プロフィール

モーニングはなわ

★89

59

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八も吹きます。都山流です。

ずっとFF14をプレイしています。
オメガ シグマ編零式4層、GW休みを活用し踏破しました。

お盆は体調を崩し、ぐったりとした時間を過ごしました。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは比較的おしとやかに、
地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、
コミュニケーションツールになりうる作品を、
皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿いただいた各作品もざっと拝見いたしました。その中ではこちらの作品が(唐突なファンタジー要素がないため)最もすんなりと飲み込める漫画になっていると思います。

    ヤミ先輩のキャラがダメすぎるんですが、共感できる部分も多く楽しく読めました。根拠はないのに強い意志をもつ人間は、見ててなんとなく元気をもらえますね。

    気になったのはヤミ先輩のビジュアルですね。短髪なのはヤミ先輩の性格からして何か理由があって意図的にそうしているとは思うのですが、それでももう少し女の子っぽさが欲しいなと感じてしまいました。ジト目メガネはいいとしても、短髪という要素が足を引っ張っているように思えるのです。(個人の感想です)

    ただこれ、長髪ロングならいいのかというと、それはそれで正解ではないような気がするから難しいところでして、モヤモヤしております。短髪、メガネ、ジト目、巨乳、ぽっちゃり、猫背…これらのキャラ要素が、不協和音を起こしている気はするんですよね。あまりにも陰キャとしてリアルすぎて、同族嫌悪を感じているのかもしれません。(個人の感想です)

    それはともかくとして、絵はとても見やすかったですし、セリフも整理されていてツッコミも的確。作品としての完成度は高いと思いました! 欲を言えば、先輩が絵を描いた場合の実力を見せてもらえると嬉しかったです。

    2018/09/21 15:16
  • 不幸の手紙の擬人化は、ありそうでなかった新鮮な設定でした!

    不幸の手紙ちゃんの性格もいいですね。「8人に出せ」と最初はいっていたのに、途中でさりげなく「10人に――」と人数を盛ってみたり。お祖父さんが亡くなっていると聞いて、ちょっとお悔やみモードになったりと、好きになれる要素をしっかり持たせられています。

    お話は短いページで、コメディとして丁寧にまとめられていると思います。個人的な欲を言えば、なぜこれほど長い時を経て不幸の手紙が届くことになったのか、それを追及するのをお話の幹として、もう少し長めに読みたかったですね。本作を不幸の手紙ちゃんのキャラを伝えるためのみに集中し、エピソードを絞っているのは正解だとは思うのですが、本作の流れをプロローグとして、主人公(?)とのやりとりを読みたかったです。

    そうやって主人公のキャラが伝わってくると、不幸の手紙ちゃんとのやり取りの方向性が読めるようになり、期待感を抱きやすくなると思いますよ。

    2018/09/17 18:13
  • スピーカーを持ち歩くさまがじわじわと面白い。なぜ胸元に入れる必要が…(笑)

    強引すぎるスピーカーのキャラが妙におかしくて、何度もクスッとさせられました。主人公のセリフも、微妙に抜けていて笑いを誘いますね。「ハーバーを充電すれば――答えが――?」のコマが妙にジワジワきました。

    かもめさんはちょっと天然が入った女性なのでしょうか。フローリングに直に横になる姿がシュールで、それじゃ背中傷めますよ! と心配になってしまいます。これ、主人公は自分の寝床を譲ったりしなかったんでしょうか…気になります。かもめさんもハーバーの指示に導かれて、主人公の誘いにのったということでしょうか。

    希望にあふれるラストシーンにほっこりしました。

    2018/09/13 14:28
  • 絵柄が丁寧で、とても読みやすい作品でした。

    短いページながらも、2人の人生をのぞき見たという充実感が得られました。バールのような友人が本当にいいやつで、最後、主人公が救われてよかったです。

    一方でコマが少し詰まりすぎている印象もあるので、もう少しゆったりとコマを割って、画面にメリハリのきいた長編も読んでみたいですね。それでも短いページにこれだけ詰め込んでいるのに、読みやすいのはスゴイと思います!

    2018/09/13 14:03
  • 2話目を拝見しました。橋から落とされる→病院へ→1話目の少年と再会→少年の抱える問題が発覚→万引き少女、奮い立つ! という展開がとても自然で、流れるようにお話が進んでいきますね。少女は本当に「最後の万引き」をすることになるのか、結末が気になります。

    ベタな演出ではありますが、ラストの黒い影も気になりすぎて仕方がない! 主人公を端から突き落とした犯人なのか、それともまったく別の第3者なのか…。この広げた風呂敷を最終話でどう畳むのか、期待が膨らみますね…!!

    背景は写真が用意できなかったであろう部分(病室)は、クオリティが落ちるために悪目立ちしてしまいますね。写真を加工して作画した部分と、ギャップが出すぎないような工夫や作画の上達は、今後必要になってくると思います。

    修学旅行、楽しんできてください!

