プロフィール

モーニングはなわ

★52

35

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八も吹きます。都山流です。

ずっとFF14をプレイしています。
オメガ シグマ編零式4層、GW休みを活用し踏破しました。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の塙と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは比較的おしとやかに、
地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、
コミュニケーションツールになりうる作品を、
皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 鬱々とした社会人生活を送る主人公が、「気づき」によって救われる素敵なお話でした。

    ネームの状態ながら、絵は見ていて楽しかったですし、コマ割りもメリハリがあって読みやすかったです。周囲の人間がファンタジーな姿で見えてしまうという、主人公の追い込まれた精神状態の演出は面白いですね。

    一方で、主人公と宗介の過去はもう少し詳しく見せてほしかったですね。主人公が出しゃばらずに生きていこうと思うようになったきっかけなので、宗介にも一言何かしゃべらせてほしいです。おそらく意図的に過去の宗介にはセリフを与えていないのだと思いますが、「ごめんね…」とか、主人公に対する謝罪とも拒絶ともとれるようなセリフはどうでしょうか。

    ①ジビエを食べて獣化
     ↓
    ②昔を思い出し、自分の弱さを思い出す
     ↓
    ③控え目に生きてきた自分を否定し、前向きに歩きだす

    ラストのこの流れは、気持ちのつながりが読み取りにくいですね。
    ②と③の間には、「もう控え目に生きる必要なんてないんだ!」という許しがあるはずなので、そこは主人公が立ち直るに足る宗介のセリフがあるとよかったと思います。

    その他にも、急に上司が豚に変わったのが一瞬演出だと分かりにくかったり、上司が豚に変わる前の宗介の姿はどう見えていたんだというのが気になったり、変に見える周囲の人たちの姿と宗介(昔のまま)の姿に何か共通性(※)があるといいのに、など細かなところは気になりました。

    ※共通性→たとえば、主人公がコイツはこういうやつだ!と思い込んでいるイメージ像に見えているという共通性とすると、

    上司=豚(この口うるさい豚野郎が!と主人公が心の中で思っている)

    同僚A=ヤカン(この人、いつもお茶淹れてくれるな…と思っている)

    同僚B=チーズ(この人、一緒に食事に行くといつもチーズの入った料理注文するな…と思っている)

    宗介=中学生の頃の姿(弱々しいけどやさしくて、私の味方…と思っている)

    …というように仮定してみましたが、やはり少しチグハグな感じもしますね。
    主人公がなぜ宗介を中学生の姿で見ていたのか、という部分の掘り下げをすると正解が見えてくるかもしれません。

    2018/06/22 17:14
  • 日常ものかと思ったら、思いのほかミステリー!

    猫屋敷さんを殺した犯人は、死んだはずの連続殺人鬼!?
    ……その正体は一体、何者なのか!!

    この展開になってくると、悪魔のデザインのデフォルメ具合が少し気になりますね。
    もう少しリアル路線のデザインにしても良かったかもしれません。
    (ギャグ展開はデフォルメ調でもメリハリがついて良いと思いますが)

    話の展開は引き込まれるのですが、女の子の描き方が、話が進むにつれて少し雑に感じるようになったのは残念です。

    2018/06/21 01:16
  • 即身仏みたいになった猫屋敷さんと、そこに通うかわいい女子高生という人間関係が、たった4ページながら素敵だなと思えました。2人のやりとりをじっくり見てみたいです。作画の面では、猫屋敷さんと殺人鬼の手の表情が、やたらとセクシーなのが強く印象に残りますね。ナイフの描写も丁寧で目を引きました。突拍子もない話ですが、猫のために地獄から蘇った男に共感します。恐るべきは天使の怒りや悪魔の誘惑より、猫の魅力!

    2018/06/16 01:52
  • 顔芸がしっかり面白かったです。絶妙にイラっとくる表情を見せてくれますね。殴りたくなる気持ちが分かります。伸ばされた顔の表情が戻らないというボケは、漫画ならではの表現でユニークでした。セリフのテンポもよくて、楽しい作品ですね。

    ギャグ漫画は面白いか面白くないかのどちらかで、アドバイスできるようなことはあまり多くないのですが、冒頭の土手のシーンはボケ担当のキャラの体が巨大に見えますね。意図した作画ではないと思いますが、ギャグ漫画なのでそれをいじってもよかったかもしれません。

    2018/06/12 14:50
  • お父さんのデザインがカッコイイですね。
    オッサン×かわいい女の子の組み合わせは、なんとなくいい雰囲気です。

    タイトル名をそのまま受け取るとすると、これは日常漫画なのでしょうか? 後半は怪物ネズミとのバトル展開になってしまっていて、2人の日常風景があんまり見えてこないのが残念です。バトルも日常の一部というのもわかりますが、それ以外の描写も見てみたかったですね。この調子だと戦いに追われる日々しか想像できないので、彼らの生活を見守り続けたい設定になっていないような気がしました。

    加えて世界観設定の練り込みや情報開示の仕方も検討が必要ですね。SF的な世界観ながら、この世界がどうなっているのかという読者の興味を誘引しきれていません。「怪物ネズミが跋扈する世界」「それを駆除する親子」「駆除はパワードスーツのようなものを着て」これらが飲み込めてしまうと、なんとなくこの作品の世界観をすべて理解したような気になってしまい、自己完結してしまうような感覚がありました。

