プロフィール

モーニングはなわ

★213

122

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八も吹きます。都山流です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。
エデン覚醒編零式4層、踏破済み。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、段位の「白虎」~「青龍」あたりをウロウロしています。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • とても読みやすいネームでしたし、2人の主人公がいい演技をしていますね。過去の回想によって2人の絆もしっかりと伝わってきましたし、いい人間関係だな~、と感じました。レオはかわいいヤツですね。

    一方で、「恋人になる」という設定が少し唐突に感じました。「仲良くなるために恋人を演じろ」という命令で、本当に仲良くなれるのか…? むしろ、余計に仲が悪くなるのでは? という疑問があるからです。そこに合理性、説得力が欲しいと思ってしまいました。個人的な見解ですが、

    ★組織内で対立していた二人にバディを組め!←わかる

    ★すでにバディ同士だけど、仲悪いから恋人になれ!←わからない

    ここまでやるならバディを解消して、別のバディを試してみるほうが人事としては自然な流れなのでは? と思いまして、「これは作者がやりたいことをやるための”設定のための設定”だな」と感じてしまいました。

    あとは単純にブロマンスとしては、(そういう設定とはいえ)手までつないでしまうと一歩踏み込みすぎかな、と思いました。

    「仮初の恋人設定」は主人公2人が男女なら大変おいしい設定ですが、男男となると、もう少し丁寧に読者を”説得”する必要があると思います。

    そしてこの作品が読み切りなのか、連載想定の1話目なのかで見方が変わりますが、

    【読み切りだとしたら】
    話のオチがついていないので、2人の因縁が明らかになった後のドラマを見せてほしいです。

    【連載想定の1話目だとしたら】
    2人の目的が「仲良くなること」だけでは、物語の引きとしては弱いです。例えば「ハーヴィーの恋人を殺した人間と、レオの母親を殺した人間が同一人物であることがわかり、いがみ合いながらもそいつの行方を追う話」といったような読み筋(期待感をもてる部分)が、1話目で提示できるとよいと思います。

    ――という感想を持ちました。

    なんだかんだで長文になってしまい申し訳ございません。
    この度はご投稿いただきまして、ありがとうございました!

    2019/09/11 15:05
  • 本当に美味しそうな料理を作ったのに、自分たちで食べられないという、くだらなさすぎるオチが最高に好きです。猫の表情もリアルで、猫を飼っている身としては「あ~、ガチ切れしてる時ってこんな表情するよな~!」と共感しながら読むことができました。調理時にゴム手袋して衛生面に気を配っているのも芸が細かい…。

    セリフ回しも可笑しみが散りばめられていて楽しいです。「こんなの食べたらクレームの嵐さ」というメタ発言は、皮肉がきいていていいですね(肉料理の話だけに)。先ほど表情が素晴らしいと書きましたが、ここの表情が特に絶妙でした。現実の猫はこの表情をした後に、急に噛みついてきたりするので危険なオーラを発するこのシーンにはピッタリの表情なんですよね。

    良質の猫漫画を読んだので、猫を愛でたくなってきました。こんな時間まで仕事してる場合じゃない…帰宅して愛猫を愛でよう!(そして噛みつかれよう)

    この度はご投稿、ありがとうございました!

    2019/08/29 23:12
  • 「殺人日記」というキャッチーな設定に興味を引かれました。ストーリーにも読者を驚かせようという仕掛けがあって、エンタメ性を感じます。ネームも見開きや演出に「ここが描きたい!」という熱意が伝わってきました。

    惜しいのは、それが「仕掛けのための仕掛け」になってしまっているところです。たとえば晴彦の「女装」は、なんのための女装か目的が明かされておらず、「これは読者を騙すために、作者が晴彦にさせた女装だな」と感じてしまいました。そうなると急に作り話感が増してしまい、作品への没入感が薄れてしまいます。そのあたりの辻褄をうまく合わせ、読者である我々を上手に騙していただきたいです!

    あとはキャラクターへの感情移入も課題です。主人公はダークヒーロー的でクールな格好良さがあるのですが、完全なる殺人鬼として描かれているので共感はしにくかったと思います。たとえばベタですが「家族を死に追いやった人物を、丁寧に殺していく」という殺人に根拠を持たせてあげると良かったかもしれません。

    晴彦もなぜ「殺人日記」をやっていたのか、委員長がなぜ自殺したかったのかなど、そのあたりの気持ちも伝えてほしかったですね。人の気持ちにスポットを当てれば、そこにドラマが生まれると思います。

    長文になってしまいましたが、私の感想としては以上になります。
    このたびは、ご投稿いただきありがとうございました!

