プロフィール

モーニングはなわ

★103

76

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八も吹きます。都山流です。

ずっとFF14をプレイしています。
オメガ シグマ編零式4層、GW休みを活用し踏破しました。

お盆は体調を崩し、ぐったりとした時間を過ごしました。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは比較的おしとやかに、
地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、
コミュニケーションツールになりうる作品を、
皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 絵柄がかわいらしく、コマの大小によるメリハリの付け方が抜群で心地よく読めます。

    キャラの性格も純朴で魅力的で、応援したくなりました。そして、応援したくなった直後にこの展開! ひどい仕打ちだよ! 失恋確定ってそういうことなの!? これからの展開がとても気になりますね。

    派手なフィクションを盛り込まなくても、人間関係を少し工夫するだけで読者の興味を引ける好例だと思います。設定はシンプルでも、キャラの気持ちや葛藤がしっかり伝わってくれば、それだけでハラハラドキドキできます!

    2018/11/15 13:43
  • 夢遊病質殺人事件というネタが、物語冒頭の“引き”として素晴らしいです。

    欲を言えば、実際に夢遊病のようになった「犯人」が人を殺すシーンを冒頭に持ってくると、この事件がどんな事件なのかをもっと具体的にイメージしながら読むことができたと思います。

    今の描き方ですと、冒頭の主人公の過去が夢遊病質殺人のあるシーンなのかな? と思いながら読んでしまうので、事件のミステリアスさがボヤけて読みにくさを感じました。何か難しい言葉が並んでるように見えて、情報がうまく頭に入ってこない印象ですね。

    この事件は!

    茫然自失になった犯人が!

    無自覚に人を殺し!

    動機が本人にも不明で!

    各地で頻発するようになっている!

    なんかヤバイ!!!

    ――というイメージを最初に読者に植え付けてほしいですね。「ああ、この事件の謎を追っていく話なのね」というのがより鮮明になると、ぐっと読みやすくなると思いますよ。

    絵はコントラストが効いていて、印象深い画面作りができていると思います。全体的にカメラアングルや演出も練られていて、見所が多かったです。事件の真相もハッタリが利いていて納得させられました。ただ、クライマックスは演出的に、あと一歩盛り上げられたんじゃないかなと。自決シーンがカメラ引きなのは勿体ない…!

    色々申し上げましたが、ストーリー、絵、アイデアの総合力が非常に高い作品だと思います。あえて粗を探せば、セリフが小さくて読みづらいのは改善してほしい点ですね。

    2018/11/14 20:50
  • 絵は丁寧で線もしっかりしていて安定感があります。「エロい絵を描くぞ!」という意気込みや熱意も伝わってきました。焼きまんじゅうや戦車、フィギュア、ケーキなど小物の作画にも気合が入っていますし、背景もしっかり描き込まれていて地力を感じます。

    お話の内容については、設定がいろいろ渋滞を起こしていて読みづらさを感じました。まず主人公がオタ友を失くしたくないという理由でオタサーの姫を目指す理由がよく分かりません。大学でオタサーに入っている人間は、足を洗う可能性が低いからです。動機と行動がちぐはぐの上、元はまじめだった主人公がいきなりこのような痴女を演じるのは不自然に感じました。そこに恥じらいやら葛藤やらがあるはずで、そこを見せてもらった方が「おいしい」のではないかと思います。

    「オタサーの姫」もこの作品における定義が現実世界と乖離しているように感じました。「姫=ちやほやされる存在」であって「=エロい」というわけではないと思います。まずオタサーの姫とはなんなのか? それを深く考察する必要がありそうです。

    そこに加えて、おばあちゃんの存在がまた迷走の原因を作ってしまっています。いくら孫のことが心配とはいえ大学に来すぎていますし、そんなに気がかりな孫があんな恰好であんなことをしていたら、応援する立場に回っているのは都合がいいように感じました。

    最後にはオタサー姫道場(?)のような場所まで登場し、総じて現実味のない話になってしまっています。1つくらい大げさな「嘘」があってもいい(むしろフックとしてあるべき)
    ですが、フィクション要素が読者の許容量を超えると「作り話」と認識してしまいます。そうなると感情移入もしにくくなりますし、楽しんで読むことができなくなってしまうので注意が必要です。

    絵に関してですが「巨乳とパンツを描いておけばエロい」という、やや投げやりさを感じてしまいました。「俺はこういうシーンの、こういうところがエロいと思うんだ!」というこだわりが見つけられるといいと思います。これはエロに関係なく“新しい価値観を提案する”という、創作物の重要なファクターだと思っています。過去の例を挙げますと、パンツの食い込みだったり、絶対領域であったり、うなじであったり、乳揺れ残像であったり…エロスに対して新しい発見・表現ができれば最高ですね。

