プロフィール

モーニングはなわ

★609

214

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集者になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。腕に生傷が絶えません…。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」「暁月のフィナーレ」最高でした。
マイペースに辺獄編零式4層までを踏破。最近は新PvPのクリコンに通っています。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
現在の段位は「煌帝」です。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。
やめたいことは、休日に洗濯をしただけで「やり切った感」を出すことです。

担当作

【DAYS NEOでの実績】
モーニング読み切り掲載『もシモ、君と話せたら』振子やくも氏
モーニング新人賞「THE GATE」大賞受賞『空は飛べないけれど、』南文夏氏
コミックDAYS『花園君と数さんの不可解な放課後』胡原おみ氏
モーニング・ツー『ブラックバウンズ』堀出井靖水氏
モーニング・ツー『リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~』坂木原レム氏
モーニング新人賞「月例賞」佳作受賞『魔物の森』サモ氏
モーニング新人賞「月例賞」努力賞受賞『後悔山脈』羊遊氏
モーニング新人賞「月例賞」佳作受賞『マイリトルオレンジメモリー』砂川ユウ氏

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は、学生時代に住んでいた岩手の盛岡冷麺写真です。
盛岡冷麺の中でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしております。

漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますが、コメントは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。基本的には主人公のことを読者が好きになれるか、応援できるかという部分を重要視しています。

重箱の隅をつつきがち(自覚アリ)なところもありますが、漫画はそういうところも大切だと思うので…!

褒めてばかりだと自分でうさん臭く感じてしまう性分のため、担当希望の際でも改善できそうな点を併せて指摘させていただくことが多いです。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 第1話のネームとしてよく練られていると感じました。コマ割りのメリハリや決めゴマの意図的な挿入、キャラの表情も魅力的に表現できていて、読者の目を絵で引きつけるんだという気合が伝わってきました。

    惜しいのは主人公・花神の気持ちに乗り切れない部分があったところです。

    彼は竹を割ったような気持ちのいい人物なのですが、天才肌が故に人間味の薄さも感じます。もう少し読者が共感できるポイントがあるとよかったように思いました。

    もう一つの問題点は、花神の深山に対する敵愾心の根源が不明な点でしょうか。

    「乗っ取られた作品を取り返す!」というつもりもないようですし、我が道をゆく花神にとって、深山の存在はもはやどうでもよいのでは? これは自分自身が生み出した『ドラゴンランド』との闘い、つまり克己の物語であり、深山が対立軸に乗っていることに少し違和感がありました。

    そこにきて深山ができるのは絵コピだけですので、もう立場としては下り坂です。性格や思考、技術をそのままに、若くて体力のある深山のボディを手に入れた天才・花神と互角に戦えるのか? もう結末が見えてしまっているような気もするのです。入れ替わりという物語の大きな仕掛けが、あまり面白味を生んでいない状態と言い換えてもいいかもしれません。

    最初に申し上げた通り完成度の高いネームだったと思いますし、連載経験もお持ちの石山さんの実力は確かなものだと感じます。担当希望を出させていただきますが、この作品で連載を目指すとなると、個人的には根本的な設定の練り直しが必要になるのではないかと思っております。ご検討くださいませ。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/05/05 17:09
  • ラッキースケベ神(性欲が強そう)のインパクトが凄すぎますね。笑

    人間関係の繊細な距離間の壁を、いともたやすく破壊していく様に爽快感がありました。しかし、読者の目線でつっこんでくれるキャラが不在で出落ち感のある設定は勿体ない気がしますね。おそらくろくれいさんご自身がやきもきするラブコメを読んでいて、衝動に駆られて描かれた作品なのではないかと想像します。

    普段はどのような作品をお描きになっているのか、今後どのような作品を描いていきたいのかお話をうかがってみたく、担当希望を出させていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/05/05 16:26
  • 1ページ目の描きこみ具合で、すぐにkaniさんの高い技術力をうかがえる作品でした。

    キャラの絵柄はポップで可愛らしいのですが、少しデフォルメが極端な印象もあり、読者を選別してしまうかもしれません。背景がリアルなだけに、人物が浮いたようにも見えてしまい、もう少しリアルな方向に寄せられるとよいかもと思います。