    2019/08/22 15:23
  • 百合×ユーチューバーの組み合わせは“今”感があってよい設定だと思います! 今後の二人の関係がとても気になる1話でした。1P目カラー3コマ目の表情がかわいらしくて好きです!

    欲を言えば動画配信のシーンをもう少し詳しく描いていただけると、キャラの実在感が増すのではないかと感じました。普段の様子と、動画配信時の様子のギャップも演出として強調できると、この作品の面白みが読者に伝わりやすいかと思います。

    あとは冒頭に読者に対してキャラを印象付けるエピソードが欲しいですね。髪型や服装がコロコロ変わるので、どちらが由利でどちらが莉子なのか、そしてこれは誰のモノローグなのか…認識するのに時間が必要でした。ダブル主人公で双方の感情をモノローグで語るスタイルなので、そのあたりは工夫が必要かもしれません。

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2019/08/19 14:19
  • 舞台は中世のヨーロッパでしょうか。西洋人のデビルハンター(?)と東方の妖怪がタッグを組んで悪魔(?)と戦う設定はとても魅力的だと感じます。しっかりと書き込まれた絵柄なので、冒頭からファンタジーな設定でも説得力がありました。

    妖狐の見た目はもう少しかわいくなると良いかなと思います。性格がきつめなので、ギャップを与えたほうが魅力が増すのではないでしょうか。西洋人が主人公なので、日本人読者を意識すると、妖狐に感情移入する部分が多いほうがよいかな、という考えもあります。妖狐の性格自体は生真面目そうな主人公との相性が良さそうなので、おいしい設定だと感じました。

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2019/08/19 13:58
  • 拷問する側が拷問を怖がるという、ギャップのある設定が面白いですね。二人のやりとりがおバカすぎて、拷問シーンであることを忘れそうになります。

    さくっとテンポよく読めたのですが、「歯を植える」ネタはもう少し詰められた可能性がありますね。そもそもこいつ、歯を植える場所がないな…というところから話を広げられそうですし、植えるのもやってみたら結局グロくなりそう。しつこくならない程度に、あと2~3個ネタとやりとりが欲しいと感じました。

    ただ、拷問される側の立場からだと、正直こういう素人っぽい拷問官のほうが怖いですよね(笑)。加減を知らずに殺される可能性が高いでしょうから…。そういった意味では、彼らのことを微笑ましく見ることができるか、それとも恐怖の対象として見えてしまうのかで感想が分かれる作品かもしれません。

    私個人はコメディとして楽しく読ませていただきました。

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2019/08/19 13:32
  • 切り口や目の付け所が面白い作品だと思います。

    課題と感じるのは「設定の必然性・リアリティ」「キャラの魅力」「セリフの多さ」でしょうか。

    ◆設定について
    勇者支援の仕事や業務形態が、この世界に本当に必要なのか疑問を感じました。それだけ有能なサポーターであれば、最初から勇者とパーティーを組ませた方が生存率は上がるはずです。

    ◆キャラクターの魅力について
    主人公の見た目は好きなのですが、設定に「特別感」がないのが物足りなく感じました。勇者に選ばれたこと以外の、彼の性格や能力が見えてくると印象が違うかもしれません。

    勇者の「印」は途中で戻ってきてしまうと消えてしまう? 消えてしまって、もう勇者にはなれないという状況を明示しないと、「誰かの光でありたい」という願いに違和感を覚えてしまいます。もう一度勇者を目指せばよいのでは? と思ってしまいました。

    班長のキャラは奥行きを感じて興味を引いたので、主人公と班長の人間関係にスポットを絞ってみるのもよいかもしれません。私は「盛り上げどころで班長の素顔や過去を教えてくれるのかな! わくわく!」と思いながら読んでいたので、少し残念でした。結果的にこのお話は、主人公が奮起して解決した、自己完結のお話になってしまっています。ドラマ性が薄く感じられるのは、それが原因だと思いました。