    ダメ出し要素が多めになってしまいましたが、このままですとせっかくの技術が活かされないかなと思いまして、長々と書き連ねてしまいました。お許しください。

    2018/11/14 16:44
  • 過去作も拝見したのですが、いろいろと絵柄を試されているようですね。
    個人的な好みもあると思いますが、今回が一番かわいらしく感じました。
    ただ、線が少し太くて画面が見づらくなってしまっているかもしれません。

    2人のキャラのうち、「てきとう王」はすごくわかりやすいです。
    一方で「頭がせわしない女」は具体性が欠けるように思います。
    もしかして、四方井さんの中でも整理しきれていないのかもしれませんね。
    まずはキャラの特徴をしっかり把握し、読者にわかりやすく伝えてください。

    その上で、そのキャラが「てきとう王」に絡むと、どういう“楽しさ”や“面白さ”が生まれるのかを考えてみてください。その楽しさや面白さに焦点をしぼってエピソードを紡いでいくと、「この2人の人間関係、いいな」となって、読者として読み続けたい作品になると思います。

    2018/11/14 02:07
  • 「ガンプラだけを壊す猫」というキャラ立てが強烈。いくらちゃんと飼い主(筆者)さんの攻防を話の軸にして、とても読みやすく面白いエッセイ漫画に仕上がっていると思います。我が家の猫も「ダンボールだけを噛み千切る猫」なので、共感して読むことが出来ました。

    第13話の猫髭のエピソードは特に秀逸です。猫の髭(ジャンクパーツ)を再利用することで、Ez8の寄せ集め改修機という設定をしっかりと踏襲したオチになっており、ガンダムを知っている人には二重の意味で笑わせてくれるネタでした。なつみんさんのガンプラへの愛情も伝わってきます。

    問題はガンプラは版権の都合があるということですね。商業誌で掲載するには架空のプラモデルに変更するなど配慮が必要ですが、この作品はガンプラをストレートに表現しているからこそ面白みがある作品だと思います。「ガンダムエース」編集部さんあたりに、持ち込んでみては…?

    2018/11/01 14:26
  • 終始こちらの想像のナナメちょい上をハイテンションで突っ走ってくれていて、ゲラゲラと(心の中で※)笑いながら読ませていただきました。ツッコミが適切かつ面白い、テンポも良かったですね。個人的には、女王という高貴な立場にありながら“猫じゃらし”という雑草の原理で大げさに脱出するシーンがとても好きです。

    ※深夜の編集部で声を出して笑うと、いろいろと心配される危険があるためです。

    主人公の誠司や妖精の女王の掛け合いが、いつまでも見ていたくなります。ひとえに彼らのキャラクターが、親しみやすいからだと思います。聖戦士を彷彿とさせる名を冠しながらも、オーラロードではなく紐(?)で妖精の国に召喚される主人公。そして、チョロくておバカな女王が最高ですね。側近の騎士の性格も好きです。主人公(ツッコミ)、女王(ボケ)、騎士(イジリ)というしっかり役割分担されたキャラの配置が絶妙だったと思います。

    読み切りとして、素晴らしい完成度のネームだと感じました。

    2018/11/01 01:53
  • 黒い影の正体はなるほどな、と思いました。万引き癖のある主人公と、正義の味方になりたい親友の話だったんですね。読み返すと1話目の冒頭の会話が伏線になっていました。伏線の説得力を強めるなら、病院のシーンで友人とのやりとりを入れておく方法はありましたね。

    惜しいのは万引きシーンのリアリティですね。まずゲーム機のでかい箱をカバンに詰めるのは無理ですし、実際に退店シーンでは四次元ポケットにでもしまい込んだのかと思うくらい、それらしきもの(ゲーム機)は持っていません。一瞬、万引きは諦めたのかと思いました。

    それと窃盗防止のブザー。そりゃそうなりますよね…。高額なゲーム機ですからね。――といったことを考えると、主人公があまりにも無策すぎるように感じました。

    とはいえ、主人公を突き落したマスクマンが助けに現れる展開は意外で驚きがありました。最後は二人でお金を出し合って購入したのでしょうか。購入すれば万引きの罪は消えるのか? というモヤモヤ感が残ってしまうのは勿体ないところですね~。店員さんに見つかっていない状態、かつ、防犯ブザーが鳴る直前、マスクマンに止められて“万引き”が成立する前にその判断(二人で購入)ができていれば、そういう印象にはならなかったと思います。

    2018/10/24 14:52
  • 魔法で動く死体となったシンデレラと、ネクロフィリアの王子の物語。設定のアイデアは刺激的で面白かったです。冒頭から衝撃的な展開ですね~。

    序盤の展開はテンポがいいのですが、反面、急ぎすぎていてダイジェスト感を覚えてしまいました。王子の登場も唐突で、舞踏会があるのに森で何をしていたのか不思議です。

    本作におけるシンデレラが原典をどこまで踏襲しているのか、あやふやなところも気になります。原典では「舞踏会に参加したい!」という目標があったと思いますが、本作にはその願望はない…? そうなると目標は復讐一辺倒になるため、やはり王子の登場は早すぎたかもしれません。王子の暴走によって、なしくずし的に復讐に向かうことになってしまったため、本来全編を通して描かれるべき復讐への葛藤が、おざなりになってしまった印象です。王子に振り回されてしまい、シンデレラが主人公として機能していません。

