プロフィール

モーニングはなわ

★270

138

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。
エデン覚醒編零式4層、踏破済み。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、「拳帝」に昇段しました。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • アルミちゃん、わりとSAN値が削られそうなクトゥルフ系の化け物なのに、しっかり可愛く描けているのが素晴らしいですね。これはモテモテの神条くんでさえ頬を赤く染めてしまうのも納得です。

    この作品を連載の企画として見た場合、この1話だけでは少し読み筋がハッキリしませんね。たとえば神条くんが生徒会長をやっていて、監視を名目に副会長に任命した―-という設定を追加すると「生徒会もの」というくくりができて、アルミちゃんがどんなトラブルを起こして我々(読者)を楽しませてくれるのか、ある程度予想(読み筋)ができて期待感に具体性が生まれます。

    学校と言う大きな”囲い”はありますが、もう一段階小さい”囲い”を用意していただけると、より読みやすいお話になると思います。

    とはいえ、こちらを第1話の冒頭&導入としてとらえれば、キャラの魅力紹介はしっかりとできていて、かつ、コンパクトに収めており、藤塚さんの力量を感じました。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました。

    2020/04/08 21:21
  • 第5話まで拝読しての感想です。

    目を見張る構図や、セリフの強さでぐいぐい読ませてくれる作品でした。フェンシングのことを知らなくても、なんとなく読めてしまうのがすごいです。本来必要であろう説明を一切カットしているので、話のテンポもよかったです。

    一方で「もう少し説明してくれてもいいのにな」と感じる部分もあります。個人的には「サーブル」「フルーレ」「エペ」の違いは、知りたかったです。

    連載の企画として考えると、主人公のキャラが弱いのが気になります。それはズバリ、彼の意志やモチベーションが明らかではないからだと思います。目標はメダルをとること。それはわかります。しかし、それは「彼」の意志ではありません。

    最後に「僕の領域を~」と気持ちを吐露していますが、これは抽象的で共感が難しい表現でした。

    彼の気持ちを理解してこそ、読者は「ガンバレ!」と応援できるようになります。彼が「応援したい主人公」になれば、この作品を読んで共感してくれる人はより増えるはずです。

    他にも細かいところで気になる点はありましたが、「フェンシングの世界を本気で描くんだ」という西澤さんの意欲がが伝わってくる力作だと思います。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました。

    2020/03/20 17:13
  • オールカラーで背景がとても美しく、見ごたえのある作品でした。鎌倉が地盤沈下で半分海に沈んでしまっている、という設定も興味深かったです。

    主人公の2人はまっすぐな性格で好感が持てまし、ストーリーもサメの襲撃がいい盛り上がりどころになっていて、ハラハラしながら読むことができました。

    一つ欲を言えば、二人の人間関係をもう1歩踏み込んで描いてほしかったです。たとえば本作の目的であった「レンズ」。これを欲していたのはタクのほうですが、その捜索にナナが着いてくる動機が描かれていないのが気になりました。

    坂道で息を切らせている描写もあるので、自分がタクの立場だったらナナのためにも留守番をお願いするかな、と思います。そんな状態を踏まえた上でもナナが着いてくるという決意や、ナナと一緒に来たタクの覚悟を描いていただけると、二人の関係性や気持ちなどが、より鮮明に伝わるのではないかと考えます。

    そこには踏み込まないのが、この作品の雰囲気のよさであるという見方もできますが、ややドラマ部分に薄味さを感じたので、このような感想になりました。

    それでも本作には描かれていない設定や人間関係がありそう、というのは伝わってきましたので、奥行きを感じるよい作品だと思います。

    この度はご投稿いただきまして、ありがとうございました。

    2020/03/01 17:03
  • 3ページの2~4コマ目の流れが素晴らしいですね。ここだけで、この黒髪の子の気持ちがつかめました。絵で端的に感情を表現するセンスをお持ちだと思います。背景もきれいで、この世界に実在感を与えていると思います。

    甘酸っぱい展開で黒髪の子の初恋(?)は実りませんでしたが、これ、キスの目撃情報が伝聞だから「嘘」の可能性もあるんですよね。私の邪推かもしれませんが、そういう含みも演出としてよかったと思います。

    ひとつ要望があるとすれば、しっかりキャラに名前を与えてあげてほしいですね。九駄さんとキャラの間に距離を感じてしまって、読者としても少し距離を置いて読まざるをえませんでした。設定について不明な部分も多いせいか、好きな相手を「あなた」と呼ぶ小学生に違和感を覚えたんですよね…。

    とはいえ、コンパクトな作品ながら楽しく拝見しました。
    この度はご投稿、ありがとうございました!

