プロフィール

経歴

 Ki-oonは特徴の強い出版社です。当社は2003年に二人の人物によって設立されました。現Ki-oon社長の『アメッド』と『セシル』です。二人は、日本の漫画好きが好転し、日本文化や言語について学ぶようになり、漫画を出版したいという強い思いから、地道な努力を積んで現在の会社を立ち上げました。
 設立からわずか1年後、筒井哲也先生と協力し、「DUDS HUNT」という完全オリジナル漫画を制作、出版し、大きな話題作品となりました。

 現在、ライセンス出版では「僕のヒーローアカデミア」、「呪術廻戦」、「聲の形」、「ダーウィンズゲーム」、「乙嫁語り」、「BEASTARS」などの多くの話題作品を刊行しています。オリジナル作品制作にも力を入れ続け、「予告犯」(集英社・グランドジャンプにて連載)、「虎鶫 – Tsugumi Project」(講談社・週刊ヤングマガジンにて連載中)、「Lost Children」(秋田書店・別冊少年チャンピオンにて連載中)、などの制作をしています。
作者さんが新人であれベテランであれ、宣伝に注力しています。書店、ネット、テレビ、映画館、イベント、メディアなど、様々な場で漫画の面白さを伝える努力をしています。その努力が功を奏し、現在のフランス漫画市場第4位を占める実績があります。
オリジナル作品の制作を今も重視しています。作者さんとの出会いの機会を増やし、作品制作の過程をよりスムーズにするために、2015年に東京にオフィスを開きました。フランスの漫画出版社の中で日本に本格的進出しているのは当社のみです。

 私はその東京オフィスで編集者として勤務しています。
日本の作家さんと協力し、ゼロから漫画を制作しフランスで出版することを目的としています。フランス出版の後は、日本やその他欧米諸国へのライセンス営業を実施し、色々の国へ漫画の素晴らしさを届けたいと考え、行動しています。言語は違えど、漫画の魅力は無限大!全世界に通じる素晴らしいツールだと考えています。

 私はフランスで生まれ育ちましたが、幼き頃より漫画を通じて日本に興味を持ち、学生時代に日本語や文化を学びに東京に留学しました。 欧米の中でフランスはかなり漫画好きの国として有名で、私のように漫画のおかげで日本の文化に興味を持った人が大勢いましたし、当時は特にその影響が大きかったように思います。
 留学終了後、講談社の国際ライツに入社する事となり、西ヨーロッパの国々に漫画のライセンスを販売する事業を担当しました。大好きな漫画、日本の文化に毎日触れることが出来る刺激的な日々を過ごしました。
その後、フランスの最大手出版グループ傘下である漫画出版社・PIKAにスカウトされ、フランスへ一時帰国。今度は売る方から、海外の漫画ライセンスを買い、フランス語版の編集をする事になりました。おかげでフランスの漫画市場を詳しく調査する事ができ、より自身のスキルアップを計ることが出来ました。
 しかし、しばらくすると日本での生活、仕事が恋しく感じられました。日本で漫画業界に携わる仕事に就きたいと強く思うようになり、転職を決意。そして巡り合ったのが現在の漫画出版社Ki-oon東京オフィス代表という役職でした。

幼い頃より日本に思い焦がれていた私が、今はこうして漫画編集者として、作家さんや会社の皆と協力して制作、出版することが出来ています。こんなにも恵まれた環境は他にありません。

担当作

全ての作品はフランスで刊行されました。

「虎鶫 - Tsugumi Project」(日本語版:週刊ヤングマガジンにて連載中 / イタリア語版発売予定)
「Lost Children」(日本語版:秋田書店・別冊少年チャンピオンにて連載中)
「Beyond the Clouds」(英語版、スペイン語版刊行中、イタリア語版発売予定)
「終恋(Les Temps retrouvés)」 (スペイン語版刊行中)
「新しい空の下で(Sous un ciel nouveau)」(スペイン語版刊行中)
「Guess What !」
「Outsiders」
「モモとタイヨウノツカイ(Momo et le messager du Soleil)」
「エンドレス・ストーリーズ(Histoires sans fin)」
「Leviathan」
「魔女のエデン(L'Eden des sorcieres)」

メッセージ

世界を目指し、フランスでデビューしてみませんか?

世界中にはきっと、私のように漫画が大好きな人が多くいるし、待っている。一人でも多くの人の手に、一冊でも多くの漫画を届けることができるよう努める。これが今の私にできる使命だと感じています。

今後も素敵な作品を協力して制作、出版できるよう、編集者として楽しみながら頑張っていきたいと思っています!

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿、ありがとうございます!

