プロフィール

モーニングはなわ

★244

132

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。
エデン覚醒編零式4層、踏破済み。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、「拳帝」に昇段しました。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 人ではなくなってしまった自分の存在に葛藤し、悩む主人公の気持ちが痛切に伝わってくる切ないお話でした。自分はゾンビになった経験がないのでわかりませんが、ゾンビになったらこんな気持ちになるのだろうなと共感できます。

    全編を通してカメラワークがよく、目を引くコマがいくつもありました。主人公、星空、先輩、それぞれのキャラもしっかりと立っていて存在感があり、魅力的です。個人的には63ページ1コメ目の星空さんの表情がベストシーンでした。

    気になったのはモノローグを多用しすぎていて、読みづらさを感じました。アニメなら声優さんが声をあててくれるので、自然と頭に言葉が流れ、シチュエーションも理解しやすいですが、「読む」となると「これはフキダシだから現実に話しているセリフで…こっちはモノローグだから、このシーンではナレーション的にかぶせてあるんだろうな…」などと、少し考えながら読まなければならず、作品のテンポを損なっていたように思います。

    モノローグの演出は感情に訴えるにはよい方法ですが、使いどころは絞ったほうが効果的かもしれません。

    あとはラストシーンで何が起こったのか、ネームの状態ではわかりにくかったです。星空さんが自殺してしまった(?)のは、後のセリフでなんとか読み取れました。読み飛ばしてしまっている可能性もありますが、ここで星空さんが自殺してしまう理由が私には理解できませんでした。イジメがあったとしても、主人公と心を通わせた直後になぜ…と唖然としてしまいました。

    ともあれ、儚くも美しい、そして哀しい物語を読ませていただき、読み応えのある作品でした。この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2019/11/16 03:15
  • 色覚障害を「普通じゃない」と表現してしまっているので、商業誌に載せるのは難しいお話かもしれませんが、とてもいいお話でした。「大スキだ!!」の演出がとても素敵でしたし、指摘すればキリがないほど細かい演出やネタが仕込まれている作品だったと思います。

    キャラクター(特に女の子)の表情が豊かで、ネームの状態ながら絵を見て楽しむことができました。表情だけでなく、全身を使って演技させているので、キャラがとても生き生きとして見えますね!

    設定で惜しいと思ったのは、主人公の斎藤が色覚を取り戻すことにリスクが何もなかった点です。ベタかもしれませんが、色覚を取り戻すオペには失敗する可能性を匂わせ葛藤があったほうが、ドラマがより盛り上がったのではないかと思います。

    どういうことかと申しますと、この物語は「幽霊の紗凪に出会って、背中を押されて色覚を取り戻し、夢をもう一度追いかけることにした」というプロットの話ですが、「別に紗凪に出会わなくても、(リスクがないなら)色覚を取り戻すことになったのではないか」と感じてしまうのがもったいないな、という感想です。

    お話の中で不思議に思ったのは、斎藤が幽霊の紗凪に出会った際のリアクションです。因縁のある女の子ですから、この時点で斎藤はすぐに気づいたと思うのですが、他人のように接しています。なぜこのようなリアクションになったのか、そして、紗凪だと気づいたのか、少しモヤモヤしてしまいました。(最初は本当によく似てるだけの迷子の子だと思っていた…?)

    なので、「お前、やっぱり…紗凪なのか?」「え…おじさん、なんで私の名前を知ってるの?」というような会話があるとよかったかもしれません。

    細かい部分で気になる点はありますが、それでもよく練り込まれた力作だと思います!

    2019/11/16 02:51
  • 背景が丁寧なのもいいですが、お祖母ちゃんとラストシーンの主人公(髪の毛を染めた?)の髪の毛の描写がすごいですねこれ! 9ページのお祖母ちゃんの笑顔がホラーですね…。

    身近な人(家族)の無理解に苦しむのは若い頃(自分が何も成し得ない、何者でもない頃)にはよくある苦悩なので、共感して読むことができました。何も成し得ない自分に悩むのは年齢に関わらずあることだと思うので、境遇は違えど多くの人に共感を得られるテーマ選びだと思いました。

    こちらの作品では、お祖母ちゃん以外はわりと理解があるようなので、境遇としてはまだこの主人公は幸せなのかな。理解がないのがスポンサーとなる父親&母親だと、相当きつい状況になりそうです。

    後半の見開きに見られるように、シーンとしての見せどころを意識し、迫力のある画面が描けていたと思います。主人公のイラつきや、苦悩も伝わってきました。ただ、伝わりすぎて「この状況でそんなに苦しむ必要あるかな?」と、楽観的な私は思ってしまいました。

