プロフィール

経歴

 Ki-oonは特徴の強い出版社です。当社は2003年に二人の人物によって設立されました。現Ki-oon社長の『アメッド』と『セシル』です。二人は、日本の漫画好きが好転し、日本文化や言語について学ぶようになり、漫画を出版したいという強い思いから、地道な努力を積んで現在の会社を立ち上げました。
 設立からわずか1年後、筒井哲也先生と協力し、「DUDS HUNT」という完全オリジナル漫画を制作、出版し、大きな話題作品となりました。

 現在、ライセンス出版では「僕のヒーローアカデミア」、「呪術廻戦」、「聲の形」、「ダーウィンズゲーム」、「乙嫁語り」、「BEASTARS」などの多くの話題作品を刊行しています。オリジナル作品制作にも力を入れ続け、「予告犯」(集英社・グランドジャンプにて連載)、「虎鶫 – Tsugumi Project」(講談社・週刊ヤングマガジンにて連載中)、「Lost Children」(秋田書店・別冊少年チャンピオンにて連載中)、「超級装備(アウトロースキル)で無双して、異世界王に俺はなる!- Outlaw Players」(講談社・月刊シリウスにて連載中)などの制作をしています。
作者さんが新人であれベテランであれ、宣伝に注力しています。書店、ネット、テレビ、映画館、イベント、メディアなど、様々な場で漫画の面白さを伝える努力をしています。その努力が功を奏し、現在のフランス漫画市場第4位を占める実績があります。
オリジナル作品の制作を今も重視しています。作者さんとの出会いの機会を増やし、作品制作の過程をよりスムーズにするために、2015年に東京にオフィスを開きました。フランスの漫画出版社の中で日本に本格的進出しているのは当社のみです。その実績のおかげで、2022年にフランス商工会議所の「フレンチビジネス賞」を受賞しました。

 私はその東京オフィスで編集者として勤務しています。
日本の作家さんと協力し、ゼロから漫画を制作しフランスで出版することを目的としています。フランス出版の後は、日本やその他欧米諸国へのライセンス営業を実施し、色々の国へ漫画の素晴らしさを届けたいと考え、行動しています。言語は違えど、漫画の魅力は無限大!全世界に通じる素晴らしいツールだと考えています。

 私はフランスで生まれ育ちましたが、幼き頃より漫画を通じて日本に興味を持ち、学生時代に日本語や文化を学びに東京に留学しました。 欧米の中でフランスはかなり漫画好きの国として有名で、私のように漫画のおかげで日本の文化に興味を持った人が大勢いましたし、当時は特にその影響が大きかったように思います。
 留学終了後、講談社の国際ライツに入社する事となり、西ヨーロッパの国々に漫画のライセンスを販売する事業を担当しました。大好きな漫画、日本の文化に毎日触れることが出来る刺激的な日々を過ごしました。
その後、フランスの最大手出版グループ傘下である漫画出版社・PIKAにスカウトされ、フランスへ一時帰国。今度は売る方から、海外の漫画ライセンスを買い、フランス語版の編集をする事になりました。おかげでフランスの漫画市場を詳しく調査する事ができ、より自身のスキルアップを計ることが出来ました。
 しかし、しばらくすると日本での生活、仕事が恋しく感じられました。日本で漫画業界に携わる仕事に就きたいと強く思うようになり、転職を決意。そして巡り合ったのが現在の漫画出版社Ki-oon東京オフィス代表という役職でした。

幼い頃より日本に思い焦がれていた私が、今はこうして漫画編集者として、作家さんや会社の皆と協力して制作、出版することが出来ています。こんなにも恵まれた環境は他にありません。

担当作

全ての作品はフランスで刊行されました。

「虎鶫 - Tsugumi Project」(日本語版:週刊ヤングマガジンにて連載中 / イタリア語版発売予定)
「Lost Children」(日本語版:秋田書店・別冊少年チャンピオンにて連載中)
「Beyond the Clouds」(英語版、スペイン語版刊行中、イタリア語版発売予定)
「終恋(Les Temps retrouvés)」 (スペイン語版刊行中)
「新しい空の下で(Sous un ciel nouveau)」(スペイン語版刊行中)
「Guess What !」
「Outsiders」
「モモとタイヨウノツカイ(Momo et le messager du Soleil)」
「エンドレス・ストーリーズ(Histoires sans fin)」
「Leviathan」
「魔女のエデン(L'Eden des sorcieres)」

メッセージ

世界を目指し、フランスでデビューしてみませんか?

