プロフィール

モーニングはなわ

★311

153

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。
エデン共鳴編零式4層まで召喚士で踏破。
攻略形式はDD内捨て暴走あやとりぼよん色固定です。
今さらながら「禁断の地エウレカ」の攻略を進め、
バルデシオンアーセナルを踏破しました。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、「拳帝」に昇段しました。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。

漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、コメントは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

重箱の隅をつつきがち(自覚アリ)ですが、漫画ってそういうところが大切だと思うので…!

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 8ページの1コマ目、「うえっ」って感情がとてもよく伝わってくるいい表情ですね。けだるさの中に愛嬌を感じます。狗川先輩も立ち居振る舞いが男前で、「好きなタイプ」と言われた宮坂さんが頬を赤らめてしまう気持ちもよくわかります。

    大きなコマも、小さなコマも、さりげない表情が魅力的な作品でした。

    一つだけ気になったのは「メグミルコ」がどういったドリンクなのか、という点。メグミルクをモジった乳製品(牛乳)だとしたらペットボトルには入っていないだろうし、絵を見ると透明度があるようだしなんなんだろう…と。ネタとして捉えればクスっとくる小ネタですが、一方でリアリティを損なうリスクも。これが紙パックだったら、何も気にならなかったと思います。

    重箱の隅はともかく、魅力的な表情をお描きになる作家さんだなと感じまして、担当希望を出させていただきます。ご検討ください。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/09/17 23:45
  • 最近読んだ作品の中では、抜群のクソバカ漫画(褒め言葉)。「AVの応援上映」というのがパワーワードすぎますね。調べたら現実にもあるようで二度ビックリ。女子会でこれをやるという設定からして、何か面白そうなことが起きそうな予感をさせてくれます。

    選んだAVのチョイスも秀逸で、彼女たち3人が持ち寄る設定としてはよく練られていると感じました。3人目(香織)のオチも面白い。おバカなことを全力でやる様子を見守る中で、彼女たちのことが好きになれました。

    欲を言えば3人のキャラが、もう少しハッキリ見えるとよかったですね。あとはシンプルに絵のほうのエロ度を上げられれば…。肝心の「そば打ちAV」がどんな内容なのか気になるのに、言葉だけで説明されてしまったのは残念です。あまり生々しい絵が入ってもこの作品の良さは死んでしまうので、加減は必要だとは思いますが。

    あとで「そば打ちAV」について見識を深めてみよう、という知的好奇心を刺激してくれる作品でした。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/09/17 21:03
  • ミステリアスでかっこいい司書が、怪異を撃退する――という楽しみ方がわかりやすい作品でした。ヘルンさんの纏う雰囲気、素敵ですね。

    稲生くんは狂言回しという立ち位置ですが、彼の知識がヘルンさんを補佐するというのは、歯車がかみ合った感じがして気持ちがいいです。一方で、プロフェッショナルであるヘルンさんが怪異の種類を看破できないというのは不自然にも感じ、彼女の「格」を落としてしまっているようにも感じました。

    ヘルンさんが稲生くんの存在を”欲する”理由付けは、別の設定に置いた方がよいのではないかと思います。例えば珠姫ちゃんの怪異呼び寄せ体質を稲生くんに持たせれば、登場キャラも減らせるので、ヘルンさんがが管理者として怪異を使役する部分の演出を強化するなど、一層彼女のミステリアスさや凄さにスポットを当てることができるかと思います。

    そもそも…ですが、珠姫ちゃんと稲生くんが一緒に行動している理由の説明がないので、この二人の思考に共感しづらいというのもあります。

    司書が怪異を管理しているという設定は魅力的に感じましたので、「司書が怪異と戦う!」というコンセプトを掘り下げていくとよいのではないでしょうか。怪異を閉じ込めた扉を開錠する鍵を持っていて、怪異召喚時にはかっこよく鍵を開ける!みたいなシーンを想像しました。(個人の妄想です)

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/09/16 14:57
  • 4ページの3コマ目、疑心が目の表情から読み取れるかっこいいコマですね!

    第1話は、まだ物語のプロローグといったところでしょうか。男だけを優先的に合格させているのか、はたまた男”のみ”を合格させているのか…いったい何が起きているのか気になる状況を、テンポよく読ませていただきました。

    現状で少しだけ気になるのは、こういった状況がこの試験において毎年(?)起きているのかどうかです。仮に毎年起きているなら、現代・現実のようにSNSはなくとも、口コミでこのおかしな状況は噂くらいにはなっているのではないかと思います。主人公や周囲のリアクションを見る限り、今回が初めてなのでしょうか…?

