プロフィール

モーニングはなわ

★329

166

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集者になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。
エデン共鳴編零式4層まで召喚士で踏破。
攻略形式はDD内捨て暴走あやとりぼよん色固定です。
今さらながら「禁断の地エウレカ」の攻略を進め、
バルデシオンアーセナルを踏破しました。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、「拳帝」に昇段しました。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

【DAYSNEOから連載化への実績】
コミックDAYS『花園君と数さんの不可解な放課後』胡原おみ氏
モーニング・ツー『ブラックバウンズ』堀出井靖水氏
モーニング・ツー『リスタート!~34歳ゲームディレクターのつよくてニューゲーム~』坂木原レム氏

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。

漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、コメントは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

重箱の隅をつつきがち(自覚アリ)ですが、漫画ってそういうところが大切だと思うので…!

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 破天荒な空席の奪い合い! 派手なアクションシーンも見所ですが、22ページの1コマ目、このコマをしっかり入れているところが素晴らしいです。「キャラが多くの人たち(読者)にどう見られるか」という客観視の賜物ですが、この配慮ができるというのは才能のひとつだと思います。これがあるとないとでは、読後感が180℃変わると思います。…まあ、それでも現実に起きたら迷惑な話ですけどね(笑)。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/12/04 19:36
  • ver.1も拝見したうえでの感想ですが、1話目で見せてもらいたい下記の要素が不足しているように感じました。女子高生が家を買うというコンセプトは面白いしキャッチーだと思いますので、あとはそれを「どう魅力的に見せるか」だと思います。

    (1)DIYの達成感、魅力を伝える
    これを主人公とともに体感したいです。「玄関が滑らかに開くようになった」でもいいですし、「雨漏りを直して安心して室内で眠れるようになった」とかでもよいです。何かちいさいことでも1話目で成功させて、「やったー!」という気分にさせてほしいです。

    (2)キャラクターの魅力を伝える
    女子高生にもいろんな女子高生がいると思いますので、主人公がどんな女子高生なのか伝えてほしいです。ここで目指していただきたいのは「読者から好かれる」主人公像です。「応援したくなる」と言い換えたほうが伝わるでしょうか。この女子高生がたくさんの人から好かれるために伝えなければならない設定ってなんだろう? というのを分析し、1話目に織り込んで欲しいです。

    逆境にも前向きに進もうとする姿であったり、愛猫テンダーとの絆であったり、やり方はいろいろあると思います。ちょっと個性的だけど、どこかにこんな女子高生がいるかも…と思えるような「イマジナリー女子高生」にしてあげてください。

    (3)DIYに希望を
    工業高校の建築科でした、という設定があればまだしも、なんの取柄もない女子高生が一人でなんとかしていくぞ! というところで1話目が終わると絶望感があります。
    おそらく1話目の最後に出てくるおじさんがそうだと思うのですが、DIYの知識を教えてくれる”メンター”を1話目で登場させて活躍させたいところです。

    「鉄腕DASH」のダッシュ村における「あきおさん」ですね。この人がいれば女子高生もなんとかやっていけそう!という安心感が持てるといいと思います。DIYが失敗するか成功するかのスリリングな展開で読者を楽しませる漫画ではないと思いますので(笑)。

    これらを盛り込むとページ数は膨らんでしまうと思いますが、それならば思い切って冒頭のあらましは「詳しくは後々語りますが――」という体で、ダイジェスト的に済ませてしまってもよいと思います。

    ネームの様子から、もうだいぶ編集者と打ち直した印象を察します。このレベルになると担当編集によっても意見や方向性が分かれてくると思いますので、正解が見えにくくなりますよね。私もあえて強めにアドバイスさせていただいていますが、これが100%正解だとは断言できません。参考になればと思い、感想を書かせていただきました。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/11/28 14:32
  • 魔法少女の設定は独創的で興味を引きますが、内容はご飯を作って食べるだけなので設定がうまく生きていないような気がしますね…。

    しかも引退済みで魔法も使えないとなると、単なる普通の(俗に言う)「ロリババア」ですし、猫と話せるロリババアが料理作って食べるだけの漫画だとパンチが弱い気もします。

    「引退魔法少女」と「ご飯」の接点が何か欲しいですね。

    たとえば、雑に思いついた話ですが…

    ・現役復帰しなければならない事情ができたが、魔力は枯渇してしまっている。
    (3年後に地球衝突軌道の彗星が見つかり現在の科学力では回避不能、とか)
    ・枯渇した魔力は外部から摂取すればいいのでは?
    ・実際作ってみたら、わずかながら魔力回復した!
    ・よっしゃもっと食べるぞ、焼き肉食べ放題だ!
    ・いや…これだけ食べたのに魔力戻らん。なぜ…?
    ・料理=儀式であり、自炊することが必要なのでは…!?(仮説)
    ・自炊してみると、たしかに魔力少し戻ったわ…。
    ・でも料理が下手な自分の料理じゃそんなに大量に食べられんわ
    ・魔力回復のために自炊の腕前を上げるぞ、うおおお!!