    おっしゃる通り物語が完結していないため判断はしづらいのですが、ご投稿いただいた部分だけでも何かが起きそうな期待感を感じることができましたので、担当希望をさせていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/04/22 19:38
  • 現実の事件が脳裏をチラついて正視するのが辛く感じるくらい、キャラクターたちの感情がビンビン伝わってくる表現力が圧巻ですね。

    細かい演出でキャラクターの内面を表現するのが大変お達者で、たとえば喫茶店でのライカの行動やテーブルの散らかり具合などから彼女の性格がにじみ出ていたと思います。

    ラストのスピード感ある展開も爽快感があって素晴らしいです。ライカがギターを振りかぶるシーンはパワーと勢いが感じられて、ぶん殴ったという直接的なシーンがなくとも、何が起きたか想像に難くない最高の見せ場だったと思います。いやー、惚れ惚れするような、いい振りかぶりっぷりなんですよねぇ…。

    ひとつ気になったのはそのシーンのライカが「ちっぽけじゃねーかオレなんて」と語るのですが、読者としてはやや唐突に感じました。おそらく”自分から動けばいくらでも環境を変えられる自分”と”自分の力ではどうしようもない環境で抗うスズホ”を対比して、自分の抱えている不満や悩みなんて「ちっぽけ」だと断じているのだと思いますが、そこは少し伝わりづらかったかな…と感じました。

    とはいえ、全体的にはタイトルを具現化したような魂のこもった筆致にビリビリさせられっぱなしの作品でした。

    今回は読み切りでしたが、連載を目指すときにどのような作品をお描きになられるのか大変興味深く、担当希望を出させていただきます。

    このたびは力作をご投稿いただき、ありがとうございました。

    2022/04/16 14:22
  • 美華さんが豹変するシーン、迫力があってよかったです。さりげなく歯ぎしりする場面もヒエッ…となりました。

    一方で演出不足から読者をミスリードしきれなかったのは勿体ないですね。美華さんは初登場時から怪しかったので、だいたいオチの展開が読めてしまいました。

    設定の詰めの甘さも課題です。主人公の持っている鏡なら姿をうつせるという設定が、”なんでもアリ”になりすぎる印象でした。そもそもですが、ラストシーンを見るに美華さんが鏡の世界から解放される条件としては「もう一つの鏡」は不要の様子なので、なぜ初見で主人公を騙さなかったのか、そして引き込むチャンスは他にも結構あったのでは? という疑念が生じました。

    この部分の整合性がとれていなかったため、全体的にキャラクターが作者の台本に動かされているように感じてしまいました。

    美華さんがかわいらしく描けているので、前半はラブコメ風にして読者を騙せるとよかったかもしれません。本作はシリアスモードになるのが早すぎたのかも…?

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2022/03/18 18:36
  • 主人公がしっかりイケメンだし、お嬢様がしっかり美人。嫌味にならない美男美女を描けているのが素晴らしいです。多くの人に受け入れられやすい絵柄だと思いました。

    ストーリーは、やや予定調和を感じました。二人の信頼関係が、最初からある程度構築されているように思ったからでしょうか。出会った当初は、ネネオがもっと警戒心丸出しでもよかったのではないかと思います。二人の溝が深ければ深いほど、最後に心が通じ合うシーンが感動的になるはずです。ネネオが人殺しとなった理由もおおよそ予想通りで、ここにもミスリードの演出がもう一押し欲しいところでした。

    そして細かいですが、一つ設定について指摘させていただきます。それは「この世界の法制度に現実味を持たせてほしかった」という点です。これはネネオの「罪」に現実感を与えるのと同義です。何を言いたいのかというと、ネネオの言い分が本当なら、世間からここまでひどい扱いをうけるような法制度には欠陥を感じますし、大量殺人犯をお金で買えるシステムも何かがおかしいと感じます。

    結果的にこの世界が作り話のように感じてしまい、物語への没入感を削いでしまっているのは残念でした。魅力的なキャラクター、関係性が描けているだけに、そこが大変勿体ないと思った次第です。

