作品詳細ページ

【読切】色の無い流星

水彩青

★42 2,143

最新話公開 2021年06月29日 第1話公開 2021年06月29日

たくさんのいいねをくださった皆様や、丁寧にコメント、担当希望をいただいた編集の方々、本当にありがとうございます。
自分がこれからどうしていきたいのか、答えが出てないのでもう少しお時間下さい。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2021年06月29日

    ★5

編集者メッセージ(新着)

  • ご投稿ありがとうございます。

    絶望と希望の表現の対比に魅了されてしまいました。

    主人公が最初に飛び降りようとした歩道橋と、
    アキさんが亡くなってしまった後、もう一度自ら命を絶とうとして訪れた歩道橋。
    同じ歩道橋が舞台で、同じ飛び降りという行為ですが、
    アキさんに出会う前と後では、それに伴う感情が全く違う。

    同じ「歩道橋」という舞台で、同じ「絶望」を描くことで、
    主人公の変化やアキさんと過ごした日々の美しさが際立っていると思います。

    とても心が動かされました。

    二人がどのような人なのか深堀りがもう少しあれば
    より感情移入しやすかったかなと思います。

    素敵な作品ありがとうございました!

    2021/07/21 16:57
  • 素敵な読み切りです。
    幸せな日常の描写にとても共感できました。これですね、幸福を感じる瞬間は。
    冒頭の絶望のシーンから同棲生活の場面の間に空気感が根本的に変わりました。読んでいて、自分でも息しやすくなったように感じます。
    携帯の電池切れや、飛び降りようとしたコマの後、ページをめくればアキが登場、細かい演出がお上手だと思いました。最後の流星群のシーンで、過去と現在がまじあうページも素敵です。
    絵柄が多少不安定ですが、大事なコマの時に本当に綺麗な表情を描きますね。気のせいかもしれませんが、不幸の場面を描く時に気が重くなるせいか、線が多少乱れてしまうように見えます。勘違いかもしれませんが…
    画風を安定させることができたら更に感動が伝わりやすくなると思います。
    かといって、このままでも大変感動的な話になっています。ヒデがアキの死を実感した瞬間に一瞬心臓が苦しくなるのを感じました。

    今後の作品作りについてどう考えていらっしゃるのかをお伺いしたいと思いますが、いかがでしょうか?

    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/07/08 11:19
  • 一つ一つの演出がとても上手いと感じました。
    何気ない朝のベランダでの光景、冬への切り替わり、日常と非日常の空気感、その描き方に説得力を感じます。

    アキのキャラクターに対し、ヒデについては、キャラや置かれている状況をあえて、無個性化することで一般化しようとされたのかもしれませんが、「よし、死のう」に至る背景(1〜2P)について、もう少し別の描き方をしていたら、彼への感情移入の仕方が変わったと思います。それと同時に、スマホに入ってくるニュースの描写は、彼のメンタルが堕ちて澱んでいく暗喩だと思いますが、序盤、中盤での使い方はもう一考できると思います。

    ただ、現状でも、大変心揺さぶられました。ちゃんと読み手の感情を考えながら作られていて素晴らしいです。個人的にはポジティブに終わったことが大変読後感良く、青さんの登場人物、世の中に対する視点の温かさを感じました。

    担当希望しますので、よろしくお願いいたします。

    2021/07/08 10:44
  • ネームと視線誘導がとてもお上手だと思いました。

    カメラワークを武器に、いまこの瞬間の体温みたいなもので勝負してもらうのが吉かもしれないですね。

    そういった意味で、Twitterにアップされていた「恋に落ちたら死ぬ男」もどんな話になるのか読んでみたいです。

    担当希望いたします!

    2021/07/08 03:57
  • 投稿ありがとうございます。

    アキの表情が瑞々しくて、主人公と一緒に一気にストーリーに引き込まれました。
    ヒキの絵も丁寧に描かれているので、画面いっぱいに二人の幸せな生活感が溢れていて良かったです。「幸せ」と「絶望」のコントラストもよく表現できていて、演出力の高さを感じました。

    惜しむらくは、前半に二人のキャラクター性・関係性がわかるエピソードがもう少し欲しかったかなと。二人をもっと好きになっていたら、ラストでもっと感情が揺さぶられていたと思います。

    連載デビューを視野に、ぜひ一度お話できれば嬉しいです。
    担当希望させていただきますのでご検討よろしくお願いいたします!

    2021/07/01 17:13
  • 投稿ありがとうございます!

    『色の無い流星』、よかったです!
    水彩青さんの話への思い入れが、とても伝わってくる漫画でした。
    読者の心を動かそう、という気持ちがしっかり見えて、説得力のある漫画だと感じました。
    ただ、指摘するとするなら、構成を複雑にしすぎで、作中で年月を経過させるのは一長一短がありますが、この作品ではマイナスに働いている部分が大きいと感じました。
    読み終えても、主役二人がどういう人なのか、いまいちわからなかったのが少し残念でした。
    ストーリーで心を動かすことも大事ですが、何気ないキャラや日常の描写も同じく大事なので、そこをしっかり描けるとよりよいと思います!