    ――というノリなら、もっと魔法少女設定が話に絡む1話になりそうな気がします。(気のせいかもですが)

    こう書いてみて気づいたのは、魔法少女が飯を作る動機の部分が必要なのかもしれませんね。

    加えてロリババア設定を生かすなら、もう脂っこい食事を体が受け付けなくなっているため、自炊するにも「健康食」でなければいけない…といったような食マンガとしての”括り”を設けるのもアリかもしれません。

    ご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/11/26 21:21
  • 個々の設定は引きが強くていいのですが、素材同士がケンカをしてしまっているように感じます。

    「女子高生とおじさんが楽しくDIYで古民家を修復する話」か、「虐待を受けている女子高生を保護しなければならなくなってしまったおじさんの話」か、方向性を絞ってみてはいかがでしょうか。

    娘の死を飲み込めないおじさんと虐待を受けている女子高生のキャラクター設定と、DIYの楽しさを伝えるという方向性のかみ合わせが、とにかく相性が悪くてよくないと思います。

    恐山にTDLが併設されている感じといいますか、「どんな気持ちでここにいればいいの!?」という感想を抱きました。

    女子高生のデザインは、とても可愛らしいと感じました。

    いつもご投稿いただき、ありがとうございます。

    2020/11/26 21:00
  • 読み切りとして完成度の高いネームだと思います。姉妹がかわいいですね。

    ただ、ドラマ部分が少し淡泊に感じました。

    さきちゃんが普通の子になりたかったのは、好きな男子に不意に尻尾を触られて咄嗟にひっかいてケガをさせてしまったのがキッカケだと思うのですが、それだけで耳や尻尾を切ってしまったのは残念な気持ちです。

    というのも、さきちゃんとはなちゃん姉妹にとって、さきちゃんの耳と尻尾には姉妹の特別な”思い出”が宿っています。それは他の”普通の姉妹”には得難い経験であり、絆です。

    はなちゃんが最後に「止めればよかった」と思ったのも、そういった絆の象徴を失ってしまったことに起因するのではないかと思います。

    仮にこのお話が「妹の、姉からの自律」をテーマにした作品でしたら、耳尻尾を切除するラストは相応しいと思います。ただ、この作品はそこにスポットが当てられていないので、姉妹の絆や思い出が否定され、失われたような寂しい読後感を覚えました。

    最後に「耳や尻尾がなくなっても、私たちは特別な姉妹のままだよ」というようなフォローエピソードが入れば、タイトルの意味も回収できますし、はなちゃんの気持ちも救われたのではないかなと思いました。個人的には、さきちゃんには自ら思いとどまってほしかったなぁ…。

    これが「切ない感情を読者に抱かせたい」という狙いでしたら、成功していると思います。

    余談ですが、たしかに猫は耳を適度に圧迫しながら撫でると喜びますよね。
    田辺さんは猫のことがお好きなんだなと伝わってきました。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2020/11/26 20:47
  • ネームの状態でも、絵にはかなりの実力をお持ちなのが伝わってきます。ただ、人物がリアルに描けている分、もう一人の主役である妖精(?)が世界から浮きすぎて見えてしまいますね。

    ご飯を食べるだけの漫画はすでに結構あるので、この作品の売りとなる部分がもう少しハッキリするとよいですね。妖精はマスコット的な可愛さは感じますが、「ずっと見守りたい」という感情までは引き出せていない気がします。

    主人公も「人づきあいが苦手」というのは伝わったのですが、キャラクター像がまだぼやけています。キャラを立てる過程で、読者が彼を好きになる要素を交えてくれればなおよし! だと思います。冒頭の主人公紹介にそこそこページを割いていますが、主人公の情報が少なく読み甲斐が薄い印象でした。

    絵はお達者だと感じますので、”魅力的なキャラとは何ぞ!?”というのを掘り下げてみるとよいのではないでしょうか。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/11/20 22:42
  • 初期の作品も拝見しましたが、だいぶ表現力が上がっていると感じます。キャラの表情がだいぶ生き生きしていると思いました。2話目3ページ4コマ目のローザさんの表情、とてもかわいいです。