    苦悩シーンは重さが伝わる反面、ラストの展開は1シーン飛ばしてしまったような感覚がありました。特に何もなく、東京に来ただけですべてが解決しているような感じになっているので、その間に何があったのかが読みたかったです。(卒業制作とのことなので、ページの制約があったのかもしれませんが)

    細部を見ると粗削りな部分も感じますが、漫画への強い熱意は非常に伝わってきました。気合の入った作品なので、なんとなく勢いでごまかされている部分もありますが、それでも、読者に細かいことを気にさせずに読ませる作品を描けるというのは、素晴らしいことだと思います。まだお若いので、今後どのような作品をお描きになるのか楽しみです。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2019/11/11 14:22
  • 魔女を介護するという冒頭の導入がとてもキャッチーで、どんなお話なのかドキドキしながら読み始めることができました。

    ただ、主人公の動機については納得はできるのですが、負の感情に拠っているため共感し、応援することができませんでした。仄暗い感情があっても、他人に迷惑をかけていなければ受け止めることができるのですが、神社を燃やすのは完全にアウト。「この放火で人が死んだりする可能性は考えないのかな…」という気持ちが出てきてしまい、同情できる過酷な家庭環境を勘案しても、彼女の味方にはなれないなと思ってしまいます。

    主人公を無神論&現実主義者という設定に変更するというのは、そういったとっつきにくさを回避するという意味もあると思います。あとは「街の謎」より「主人公の抱えた闇」のほうが気になってしまい、話の主軸がブレてしまうというのもあるかもしれません。

    腥子をそのままの設定で出したいのであれば、彼女を主人公にするのではなく、彼女を第三者的に見ることができる語り部を主人公にする方法があると思います。例えば腥子に想いを寄せていたが、それを打ち明けることもできず、地元に残らざるを得なかった男--などはいかがでしょうか。復讐のために地元に戻ってきた腥子をなんとか止めるという方向でドラマを作ることができるように思います。(もちろん、こちらの作品を三嶋さんがどのような方向に持っていきたいのかは想像でしかないので、この案はあくまで思い付きです。好き勝手言ってすみません)

    読み切りとしては、描きたいテーマをもう少し絞り込めると良いかもしれません。反面、いろいろと描きたいことがあるのだろうな、ということは伝わってきました。こちらのネームはアドバイスをすでに受けているとのことで、おそらくどこかしらの編集部さんとやりとりをしている最中のものだと思いますが、よい結果になるといいですね!

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました。

    2019/11/05 18:43
  • バイト君には少しやさしい、不器用な霊子さんのキャラに好感が持てました。最後の霊子さんの笑みが、とても良かったです!

    絵柄もかわいらしくやさしい雰囲気なので、作品の方向性に合っていると思いました。ただ、(好みによって感じ方は人それぞれかもしれませんが)デフォルメの絵が少し多めに感じました。しっかり絵を入れるコマを増やしていただけると、読みやすさや読み応えが増すと思います。

    あとは(今作では意図的かもしれませんが)バイト君の彼女と霊子さんが似ていて一瞬混乱が生じたので、次回作では書き分けにも気を配っていただけると、より読みやすい作品になると思います。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2019/10/23 21:09
  • 椥辻さん、一所懸命でかわいらしい! 瞳の表情で感情の変化が表現できているのが素晴らしいですね。セリフやモノローグが多めですが不思議と読みづらさは感じず、むしろそれによってヤンデレ感がしっかり伝わってきました。「お母さんにあなたは本当にヤンデレねって言われるんだよ!?」のくだりは笑わせていただきました。

    覚醒ヤンデレというコンセプトは面白いと思うのですが、1話と2話でやっていることがほとんど同じなので、「徐々に覚醒していく」という部分の面白さが少し伝わりにくいかな、と感じました。すでにヤンデレとして覚醒している観もあり、連載企画という観点から見ると、早々に普通のヤンデレヒロイン漫画になってしまわないだろうか? という懸念があります。

    椥辻さんは魅力的なヒロインですが、2話目までの内容はテンプレ的ヤンデレの言動なので、「病み方」「重い愛の表現」にオリジナリティがほしいですね。まじめでどこか抜けた性格っぽいので、たとえば付き合えるように丑の刻参り(願掛けの勘違い)をしていた――とか。ヤンデレだけではない、椥辻さん”らしい”エピソードがあるといいのかな、と。

    「覚醒」の部分を数話で表現するのは難しいと思いますので、ヤンデレの部分に個性をもたせてキャラを好きになってもらうのを優先するのがよいのではないかと思いました。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2019/10/21 14:36
  • 日向ちゃんの身の上がめちゃくちゃ気になりますね…!

