プロフィール

モーニングはなわ

★371

197

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集者になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。腕に生傷が絶えません…。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。
マイペースにエデン再生編零式4層までを踏破。ライオンの炎は暖かかったです…。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
現在の段位は「煌帝」です。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

【DAYSNEOでの実績】
モーニング読み切り掲載『もシモ、君と話せたら』振子やくも氏
モーニング新人賞「THE GATE」大賞受賞『空は飛べないけれど、』南文夏氏
コミックDAYS『花園君と数さんの不可解な放課後』胡原おみ氏
モーニング・ツー『ブラックバウンズ』堀出井靖水氏
モーニング・ツー『リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~』坂木原レム氏

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、怪しい者ではございません。ご容赦ください。

プロフィールの画像は、学生時代に住んでいた岩手の盛岡冷麺写真です。
盛岡冷麺の中でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。

漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、コメントは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

重箱の隅をつつきがち(自覚アリ)ですが、漫画ってそういうところが大切だと思うので…!

褒めてばかりだと自分で自分をうさん臭く感じてしまう性分のため、
担当希望の際でも改善できそうな点を併せて指摘させていただくことがございます。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 表情やポーズ、仕草、描き込みのコマごとの力加減、コマ割り、構図などなど、とにかく全体的に読者の読みやすさを意識した「丁寧」な作品でした。特に最後のコマで背中を向けている女の子のセーラー服の襟の描写、カケアミとベタの併用で背中の肉付きまで読みとれて素敵ですね。土橋さんのシャツの陰影もいいんですよね…。

    惜しかったのは、主人公のことを応援したい気持ちになれなかったことでしょうか。

    この描き方ですと誰彼かまわず告白する、まさに「キモ」い男に見えてしまいました。ほぼ努力をせず、自ら変わろうともせず、いい思い(おでこにキス)をした主役を、素直に祝福できなかった自分の器の小ささよ…。単純に嫉妬ではあるのですが、読者が主人公に対して負の感情を抱いてしまうという展開は、できる限り避けたいところです。

    復讐を思いとどまる程度にはまじめな人間ではあると思うのですが、それ以外の魅力も見せていただきたかったですね。

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/09/15 19:40
  • 最後まで読み終えたところで「よかった! 薬で虜にされてしまったかわいそうな男はいなかったんだね!」という気持ちになれましたが、たしかにこれは”ちょっと怖い話”ですね…。未来を垣間見ていたというオチは、巧みな締め方だったと思います。

    作画面ではムクロさんの髪型や体格、無骨な手、不格好ながらも本心から出た笑顔など、よねださんの込めたフェチズムが伝わってくるところがよいですね。

    ホミィさんの性格は、もう少し愛嬌が良い設定にした方が、その後の展開での豹変にギャップが出て、より際立ったのではないかと思います。

    少し説明不足な感もありましたが、短編ながらコンセプトがしっかりしている非常に読みやすい作品でした。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/09/15 18:27
  • 挫折しかけの若者の葛藤を真摯に描かれており、胸が熱くなる作品でした。

    主人公の悩みが等身大で感情移入しやすかったのですが、一方で「声優の卵らしさ」が少し足らなかったように思います。声優としての”悩み”を一歩踏み込んで具体的に描いていただければ、彼らの実在感がより増したと思います。

    主人公の仲間たちはみな同年代に見えましたが、中には社会人になってから通っている人や、大学を卒業してから志した人がいたりしてもよいのかも。主人公に気づきを与えるのは、そんな仲間の中の誰か、という展開のほうがより自然な流れになったかもしれません。中秋さんは主人公の心を救うキャラとしては100点すぎて、少し都合の良さを感じてしまいました。心に刺さるいいセリフを言ってくれているんですけどね。

    キャラの置かれた状況(設定)を掘り下げていただくと、より現実味があって没入感の高い作品をお描きになることができると思います。今後も熱い気持ちの込められた作品を期待しております!

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/09/15 18:11
  • 導入のシーンで状況を掴みやすい作品でした。1ページ目で「あ、電車の車内が舞台でこの男性が主人公なんだな」「あ、変な人も乗ってる。これは現実世界の話ではないのかな」という情報がしっかり提示されているからでしょうか。猫人間が登場しても、自然に受け入れることが出来ました。

    次々と作品をお描きになる意欲と行動力が素晴らしいですね。

    とはいえ、今回の作品は読者の想像に任せる部分が多すぎたように感じました。5ページと6ページの間に、何があったのかを詳しく読みたかったです。主人公が眠ったままになってしまった理由や、バットムくんとの絆などを見せていただけると、より心を動かされる話にできたのではないかと思います。

