プロフィール

モーニングはなわ

★114

86

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八も吹きます。都山流です。

ずっと『FF14』をプレイしています。
オメガ アルファ編零式4層後半ハローワールド練習中。
たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、段位の「修羅」を維持できるくらいになりました。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 亡霊に対して露出している(骨が)、というリアクションができる黒木くんのキャラが面白いですね。キャラクター像がしっかりしていて、読みやすい作品だと思います。「ちゃんと服を着てください」とか説教しそうな勢いですね(笑)。

    一方で、黒木くんのリアリティ解釈にリアリティを感じない部分は気になりました。たとえば1話の「幻影」の説明で放物面鏡の話が出てきますが、こんなトンネル内部にそんな装置がある方がリアリティがないと思うんですよね…。黒木くんの“リアリスト設定”の詰めが甘いような印象がありました。

    亡霊が見えていない状態でポルターガイストを地学的に理解しよう、解釈しようというスタンスは理解できるのですが、目の前に亡霊がいたら「人の精神が、死後も現実世界に影響を与えうるのか?」というアプローチの仕方になるんじゃないかと思います。となると、目の前の亡霊を無視した黒木くんはリアリストではなく、実際に目の前で起きている現象から目を背けているキャラに見えてしまいます。そう読者に感じさせない黒木くんのリアリスト設定、バックボーンなどを突き詰めて説得力をもたせてほしいですね。

    5話目で亡霊の元の姿が美女だったという設定は、ギャップがあってとてもよかったです! そうあって欲しいなと思いながら読み進めていたので、期待に応えていただいたという感じです(笑)。

    2019/01/07 17:41
  • 沙耶ちゃんとハピエルのやりとりが軽妙で、楽しく読ませていただきました。

    ハピエルの尊大な性格は天使として申し分なく、しかしそれでいて嫌な印象にならないのがすごいですね。それは見た目がシロクマだったり、ブリーフだったり、天使の輪っかに針金がついていたり、ブリーフだったり…そんな配慮が絶妙のバランスをもって読者に共感を与えてくれるからだと思います。愛嬌があって嫌いになれません。私はブリーフ派ではありませんが、ゲームはPS4派なので、そこにとても感情移入できました。

    沙耶ちゃんもかわいらしくていいですね。妙に力の入ったクオリティの高いコマと、見ていて不安になるクオリティのコマの塩梅が、コメディ作品としては力を抜いて読めるのでほどよく感じました。

    それにしても沙耶ちゃんがまったく「ツッコミ」を入れないのに、この作品がコメディとして成立しているところがすごいですね。針金もブリーフもPS4も、ハピエルの一人ボケでツッコミどころ満載なのに、沙耶ちゃんはさらりと受け入れ、読者につっこませるスタイル。乳首から雷撃が出るのもどうかしてるのに、誰もそこをイジらない…。押しつけがましくない笑いが、読んでいて心地よかったです。

    2018/12/27 13:53
  • 暗視スコープつけて合コンくる自衛隊員がいたら惚れてしまうのでは…!?
    モールス信号も何言ってるかわからないですが、バカバカしくて笑いました。
    ミリタリーへの愛とフェチズムにあふれていて、話が頭に入ってこないほどですね(笑)。

    特に見開きの戦車。私はミリタリーには詳しくないですが、戦車の走行跡がしっかり戦車の動きを頭の中でシミュレートなさって描いたんだろうな、というのか感じられていいですね。こういうのは資料を見ただけでは実現しない描写だと思いました。

    このこだわりを活かせば、質の高い作品ができるのではないかと思います。

    2018/12/27 14:15
  • 「他人の夢の話を聞かされることほど退屈なことはない」という人もいますが、この夢のお話は面白く最後まで読めました。

    夢の中の不思議な感覚を、しっかり絵で表現しようという姿勢が伝わってきます。背景の力の入れ方からもそれが感じられました。細かいですが主人公の「手」の演技も繊細で、素晴らしかったです。

    欲を言わせていただけば、夢がとりとめもない羅列になってしまっていて、この作品で何を伝えたかったかが分からなかったのが残念です。夢のエピソードを取捨選択し、最後に読者に「ああ、作者はこの一見なんの脈絡もない夢の羅列によって、こういうメッセージを伝えたいのだな」と感じさせることができれば素晴らしいですね。

    2018/12/19 23:26
  • 「なんで突然、爬虫類がめっちゃかわいくなったんだろ…」と当然浮かぶはずの疑問も、「でもまあ、めっちゃかわいいからいいか…」とねじ伏せる魅力がありました。これは狙ってもなかなかできることではないので、素晴らしいセンスをお持ちなのだと思います。

    キャラ立てもしっかりしていて、個人的にはメアリーが嫌悪感をあらわにすると急に語彙力が高まるのが笑ってしまいました。ナンシーはナンシーで「お前触んなや」の台詞が印象的ですね。こんな塩対応のヒロインが、かつていただろうか…。それでも元・爬虫類だから「しょうがないか…」と許せてしまうところがまたずるいですね。いい設定です。

    研究科・葉中のモノローグが少し多いので読みづらさを感じましたが、それを克服できれば、さらに完成度の高い作品になると思います!