    ◆セリフの多さについて
    全体的に、説明セリフが画面を覆いすぎている印象がありました。設定は言葉だけでなく、キャラクターの行動や場面転換を交えて伝えないと、読者が飽きてしまいますのでご注意ください。班長と主人公のマンツーマン指導風景などで見せる――とかでしょうか。

    以上、私が気づいた感想です。長々と申し訳ございませんでした。

    この度はご投稿、ありがとうございました。

    2019/08/07 20:47
  • 現代っ子の奔放さに翻弄される鬼たちの様子が微笑ましいですね。

    短いページの中に登場人物がけっこう多く出てくるのですが、描き分けがお上手なのでとても読みやすかったです。絵だけではなく、それぞれ性格がしっかり読者に伝えられているのも要因だと思います。

    第1話の男の子は「これからずーっと石積んでていいの!?(ウラ声)」というセリフで一発ですね。生意気だけど可愛かったです。

    第2話の梔も可愛いですね。豪快で大雑把、そしてマイ盃持参でお酒好きなのは一目瞭然。愚痴は聞くけど、解決する気はまったくなし。見ていて心地よいキャラでした…ってよく見たらフンドシ!? これはセクシー!! やったー!!! という気持ちです。

    キャラを立てるのが相当お上手だと感じますので、何人かのキャラがわいわいキャッキャと楽しげにしている漫画を描かれるとよいのではないかと思いました。例えば「素人だけでキャンプに出かけてみた」というような設定のお話を描かれると、面白いやりとりが生まれそうです。

    ご投稿、ありがとうございました!

    2019/08/06 20:55
  • 冒頭2ページの演出で、一気に話に引き込まれます。ほの暗く渦巻く愛憎を、怖いもの見たさでページをめくり、あっという間に読み終えました。当初は復讐目的で近づいた「先生」は、いつしか目的を忘れてしまったのですね…。

    短いページでとても読みやすい作品でしたが、先生の気持ちの変化をもう少し丁寧に描ければ、より読者の心に響く作品になったと思います。先生の復讐が、どこから復讐ではなくなってしまったのか。その心変わりの瞬間を見たかったです。

    さらに欲を言えば、復讐の“本気度”も分かるとよかったです。金澤の娘と出会ったのは偶然だったのか、はたまたすべては長年の計画の賜物だったのか…。入念に計画していればいるほど、「憎」が「愛」に変わることがより劇的に描けるはず! 現状、先生はこんなに悪ぶっているのに、本人には直接復讐できないヘタレに見えてしまいます。仮に演出として先生を弱い人間だと見せたいのであれば、先生の愚かしい内面や、醜い部分をさらに掘り下げたエピソードがあると、読者も納得できると思います。

    表面的なエピソードで終わってしまったのは残念ですが、総合的にはコマ割りも読みやすく、演出もお上手な作品でした。絵も経験を重ねれば、どんどん上達なさるのではないかと思います。もしプロを目指されているようでしたら、そのお手伝いができればと思い担当希望を出させていただきます。

    このたびはご投稿、ありがとうございました。

    2019/07/12 15:12
  • 山川さんのセリフが、ことごとく腑に落ちます。「うんうん、そうだよね…」と思いながら読ませていただきました。

    「分かり合わなくても理解しなくてもいいと思う。同じ人間なんていない」
    「私には分からないけど、そうなんだ。でいいでしょ」

    クールに見えますが、細貝くんの言うとおり、山川さんは優しい人ですね。

    絵に関しては表情はしっかりと描き分けられていて、キャラの感情は伝わるのですが、全体的にまだまだ拙い部分が目立ちました。漫画の模写やデッサン、クロッキーなどで練習なさるのがよいと思います。

    ページ数に関しても短くまとめられていて読みやすいのですが、終始対話でお互いの気持ちを吐露し合うだけの話になっているので、もう少し話を膨らませて、場面転換などもあるといいかもしれません。時間経過を挟むことで、彼らの悩みの深さを読者に伝えることができます。現状だと細貝くんの悩みがわりとあっさり解消されたな、という印象でした。

    コマ割りやカメラワークは、いろいろ工夫なさっていて読みやすかったです。描きたいシーンの絵が、伊毛野さんの中にあるのだろうな…と感じました。それを表現しきれていないのだろうな…というのも感じるので、今後は思い描いたとおりにアウトプットできるように、絵の練習をしてみてください。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2019/07/03 14:29

担当希望作品

TOP