    「おじさんはカルト宗教の聖職者でね」

    この一言が不穏すぎる!

    ここで主人公が言っている「悪趣味なやつ」は、日向ちゃんの虚言癖(と主人公は思っている)を指しているのか、それともカルト宗教のことを言っているのか、少しわかりにくいですね。いずれにしても、日向ちゃんの嘘であってほしいと祈りたくなります。

    それに加えて、5時以降に行われるなぞの儀式…嫌な予感しかしません。
    着々と不吉な要素を積み重ねていて、読者の興味を上手に引っ張てくれています。
    主人公の名前を聞かず「吸血鬼くん」と呼んでいるのは、無意識に距離を取ろうとしているという演出なのでしょうか。

    まだお描きになっていらっしゃる最中だとは思いますが、
    「ハッピーエンドになってくれー!」
    という気持ちでいっぱいです。

    2019/10/15 19:19
  • 第1話はセリフが詩的でドキッとさせられました。
    「あの時カフェで落としたのは、ほんの最後のひとかけら」
    というセリフが、恋の冷める瞬間を的確に表現しているように思います。

    その手のひらの見えない何かは、別のもので埋め合わせしないと、気づけばなくなっていることが多いんですよね…。気がついたときは手遅れということもよくあって…。キュンときて少し考えさせる、よい読み切りだと思います。

    ひとつ気になったのは、5ページ目で「落とし物」と「(元)カレ」が同一のものとして語られているので、この作中における「落とし物」の概念がゆらいで混乱が生じました。カレは「落とし物」の器だったはずなので、そこはしっかり分けて表現していただけると読みやすかったと思います。

    2話目は失恋から立ち上がるコメディ風の作品ですね。この場合の埋め合わせは、別に恋でなくてもよかったという(笑)。前向きなお話だったので、最後にほっこりさせていただきました。

    ご投稿、ありがとうございました!

    2019/10/15 19:00
  • 尺八の漫画と聞いて駆けつけました!

    私もいつか尺八漫画を企画したいと思っているのですが、いかんせんギターやピアノ、吹奏楽などの楽器に比べると地味なので、漫画にするのが難しい楽器だと感じています…。

    ご投稿いただいた作品については、主人公が尺八を持つシーンから、モリさんが尺八にお詳しいのが伝わってきます。楽器の描写も丁寧ですし、やたらと鳥に迫力があって目を引きました(笑)。

    少年漫画誌志望ということですが、それを加味しても少し設定を盛りすぎているように感じます。出会いのシーンで天蓋を被っていたり(※)、尺八を吹くと鳥が集まってきたり操ったりと、主人公が浮世離れしすぎていて共感を得にくくなってしまっています。軽音部の荒廃ぶりも漫画としてはベタなのですが、現実味を欠いていました。

    ※練習中の出会いでしたら、「集中できるから」というエクスキューズがあるので問題ありません。

    かといって特徴がなさすぎる学生ですと、楽器の地味さも手伝って、漫画としてのキャッチーさに欠ける作品になってしまうので悩ましいところです。地味ですが実際に吹いてみると、奥が深いですし、古典だけではなく最近の曲も演奏できる楽器なので楽しいんですけどね。

    あとは尺八の音の魅力はどこにあるのかを、読者に言語として伝えられるとよいと思います。演奏シーンのイメージカットだけでは、読者の想像に任せすぎになっています。感動を分析し、言語化する作業はなかなか大変なことですが、それができればモリさんだからこそ描けた、という唯一無二の音楽漫画が生まれるのではないかと思います。

    少年誌志望の方に、少し青年誌寄りの感想になってしまい申し訳ございません。

    この度はご投稿、ありがとうございました!

    2019/10/09 22:22
  • コンセプトがはっきりしていて、読みやすかったです。装備も含めてフトシの素朴すぎる格好に妙な可笑しみを感じます。ギャグ漫画の要点をしっかり押さえていると思いました。ギャグの密度はもう少し増えると、読み応えが増すでしょうか。

    ひとつ気になったのは、警察官が「薬草」を聞き取れなかったシーン。さすがに薬草は現代にもありますから、流れが強引に感じてしまいました。「薬草…こんな都会で? 何かの隠語か…?」と一言フォローがあるとよかったかもしれません。

    フトシの印象はわりとフラットで、嫌われないキャラだなとは思いますが、1話目で彼の善行シーンを入れると、「嫌われないキャラ」から「好きなキャラ」にランクアップできると思います。ひったくり犯を、面白い感じで捕まえてほしかったですね。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2019/10/08 14:55

担当希望作品

TOP