    この部分がすっぽ抜けているので、映画の導入とエピローグだけを見たような読後感になってしまっているのは勿体ないですね…。

    短いページに話を収めるのはとても重要なことなのですが、必要なエピソードまで削ってしまわないよう注意することも大切です。

    今回の作品には「ドラマ」が欠けていたように思います。

    ドラマとは何か、編集者によって解釈や定義はいろいろありますが、私は「人(の心)が変わる瞬間」だと考えるのがしっくりくるかなと思います。今作ではトビがバットムと夢の中で会話することで、どのようなことを考え、どのように変わったのかまでが描かれていません。ですから最後にバットムが言う「大丈夫」も根拠に乏しく、不安が拭いきれませんでした。

    次回作では「ドラマ」をつくることを意識してみてください。もちろん人が変わるには何かきっかけが必要です。読者がその変化に納得できる理由も意識しながら、人が変わる瞬間を描くことに挑戦してみてください。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/09/06 15:24
  • 要所要所でキャラクターの表情に力があり、目を引きつけられました。表情からしっかりと考えていることが読み取れる表現力というのは、素晴らしい武器だと思います。お互いに「禁じられた想い」を抱えた男女の気になる関係に、最後までドキドキしながら読みました。折山さんの「こういうドラマが描きたいんだ!」という想いが伝わてくる、よい読み切り作品だと思いました。

    一方で、三雲と風花の姉への「想い」をもう少し掘り下げてもよかったかもしれません。エピソードではなく「好き」という言葉でしか表現されていないため、彼らの関係の”がんじがらめ感”が薄いのは勿体なく感じました。

    ラストシーンで三雲は自分のことを「気持ち悪い」「お天道様を拝めない」と自虐していますが、読者視点ではそこまでキモいやつには見えていなかったため、この告白には置いてきぼり感を覚えました。どのくらい姉を愛しているのか、どれくらい姉を想っているのか、その「気持ち悪さ」を読者は見せてもらっていないからです。

    もし家族愛の延長で「好き」ということであれば、それほど深刻な話ではないようにも感じます。風花も同様に「好き」の度合いがどのレベルなのか伝えていただけると、より緊張感のあるお話になったのではないかと思います。

    それと細かいところですが、姉の年齢設定が気になるところです。最初は大学に合格して上京するという誤読をしておりまして、最後24歳ということが判明して就職だったのか! となりました。三雲が高校生だとすると、結構歳の差がある姉弟なのですね。

    いやいや、しかしそうなると風花が制服姿の姉に告白するシーンは一体いつなんだ!? という疑念が生じてしまいまして…。

    些細なことですが、設定に辻褄が合わない部分が見えてしまうと途端に没入感が削がれてしまうので、注意が必要なところかと思います。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/09/01 20:29
  • 魔獣の描写のおどろおどろしさと可愛らしさのバランスが絶妙ですね…。野生動物らしく、毛皮の下の筋肉がしっかり見て取れる表現力も素晴らしいと思いました。口元も獣としての唇がしっかり描かれていて、異形の歯並びですが生物の範疇を逸脱しない現実味のある描写に実在感を覚えます。

    苔むした木にキノコが生えていたり、ツタ植物がからまっていたり、自然物の描写も丁寧で臨場感がありました。細かいですが焚火の中で燃えている枝も、入れた時間によって炭化に差があるところも描き分けているんですよね。

    主人公も魔獣も悪い奴ではなさそう、というのが冒頭でわかるので、感情移入がすんなりとできて読みやすかったです。第1話は物語の途中で終わってしまいましたが、この先、主人公がどうなってしまうのか気になりますね。2話目があるのでしたら、楽しみにしております!

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/08/24 13:56
  • キャラのリアクション表現が豊富で、ネームながら楽しく拝見しました。怖い表情も迫力があっていいですね。謎の組織からの脱出という話の読み筋も大変わかりやすかったです。読みやすさという点では文句なしです。

    ただ、お話の発展性が薄いように感じてしまったのは勿体ないですね。なんだかんだで「内輪もめ」の話として読んでしまうからでしょうか。殿下の登場が早い上に、悪人としての尻尾を出すのも早いので、小物感を覚えてしまうのもあるかと思います。

    三条と誠志郎くんの関係性はとてもいいなと感じましたし、可愛らしかったので、物語序盤はそこにスポットを当て、組織とか内部対立などのいざこざは置いておいて、もう少し肩の力を抜いて読めるような設定を模索できるとよいのかも。

    最後に細かいツッコミで申し訳ございませんが、冒頭の人身売買をしている悪党はもっと恐ろしく描いていただきたかったです。在間さんご自身のお人柄が出てしまっているのかもしれませんが、悪党なのに人がよさそうに見えてしまって…。敵のヤバさレベルを引き上げることで、それを蹴散らす三条の強さがより際立つのではないかと思います。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/08/23 19:49
  • 1作目に比べますとだいぶ読みやすくなってきたように感じました。天使と悪魔のフキダシはもっと特徴をつけ、主人公本人のフキダシと差をつけたほうが、よりストレスが減ると思います。