    この部分の何が気になっているのかと申しますと、どちらのケースにせよ「前振りがほしい」と感じたからです。

    【毎年起きているとする場合】
    主人公が「男しか合格できない(or男が優先的に合格する)なんて噂を聞いてるけど、そんなことあるわけないよね…」と2ページのモノローグで考えている…とか。

    【今回初めて起きたとする場合】
    合否を判定する司教が、今回から変わったことを匂わせる描写を追加する…とか。

    これらが追加されると、お話の読み筋がより分かりやすくなるかと思います。(冒頭4ページの段階で指摘するのも野暮かとは存じますが…)

    主人公のビジュアルが凛々しくかっこいいので、この先、どのような展開が待っているのか楽しみにしております。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/09/14 14:28
  • シンプルですが可愛らしさがしっかりあって、目が離せない絵ですね。黒髪のお姉さんが今回ご投稿いただいた作品の中では一番キャラがはっきりしていて、好きになりました。

    Twitterにご投稿なさっていた作品を見繕ってご投稿いただいたからだと思いますが、人間関係がもう少し見えてくるとよいかなと思います。

    ・黒髪のお姉さんと、黄色い髪の男の子の関係。
    ・黄色い髪の男の子と、ツインテールお姉さんの関係。
    ・黒髪のお姉さんと、ツインテールのお姉さんの関係。
    ・ツインテールのお姉さんと、銀髪お姉さんの関係。

    このあたりがハッキリしてくると、キャラクターの感情も自然と見えてくると思います。人間らしい感情があるところを見せてもらえると、共感できる度合いが増したはず。何かよくわからないことをやっていても、キャラを好きになってもらえれば受け入れられる可能性が高くなります。

    作品としてはシュールギャグ?という理解でよろしいでしょうか。シュールなわりには面白さがしっかり伝わる作品が多かったように思います。話の終着点に意外性があって楽しいですね。一方で、シュールなだけで終わっているものもあるのでオチの練り込みが欲しいところです。

    あとはリアリティの線引きをしっかり行ったほうがよいと思います。「この作品世界ではなんでもあり」という状況ですと、何が起こっても「面白い」ことにはなりません。今回の作品で具体的に挙げれば、「忍法乳クレーン」は一線を越えているように感じました。

    細かいことをクドクドと書き連ねましたが、作品には独特の雰囲気があって魅力があって、黒髪のお姉さんがとにかく可愛らしかったです。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/08/21 19:01
  • たった3ページの中に、奥山君と浜野さんのいいところがギュッと濃縮されていて、すぐに好きになれました。物語の冒頭としては、しっかり読者の心を掴むナイスな構成だと思います。

    すでに浜野さんに正体がバレている(でも奥山君には伝えてない)という人間(?)関係も雰囲気がいいですね。やさしい世界…。

    人間の奥山君はもちろんイケメンですが、タヌキver.もしっかりイケメンに描けている技術力に目を見張りました。今後どのような作品をお描きになりたいのか、一度お話をうかがってみたいですね。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/08/20 12:44
  • 主人公の置かれた境遇や世界観を、もう少し丁寧に読者に伝えていただけると感情移入がしやすくなると思います。

    具体的には、

    ・この国(?)における主人公の地位
    ・主人公が抱えている感情(解決するべき悩み)
    ・主人公が背負っている宿命
    ・この世界の状況(戦乱の世か、泰平の世か)
    ・この世界における竜騎士とはどのような地位なのか

    などなど…。これらすべてを盛り込むとダイジェストになってしまい、それはそれで内容が薄い作品になってしまうリスクもあるのでご注意ください。取捨選択が必要になります。

    シーンの構成としては、竜騎士という職業が出てくるなら冒頭に竜が出てきて欲しかったな、と感じます。(共闘する相棒としてなのか、それとも討つべき敵としてなのか、どちらでもよいですが)

    キャラクターの表情には、要所要所で「おっ!」と思わせるコマがいくつもありました。設定やストーリーが洗練されてくると、そこがより輝くと思います。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました。

    2020/08/18 21:38
  • 可愛らしいお話でした。冒頭数ページで主人公のことを好きになれます。表情の微妙な変化が丁寧に描かれているので、キャラの気持ちがしっかり伝わりますし共感できました。

    背景の質感がもう数段階上がると、お話によりリアリティが出て没入感が増すと思います。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/08/05 13:39
  • 展開がコロコロ転がって楽しい作品でしたが、転がりすぎて真実の情報が読み取りにくかったのはもったいと感じます。

    吉田はビビッて最後までエレベーター付近にいた、真田は人造魔女という理解で間違いないでしょうか。でも真田は磯神と旧知の仲っぽかったのになー…、とスッキリしない終わり方でした。

    世界観はファンタジーですが、情報がマメに織り込まれているので、設定を推測したりする楽しさもありました。説明的になりすぎず、情報の出し加減がお上手だったと思います。

    ふざけすぎていて話がボヤけるところもありましたが、挿入されるユーモアにも楽しませていただきました。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2020/08/01 15:05
  • 主人公とヒロインの描写がとても美麗で魅力的ですね。
    この1点だけでも強い武器として、読者の興味を強く引くことができそうです。

    惜しいのは背景の描写が少ないので、どんな場所で何が起きているのか分かりにくいところでしょうか。たとえば収容所の”引き”の絵や外観などを見せていただけると、より現実味や臨場感を感じることができたのではないかと思います。

    人物の描写も寄りと引きをもう少し意識して配置していただけると、画面にメリハリが出て、より読みやすい画面になるのではないかと感じました。

    そして作者プロフの手のイラスト、とても色っぽいですね。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2020/08/01 03:53

担当希望作品

TOP