作品詳細ページ

無題

多田

★56 7,436

最新話公開 2023年10月05日 第1話公開 2023年10月05日

(※閲覧ありがとうございます。生活の都合のため、勝手ながら2024年2月以降のアシスタント等のお仕事だと大変助かります。よろしくお願いいたします。)背景をメインに描いたものなので、漫画というよりかはイラスト集のようになっているかもしれません。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2023年10月05日

    ★17

編集者メッセージ(新着)

  • 美しく切なく、思わず3回読み返しました。
    絵の力に目を奪われながらあの二人の物語を想像してみました。8年の間に何がありましたでしょうか?
    最後に、ある程度前向きになれつつある主人公の姿は今後の話にも結びつきそうで、彼女の過去も未来も両方気になります。

    そこまで質感と雰囲気のある漫画は珍しいと思います。「マイ・ブロークン・マリコ」を読んだ時の感動を思い出しました。フランスの読者だけでなく、多くの国の読者に感動を伝える力を感じました。

    弊社はフランスの出版社ですが、日本の作家さんと直接に手を組み漫画制作を行なっています。もし海外での出版にもご興味があれば、是非お話をさせて頂きたいと思います。担当希望をさせて頂きましたので、ご検討の程宜しくお願いします。

    ご投稿、ありがとうございました!

    2023/11/09 16:42
  • 投稿ありがとうございます!
    冒頭の写真、とても素敵でした。
    彼女への愛が画面からすごく伝わってきて、一気に引き込まれました。
    はにかみながらのピースが、リアリティーあってイイです!
    見開きで写真が今回の作品のように使われる表現があまりなかったので
    インパクトもありました。
    ラストで冒頭の写真がどういうものだったのか
    想像できる範囲を残しながら説明しているのも感傷的でよかったです!
    そして、多田さんがどんな漫画を作るのか興味があります!
    どうぞよろしくお願いします。

    2023/10/11 12:47
  • はじめまして。
    女性コミック編集部の石渡と申します。

    素敵な作品をありがとうございます。
    とても素敵な絵に、つい時間が止まってしまうような感覚に陥りました。
    二枚、構図は同じ写真が続いて、
    片方には彼女が映っているけれど、
    もう片方は誰もいない。
    同じコンビニで、明かりに違いがあるはずないのに、
    でも後で撮影した方は暗い。
    公衆電話、草木が育って、ただ時間の経過だけを感じて、
    より一層、もうこの世界のどこにも彼女はいないんだと
    感じさせられる。

    最後、カメラマンの視点。カメラを覗く目、煙草の煙。
    いつまでも二種類の写真のあいだの時間に浸っていたいような
    とても叙情的な絵柄で、そして寂しい愛を感じる作品でした。
    好きです。

    女性コミック編集部では「なかよし」「別フレ」「デザート」
    「BE・LOVE」「Kiss」「ハニーミルク(BL)」「tint」「Palcy」など、
    少女漫画から女性漫画まで
    様々なジャンルの媒体に挑戦することが可能になっております。
    アシスタントを紹介することも出来ると思うのですが、
    ぜひ多田さんと読み切りや連載も一緒にできたらと願っております。

    学業のためお忙しいと思いますが、
    ご興味がありましたら、ぜひ一度お話させていただきたいです。
    ご検討のほど、何卒宜しくお願い致します。

    2023/10/05 13:20
  • ご投稿ありがとうございます!

    変わるものと変わらないもの、喪失感を描くことが狙い通りできている作品だと感じました。
    最後の数ページでも、セリフとは裏腹に表情が暗かったり、笑顔でも悲しげであったりとキャラに感情を乗せるのが本当にお上手だと思いました。
    また、たばこを吸っているときの色気がすごい...!24Pラストのコマに完全に魅了されました。

    アシスタントについては、ヤングマガジン編集部にてご紹介することが可能です。もちろん、アシスタントだけでなく作品作りなどもご一緒できれば幸いです!