    2018/12/15 01:10
  • 最初から最後まで、とても読みやすい作品でしたが、心をえぐられる作品でもありました。

    最後に主人公の磬は大切なことに気づいて、人として大きく成長したと思います。しかし、冷静に彼女の置かれた環境を思い返すと、磬自身の周囲には何も変化がなく、つらい現実は続いていく…。自分のことばかり考えていたのは自分だったのですけど、それでも、「磬の状況なら、そういう考え方になってしまっても責められないよ…」と思ってしまいます。

    読者が磬が言ったひどいセリフ「勝手に死んでろ!!」に対して、許すことができるのか? という観点から言えば、それは「許される」という評価になるので、mikimotoさんの狙い・演出としては成功していると思います。ただ、やはり彼女に対しては読み終えた後に「可愛そう」という気持ちが生まれてしまいます。

    一番大きいのは、田端くんに許されないままの人生を彼女が送るであろうことを想像するからですね。ツライ境遇なのに、さらにツライ業を背負ってしまった。彼女が救われて欲しいと願うのは、しっかりと感情移入させられているからだと思います。それだけ、キャラクターの感情が伝えられる表情やリアクションを描ききっている作品でした。

    こういう考えさせられるラストシーンの作り方を否定するわけではありませんが、救いのある結末を描いた作品も読んでみたいですね。

    2018/12/12 20:43
  • 最後のページの兄弟の虚無を感じる表情がなんともいえない味があって笑いました。

    今年、雨後の竹の子の如く乱立した美少女受肉おじさんを題材に扱っていて、タイムリーなネタ。実際に何件もこういう事案が起きていそうなリアリティがありますね。

    お話としては兄がVtuberであることがバレてから、どう話が広がるのかを見てみたかったですね。思い付きで描かれた作品だとは思いますが、あと一歩踏み込んで欲しかったです。

    それと作品タイトルで、盛大にネタバレしてしまっているのは勿体ない!

    2018/12/05 16:22
  • 姉弟のやりとりが小気味よくて、楽しく読めました。九さんも紳士でナイスガイですね。

    ただ、お話としては何かが起きそうで起きないまま終わってしまったな、という印象。1話目でこれが何のお話なのか、読み筋が掴みにくくなっています。

    人間関係にも説明不足な点があり、「気になる奴がいる」と九さんを覗いている八は、以前から九さんのことを知っていたのでしょうか? 元々のご近所さんなら納得なのですが、お話の最後で九さんがお隣に引っ越してきているので少し混乱しますね。

    ここからは推測でしかありませんが、八はシスコンで七姉が九さんのことを気にしているが故に、九さんの粗を探してやろうと思っている…? そう考えると普通に読むとよくわからない6ページ3コマ目の意図が理解できるような気がします。本作は完成された1本の作品から、部分的に引きちぎってきたかのような印象を受けますね。

    それでもコマ割りが丁寧でセリフも整理されているので、とても読みやすい作品でした。なんとなくですが、子供よりオッサンを描くのがお好きなのでしょうか。シャツのシワとかスラックスの表現に、そこはかとないフェチズムを感じます。オッサンの足が短めなのも、何かこだわりがありそうですね。重心が低くてドッシリとした存在感があります。

    2018/11/28 14:03
  • マツエさんがなぜ若い頃の姿だったのか、そしてなぜ記憶を失っていたのか。「方向音痴」だけでは納得しきれない点もありますが、突っ込むのは野暮というものでしょうか。

    未練を残した不幸なお姉さんはいなかったんだね、よかった! という爽やかな読後感を与えてくれるよい短編でした。

    細かい指摘で申し訳ございませんが、冒頭のシーンのメガネは1コマ目の梁に描いておいた方が、状況が掴みやすかったと思います。

    2018/11/28 13:43
  • キャラが活き活きしていて、感情移入しやすい作品ですね。
    特に主人公の性格は前向きかつ強気で、読んでいて気持ちがいいです。

    連載漫画の1話目を意識したネームになっており、ラストもこれからの展開を予期させるものになっています。しかし、バリバリの理論派である主人公が、超常現象の専門誌「月刊ジャーニー」でどのような活躍ができるのか、イメージが膨らまないのが気になりますね。

    今回の1話目は企業の不正を暴くと言う構成で、主人公もしっかり活躍を見せてくれますし、お話としても仕掛けがあってよくできた1話だと思います。問題はそれが2話目以降の期待感に繋がっていないところです。

    1話目のような「オカルトを理論で照らした時に、見えない真実が見えてくる」というお話を作っていく予定でしたら、1話目のラストでそこを強調してみてはいかがでしょうか。野村もそこに活路を見出したからこそ、異動を願い出た…という形で総括しないと、やけっぱちでジャーニー編集部にやってきたように見えてしまいます。そうなると野村の「優秀」さにも陰りが見えて期待感減…というのが現状ではないかと分析します。

    2018/11/26 15:37

担当希望作品

TOP