村上乃司  (ID:d_mrkm)
★497,535

閲覧いただきありがとうございます。
青年誌での新人賞受賞歴1回、雑誌掲載歴2回(うち1作品は新人賞受賞作)があります。

元々はギャグコメ短編作家志望でしたが現在は趣味で『ハローニューマイライフ』という長編青春群像劇を描いています。

【ホームページ】
https://studio-pi.jp/
【Twitter】
@d__mrkm

投稿作品

編集者メッセージ(新着)

  • ハローニューマイライフへのメッセージ

    拝読させていただきました。続きが気になってしまい公開されている12話の前半もpixivで拝見いたしました!

    それぞれ違う理由で高校デビューをした男女という、分かりやすい関係性のコンビでありつつ、その他のキャラクターを含めて非常に丁寧に青春を描き出してくださっていると思いました。
    現実の、それもリアルな学生の日常を切り取るにあたって、背景を含めた細やかな画面作りが非常に効いている作品だと思います。

    また、それぞれの人間らしい心の動きが描けており、自分がもし同じ立場になってもそう思うかも、と追体験させるような演出になっていたのではないかなと思います。セリフのリアリティも印象的でした。

    その一方で、リアル志向に寄りすぎてしまったきらいもあるかもしれません。青春群像劇をリアルに描き出している部分は非常に素晴らしいのですが、作品の楽しみ方がかなり高度になってしまっていて、この作品を広める場合のキーワードが見つけにくいかも…と思います。セリフ量が長大になっているのも、メインのこれという面白味が簡潔でないためかもしれません。

    「高校デビューしたらクラスのアイドルに狙われた話」と作品説明にはあるのですが、その場合期待されるのはここから先の「高校デビューの男女が秘密を共有して隠す話」になるのかなと思います。すると、11話であったようなお互いの文化の違いなどで展開するコメディだったり、隠そうとしてバレるハラハラだったりがメインの面白みになってくるかも?と思いました。入り口がキャッチーで非常に分かりやすかったのに対して、中身が非常に繊細でしたので、その点ではとっつきづらくなっているかもしれません。(12話の冒頭のヒキは読者が分かりやすく期待できるのでいいと思います!)

    読者に詳細な描写を楽しんでもらうためには、その手前の部分で分かりやすくジャンクに消費できる面白さやお約束を提供できるとより良い作品になるかも…と期待してしまいます。

    もしよろしければ、今後どういった作品作りをなされたいかなどお話をお伺いできましたら幸いです!どうぞよろしくお願いいたします。

  • ハローニューマイライフへのメッセージ

    とても面白く読ませて頂きました!つかみがお上手ですね。その続きもリズムが良く、ギャグと話の背景の説明の場面をちゃんと交代で入れてくださっているので分かりやすかったです。キャラは両方とも生き生きしていて存在感が大きいです。クラスの前で二人が自己紹介している時の場面作りがよかったです。
    改善の余地があるのは、コマのサイズや見開きのメリハリくらいかなと感じました。全体的にセリフが多く、コマが割と小さいので、読みにくい部分はあります。とはいっても、長編物語の1話として流れが本当によく考えられていました。あの二人の今後は読んでみたいです!

    ご投稿、ありがとうございました!

編集者メッセージ(いいね)

  • ハローニューマイライフへのメッセージ

    とても面白く読ませて頂きました!つかみがお上手ですね。その続きもリズムが良く、ギャグと話の背景の説明の場面をちゃんと交代で入れてくださっているので分かりやすかったです。キャラは両方とも生き生きしていて存在感が大きいです。クラスの前で二人が自己紹介している時の場面作りがよかったです。
    改善の余地があるのは、コマのサイズや見開きのメリハリくらいかなと感じました。全体的にセリフが多く、コマが割と小さいので、読みにくい部分はあります。とはいっても、長編物語の1話として流れが本当によく考えられていました。あの二人の今後は読んでみたいです!

    ご投稿、ありがとうございました!

  • ハローニューマイライフへのメッセージ

    拝読させていただきました。続きが気になってしまい公開されている12話の前半もpixivで拝見いたしました!

    それぞれ違う理由で高校デビューをした男女という、分かりやすい関係性のコンビでありつつ、その他のキャラクターを含めて非常に丁寧に青春を描き出してくださっていると思いました。
    現実の、それもリアルな学生の日常を切り取るにあたって、背景を含めた細やかな画面作りが非常に効いている作品だと思います。

    また、それぞれの人間らしい心の動きが描けており、自分がもし同じ立場になってもそう思うかも、と追体験させるような演出になっていたのではないかなと思います。セリフのリアリティも印象的でした。

    その一方で、リアル志向に寄りすぎてしまったきらいもあるかもしれません。青春群像劇をリアルに描き出している部分は非常に素晴らしいのですが、作品の楽しみ方がかなり高度になってしまっていて、この作品を広める場合のキーワードが見つけにくいかも…と思います。セリフ量が長大になっているのも、メインのこれという面白味が簡潔でないためかもしれません。

    「高校デビューしたらクラスのアイドルに狙われた話」と作品説明にはあるのですが、その場合期待されるのはここから先の「高校デビューの男女が秘密を共有して隠す話」になるのかなと思います。すると、11話であったようなお互いの文化の違いなどで展開するコメディだったり、隠そうとしてバレるハラハラだったりがメインの面白みになってくるかも?と思いました。入り口がキャッチーで非常に分かりやすかったのに対して、中身が非常に繊細でしたので、その点ではとっつきづらくなっているかもしれません。(12話の冒頭のヒキは読者が分かりやすく期待できるのでいいと思います!)

    読者に詳細な描写を楽しんでもらうためには、その手前の部分で分かりやすくジャンクに消費できる面白さやお約束を提供できるとより良い作品になるかも…と期待してしまいます。

    もしよろしければ、今後どういった作品作りをなされたいかなどお話をお伺いできましたら幸いです!どうぞよろしくお願いいたします。

TOP