    せっかくSFやファンタジーをやるのであれば、そこでも読者を楽しませて欲しいですね。たとえばこの親子が、何もない砂漠で、そこに棲む怪物を狩り、心臓を収集している…1話目では心臓を集めている理由を知らない娘が、父親に訊くも「いずれわかる」みたいに濁されて教えてもらえない。そんな第1話なら、「なんでこんな人もいないようなとこで狩りを続けているんだ?」とか「そもそもこの場所はどういう場所(惑星)なの?」とか「なんのために怪物を狩っているの?」とか、いろいろな興味を引けるはずです。あんまりもったいぶっても読者がついてこれないので、さじ加減は重要になってきますけどね。

    現状の設定ですと、話が広がる可能性が読者に想像しずらいので期待感が高まりにくいかもしれません。

    2018/06/12 01:14
  • かわいい女の子とホラーという組み合わせが、企画として魅力的ですね。岩塩を投げつけたり殴ったり…不謹慎だけど、クスっと笑ってしまう要素があります。必殺技が岩塩(物理)! なんていう設定のヒロインは前代未聞なのでは…!?

    若葉ちゃんはいろんな経験をしたくてこの仕事を始めたようですが、もっと追い詰められて「この仕事しかない!」という設定にしたほうが、怖いけど前向きに仕事していくしかないんだ!という健気さが強調されるんじゃないかと思います。なんというか…それで正直、不謹慎さも少し和らぐんじゃないかと…。不謹慎な感じが、やはりどうしても感じられてしまいまして…。これを連載企画に練り上げていくと仮定すると、第1話の調整が必要になると思いました。

    若葉ちゃんの表情やリアクション、かわいらしくて好感がもてるんですけどね。

    2018/06/10 16:47
  • コマ割りとセリフがスッキリと整理されていてとても読みやすい!

    作品全体を包むほんわかとした雰囲気も素敵です。戸張くんも真倉さんも表情が豊かで、それを見守るのが楽しいですね。「とばり」「まくら」と夜や睡眠関係の名称を登場人物の名前にしているのもナイスセンスだと思います!

    ただ、冒頭の真倉さんの寝方は、やや不自然に見えてしまいました。真倉さんが座って寝ているのはインパクトに欠けるとの判断だとは思いますが、寝ているのに正面向いてるしこれ首の力どうなってるんだろう…と違和感を覚えてしまったのです。ギャグとしてやるなら、戸張くんに「なんでこっち向いてるの! 不自然! 眠れない僕への当てつけか!!(被害妄想)」とつっこんでもらいたかったですね。

    ラストシーンの2人の幸せな未来を想像させる演出もいいですね。でも戸張くんは「作業をたくさんするようになって疲れることで眠気が起きるようにはなったけど、真倉さんのことを考えると眠れなくなる」という形にしたほうが、彼の気持ちを強調する上でも、彼が真倉さんと出会って変わることができたという意味でも、効果的だったんじゃないかなと思いました。

    細かいことを指摘しすぎて申し訳なさもありますが、結論としてはそれくらいしかつっこみどころのない、完成度の高い読み切り作品だと感じました。

    2018/06/04 18:23
  • たった8ページで雪女ちゃんのキャラがバッチリ立っているのがすごいですね。

    わりととんでもないことに巻き込まれているのに、「いや、別に…」と消極的というか素っ気なさすぎる主人公のリアクションにはクスっときました。塩対応すぎない!? 雪女ですよ、雪女! でも、その主人公もラストシーンでは少し表情が柔らかくなっているんですよね。この2人ならいい人間関係が築けそうだな…という期待が膨らみ、行く末を見守りたくなりました。

    絵柄もあたたかみを感じる線が大変好みです。背景の描き込みっぷりもいいですね。田舎町の雰囲気を伝えてくれていて、カブトムシ、捕まえにいきたいなぁ…とか、ひさびさに釣りをしてみたいなぁ…とか、ノスタルジーな気持ちにさせてくれました。

    2018/05/25 14:40
  • 絵とセリフが整理されていて、とても読みやすい作品でした!

    主人公の置かれた状況や思考、変装することになった理由など、読者にとって「今知りたい」情報を過不足なく伝えてくれるのでストレスがありません。今のところは特に苦労はしていないようですが、ギャルをしながら腐女子を続ける葛藤をたくさん読んでみたいですね。

    2018/05/24 14:33
  • 女の子の描写が繊細でかわいらしいですね。主人公(?)の「うっ…羨ましい…!!」の表情が好きです。キュッとしぼった口元が意地らしいですね。

    かわいい女の子は見ているだけでも楽しいのですが、世界観がふわふわしていてお話には入り込みにくい感覚がありました。たとえば、舞台は日本っぽいのに突如登場するメアちゃん。彼女は単なる外国人の女の子なのか。それとも異世界からやってきた、ファンタジーなキャラなのか。はっきりと伝えてくれたほうがスッキリした気持ちで読めると思います。

    最後のメモには「人を不幸にする体質」という面白い設定があるのに、お話には活かされていないのも勿体ないと思いました。同人誌の限られたページ数では難しいのかもしれませんが、まずはキャラを読者に知ってもらうことを主眼としたエピソードを見せてほしかったですね。せっかく見た目がかわいいキャラたちなのですから、中身(性格)もこんなにかわいいんだぞ~! というところを紹介してほしいです!

    作画に関しては繊細で美しさを感じますが、漫画の線としてはもう少し太く、メリハリをつけていただいたほうが画面が見やすくなると思いました。

    2018/05/18 23:18

担当希望作品

TOP