プロフィール

U井@ヤングマガジン

★96

54

経歴

ヤングマガジン編集部

担当作

マイホームヒーロー / 週刊ヤングマガジン 連載中
ダンゲロス1969 / ヤンマガ 3rd連載中
変な知識に詳しい 高床式草子さん / 週刊ヤングマガジン 連載中
MFゴースト / 週刊ヤングマガジン 連載中
吉祥寺だけが住みたい街ですか? / ヤンマガサード 連載中
SKETCHY / ヤンマガサード 連載中

メッセージ

人間臭いキャラクターが生き生きとしている漫画が好きです。
それは、漫画のジャンルを問わず共通しています。
「こいつ、俺となんか似てるなあ‥」「このキャラの性格、あの友達とそっくり!」と思わせてくれるキャラに出会いたい! 常にそれを思って、皆様の力作を読ませていただいております。

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿ありがとうございます。

    野球シーンの描写が丁寧で、野球が好きという気持ちが
    とても伝わってきました。
    噛める前にバットを担ぐようなルーティーン
    かっこいいです。普段から野球を見ていないと
    描くのが難しいシーンだと思いました。

    主人公が野球への情熱を取り戻し、
    大学野球の真髄を知るという、王道の物語に
    対し、まっすぐに挑戦しているからか、
    キャラクター一人一人に好感が持てました。

    体の動きなど丁寧に描けていると
    思ったのですが、全体として表情が少し固い
    ところが惜しいと思ってしまいました。
    しゃべっているシーンで、口が閉じていたりと
    表情にバリエーションが少なく、
    無感情に見えてしまうところは
    これからの課題かなと思いました。

    2019/11/07 02:53
  • 第2話まで読ませていただきました。この話の続きが非常に気になっております。大悟の吐き捨てるような心の声も取り繕っていなくて、好感が持てました。
    絵においても、筋肉質な男性を魅力的に描けているなと感じました。
    大悟がドラァグクイーンであることや、ドラァグクイーンとしての大悟の矜持が、仁との関係においてどのように絡んでくるのか、楽しみです。

    続きをお待ちしております!


    2019/09/30 14:27
  • 最後2ページの内藤さんの表情がとても好きでした。
    言葉をつぶやくわけでもなく、心の声が入るわけでもなく、
    表情だけで、気持ちを表そうとしているところが素敵です。

    10ページでまとめる上で、指輪をひろうという1エピソードに絞ったのは
    とてもいいと思いました。欲を言えば、、もう少し長いページで別の場面での先生と
    内藤さんの素敵な関係を見てみたかったです。

    男性と女性の描き分けもできていますし、先生のくたびれた感じもよかったです。
    またのご投稿をお待ちしております!

    2019/09/30 13:18
  • 印象的なセリフを生み出せる方だと思いました。
    永田が須賀さんを居酒屋でさとす場面のセリフ、
    永田なりに言葉を選んでいて、だからこそ
    須賀さんを突き放していることがありありと
    感じられて、いい言葉だと思いました。

    「好き」だからやるのか
    「才能がある」からやるのか
    正しいのはどっち? というテーマにそって
    先を楽しみにしながら読んでいけました。

    まだ画力の部分で、未熟なところがありますが、
    写真を取り込んで、巧みに使用されていると感じました。
    ただ、永田の代表建築のところは徳田さん
    オリジナルのものが見たかったです。

    また、作品のテーマに対する、永田なりの
    結論は出して欲しいと思いました。須賀さんの
    姿勢にも感動しましたが、やはり
    主人公である永田がどのように変わるのかが
    見てみたかったです。

    次作も期待しております!

    2019/09/26 19:49
  • 「足を洗う」「手を染める」という慣用句を目に見えるようにしたアイデアが面白かったです。主人公のセリフ、心の声がとても自然なところも好感が持てました。また、コマ割りが非常に巧みだとも感じました。背景のコマ、人物のコマ、体の一部のコマのバランスがよく無駄なく情報が詰まっているように思います。
    別作品も拝見して、このような小噺的なお話も、人物に寄り添ったお話も描ける引き出しの多さを感じました。
    ご投稿ありがとうございました!