    アドバイスをご希望ということで担当は欲していらっしゃらないのかもしれませんが、担当希望を出させていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2022/03/08 23:24
  • 結構重要な情報を省略しているにもかかわらず、勢いとテンポの良い展開で最後まで読ませる力を持った作品でした。

    おっさんのキャラがとてもよくて、好きになりました。応援したくなります。ヤバイ奴らと家族ごっこをさせられることになってしまった(比較的まともな)おっさんの命運や如何に…!? という感じで、この先どういう展開が待ち構えているのか大変気になります。

    シンプルにこのお話の先の構想をうかがってみたいなと感じまして、担当希望をさせていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/03/08 22:54
  • コンセプトがハッキリしていて、読みやすいコメディでした。

    設定に細やかな配慮が感じられるのも特筆すべき点で、主人公が「親の金(おこずかい)で美人の用心棒を3分だけ呼ぶ」というのが絶妙に感じます。この設定がこの作品を”ちょっとおませなお坊ちゃんの背伸びを生暖かく見守る漫画”として成立させています。

    主人公が貧乏設定だったら、依頼料の5000ペソ(日本円で約3万円)の価値が相対的に高く感じるようになり、ヒロインのヨコちゃんが酷い人間に見えてしまいます。また、リャン坊ちゃんの行いもいわば親の金でVtuberに投げ銭するような行為のため嫌悪の対象になりかねませんが、結局痛い目をみているので憎めない奴に見えるのですよね。

    個人的には第3話で作戦を企てるも、見事に策に溺れる話が特に好きです。

    設定のバランス感覚や、笑いを導く間の作り方にセンスを感じましたので、担当希望を出させていただきます。

    2022/02/24 22:47
  • 怖くはないけど、幽霊の女の子の表情がいいですね。さらに個人的なフェチで言うと、最終ページ1コマ目の手の筋や髪の毛あたりがすごくいいですね。

    欲を言えば上記コマの後に、幽霊の顔を正面からとらえた表情が見えるコマがあるとよかったかもしれません。

    作品としては短編なので仕方がない面もあるのですが、読者として感情の起伏が少ないまま読み終えてしまった印象です。冒頭はホラーとして読者をしっかりミスリードして、実は意外とかわいい女の子でした! としたほうが、ギャップによってより魅力的に見えたのではないかと思います。

    冒頭がホラーに見えなかったは、おそらく「幽霊と普通にコミュニケーションがとれてしまっていたから」ですね。

    短いページ数の作品ではありますが、女の子を魅力的に描く技術や、背景の丁寧さなどから、かなりの実力をお持ちだと感じましたので担当希望を出させていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2022/02/22 18:21
  • 緻密な描写や迫力ある構図で、絵で読ませる力を持った作品だと思います。描き込みの熱量がとんでもないですね。

    目を引くシーンが多い一方で、画面がゴチャつきすぎて何が起きているのか、読解力を求められる場面も多かったです。情報量が多くてセリフの内容が頭に入って来ないというのもありますが、主人公のセリフはしっかりフキダシを描いていただいたほうが読みやすいかと思います。

    絵にセリフをのせる手法はモノローグで使用することもありますが、マクスウェルとナタリーが同じ画面にいるシーンで多用されると誰の台詞かを逐一考える時間がコンマ数秒必要となり、テンポよく読み進める際の障害となります。

    そしてこちらのお話を第1話として読むと、やはり情報過多かつ、ダイジェスト感を覚えます。ナタリーとマクスウェルの「出会い」のエピソードは後回しに、彼らの日常と活躍、信頼関係を描いた内容のほうが読みたいと感じます。

    後半に世界の設定を出し過ぎているのも読みづらさに繋がっています。誰の語りなのかも不明で、背景の絵と語りの内容が合致していないのも手伝って、設定の呑み込みを強要されるような息苦しさがありました。

    超法規的な圧倒的権力をもち、それを行使するたった二人の「国家」。

    これだけでも十分にキャッチーで魅力的な設定ですので、細かい設定や世界観の紹介はあとに回してしまってもよいのでは。

    今回は情報量がマイナスに働いてしまっているものの、川乃さんの中には確かな世界が構築されているように感じました。どのような世界を思い描いているのか、お話をうかがってみたいと思いました。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました。

    2022/02/16 16:19

担当希望作品

TOP