    デリケートな題に取り組まれましたね。ヨーロッパ出身として、ナチ時代の話を読むといつも複雑な気持ちになります。チャレンジングだったと思いますが、感動がちゃんと伝わります。まだ現在の世界に影響を及ぼす時期であるからこそ、世界観にリアリティを出すのが大事なポイントです。背景への拘りを通して、真剣にゲットーを描こうとする姿勢を感じました。
    クリクリヘアが本当によく描かれています。

    これからも頑張ってください!

    2021/10/07 14:26
  • 日常が崩れる瞬間、その時初めて自分がどれだけ恵まれているのかが実感できますね。新君の頑張っている姿もいいですが、クラスメイトに同情しながら、自分の母に甘えたくなる樹にとても共感できます。主人公が幼くても、人間性がよく出るショートストーリーです。表情が丁寧に描かれていますね。大げさでもない、しかし自然に伝わる、そのバランスが良かったです。
    今後の話をお待ちしています!

    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/09/30 11:22
  • 「まいど!」で心が奪われました。コマから出るくらい存在感の大きい子の悪魔が可愛すぎて、主人公と一緒に困惑しました。

    コマ割りがとても丁寧なおかげで、話がものすごくわかりやすいです。次から次へと出てくる悪魔のシーンがシンプルに面白いです。こういうユーモアは全世界で通じると思います。このような普遍的なギャグのセンスは珍しいです。

    キャラデザインもいいですし、背景も綺麗ですし、全体的に画力のレベルが高いです。最後のチュッとするコマのふわっとした雰囲気の中の二人が可愛くて可愛くてたまりません。土橋さんのほっぺ、目の下、鼻周りの線がちょびっとリアルで、その一瞬だけ悪魔ではなく普通の少女になったように見えます。

    山田さんは色々なストーリーが描けそうですね。弊社はフランスの出版社で、最初はフランスで作品を販売しますが、日本も含め全世界を目指し営業をしています。山田さんの漫画は日本に限らず、色々な国でも受け入れられる可能性があります。もし海外にも興味があれば、是非是非お会いしましょう!

    2021/09/15 14:36
  • ご投稿、ありがとうございます。

    100人の村に育った私にとって「故郷」が非常にリアルに感じました。
    「井の中の蛙」という言葉を都会に出て初めて知りました。厳しい現実にぶつかることの辛さと、新しい人間と出会う喜びが混ざり合い、混乱を招きます。そんな世界の中で、自分はどう進むべきなのか?人生を通しての課題ですね。
    そのシンプルで複雑な気持ちが丁寧に描かれたこの漫画に感心しました。親子関係も繊細に表現され、感動的です。
    「故郷」の落ち着きと対照的に、「もも子には内緒」の爆発的な演出もとても良かったです。そうきたか!と新たに驚かせて頂きました。
    両方の作品とも主人公目線を通して、感情が直感で伝わってきます。人間の本性が出ています。日本のみならず、欧米でもその感覚が共有できると思います。弊社は雑誌連載からではなく、書き下ろしの単行本から刊行しております。まとまった物語を一緒に描いてみませんか?どのようなストーリーを考えていらっしゃるのかについて、是非聞かせて頂きたいと思います。

    どうぞよろしくお願いします!

    2021/08/31 16:54
  • ご投稿、ありがとうございます!

    完成度の高さを見たら、これはプロの技でしょうと思いましたが、やはり既にデビューされていますね。表現力が強く、ちょっとした出来事でも面白く描かれています。表情だけではなく、手や姿勢、コマ割り、すべての武器を駆使されていますね。
    そのおかげで人間関係と感情がとてもよく伝わります。Days neoに載せてくださった作品の他、Comic Daysの連載とPixivも拝見させて頂きましたが、どのエピソードもキャラが生き生きしていて自然体で動いています。その静かなエネルギーが魅力的です。
    弊社はフランスの出版社で、日本で漫画を作り、フランスで刊行しております。もし海外にも興味があるのであれば、一度お話してみませんか?現在連載があり、他に長編を制作することができないのを承知しております。すぐ企画を立てることができなくても、お話だけでも聞かせて頂ければ嬉しいです。
    どうぞよろしくお願いします。

    2021/08/30 18:21
  • 「サワナベ・ゾンビ」はとても面白かったです!ご投稿、ありがとうございました。

    「ウォーム・バディーズ」(オススメのゾンビ映画)のようにゾンビ化した主人公の視点から進んでいるストーリーとしてよくできています。「人間対ゾンビの戦い」という構造もあまりない点で新鮮に感じました。ユーモアもあり、感動もあり、アクションもあります。バランスがいいですね。絵柄も綺麗で安定しているおかげで、リアル感が伝わり、共感度が上がります。そのサワナベ君の今後が見たくなります。
    こういう絵柄とテーマがフランスに向いていると思います。よかったら是非お話を聞かせて頂きたいと思います。
    担当希望しました。どうぞよろしくお願いします!

