ネームを配置する(WEBTOONなら視線がスクロールに合わせて緩やかに蛇行するように配置)
    ②場面が変わるごとに俯瞰や引きの絵で人物の位置関係と周囲の状況がわかるコマを入れる
    ③ネームを描いたら擬音やセリフを音読してリズムをチェックする
    おそらくこれだけで読みやすさが格段に上がると思います。

    加えてリクエストをいうと
    ④登場人物の誰かの気持ちが大きく変わるまで描いてみる
    です。いずれの作品もテーマは設定されているようなのですが、
    起承転結の起の手前くらいのところで終わっています。

    言い切ってしまうと「誰かと誰かが出会って、誰かの気持ちが大きく動く」のが「漫画」です。
    「誰かの気持ちが大きく動く」ところまで描き切ってみましょう。

    ねこ川さんの作品はいずれも世界観があるし、この「チャット☆プラネット」のサムネイルの横顔、こういう魅力的な絵が描けるのは間違いなく武器です。ねこ川さんが感じてらっしゃる伝え方の課題は、訓練でいくらでも伸ばせるポイントです。なので、がんばりがいがあります。引き続きのご投稿お待ちしております!

    2019/06/24 23:56
  • さっぱりした絵柄で、淡々としてますが、しっかりと「不吉」で、そこが面白かったです。
    主人公若いのにやたら周囲に死人が多いし、タイトルも不吉。。。
    ゆっくりと気づかないレベルで朽ちていってる感じ、そういう今っぽい空気感がいいな、と思いました。

    今この主人公が抱いている虚しさ取り巻く状況はすごくよく描けていると思う一方で、
    まだ何も始まっていないとも思いました。

    この主人公が何と出会うか、何をするのか?
    積極的に事態を良くしていくのか、悪くしてしまうのか?
    そこは商業漫画として必要な部分と思います。
    (逆にいうとですが「何かが始まる前」はすごく良く描けていると思いました。)

    はなはだ簡単ですが、感想まで。またのご投稿をお待ちしております!

    2019/06/12 14:33
  • 最高にクールな自己紹介ですね!
    モーニング新編集長の就任挨拶を思い出しました。
    演出というか「漫画がうまい」です。

    続き気になります、
    引き続きご投稿よろしくお願いします。

    2019/06/05 15:20
  • めちゃくちゃ面白かったです。
    純情なストーカーとサイコパスな天使。

    全然根拠なくて恐縮なのですが、
    世界観にSF要素を入れるともっと面白なりそう、と思いました。
    2人の関係がすごくわかりやすいだけに世界観にわかりにくい部分や奥行きが欲しい、
    と感じたのですが、SF要素以外にもやり方はあると思います。

    もしよろしければ、一度お話しさせてもらえると幸いです。
    担当希望しますので、よろしくお願いします。

    2019/06/01 01:58
  • これはすごく面白そう!
    ハーラン・エリスンの「世界の中心で愛を叫んだけもの」を思い出しました。
    まだ触りですが、大きい物語の予感に引き込まれます。

    この1話目だけで画面は完全にプロレベルであることは十分わかりますし、
    マッチングが成立して今作の掲載の話も出てくる可能性もあるので、
    続きはネームでご投稿いただいてもいいかもしれません。

    引き続きのご投稿お待ちしております。

    2019/05/30 14:31
  • ご投稿ありがとうございます。
    絵が男女ともにすごく色っぽいですね!
    ワンテーマで読みやすくテンポよく構成されていて楽しく読めました。

    リクエストを言えばですが「キャラの意外なリアクション」があればよかったなと思いました。
    例えばですが、先輩の女性がめちゃくちゃ仕事のできそうなテキパキサバサバした人で、
    少しイライラしながら冬眠に入る前の仕事を片付けていたとしたら、
    「巣にぬいぐるみをたくさん置いてる」ことにもっとドキッとできたかもしれません。
    もしくは、先輩のキャラがそのままだったとして、巣に置くものが「えっ、先輩そんな性癖だったの!?」というものだったとしたらもっとドキッとしたかも・・?

    後輩の男の子についても同様にもっと意外性が出せたかもです。例えばちょっとしたことなんですが、最後のUFOキャッチャーでとったぬいぐるみをめちゃ大量に抱えて持ってきていたとしたら、「なんか加減のできないやつなんだなw」と可愛げをもっと感じられたかも・・?

    いずれも「例えば」ですが、大筋が決まった後に「こいつはどういうやつかな?」「この場でどうリアクションするようなやつだろう?」という「最後のひと煮詰め」をすることで、もっともっと面白くできそう!と思いました。

    ご投稿ありがとうございます、引き続きよろしくお願いします!

    2019/05/29 11:29
  • ご投稿ありがとうございます!
    旧日本軍 対 エイリアン…!
    カカカ…カッケー!
    個人的にめっちゃツボにくる世界観でした。

    扉と出だしが非常にいいですね。世界観やテーマ、作品の雰囲気が短いページに凝縮されてます。
    僕は「映画が面白いかどうかワンカット目でわかるようになった!」と周囲に豪語しているんですがw
    ワンカット目という一番大事なシーンに、作品の世界観とかテーマをちゃんと込められない作品が、
    そのあとうまく出来ているわけがないと思うんですよね。掃除が行き届いてない店が美味しいご飯を出せるわけない、みたいな。

    これは漫画も一緒で、連載単位で言えば1話目が面白くなければ2話目以降が面白くなるだろうとは思われないですし、1話単位で言えば出だしが面白そうでなければその後が面白くなるだろうとは思われない。なので、プロの作家さんは連載の1話目と各話の出だしは、ものすごい気を使って磨き上げます。この作品は、そういう意味で出だしがきっちり磨き上げられていて、グッと引き込まれました。

    課題はキャラクターですね。
    世界観はバシッと印象に残るのですが、キャラクターがプロットを超えて印象に残りづらい。
    キャラの絵ももう少し頑張りたいところですね。

    長いドラマの一瞬を切り取って描かれた、ということなんですが、本当にそんな感じがします。
    描かれてないだけでもっといろんなことがこの世界にはあるんだろうな、って感じがして作品世界がすごい豊かだな、と思います。今度はこの作品世界で活躍する強いキャラクター達を見てみたいです。

    ご投稿ありがとうございました、引き続きよろしくお願いします。

    2019/05/23 23:48

担当希望作品

TOP