    ラストシーンでは、死体であることの利点をもっと上手く利用してピンチを切り抜けてくれると爽快感が増したと思います。12時を過ぎてもシンデレラが死体に戻らなかったのも、少しご都合主義な展開に見えてしまいました。どのような形であれ「復讐を果たした」と読者が納得できる説明が欲しかったですね。

    絵に関しては小物の構造・デザインについて資料を調べ、凝った方がいいかもしれません。ひとつ例を挙げますと、王子の使ってる剣のデザインは王族の所有物とは思えないほど無骨に感じました。レイピアの構造としても、この鍔のデザインは怪しいところです。細かい部分ではありますが、こういったところを手をぬかずにやることで、作品にリアリティが出てくると思いますよ。

    2018/10/24 14:31
  • 小山内くんのキャラがいいですね! 超能力が使えるけど、日常に不満はない庶民派(?)な感じに好感を抱きました。大和さんとのやりとりが微笑ましく、見ていてほっこり。

    一方で大和さんのキャラは少し掘り下げが足らない印象。彼女は会社でなんの仕事をして、どいうったことに退屈さを感じているのか具体的に語ってくれると共感できたと思います。まさに小山内くんを利用しようとして迷惑をかけたけの人になってしまっていて、なんだかなぁ…と。

    絵柄はクセがなく画面が見やすいですね。この物語にマッチしていたと思います。ただ、最初のタイムカードの超能力シーンは演出不足で、何が起こっているのかとても分かりづらかったです。それと、小山内くんは超能力を隠しているなら、もっとコッソリ使ってほしいですね(笑)。

    おばあちゃんも超能力者だったりするのは過度な設定だったかもしれません。小山内くんは最初の念動力だけでなく、他にも能力があるようなフシもあり、わりと“何でもアリ”の設定になってしまっています。ラストシーンの盛り上げ方は、思いきりがあって良かったと思いますが「大和さんを助けることができるか!?」ということより、「テレポートとか時間停止とかできたりしないのだろうか?」という方向に意識が行ってしまいました。「1kgまでの物を動かすことができる」とか、制限を設けた方が良かったかもしれません。

    最後はハッピーエンドで良かったと思いますが、大和さんは自分の居場所を小山内くんの隣以外で見つけてしまっていて、少し寂しさも感じますね。せっかく始まった2人の人間関係が、閉じてしまったような印象になってしまっているのは残念です。

    2018/10/23 13:52
  • 今回ご投稿いただいた他の作品も拝見した上での感想です。

    「とにかく猫を描きたい!」という、りーるーさんの猫への愛情は伝わってきました。ただ、創作設定と猫というかけ合わせが悪く、猫の可愛らしさにスポットが当てきれていないような気がします。もっとストレートな設定(もしくははっきりとエッセイ漫画と謳ってしまう)にしたほうが、素直に猫の魅力を愛でられると思いますね。

    あとは主役になる猫のキャラです。猫エッセイ漫画というのは既にいくつもありますから、その中で生き残るには「キャラの個性」が求められます。これは架空の猫キャラを創作して欲しいということではなく、お飼いになられている猫ちゃんの個性を強調して読者に印象づけてほしいです。「この子、こんなところが他の猫と違うんです!」「こんなところが小憎らしくて可愛いんです!」というところを紹介してください。それが「キャラの個性」だと思います。万人に受ける猫あるある(これはこれで必要ですが)だけだと弱くなってしまうので、そういうところを見つけてあげられるといいかもしれません。それが読者に共感してもらえるかは、別問題ではありますが…。

    もうひとつは猫と飼い主(作者)の人間関係や猫と猫の相関関係も重要な要素です。たとえば「すっごい溺愛している愛猫になぜか嫌われている、どうにか仲良くなりたい」という設定(現実)があるなら、そこを軸に話を進めることができますし、読み筋もできます。猫同士の好き嫌いや相性もネタとしては面白いですよね。

    動物エッセイは「とりあえず実際飼ってるから描いてみるか~」くらいのスタンスだと面白くありません。「うちで飼ってるこの動物がこんなに可愛い! こういうところが可愛い! こんな変わった習性がある! ね! どうよ可愛いでしょ!?」というくらいの情熱があってこそ、この作者も動物も変わってるけど、自分にも思い当たるフシがあるな~という共感をもって読むことができると思います。

    ちなみに我が家の猫は明け方にお腹がすくと飼い主に頭を押し付けて甘えてくるのですが、体が大きいので甘えるという度を超えています。目が覚めるレベルの頭突きです。これが目に当たると眼球が押し込まれて、本当に痛い。猫って本当に可愛いですね。

    2018/10/16 16:46

担当希望作品

TOP