    ストーリーに関しては、壮大なファンタジーであることを示唆する冒頭部分で期待が高まるのですが、その後に続くエピソードが、読者に何を伝えたいのかわからず、読むのがつらくなってしまいました。キャラクターや世界観の情報開示が少ないのが原因でしょうか。

    世界を救うために散ったはずの勇者が生きていた、という設定だと思うのですが、この作品は誰の目線でどう楽しんでいくべきか、もう少し早めにわかるといいですね。あらすじを拝見するに、褐色のガラム少年が主人公なのでしょうけれど、個人的にはローザさんを主人公に据えたほうが読みやすいお話になるのではないかなと思います。回想もローザさんのものが中心ですし。

    ファンタジーな設定の漫画は、読み切りにするのがとても大変です。なぜなら世界観の設定を読者に説明することに、ページを食われてしまうからです。

    最初から壮大な設定を盛り込みすぎず、シンプルな設定で物語を作る訓練をしてみるといいかもしれません。現代を舞台にした作品を描いてみるのも、何か発見があると思いますよ。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/11/17 23:34
  • 幼なじみちゃんの表情が豊かで、たしかにカワイイ! 主人公の気持ちがわかりすぎるがゆえにツライ!!

    この構図で一番難しいのは、幼なじみの設定のバランスだと思います。カワイイ(+)と「彼氏ができない」(-)を両立させた矛盾する設定に、説得力を持たせなければならないからです。

    本作のケースで言えば、(男視点ですと)たくさん食べる女性はむしろ好印象なので、「大食い」が(-)になっていない! という状況です。しかも見た目も痩せていますから、ポテト10皿食べてその体系を維持してるなら、むしろスゴイじゃない! と好感度が上がります。

    となると、性格よし、見た目よしの魅力的な幼なじみちゃんに、彼氏がいないのはおかしくない…? という印象になり実在感が薄くなってしいます。

    ”好意をよせる幼なじみの子から、いつも失恋の愚痴を聞く主人公”という構図をそのままにしたいのであれば、この絶妙なバランスを探り当てる必要があると思います。

    個人的には手の表現にも気を使われているのが好印象でした。4ページ1コマ目の幼なじみちゃんの手の表情がいいですね!

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/11/02 14:17
  • 性差問題をテーマに、どちらの立場にも偏らないように丁寧にバランスをとり、問題提起をしている作品だと感じました。

    2ページ1コマ目の主人公の表情がめちゃくちゃいいですね。この描写で主人公の心情がしっかり把握できたので、その後の話が非常に読みやすくなりました。人間臭くていいですね。

    作中に出てきた「白の国」をどう思うかで、読者の感想が割れそうです。ちなみに私は男ですが、白の国はユートピアというよりはディストピアに見えました。性差だけでなく負の感情まで強制的に抜き取られたような、魂を半分抜かれたような状態に見えて少し怖さを感じます。

    他の人の感想を聞いてみたくなる作品ですね。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/10/20 14:56
  • 冒頭からしっかり読者の興味を引こう、という工夫が感じられる作品でした。真っ先に目に飛び込んでくる、「面白い話をしよう」というセリフ。そしてそのセリフによって顔の隠れた主人公。これは彼があくまで語り部で、主人公ではないことを示唆しているのでしょうか。

    「語る」話なので必然的にセリフの量は多くなっていますが、2ページ目に見られるように”演技”をさせることによって読者に退屈さを感じさせない工夫もされていますね。それ以降も構図の取り方など、お上手だなと思うコマがいくつもありました。

    ストーリーに関してはシンプルにまとめられていて読みやすかったのですが、飯田くんと主人公のドラマをもう少し読みたかった気持ちがあります。

    本作は鳥の怖さがメインの話だと思いますが、飯田くんも謎が多くて失踪した原因が絞り切れない印象がありました。というのも、飯田くんの部屋が広すぎるし家具はないしで「彼はどこかの国の諜報部員か何かだったのでは?」という疑念も抱いたからです。鳥によって消えたのか、それとも彼の一身上の都合で消えたのか、そこがふらつくので鳥の怖さがすこし弱まってしまった気がするのです。(これは深読みしすぎているという自覚もあるのですが)

    初めて描かれたオリジナルということで習作的なものだとは思いますが、キャラの演技や演出に才気を感じさせてくれる作品でした。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/10/20 14:23

担当希望作品

TOP