プロフィール

モーニングはなわ

★204

114

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八も吹きます。都山流です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、段位の「白虎」~「青龍」あたりを維持できるくらいになりました。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 冒頭2ページの演出で、一気に話に引き込まれます。ほの暗く渦巻く愛憎を、怖いもの見たさでページをめくり、あっという間に読み終えました。当初は復讐目的で近づいた「先生」は、いつしか目的を忘れてしまったのですね…。

    短いページでとても読みやすい作品でしたが、先生の気持ちの変化をもう少し丁寧に描ければ、より読者の心に響く作品になったと思います。先生の復讐が、どこから復讐ではなくなってしまったのか。その心変わりの瞬間を見たかったです。

    さらに欲を言えば、復讐の“本気度”も分かるとよかったです。金澤の娘と出会ったのは偶然だったのか、はたまたすべては長年の計画の賜物だったのか…。入念に計画していればいるほど、「憎」が「愛」に変わることがより劇的に描けるはず! 現状、先生はこんなに悪ぶっているのに、本人には直接復讐できないヘタレに見えてしまいます。仮に演出として先生を弱い人間だと見せたいのであれば、先生の愚かしい内面や、醜い部分をさらに掘り下げたエピソードがあると、読者も納得できると思います。

    表面的なエピソードで終わってしまったのは残念ですが、総合的にはコマ割りも読みやすく、演出もお上手な作品でした。絵も経験を重ねれば、どんどん上達なさるのではないかと思います。もしプロを目指されているようでしたら、そのお手伝いができればと思い担当希望を出させていただきます。

    このたびはご投稿、ありがとうございました。

    2019/07/12 15:12
  • 山川さんのセリフが、ことごとく腑に落ちます。「うんうん、そうだよね…」と思いながら読ませていただきました。

    「分かり合わなくても理解しなくてもいいと思う。同じ人間なんていない」
    「私には分からないけど、そうなんだ。でいいでしょ」

    クールに見えますが、細貝くんの言うとおり、山川さんは優しい人ですね。

    絵に関しては表情はしっかりと描き分けられていて、キャラの感情は伝わるのですが、全体的にまだまだ拙い部分が目立ちました。漫画の模写やデッサン、クロッキーなどで練習なさるのがよいと思います。

    ページ数に関しても短くまとめられていて読みやすいのですが、終始対話でお互いの気持ちを吐露し合うだけの話になっているので、もう少し話を膨らませて、場面転換などもあるといいかもしれません。時間経過を挟むことで、彼らの悩みの深さを読者に伝えることができます。現状だと細貝くんの悩みがわりとあっさり解消されたな、という印象でした。

    コマ割りやカメラワークは、いろいろ工夫なさっていて読みやすかったです。描きたいシーンの絵が、伊毛野さんの中にあるのだろうな…と感じました。それを表現しきれていないのだろうな…というのも感じるので、今後は思い描いたとおりにアウトプットできるように、絵の練習をしてみてください。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2019/07/03 14:29
  • 人類が去ったあとの地球に残されたアンドロイドたちの話。コンセプトが魅力的ですね。

    登場人物それぞれに役割(アンドロイドとしての機能)があって、キャラが立っていると感じました。表情からはしっかり感情が伝わってきます。ただ、ファウとトチは見た目が似ているので、デザイン的にもう少し差があるとよかったかもしれません。

    この作品で最も惜しいと思ったのは「背景」です。せっかく興味を引く世界観を設定しているのに、読者にはそのイメージが「絵」として伝わってきません。荒廃してはいるけれども、美しい世界の姿を読者に見せてほしかったな、と感じました。

    ご投稿、ありがとうございました!

    2019/06/21 17:11
  • ウタマロちゃんが一人のファンと出会い、人生の転機を迎えた瞬間のドラマをしっかり描き切った素晴らしい読み切りだと思います。

    絵はまだ荒々しい部分も散見されますが、それを補って余りあるセリフの力に圧倒されました。ラストシーンのファンとのやりとりもよかったですが、個人的には追っかけ記者のセリフがけっこう心に刺さります。「持たざる者は対価を支払う必要がある」っていうのが特に好きです。

    それにしても、十数万円する怪しい壷が着払いで毎月届くって本当に地獄すぎますね…。親が買って送りつけてくるならまだしも…。いや、親が買っていても置き場所に困って地獄なのに…。このシーンでウタマロちゃんがスレた性格になったのも納得がいきましたし、「がんばれ…!」という気持ちになれました。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/06/04 16:59
  • 淡々とした作品の雰囲気が素敵です。セリフもシンプルで読みやすかったです。