    2018/09/12 01:38
  • 主人公のギャップがイメージしやすくなって、より感情移入しやすくなったと思います!
    ただ、ギャップがありすぎて自宅の清水くんと、学校の清水くんが別人に見えてしまっているので、冒頭の部屋のシーンから名前を出しておくと誤解がないかもしれません。

    彼女が主人公のことを受け入れてくれたことも、彼女を助けるシーンを入れることでなんとなく察することができるようになっています。
    そこでひとつ思い浮かんだのは、大事なコレクションであり、傷つけたくないと主人公が考えていることが分かるシーンを加え、それが壊れるのもいとわずに彼女を助けるシーン(本作の巨大フィギュアが倒れてくるシーン)を描くという展開です。これだとさらに説得力が増しませんかね…? フィギュアも大切だけど、彼女のことも大切に想ってるんだぞ、ということが伝わるセリフが添えられるとなお良し! だと思います。

    あとはラストシーンの印象が少し弱いように感じられるので、たとえば彼女が「ごめんね」と言って一瞬振られたか!? という誤読を誘い、「大事なもの壊しちゃったみたいで」と壊れたフィギュアに応急処置(テープ)をしててくれたりすると、彼女の株も爆上げで一石二鳥ですよ!

    2018/09/07 20:45
  • 小学生の少年が抱く、恋未満の微妙な気持ちを上手に表現していると思いました。

    コマ割りやセリフがすっきりしていて、読みやすいネームですね。カオリ先生も色っぽくて、尚且つかわいらしかったです。龍之介くんが憧れを覚えるのも共感できますね。

    そして描かれるのは少年の成長。大好きな先生と匂いが紐付けされたことで、嫌いな牛乳を克服するのはなんとなくですが説得力がありました。見ていてほっこりさせられる、いいお話だと思います。

    気になったのは先生に牛乳がかかるシーンでしょうか。あの流れで全身に牛乳がかかるのが不自然で、その後のシーンに恣意的なものを感じてしまったのは残念です。カメラアングルもなんというか急にオッサン目線になっているというか…(笑)。小学生からの視点をブレずに描いて欲しかったですね。

    余談ですが、給食のメニューが栄養バランスとかを考えると実際にありそうなメニューだな~と感じました。リアリティがあっていいですね。私の子供の頃の給食にも、揚げパンと野菜スープはよくセットで出されていた記憶があります。当時は牛乳が苦手な子から、牛乳をもらう立場でした。

    2018/09/02 21:26
  • 背景の加工、初めてとのことですが違和感の無いレベルにはお上手にできていると思います。お若いので今後の成長が楽しみです。

    ネーム(セリフ)は量が多くて一見読みにくそうなのですが、読み始めてみるとキレッキレのセンスを感じますね! 特に橋から落ちてるシーンの心理ネーム、これは熟考したからといってポンと出てくるようなものではないと思います。あまりのよくわからない展開に、自分の状況を把握しきれていない感じが伝わってきました。

    人物の描写はもう少し描き分けができるようになると、より読みやすくなると思います。自分なりの絵柄を模索してみてください。冒頭のシーンは主人公と友人の容姿が似ていて見分けがつきにくいですし、しかもページをめくると立ち位置が入れ替わっていたりとやや読みにくさを感じました。

    第2話も楽しみにしております!

    2018/08/31 14:10
  • 「3億円が恩返しに来る」というネタ自体は、今年の年明け頃にツイッターで話題になっていたので既視感がありますが、キャラ同士の掛け合いはテンポが良くて読みやすかったです。仏閣マニアという主人公のキャラもユニークですね。仏閣マニアだったからこそのあのオチは、キャラの設定が上手く生かされていると思いました。あとは男女の描き分けをもう少し意識していただけると、より読みやすくなるはずです!

    2018/08/30 22:31
  • カオルのスタンスがよくわからないので、共感しにくくなっている気がします。

    つくしを男友達として接しているなら、男の胸を揉むのはなんだか気持ち悪いと思いますし、女友達として接しているならデリカシーというか法的にも問題があって、いずれにせよ胸は揉めないと思うのです。いや、そのどちらでもないのだ!という考え方もありますが、(実際にラストシーンのセリフはそういうことなのでしょうが)それこそどういう気持ちなのか非情に想像が難しいところです。

    つくしはつくしで一人称が「オレ」なので、どちらの性に軸足を置いているのか、ある程度察せてしまうのは読んでいてモヤモヤしました。純粋にラブコメとして読めばいいのか、それともBL的な観点から読めばいいのか、判断に迷う作品になってしまっていますね。

    雨天さんは「自分の漫画や傾向がどこ向けなのかわからない」とプロフィールでおっしゃっていますが、まず「自分は誰に向けて漫画を描くのか」というのを定めて作品を作る始めてみるのがよいと思いますよ。

    2018/08/29 23:15

担当希望作品

TOP