    担当希望を出させていただきます。ご検討宜しくお願い致します。

    2023/10/02 11:56
  • 素敵な絵を描かれているなと思いました。
    人間の細かい表情をしっかり描けているところがとてもいいと思います。
    スーパーのシーンの横顔が好きでした。
    絵で勝負できる可能性を持っていると思いますので、多田さんの漫画をぜひ読んでみたいです。

    2023/10/01 08:38

編集者メッセージ(いいね)

  • 美しく切なく、思わず3回読み返しました。
    絵の力に目を奪われながらあの二人の物語を想像してみました。8年の間に何がありましたでしょうか?
    最後に、ある程度前向きになれつつある主人公の姿は今後の話にも結びつきそうで、彼女の過去も未来も両方気になります。

    そこまで質感と雰囲気のある漫画は珍しいと思います。「マイ・ブロークン・マリコ」を読んだ時の感動を思い出しました。フランスの読者だけでなく、多くの国の読者に感動を伝える力を感じました。

    弊社はフランスの出版社ですが、日本の作家さんと直接に手を組み漫画制作を行なっています。もし海外での出版にもご興味があれば、是非お話をさせて頂きたいと思います。担当希望をさせて頂きましたので、ご検討の程宜しくお願いします。

    ご投稿、ありがとうございました!

    2023/11/09 16:42
  • 素敵な絵を描かれているなと思いました。
    人間の細かい表情をしっかり描けているところがとてもいいと思います。
    スーパーのシーンの横顔が好きでした。
    絵で勝負できる可能性を持っていると思いますので、多田さんの漫画をぜひ読んでみたいです。

    2023/10/01 08:38
  • ご投稿ありがとうございます!

    変わるものと変わらないもの、喪失感を描くことが狙い通りできている作品だと感じました。
    最後の数ページでも、セリフとは裏腹に表情が暗かったり、笑顔でも悲しげであったりとキャラに感情を乗せるのが本当にお上手だと思いました。
    また、たばこを吸っているときの色気がすごい...!24Pラストのコマに完全に魅了されました。

    アシスタントについては、ヤングマガジン編集部にてご紹介することが可能です。もちろん、アシスタントだけでなく作品作りなどもご一緒できれば幸いです!

    担当希望を出させていただきます。ご検討宜しくお願い致します。

    2023/10/02 11:56
  • はじめまして。
    女性コミック編集部の石渡と申します。

    素敵な作品をありがとうございます。
    とても素敵な絵に、つい時間が止まってしまうような感覚に陥りました。
    二枚、構図は同じ写真が続いて、
    片方には彼女が映っているけれど、
    もう片方は誰もいない。
    同じコンビニで、明かりに違いがあるはずないのに、
    でも後で撮影した方は暗い。
    公衆電話、草木が育って、ただ時間の経過だけを感じて、
    より一層、もうこの世界のどこにも彼女はいないんだと
    感じさせられる。

    最後、カメラマンの視点。カメラを覗く目、煙草の煙。
    いつまでも二種類の写真のあいだの時間に浸っていたいような
    とても叙情的な絵柄で、そして寂しい愛を感じる作品でした。
    好きです。

    女性コミック編集部では「なかよし」「別フレ」「デザート」
    「BE・LOVE」「Kiss」「ハニーミルク(BL)」「tint」「Palcy」など、
    少女漫画から女性漫画まで
    様々なジャンルの媒体に挑戦することが可能になっております。
    アシスタントを紹介することも出来ると思うのですが、
    ぜひ多田さんと読み切りや連載も一緒にできたらと願っております。

    学業のためお忙しいと思いますが、
    ご興味がありましたら、ぜひ一度お話させていただきたいです。
    ご検討のほど、何卒宜しくお願い致します。

    2023/10/05 13:20
  • 投稿ありがとうございます!
    冒頭の写真、とても素敵でした。
    彼女への愛が画面からすごく伝わってきて、一気に引き込まれました。
    はにかみながらのピースが、リアリティーあってイイです!
    見開きで写真が今回の作品のように使われる表現があまりなかったので
    インパクトもありました。
    ラストで冒頭の写真がどういうものだったのか
    想像できる範囲を残しながら説明しているのも感傷的でよかったです!
    そして、多田さんがどんな漫画を作るのか興味があります!
    どうぞよろしくお願いします。

    2023/10/11 12:47

TOP