    一方でシンプルすぎて、今回の3作ともプロローグで終わってしまっているのは残念です。筆者の意図が霞がかっているといいますか…。ただ、プロローグとして見ると、どの作品も引きの強さを感じましたので、「この先」をどう描くかが重要になりそうですね。

    背景の作画については、徹底的に質感や現実味にこだわって描かれると、表現したい「違和感」が際立つと思いますし、イマイ様の武器になるのではないかと思います。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/05/29 14:35
  • 幼女の夢に翻弄されまくるバク(幻獣)の姿が可愛らしいですね。
    魔法少女は強敵ですね。これは長期戦になりそうな予感…。

    このご家庭は父子家庭なのでしょうか。バクの姿に子供がすごくなつきそうなので、このまま家族として過ごしていくことになるのかもしれません。それでもなんとか悪夢を見てもらえるように四苦八苦して、それでも悪夢を見てもらえなくて…それでなんだかんだで情も移ったころに、娘が「バクが父娘の元を去る」という悪夢を見てお別れのときがきてしまう。という展開まで見えて、今泣きそうです。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/05/28 18:39
  • たった4ページですが、妄想が広がる作品でした!

    男の方はもう少しチャラついていたほうが、説得力があるかもしれません。チャラ過ぎても読者に嫌われてしまうので、その辺はさじ加減が難しいところではありますが…。鬼が真面目なキャラなので、男はチャラいほうがギャップがあって楽しそう、というのもあります。

    鬼を1000年前に封印したのが、男の祖先だったりすると最高ですね。

    ご投稿いただき、ありがとうございました。

    2019/05/23 20:38
  • 主人公も少女も、表情が豊かなので観ていて楽しかったですし、感情が伝わってきました。

    残念なのは2人の名前が分からないこと。大切な話の中心となるキャラクターですから、名前をつけてあげてほしいです。見ず知らずの人間とは言え、冒頭で道中を同じにするとなれば、名前を教え合うやりとりがあるはずです。その他、細かい点ですが、少女が黒髪でないため舞台設定が日本であると認識するのに時間がかかりました。少女の名前が日本風なら、そこで把握することができたと思います。

    最終的に主人公は仲間の元に戻ることになったのですが、個人的には主人公が「やりたいことをやりたい」という気持ちに共感していたので、仲間の元(やりたくないことを強いられる場所)に戻ってしまったのはバッドエンドのように見えてしまいました。仲間との絆や信頼が描かれていないので、仲間は主人公を利用しているだけというイメージが払拭できません。

    少女のラストも現実を受け止めることができたものの、救いがなかったのは残念です。少女の家庭事情(父親は? 母親はどこにいってしまった? 兄弟は?などなど)の掘り下げも不足しているので、彼女が「東京に戻る」ということがどういうことなのか、結果が漠然としてしまっています。

    また、主人公と少女の「相互の変化」が少し薄い印象でした。「主人公はこの少女と出会ったからこそ変わることができた」「少女はこの主人公に出会えたから前に進めた」という、お互いの“影響”が深まれば深まるほど、この物語はより感動的なものになると思います。

    こまごまと粗さがしのようなことを書いてしまいましたが、キャラの表情は活き活きと描かれていましたので、エピソード選びや登場人物の取捨選択をプロットの段階で精査できるようになると、より完成度の高い作品をお描きになれるのではないかと思います。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/05/22 19:41
  • 手作りドールハウスを趣味にしている方々がいらっしゃるんですね。不勉強で恥ずかしいのですが、この漫画で初めて知ったため、新鮮味があって大変興味深い題材だと思いました。

    ペンのタッチも相変わらず丁寧で、背景の描き込み、質感などが素晴らしいです。

    ドールハウスの見せ方についてですが、3ページ目の表現ですと「絵」として中を見せるために透過させた表現になっているのか、それとも実際に見たまま外壁のポット(?)を加工したものなのか、少し判断がしづらかったです。

    内装の素晴らしさや、手の込み具合をどう読者に紹介していくのかが肝になりそうな気がします。たとえば妄想の中で、主人公が不動産屋さんのような立ち位置で、人形に間取りの説明をするような形式はいかがでしょうか。

    主人公の人生が、ドールハウスの制作を通して充実していくようなドラマを見てみたいですね。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/05/20 21:55
  • 「性知識だけ異常に豊富な賢者」という設定が面白く、キャラも立っていて企画がしっかりしていると感じました。ツッコミ役が毎回変わると感情移入しにくく感じるので、賢者さんのほかに読者の目線に近いレギュラーキャラを配置するとよいかもしれません。

    ケバブの話が「あ~、なんとなく言いたいこと分かるー…分かる? いや、やっぱり分からん」というギリギリのぶっ飛び具合で笑わせていただきました。

    ご投稿、ありがとうございました!

    2019/05/14 19:18

担当希望作品

TOP