プロフィール

モーニングはなわ

★622

224

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集者になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。腕に生傷が絶えません…。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」「暁月のフィナーレ」最高でした。
マイペースに辺獄編零式4層までを踏破。最近は新PvPのクリコンに通っています。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
現在の段位は「煌帝」です。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。
やめたいことは、休日に洗濯をしただけで「やり切った感」を出すことです。

担当作

【DAYS NEOでの実績】
モーニング読み切り掲載『もシモ、君と話せたら』振子やくも氏
モーニング新人賞「THE GATE」大賞受賞『空は飛べないけれど、』南文夏氏
コミックDAYS『花園君と数さんの不可解な放課後』胡原おみ氏
モーニング・ツー『ブラックバウンズ』堀出井靖水氏
モーニング・ツー『リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~』坂木原レム氏
モーニング新人賞「月例賞」佳作受賞『魔物の森』サモ氏
モーニング新人賞「月例賞」努力賞受賞『後悔山脈』羊遊氏
モーニング新人賞「月例賞」佳作受賞『マイリトルオレンジメモリー』砂川ユウ氏

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は、学生時代に住んでいた岩手の盛岡冷麺写真です。
盛岡冷麺の中でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしております。

漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますが、コメントは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。基本的には主人公のことを読者が好きになれるか、応援できるかという部分を重要視しています。

重箱の隅をつつきがち(自覚アリ)なところもありますが、漫画はそういうところも大切だと思うので…!

褒めてばかりだと自分でうさん臭く感じてしまう性分のため、担当希望の際でも改善できそうな点を併せて指摘させていただくことが多いです。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 某誌に掲載された際にリアルタイムで拝見しましたが、「某誌のテンプレに則らない、いい設定の漫画だな~」と思いながら拝読していました。先生の存在というか立ち位置が絶妙で、先生の視点から眺めることによって、先生の台詞にもあるように二人の関係の「尊さ」が読者にもしっかり伝わる仕掛けになっていますね。

    作画についても表現の幅が広く、見ていて飽きません。先生の話ばかりで申し訳ありませんが、9ページ目の表情が本当キモくて(誉め言葉)いいですね…! でも、歯がゆい気持ちは痛いほど伝わります。

    原作をご担当の方も、作画のご担当の方も、どちらもジャンルを問わない器用さと才能をお持ちだと感じますので、ぜひ少年誌という括りに縛られず、面白い作品を生み出していただければと思います。次回作をどこかで拝見するのを楽しみにしております。(弊誌からも担当希望者が出ているようですので、ぜひご検討ください)

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/10/06 15:56
  • 大盛さんを可愛く見せよう、いい娘に見せようという配慮が随所に感じられ、実際、大盛さんは可愛らしく見えました。「いただきます」を言えるのは、とても大切なことですよね。そして大盛さんと出会う、食事にこだわりがないという主人公の設定も素晴らしく、二人のキャラクターの歯車の凹凸が上手く噛み合った瞬間を演出した作品だと思いました。

    大盛さんは可愛いいという大前提で、2つ気になった点があります。

    ①大盛さんが食べるシーン自体は、可愛さが弱かった。

    食事シーン以外で、照れる場面などはとても魅力的でした。ただ、食事シーンで絶叫しすぎて現実味がなく、実際にいたら迷惑かも…と少し引いてしまいました。「美味しそうに食べる」演出に、もう一工夫欲しいところです。

    ②大盛さんのキャラに、独自性がほしい。

    大盛さんのキャラ“らしさ”が少し希薄だったように思います。グルメ漫画は基本的には食べ物を美味しそうに食べるものですので、どう美味しそうに食べるのかという演出に独自性を織り込んだり、こだわりのある食べ物を絞り込んだりと、などなど、他のグルメ漫画との差別化が求められるのではないかと思います。大盛さんは可愛いのですが、意外性には欠けていたように感じました。

    たとえば「ギャルがいろんな食べ物を美味しそうに食べる」より、「清楚で優等生の生徒会長がゲテモノ料理フリークだった」という設定のほうが、読み筋・作品の楽しみ方がわかりやすくなると思います。ギャップや意外性のある設定は、読者の興味を引く効果があります。その辺りを詰めると、より魅力的な作品になるはずです。


    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/07/11 19:40
  • 1話目ではやや薄かったキャラクター像や人間関係が2話目で補強され、宝辺くんとカズさんを見守りたくなる構図がしっかり完成していると感じました。

    2話目の5、6ページのあたりは田舎に暮らす若者の切ない葛藤が感じられて、キュンとしました。カニの命名シーンも、まるで若い夫婦のような安定感があってほっこりします。

    欲を言えばせっかく水産高校という特別な環境にあるのに、主だったシーンが放課後に集中してしまっているのは勿体ないと思います。我が地元にも水産高校があったのですが、今は商業高校に統合されてしまいました。水産高校ならでは読み味が加わると、より読み応えのある作品になると思います。

    大下さんは素敵な人間関係をお作りになるのがお上手だと感じますので、担当希望をさせていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2022/07/06 19:41
  • いい意味で大変バカバカしい作品でした。漫画にはこういう、くだらなさ、発想が必要だと思います。主人公の端正な顔立ちが超能力のショボさを際立たせていますね。最後のキメシーンのドヤ顔が、かっこよくもあり、おかしくもあり、よい読後感を生んでくれています。

    役に立たないと思っていた自分の才能が、初めて他人のために役立つ瞬間。彼の人生が少し輝いた瞬間を、うまく切りとっていると感じました。作画も丁寧で非常に読みやすかったです。