世界中にはきっと、私のように漫画が大好きな人が多くいるし、待っている。一人でも多くの人の手に、一冊でも多くの漫画を届けることができるよう努める。これが今の私にできる使命だと感じています。

今後も素敵な作品を協力して制作、出版できるよう、編集者として楽しみながら頑張っていきたいと思っています!

リンク

新着メッセージ

  • 短編でありながら壮絶な物語です。スズホの苦しみ、怒り、相手をぶちのめしたい気持ちが痛いほど伝わります。最後に救いがあって涙が出ました。ここまで短編で感動したことのは何年振りでしょう。
    スズホとライコは対照的でありながら分かち合える存在。その描写もとても繊細で説得力があります。何がなんでも自分にとっての正しさを貫き生きていきたい、その信念は心に響きます。
    画力に申し分もなく、プロレベルですね。そこまでキャラ作りと話の構成ができていれば、長編漫画に挑戦できると思います。是非一緒に漫画政策の話をしてみたいと思います。弊社はフランスの出版社なので、日本で作り、先にフランスに出すという仕組みになっています。そこから世界に広めていきます。
    大刃堂寿さんにお会いし、今までの漫画家としての人生とこれからの描きたいストーリーについて色々伺いたいです。どうぞよろしくお願いします!

    2022/04/22 10:55
  • 3話の投稿、ありがとうございます!

    しっかり完結まで描いて下さったのが読者として嬉しいです。解釈の余地を残してくれるエンディングです。もしも、あの時…とお後悔しても仕方がないですが、このような壮大な過去があると色々考えてしまいますね。

    今後どういう作品を描きたいのかはまだはっきりしていなくても、ぜひお話をしてみたいと思います。今すぐよかったらご連絡ください!

    2022/03/23 18:08
  • ご投稿、ありがとうございます!

    「美女と野獣」のダークバージョンのような物語に感じました。似合わない二人がお互いの寂しさを紛らわす風景に感動しました。
    アドバイスが欲しいと書いてありましたので、恐れながら自分の感じたことをお伝えします。
    主人公たちの設定に深みがあり、キャラデザインも良かったですが、内面状態を表す伏線や、お互いの抱えている気持ちのヒントが少なかったように思います。よく言われる「ギャップ作り」ですが、話の半ばからちょっとだけでも優しいところを見せていたら、雪の中の感動的なシーンの説得力が強くなっていた気がします。
    また、アンナは我慢し、ずっとポーカーフェイスですが、どこかで自分の中にマグマのように渦巻いている怒りを読者に感じさせてくれたら彼女への共感度が上がっていたかもしれません。表情を描くのがお上手なので、その才能を思う存分生かして欲しいですね。
    絵柄は安定しており、ストレスなく読めました。藤田和日郎先生のキャラのように、ネネオの目に線がくるくるしているところがいいですね。個性が出ますし、狂気もよく表現されています。彼が熱を出し「あなただけは優しい」と言っているコマの切ない表情でもこの目の力で胸がいっぱいになりました。
    決め台詞や決めポーズ(ネネオのキックやネネオが激怒し、アンナを押し倒すところなど)には見開きを使ってでも、より大きいコマで描いたら更に印象的な場面になると思います。一箇所か二箇所目がとどまるところを用意すると話の記憶がより長く残ります。背景はちゃんと入っていたので大体雰囲気が伝わっていましたが、より細かく描き込んだ方が世界観が伝わり、この世界に読者を引き込むことができます。

    長文になりましたが、本当に面白い短編だったので、これからも色々な話を描いて頂きたいと思います。このようなファンタジー感のある人間ドラマはフランスで人気のジャンルなので、もしよかったらお話してみませんか?弊社はフランスの漫画出版社で、東京にオフィスがあります。今後どういうストーリーが描きたいのかについて、是非聞かせて頂きたいと思います。
    どうぞよろしくお願いします!

    2022/03/15 15:17
  • ご投稿ありがとうございます!

    ダークなスリラーサスペンスの雰囲気に震えました。この閉鎖空間の中にサチがどんどん闇の中に葬られてきた秘密を発掘していく強い物語に加え、最悪の体験もしてしまい、新たなトラウマができてしまうという人間ドラマもあります。そういう巧みな組み合わせはフランスで人気作家として知られている筒井哲也先生の漫画をも連想させます。
    この話を長編として考えていらっしゃるのであれば、是非話を聞かせていただきたいと思います。フランスの市場に合うかもしれません。
    どうぞよろしくお願いします!