    物語の結末が夢オチのような感じになっていたのは少し肩透かしな気もしましたが、バッドエンドではなくてホッとしました。

    あとは主人公自身の魅力をもっと感じたかったです。設定とストーリーに添って、主人公が動かされているように見えるので、主人公の性格や”いいところ”を掘り下げ、それを冒頭で読者に教えてください。きっとより主人公を応援したい気持ちになりますし、人を殺してしまったシーンの衝撃も大きくなると思います。

    「俺、この主人公のこと好き!」と思える要素が作品の冒頭に提示されると、(わざとらしくなってしまうといけませんが)それだけで読み進める力になってくれます。今後お描きになる作品で、心がけてみてください。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/08/16 21:54
  • 美味しそうな食べ物を、かわいい女の子が美味しそうに食べる。これがしっかり表現できているというだけでも、この作品は魅力的な漫画として成立していると思います。

    方針としては高カロリーな美味しそうなものを作って食べていくグルメ漫画でしょうか。吸血鬼という設定は大胆ですが、高カロリー食という括りに説得力を持たせる噛み合わせのよい設定だと感じました。

    個人的にはリルルラには日本の生活に馴染んだ、もっと所帯じみた格好をしてくれていたほうが親近感が持てますが、一方でこのヒラヒラした可愛らしい格好の女子と高カロリー食のミスマッチが生む魅力もあるので悩ましいところです。

    1点気になるのは、まだ2人が積極的に人の血を吸いたがっているのかどうか。
    人を襲うのを我慢しているのではなくて、単純に人の血に飽きたとか、人間の食文化に興味を持ったとか、人権という概念が生まれた現代では時代遅れと考えているとか、そんな理由で普通のご飯を食べていてくれたほうが気楽に読めてよいかな、と思いました。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/08/12 18:12
  • 中世風ヨーロッパ風建築と現代のビル、日本家屋などが歪に融合した不思議な世界は、一目見ただけで興味を引かれました。よく見ると飛行機や船底のようなものも見えていて、ますます想像力が刺激されます。

    異世界(よるのくに)と現実世界を行き来している少女のお話だと思いますが、冒頭のモノローグだけでその説明をスパっと終え、早々にこの奇妙な世界を読者に見せてくれるテンポの良さが、この1話目の読みやすさを生んでいると思います。

    主人公の警戒した様子から、この世界には何か脅威となる存在がいるのでしょうか。彫刻刀という心もとない武器を手に、この世界を探索する少女の気持ちに共感し、ドキドキしながら読める作品でした。机の引き出しにあった酸素吸引スプレー(?)も気になりますね。

    欲を言えば、主人公がこの世界を探索する動機は早めに知りたいなと思います。(前述の推察が正解であれば)リスクのある世界をたった一人で進むわけですから、好奇心というだけでは少し納得のいかないところがあります。突然消えた「この場所について教えてくれた人」を追っているのでしょうか? それとも、その人の意思を継いだのでしょうか? はたまた、リスクはあるがこの美しい世界に身を置きたいと思うほど現実には何かしらつらい事情があるのか? 気になるところです。

    SFがお好きとのことで、自分の表現したい世界をしっかりお持ちだと感じました。ぜひ打ち合わせでお話をうかがってみたいと感じましたので、担当希望を出させていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!


    ---【2話を拝見して追記】---

    なるほど、2話目にも情報が散りばめられていて目が離せませんね。
    やはりいたのか、モンスター! 小刀は鉛筆を削るために持っていたんですね。

    「生成」のシーンも見事でした。こうやって人の記憶が無秩序的に具現化して建物になるので、このごった煮のような街がどんどん奇妙な形に成長していくということでしょうか。

    2話目で気になった点や感想を追記させていただきます。

    ★「記憶」と「知識」が分かれているのはなぜ?
    この二つは同一のものと(私は)認識しているので、別々の物質、石と樹に分かれていることに違和感を覚えました。

    ★「石」と「樹」のことを言葉だけで説明してしまっていて実感がもてない
    主人公がいこれらに触れ、その人の「記憶」「知識」に触れる様子を絵として見たかったです。

    ★この世界と現実世界はリンクしている?
    これは単純に感想です。この「よるのくに」が主人公が普段暮らしている世界(仮に原生世界とします)の影として――つまり、原生世界にも存在する人物が、「よるのくに」で眠りについているのか、それともまったく異世界として、原生世界には存在しない人たちが眠りについてるのか、非常に気になるところです。この設定如何によっては話の方向性や広がりが変わってくるような気がしますね。

    細かいところで気になる点はありましたが、2話目のラストも「次が読みたい!」と思わせる見事な”引き”でした。

    ご投稿いただき、ありがとうございました!

    2021/07/28 14:21

担当希望作品

TOP