    ただ、いくらキレイだとはいっても、他人のお尻に当てられたトイレットペーパーは使いたくないですね…。それも含めて、面白いオチだと思います。彼の友人が、その真相を知ることがないよう祈るばかりです。笑

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/07/01 17:21
  • イブが意地らしく表現されていましたし、作画も丁寧で読みやすい作品でした。
    よくまとまった作品だとは思いますが、気になったのはざっくりと下記の3点です。

    ①リアムのシャーロットに対する想い、執念の描写や演出が弱い。
    ②イブの能力のルールが読者に提示されていない。
    ③オーエン卿殺しの犯人が予想通りの人物だった。

    ①を改善できれば、リアムが最後にイブの存在を認める展開はより胸熱になったと思います。

    ②はイブが“なんでもできてしまう”存在に見えるため、ピンチになっても読者として危機感が薄かったように思います。イブはどうすると死ぬのかを提示したり、イブが記憶を読みとる条件を「本人の身体の一部を取り込んだ時のみ」と能力を制限するなどでしょうか。特に記憶コピーの性能設定はリアリティにも関わるため、しっかり詰めていただいた方が実在感が増したと思います。

    ③については、もうひと捻り欲しかったです。奥さんが怪しいので、もうひと悶着を期待しながら読んだために、肩透かしを食らった気になりました。

    以上、今後の作品のためということなので、感想を書かせていただきました。ご担当者がいらっしゃるようなので、あくまで「そういう見方もあるのか」と参考程度に受け止めてください。船頭多くして船山に登ることは、よくあることなので…。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/06/27 19:29
  • 辱めを受けた女の子の表情はもちろんかわいいですが、匂いを嗅いだ瞬間にディズニーのトゥーンアニメみたいな表情になる猫もかわいいですね。しかも、そこが一番作画の気合が入っているように見えることも含め、フフっとなりました。ご投稿ありがとうございました。

    2022/06/21 15:30
  • 流行りの転生モノと野球を組み合わせるというコンセプトですね。お話の構成がしっかりしていて、読みやすい作品でした。パートナーになってくれる野球の神様が表情豊かで可愛くていいですね。

    一方で主人公の好感度が終始上がらず仕舞いだったような気がします。ダメさ加減は人間味があってよい反面、ちょっと応援しにくい設定ですね。加えて主人公の”強さ”のハッタリ(根拠)に説得力が薄いのが課題です。経験者でもないのに知識と若さだけですごいピッチングができるなら、格闘技オタクの若者はトレーニングせずとも滅茶苦茶に強いはず。現実にはそうではないので、主人公の転生による強みはないように感じます。

    若宮さんは絵を拝見するに、かなり手練れの技術力をお持ちだと思うのですが、まだデビューはなさっていないのでしょうか。もしプロを目指されるようでしたら、お手伝いできればと思います。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2022/06/21 15:18
  • 現実にこんなカフェ店員がいたらゾッとしますが、「ちょっと一途が行きすぎちゃった子なのかな?」程度の認識で微笑ましく読ませていただきました。コメディに大切なテンポの良い笑いを提供してくれる作品だと思います。ツッコミも読者の気持ちを代弁してくれる適切な言葉選びが気持ちいいです。

    アウトローお姉さんのすさんだ表情も、なんともいえないいい味を出していますね。スタンガンを使ったら、さすがに夢の国に不釣り合いな武装のキャスト(警察)が駆けつけそうですけどね…。まさかそれも撒いて…!?

    そして最後のシーンで読者も現実に戻されてゾッとするというオチもなんか笑いました。マサシの「ああ」と察しのいいところも含めて可笑しかったです。

    デビュー済みとのことですが、もし連載を目指されているようでしたら、お手伝いできればと思い担当希望を出させていただきます。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/06/21 14:47
  • SCPやクトゥルフ的世界観が好きな読者に刺さりそうな作品ですね。個人的には犬がかわいかったです(笑)。コンセプトとしては、いろんな作家さんが描いたものを見てみたいという欲求が湧きました。様々な発想の“人外”が見られて楽しそうです。

    ご投稿いただいた作品はオムニバス形式になっていますが、作中の世界観は同一でしょうか。気になったのは“人外”の存在がだいぶ認知されている世界のようなのに、その姿を見て驚く人とそうではない人がいるのは不思議でした。人外が周知されていると、読む側としては「これがこの世界の日常なのだろうし、ここではよくあることなのだろうな」と緊張感が緩んでしまうのはもったいなく思いました。

    この度は、ご投稿しただきありがとうございました!

    2022/06/07 15:04
  • キャラ設定やコンセプトが面白い作品でした。セミナーのシーンは不謹慎にも笑ってしまいます。「ジャスティス」って声に出して言うと、不思議に面白い単語ですよね…。もったいないのは、解決方法(覚まし方)の意外性と説得力が薄いところでしょうか。元教祖ならではのスキームで目を覚まさせてくれると、爽快感が高まるように思います。

    たとえば「洗脳を解くのは難しい。しかし、より強い洗脳で“上書き”することは難しくない」といった理屈で、対象者を引き戻すという設定なら元教祖っぽくてよいのではないでしょうか。この力を主人公のカリスマ性とひとくくりにしてしまうと具体性を欠くので、心理学的な裏打ちがあると読者にとっては勉強にもなって読み応えが増すと思います。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/06/07 14:46

担当希望作品

TOP