    2021/08/20 16:53
  • ご投稿ありがとうございます!

    あのコンビいいですね。付き合いがとてつもなく長いことが伝わります。魔女狩りに合ったらそれは人間嫌いになりかねません。逆に堂々と外に出られるルラのしぶとさが羨ましいです。魔女狩りには合っていないかな。

    現在の姿より過去の姿の方が気になります。あの二人がどういう吸血鬼の人生を歩んできたのか、ルリの昔のその瞳に何が隠されているのかが見てみたいです。過去に起きた出来事で今でも悩んでいるルリは実は、人間嫌いなだけではなく、他に何かを恐れているのではないか…と妄想してしまいます。
    日常系の場面から、より大きな規模の物語に持っていくことも考えられます。それだけp. 9-10の見開きがヒキとして強いです。瞳の描き方が素敵です!米粒がついているルリの表情がそれだけで恐ろしく見えます。

    吸血鬼の伝説がヨーロッパで生まれたことだけあって、フランス人にとってはヴァンパイヤーの話が親しみやすいです。日本での日常系のストーリーにすると、日本人以外の人にとって理解しにくい部分が多く出てくる恐れがありますが、日本を舞台にしても、ドラマのある物語に展開できたら普遍的な作品になる可能性があります。
    もしヨーロッパでの刊行にご興味があれば、「モダンドラキュラの堅実な生き方」を始め、今後どういう物語を描いていきたいのかについて、聞かせていただけますか?

    どうぞよろしくお願いします。

    2021/08/10 16:38
  • 2話も読ませて頂きました!早速ご投稿いただき、ありがとうございます。楽しみにしていたので、嬉しいです。

    美しさと恐ろしさが交える世界…謎が深まる一方ですね。黒い化け物との遭遇の場面に大変緊張感があり、角を曲がった後でもまた出てくるのではないかとドキドキしました。クローズアップと引きのコマを上手に交代で使用していらっしゃるおかげで、感情と状況が両方伝わりやすいです。

    教会とサンルームの中の描写は本当に素敵です。よるのくににこんなに明るく、暖かいところもありますね。心まで温かくなります。それなのに、最後の場面にまた恐怖を感じます。強いヒキです。

    荒川さんの漫画を読むと、弊社が出しているにっけ先生の「Beyond the Clouds」を思い出します。日本語版がまだ出ていませんが、もしよかったら絵だけでも見てみてください。フランス語版の試し読みです。
    www.ki-oon.com/preview/beyondtheclouds/index.html#page=36

    フランスで大変人気のある漫画です。荒川さんの作品も魅力的なので、ヨーロッパの読者に気に入って頂けるのではないかと思います。
    ご検討頂ければ幸いです。

    では、3話を楽しみにしてます!

    2021/08/06 19:13
  • 1話の最後の方の見開きが我が国の首都「パリ」にちょっと似ていてドキッとしました。フランスのアポカリプスの世界はきっとこんな風になるでしょう。
    雰囲気もキャラも世界観も魅力的です。赤頭巾に似たこの主人公がどこに向かっているのか、とても気になります。あの宝石は?あの病院は? 知りたくてしようがありません。

    覚書の段階でこんなに丁寧に描かれているのなら、完成度の高い作品になりそうです。ヨーロッパの童話と共通点があるため、日本のみならず、フランスでも面白く読んでもらえると思います。
    もしフランスでの出版に興味があれば、ぜひ一度お話してみませんか?

    「よるのくに」パーツ2を楽しみにしています!

    2021/08/02 13:22
  • 素敵な読み切りです。
    幸せな日常の描写にとても共感できました。これですね、幸福を感じる瞬間は。
    冒頭の絶望のシーンから同棲生活の場面の間に空気感が根本的に変わりました。読んでいて、自分でも息しやすくなったように感じます。
    携帯の電池切れや、飛び降りようとしたコマの後、ページをめくればアキが登場、細かい演出がお上手だと思いました。最後の流星群のシーンで、過去と現在がまじあうページも素敵です。
    絵柄が多少不安定ですが、大事なコマの時に本当に綺麗な表情を描きますね。気のせいかもしれませんが、不幸の場面を描く時に気が重くなるせいか、線が多少乱れてしまうように見えます。勘違いかもしれませんが…
    画風を安定させることができたら更に感動が伝わりやすくなると思います。
    かといって、このままでも大変感動的な話になっています。ヒデがアキの死を実感した瞬間に一瞬心臓が苦しくなるのを感じました。

    今後の作品作りについてどう考えていらっしゃるのかをお伺いしたいと思いますが、いかがでしょうか?

    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/07/08 11:19
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP