プロフィール

モーニングはなわ

★141

103

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八も吹きます。都山流です。

ずっと『FF14』をプレイしています。
オメガ アルファ編零式4層後半ハローワールド練習中。
たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、段位の「修羅」を維持できるくらいになりました。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 遅ればせながら2話目も拝見いたしました。

    やっぱり白雪さんは亡くなっていたんですね…悲しい…。白雪さんの身の上話は理不尽で、でも共感できて、読んでいてつらかったです。ゾンビになった(?)白雪さんも、結構あっさり死んでしまった…。

    秋元くんが立ち上がるシーンは、演出で「来るぞ来るぞ」とわかっていても、熱くてかっこいいですね。デブだけど。

    白雪さんが自分のせいで死んでしまったと自責する秋元くんに対する、「いつも正しい判断ができる人間なんていないし」というおはしさんのセリフもよかったです。男前!

    給与明細と特別手当(武器)のくだりはちょっとあっさりしすぎていて、演出としては物足りないですね。この物語の核心部分なになると思うので、時間軸を組み替えて1話目冒頭で提示しておくという選択肢もアリかもしれません。

    2話分を拝見しての感想ですが、ユーモアのセンスとシリアスな演出のコントラスト、そしてB級映画のようなバカバカしくもパワフルな展開で、楽しく読ませていただきました。ご投稿、ありがとうございました!

    2019/03/20 15:38
  • おそらくのちのち大真面目な話になっていくのだと思いますが、1話目はコメディーとして笑える部分も結構ありました。ご家庭でおばあさんがケバブ焼いてるシーンを想像したら、笑ってしまいました。

    1話目ではシリアスな話をあえて隠して進行する狙いでしょうか。そう考えるとコメディー要素をもっと強めてカモフラージュしたほうが良いかもしれません。現状だと(コメディー作品として)少し薄味の印象があります。

    たとえば「乳首の異変に気づかれたらマズイ!」という動機を中心に、主人公のから騒ぎを見せていく方針はどうでしょうか。シャツだと隆起するからバレそうだ…暑いが学ラン着てくか…となって、今度はクラスで浮くから変な言い訳をして――などと話を楽しく転がして欲しいです。

    2019/03/20 15:02
  • 主人公の設定を盛りすぎると漫画は読みにくくなることが多いのですが、この作品に限っては盛りすぎな設定をギャグに昇華していますね。

    性欲の強すぎる完璧人間――ここまでの設定のみでしたら、普通の作品になっていたでしょう。そこに「土塊の一族」という爆弾的設定が投入されることにより、一気に個性的な作品になったと思います。

    ゴーレムのお母さんが登場時は「え…どういうこと?」と唐突な印象を受けましたが、まさか伏線になっていたとは…。このあたりの展開を呑み込めるかどうかが、この作品を楽しめるか否かの分水嶺になりそうです。

    主人公の性格も性欲が強いだけで基本は紳士的なので、好感が持てます。1点気になったのは、冒頭で意中の佐野さんとは別の女の子に告白していたこと。これは主人公の格を下げているような気がしました。

    絵柄に関しては女の子の描き分けを練習すると、より読みやすい作品が描けるようになると思います!

    2019/03/13 14:27
  • 背景や人物描写がとても丁寧で、完成度が高い素敵な原稿だと思います! 気持ちが込められているのが伝わってきますね!

    惜しいのはお話が初見では分かりにくいところでしょうか。2度読み返してなんとか理解したのですが、娘が行方不明になっていて、異世界で鳥の姿になって女神として活躍している――という設定なんですね。これが初見だと鳥が女神? それが娘…? もしかして娘のようにかわいがっていた鳥の話をしているのかな? と混乱してしまいました。娘の人間の時の姿を見せていただけると、分かりやすくなったのかもしれません。

    異世界と現実の様子に差が少なく“異世界感”が弱かったので、現在のシーンがどちらの世界なのか分かりにくくなっていると思いました。配達人が「ゲート」のようなものをくぐると世界観がパッと切り替わるような描写があると、読者側の意識も切り替わると思いますよ。

    2019/03/12 00:30
  • 挑戦的で新鮮味のある描写が多く、絵を見ているだけで楽しいですね。しかも、それでいて読みやすいのはすごいと思いました! 恐怖を煽る演出もお見事です。

    一方でお話は情報が不足しており、分かりにくさを感じました。「才能がないのよ」と言っていたのは幽霊でしょうか? 幽霊の目的は主人公の体を借りて漫画を描くことだった…? 最後のシーンで原稿の進捗が5ページに増えている(冒頭では3ページ)ことから、かすかに推測の糸口はあるのですが、主人公を殺しにきているような描写もあるので解釈が難しいですね。

    それと読んでいる時は気にならなかったのですが、ふとこのお話を振り返ってみると、主人公は幽霊を確認しに行く動機が不鮮明でした。幽霊の言っていたことを「思い出せるかもしれない」というだけで、わざわざ恐いものを見に行こうとする主人公の行動が不思議に感じます。「思い出せば漫画の展開に役に立つ! だから怖くても行く!」と明示されていれば、印象は違ったかもしれません。

    絵やコマ割り、画面構成の上手さは素晴らしいと思いますので、お話を作る際には「初めて読む読者がどう読むか」というのを意識して描いていただけると、より感情移入できる作品が生まれると思います!

    2019/03/12 00:59
  • 冒頭で足を切られた男女が出てきて、いったいどんな世界観なんだ!? と興味をひき、美しい姉がミイラに!? 残酷な世界だな…と思ってオチまで読むと「あ~、なるほどね!」となれる仕掛けが上手に組み込まれていて楽しく読めました。

    気になった部分は、最初に男のモノローグで始まるのに、直後に女性のモノローグも入ってくるので、誰目線で読んでいいのかわかりにくく、出鼻をくじかれた感じはありました。視点を変えることはあるにしても、読者にまだキャラの認識が定着していない冒頭でそれをしてしまうと、読者と物語との“距離”ができてしまうので注意したほうがいいかもしれません。

    「どちらか」しか選ばれないというラストシーンは、無情ですね…。

    ネームとしての完成度は高いと思います。漫画上達のためには原稿をどんどん描くのがよいと思いますので、次はぜひ原稿完成を目指してみてください!

    2019/02/25 14:05
  • 機関車の描写が緻密で美しいですね…。相当お好きなのでしょうか、絵にこだわりを感じ、安定感がありますね。

    一方で1ページにコマを詰め込みすぎていて、せっかくの機関車の迫力が死んでしまっています。例えばコークスの積み込みシーンは、主人公が「モンスター」と表現するくらいですから、もっと大きなコマにしてその迫力を伝えてほしかったです。

    ストーリーにも盛り上がりが欲しいですね。現状は主人公の不思議な体験を綴った絵日記を読んでいる感覚でした。主人公がこの不思議な体験を通して成長する姿を描き、ドラマを盛り込めれば、漫画としての質がさらに上がると思います。

    2019/02/22 14:14
  • 雲の影が異世界への入り口になっていたり、変な薬を飲まされたら足が管になったりと、発想にオリジナリティがあって楽しく読めました。薬を渡してきたやつの「やばさ」もなんとなく伝わってきて、演出がお上手ですね。左前さんのキャラクターや表情にも魅力を感じます。異世界が繫いだ友情、いいお話でした。

    ネーム原作者志望のタグをつけていらっしゃいますが、この世界観は田口さんご自身が原稿に表現なさったほうが、一番構想に近いものを表現できると思います。その辺は完成原稿の見本がないので、判断はしにくいところではありますが…。

    最後に、本当にどうでもいい指摘をひとつ。冒頭で「素敵に見えた」左前さんの表情、描かれているのは左前さんの“右顔”なんですよね…。主人公から見ると左なんですが、左前さんにとっては右なんです。これ、何か後半での大きなドンデン返しに使うネタかと思って読んでいました(笑)。たとえば鏡面世界のお話だと、上手く使えそうなんですけどね。

    2019/02/22 13:57
  • 出てくる大人のセリフが総じてひどい。主人公は心根の優しい子なのに、どうしてこんなに追い詰められてしまったのでしょうか…。

    世界から拒絶されていると感じる少女が、自分を認めてくれる人と出会い、生きる気力を取り戻すという、感動的な作品でした。指切草の群生地を傷だらけになりながらも突き進む姿、とても力強くてかっこよかったです。

    物語としては、もう少し救いがあると読後感が良くなったと思います。ロィエが死んでしまっていますからね…。70ページ弱でなかなかのページ数ですが、読んでいてそれほど長く感じなかったのは、見せ所をしっかりと意識したコマ割りでメリハリがきいており、読みやすいネームだったからでしょう。正直、もうちょっと短くできるといいかな、とも思いますが(笑)。

    2019/02/21 23:26
  • ラストの展開、驚かされました。合間にはさまる小ネタもクスクスと笑えます。主人公は憎めない奴で、応援したくなりました。私もブラック企業勤務の経験があり、朝は牛乳と角砂糖、昼はピザマン、夜は100円ミートソースを贅沢に半分使ったパスタ(半分に折ってゆで汁を節約)を食すワーキングプア生活をしていたので、そのあたりはめちゃくちゃ共感できます。主人公、幸せになってほしいなぁ…。

    ただ、この第1話だと読み筋が立たないのが結構大きな問題ですね。タイトルにゾンビとつくからには、白雪さんはゾンビになってしまったのだと思いますが、ゾンビと戦うパニックホラーになるのか、それともゾンビになった白雪さんとお付き合いするほのぼの日常漫画になるのか、読者がどちらに期待して読めばいいのか戸惑いそうです。

    戦うサラリーマンというタグがついているので、そちらの方向性の漫画とするならば、第1話で主人公が立ち上がり、ゾンビと戦うところまでは見たいところです。

    そして、仮に白雪さんがゾンビになって襲い掛かってきて、白雪さんを倒す展開になるとしたら、それはそれで問題です。なぜなら白雪さんは主人公にとって唯一の希望(と読者には見える)だからです。白雪さんが帰らぬ人になってしまうと「もう主人公はそんな世界で頑張って生きていかなくてもいいのでは…?」と思ってしまいます。元担当さんがおっしゃるように、夢を見させる部分がない作品を読者に読み続けてもらうのは、なかなか難しいですね。

    キャラクターを読者に伝えるという部分は上手くいっていると感じますが、その紹介だけで終わってしまい、話の読み筋が掴みにくい作品になってしまっています。キャラは魅力的だと思いますので、それをどう手短に読者に伝え、お話の本筋に入っていけるかを工夫なさるのがよいのではないかと思います。

    2019/02/21 22:55

担当希望作品

TOP