    2020/02/18 14:15
  • 前回の投稿時にもコメントさせていただきましたが、素朴ながらもかわいらしいキャラクターで共感が持てますし、コマ割りが丁寧で大変読みやすい作品でした。

    短いページ数の中で、しっかりと二人の和解(よりそい)の物語を描けていると思います。

    再投稿で追加された扉絵も、作品の雰囲気が伝わってよいと思います。

    2020/02/17 20:10
  • シンプルに設定が面白いですね。線は若干荒く感じますが、コマ割りや構図がお上手で読みやすい作品でした。結末がどうなるのか、ドキドキしながら読みました。

    キャラの見分けがつきにくかったので、描き分けを意識できるとより読みやすくなるかと思います。特に龍崎と嶋江が難しい! あとは(意図的かもしれませんが)龍崎と嶋江が女の子のように見えるので、その描き分けもできるようになるといいかもしれません。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/01/23 22:51
  • おじさんの心情描写が生々しくて、リアリティを感じます。サーバの閉鎖を目前に控えたVR空間という舞台設定も、哀愁があっていいですね。おじさんの初恋の行方が気になって、最終話まで一気に読みました。絵柄には多少クセを感じますが、これはゲーム世界との描き分けを狙ったものでしょうか。コマ割りや構図の取り方がお上手で大変読みやすい作品だったと思います。

    おじさんに救いのあるラストでよかったなぁ…。読後感が最高です。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/01/18 17:10
  • 「長袖は自由じゃないから嫌だ!!」という彼氏の主張がちょっとだけ理解できる…。キャラの特徴を伝えるのがお上手なので、たった4ページの短いやりとりながら、2人のことが好きになれました。

    3ページ2コマ目の彼氏の表情、手つきも相まって滅茶苦茶いい絵ですね。素敵です。

    一方、4ページ目の彼女(の表情、手)が少し雑に見えてしまうのは残念に感じました。セリフはすごく愛らしいので勿体ない…!

    いつもご投稿いただきまして、ありがとうございます。

    2020/01/14 21:51
  • 冒頭の掴みで主人公の境遇や気持ちがしっかり伝わってきて、導入部分が非常に読みやすかったです。主人公は根暗な奴ですが、悪い奴ではなさそうで応援したくなりますね。

    絵柄は丁寧でシチュエーションを把握しやすく、まだまだ伸びしろを感じました。10~12ページあたりの主人公の表情が生々しくていいですね。感情がこもっているのが伝わります。一方、女の子の描写は、もう少しかわいくなるといいな、と思いました。

    途中で出てくる前向きボーイは重要人物なのだと思いますが、何者で、どう主人公に関わってくるのか予想もつかないので、登場時に自己紹介は欲しかったですね。彼の立ち位置がふんわりしたまま1話目が終わってしまうのは、もったいない気がします。

    最後の告白シーンについては、相手がぽっと出の女の子だったので、ここで主人公の気持ちが読者と離れてしまった感覚がありました。その上、読者目線からかわいく思える女の子でもないので、この子を好きだという主人公の趣味の悪さが気になり、主人公の格を下げてしまっているのも惜しいです。オチをつけるために、無理やり出したような印象を受けました。

    最後に総括的な感想なのですが、1話目としては中途半端なところで終わってしまっていて、物語の勢いが出始める前に話が終わってしまっているので、もう少し先の話まで読みたいなと感じました。前向きボーイとの出会いによって、主人公をどう変わっていくのかが楽しみです。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/01/08 14:40
  • イヤミと言われて軽くショックを受けて問い詰めるみゅっけが、憎めないキャラでウザかわいいですね。話す際にはわざわざ物陰に隠れるところも猫っぽくて良かったです。

    眉毛と髭の描写を省略したデザインがこれまた絶妙で、いかにも喋りだしそうな表情をしていて、「なんで猫がしゃべるの?」という疑念を薄めてくれる効果がありました。

    1話だけでは判断しかねる部分もありますが、こういったちょいダメ人間の心を正論で打ち砕いていく話は面白いと思いました。ちょっとダメな部分は誰でも持っているものだと思うので、ダメ人間を否定するのではなく、エールになるような温かい視点で描けると、読み味もよいのではないかと思います。

    猫の種類は三毛にこだわりがあるのかもしれませんが、正論にかけてセイロンキャットにするという選択もアリかなと思います。

    この度はご投稿いただき、ありがとうござました。

    2019/12/03 17:45

担当希望作品

TOP