    2022/03/11 18:44
  • 世界を滅ぼす力を持った四人組が家族ごっこを始める流れが新鮮で面白いです!
    緊張感溢れる場面の次に気の抜けた感じのワンカットが出てきたりし、読んでいて退屈しません。力を与えた謎の存在も謎の結果に戸惑っているオチもいいです。笑いました!
    話もキャラもそのまま使って長編をぜひ描いてみていただきたいと思います。
    一つ気になったのは、トーンが全体的に暗く、画面が見にくいところがありますが、グレイを調整し、白黒のコントラストをもっとはっきりさせたら解決する問題だと思います。
    このように長編むけの変わった作品はフランスに合うと思います。よかったら制作についてお話しませんか?どうぞよろしくお願いします!

    ご投稿、ありがとうございました。

    2022/03/10 18:49
  • ご投稿、ありがとうございます。

    「厄災の流星雨」のようにワクワクさせてくれる作品が大好きです。登場人物の関係性と目的がはっきりしていて読みやすく、原稿の完成度も高いです。キャラの表情は繊細に描かれているおかげですぐ共感でき、言葉がなくてもポーラの言いたいこと、感じていることも伝わります。そしてとてもかわいい少女です!
    このようにしっかりしたプロットを展開するファンタジー漫画はフランスに向いていると思います。もし海外での出版にご興味があれば、是非お話しましょう!花井戸さんはどのストーリーを考えていらっしゃるのか、聞かせて頂ければ嬉しいです。

    どうぞよろしくお願いします。

    2022/03/01 12:19
  • 重い運命を背負った白鴉の話を面白く読ませて頂きました。
    大変ドラマチックな展開を期待させてくれる短編です。

    煤渡さんのPixivも拝見させて頂きましたが、小説と漫画で世界を作られていますね。それぞれのキャラの抱えている想いに深みがあり、感動的です。漫画版のキャラの表情の些細な変化へのこだわりのおかげで共感度が上がります。

    弊社はフランスの漫画専門出版社ですが、日本人の作家さんと直接に作品を作っております。もしよろしければ今後の作品作りについてお話を聞かせていただけますか?

    ご投稿ありがとうございました!
    どうぞよろしくお願いします。

    2022/01/27 18:44
  • ご投稿ありがとうございます。

    二人が可愛いです!表情も仕草も、コマ一つ一つが丁寧に作られており、絵だけでも感情が伝わります。背景へのこだわりにも関心しました。あの世界がちゃんと存在しているように見えます。作品に入るのにとても大事なところです。世界観を紹介するコマを見開きで楽しめたくなります。椿が飛んでいる場面もとてもいい雰囲気なので、もっと大きいコマで見てみたくなります。

    これだけキャラと世界が作れるなら、ストーリー漫画に挑戦しませんか?担当希望をさせて頂きました。ご検討のほどよろしくお願いします!

    2021/12/24 11:09
  • ご投稿、ありがとうございます。

    色々な感情が詰まっている話ですね!
    山登りを通して、二人の人間関係がとてもよく表現されています。悔しさも弱さも強さも、心情の複雑さが自然な形で出ています。
    事故から見事に立ち直ったヨーコは凄いですが、ミチルも負けていません。一人で高い山を登り、自分の気持ちに正直になるその意気込みを尊敬します。
    様々な演出方法に挑戦したチンチラさんの力も感じました。キメ台詞のコマの導入がお上手ですね。

    弊社はフランスの出版社ですが、日本の作家さんと作品を作っています。もしよかったら、一緒に漫画制作の話をしてみませんか?
    どうぞよろしくお願いします。

    2021/12/02 18:31
  • アツい!アツいです!

    高槻今城さんがDays Neoにアップしてくださった作品を全部読みましたが、気持ちの強さとその表現のかっこよさに目を奪われました。

    不安でも突っ走る!そういう主人公いいですね。各読み切りがしっかり描かれていますし、ストーリーも綺麗にまとまります。バッチリです。欲を言えば、これだけのアクションが描けるからもっと圧力のある大きいコマや見開きを見せ場として用意してくださればよかったなと思いました。

    ダーク少年漫画を描くのがお上手だと思います。そういうジャンルはフランスで人気がありますので、一緒に何か面白い企画を立ち上げることができるかも知れません。
    今後作りたい物語について是非伺いたいと思います。よかったらご連絡ください!

    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/11/19 18:02

担当希望作品

TOP