    2019/09/21 07:23
  • 土田さんご自身がコメントされている通り
    サクッと読めて、そして笑っちゃいました。

    「娘さんをください」と「ブランコゆずって」が
    特に好きでした。
    短いフレーズでしっかり笑わせるキレが
    素晴らしいと思います。
    土田さんのこぎみよいギャグを1ページでなく、
    もう少し長いページで楽しんでみたいです。

    2019/07/30 22:06
  • 作品からほとばしる熱量にやられちゃいました。
    3作品全て見させていただきましたが、
    この作品が面白さとしても、新鮮さとしても
    一番だったと思います。

    また、セザーとウジェン、二人のキャラもとても魅力的でした。
    部下を虐げ、人の手柄を横取りするどクズなはずなのに、実はいいヤツなんじゃないかと何度も期待させられました。読者に関するストレスのためさせ方が素晴らしいです。
    あれだけ熱いこと、真に迫ることを語るからこそウジェンも裏切られても彼について行ってしまったのだなぁ、と思わされました。
    セザーの暴挙に振り回されても食らいついて、立ち上がるウジェンの姿にも燃えました。
    「やり直しだ!」のコマ、で一気に彼の虜になりました。

    また、私が驚かされたのは3pのセザーとの出会いです。構図とセリフで「すごいヤツに出会った!」ということが一目でわかるので、物語に引き込まれていきました。

    投稿された3作品とも全て異なる特徴がありました。幅広い興味をお持ちの方だと思っております。
    よろしければ一度、お話させてもらえたら嬉しいです。

    2019/05/16 18:21
  • めちゃくちゃ怖いです‥‥。
    きれいな人→不気味な人→恐ろしい人
    と京子が感じていく流れを作るのが、とてもお上手だと思いました。

    前園さんも、彼女自身の理念にしたがって
    突き進んでいることが感じられるキャラなので、
    行動に説得力が伴っているんですよね。

    前園さんがとても魅力的な悪役であるからこそ、
    京子が前園さんにどう立ち向かっていくのか、が
    個人的には見たかったです。
    そうすれば、京子さんの主人公らしさが
    自然に現れてくるのではないでしょうか。

    またのご投稿を期待しております!!

    2019/02/05 04:54
  • ご投稿ありがとうございます!


    カエルさん達の会議、可愛くて楽しいです!
    私はカエルは正直苦手でして、触ることもできませんし、
    ゲコゲコ鳴くのもうっとおしく思ってしまうタチなんですが、
    新しい受け取り方を教えてもらった気がして、幸せな気分になりました。

    また、ピョン助が、自分を悲しい過去(人間から嫌われていた)から
    救ってくれた雨ちゃんに、恩返しをしようとする展開も素敵です。
    自分だけの力ではなく、友達カエルが協力してくれるのもいいですね。
    ベアトリーチェの物知りっぷりには笑いました。

    ストーリーの上で気になったのは、途中までピョン助のお話だったのに、
    途中から雨ちゃんのお話になっているところでしょうか。
    最後までピョン助の気持ちに沿った作品だと、もっとピョン助を
    好きになれたかなと思います。

    またの投稿をお待ちしております!

    2019/01/29 16:00
  • 『オラン・ラウト』につづいて読ませていただきました。

    『オラン・ラウト』の方でも同じようなことを書いたのですが、
    とにかく海、月、夕日などの自然物はとってもきれい!!
    この世界に行ってみたくなる絵を描かれる方だなぁと思いました。

    あと、食べ物の描写がとてもいいです。
    非常に温かみのある絵を描かれているからか、
    食べ物がおいしく見えるし、調理過程も見ていて
    ほっこりしちゃいます!

    主人公が悩みを抱えていて、それを乗り越えようとする姿を
    まっすぐ、丁寧に描かれていると思います。
    ナギサもバンサもきちんと好感のもてる人物になっているところが
    goodです!

    お父さんの右目元の傷が、サイタンの右目元の傷とリンクすることで
    主人公が心揺さぶられる部分ですが、少し急いでいる感がありました。

    お父さんの右目元に傷があることを、序盤の方で、読者に示して
    あげていれば、サイタンと出会うシーンのときに
    「ナギサのお父さんと同じ傷だ!」というように
    読者をびっくりさせることができたかもしれません。

    とても素敵な世界を作れる方だと思います。
    よろしければ一度お話してみたいです。

    よろしくお願いいたします。

    2019/01/25 03:41

担当希望作品

TOP