    担当希望させていただきましたので、ぜひお話させていただきたいです!

    2021/06/30 14:03

編集者メッセージ(いいね)

  • 投稿ありがとうございます!

    『色の無い流星』、よかったです!
    水彩青さんの話への思い入れが、とても伝わってくる漫画でした。
    読者の心を動かそう、という気持ちがしっかり見えて、説得力のある漫画だと感じました。
    ただ、指摘するとするなら、構成を複雑にしすぎで、作中で年月を経過させるのは一長一短がありますが、この作品ではマイナスに働いている部分が大きいと感じました。
    読み終えても、主役二人がどういう人なのか、いまいちわからなかったのが少し残念でした。
    ストーリーで心を動かすことも大事ですが、何気ないキャラや日常の描写も同じく大事なので、そこをしっかり描けるとよりよいと思います!

    担当希望させていただきましたので、ぜひお話させていただきたいです!

    2021/06/30 14:03
  • 投稿ありがとうございます。

    アキの表情が瑞々しくて、主人公と一緒に一気にストーリーに引き込まれました。
    ヒキの絵も丁寧に描かれているので、画面いっぱいに二人の幸せな生活感が溢れていて良かったです。「幸せ」と「絶望」のコントラストもよく表現できていて、演出力の高さを感じました。

    惜しむらくは、前半に二人のキャラクター性・関係性がわかるエピソードがもう少し欲しかったかなと。二人をもっと好きになっていたら、ラストでもっと感情が揺さぶられていたと思います。

    連載デビューを視野に、ぜひ一度お話できれば嬉しいです。
    担当希望させていただきますのでご検討よろしくお願いいたします!

    2021/07/01 17:13
  • ネームと視線誘導がとてもお上手だと思いました。

    カメラワークを武器に、いまこの瞬間の体温みたいなもので勝負してもらうのが吉かもしれないですね。

    そういった意味で、Twitterにアップされていた「恋に落ちたら死ぬ男」もどんな話になるのか読んでみたいです。

    担当希望いたします!

    2021/07/08 03:57
  • 一つ一つの演出がとても上手いと感じました。
    何気ない朝のベランダでの光景、冬への切り替わり、日常と非日常の空気感、その描き方に説得力を感じます。

    アキのキャラクターに対し、ヒデについては、キャラや置かれている状況をあえて、無個性化することで一般化しようとされたのかもしれませんが、「よし、死のう」に至る背景(1〜2P)について、もう少し別の描き方をしていたら、彼への感情移入の仕方が変わったと思います。それと同時に、スマホに入ってくるニュースの描写は、彼のメンタルが堕ちて澱んでいく暗喩だと思いますが、序盤、中盤での使い方はもう一考できると思います。

    ただ、現状でも、大変心揺さぶられました。ちゃんと読み手の感情を考えながら作られていて素晴らしいです。個人的にはポジティブに終わったことが大変読後感良く、青さんの登場人物、世の中に対する視点の温かさを感じました。

    担当希望しますので、よろしくお願いいたします。

    2021/07/08 10:44
  • 素敵な読み切りです。
    幸せな日常の描写にとても共感できました。これですね、幸福を感じる瞬間は。
    冒頭の絶望のシーンから同棲生活の場面の間に空気感が根本的に変わりました。読んでいて、自分でも息しやすくなったように感じます。
    携帯の電池切れや、飛び降りようとしたコマの後、ページをめくればアキが登場、細かい演出がお上手だと思いました。最後の流星群のシーンで、過去と現在がまじあうページも素敵です。
    絵柄が多少不安定ですが、大事なコマの時に本当に綺麗な表情を描きますね。気のせいかもしれませんが、不幸の場面を描く時に気が重くなるせいか、線が多少乱れてしまうように見えます。勘違いかもしれませんが…
    画風を安定させることができたら更に感動が伝わりやすくなると思います。
    かといって、このままでも大変感動的な話になっています。ヒデがアキの死を実感した瞬間に一瞬心臓が苦しくなるのを感じました。

    今後の作品作りについてどう考えていらっしゃるのかをお伺いしたいと思いますが、いかがでしょうか?

    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/07/08 11:19
  • ご投稿ありがとうございます。

    絶望と希望の表現の対比に魅了されてしまいました。

    主人公が最初に飛び降りようとした歩道橋と、
    アキさんが亡くなってしまった後、もう一度自ら命を絶とうとして訪れた歩道橋。
    同じ歩道橋が舞台で、同じ飛び降りという行為ですが、
    アキさんに出会う前と後では、それに伴う感情が全く違う。

    同じ「歩道橋」という舞台で、同じ「絶望」を描くことで、
    主人公の変化やアキさんと過ごした日々の美しさが際立っていると思います。

    とても心が動かされました。

    二人がどのような人なのか深堀りがもう少しあれば
    より感情移入しやすかったかなと思います。

    素敵な作品ありがとうございました!

    2021/07/21 16:57

TOP