プロフィール

モーニングはなわ

★287

141

経歴

2009年6月~
ヤングマガジン編集部

2014年6月~
週刊少年マガジン編集部

2017年12月~
モーニング編集部

漫画編集になる以前は、地方の広告会社で編集者をやっていました。
ブラック企業勤務経験有り、リーマンショックの余波でリストラ経験有り。

動物が好きです。黒猫(♂)を1匹飼育しています。

合気道初段です。岩間系で武器術も修めています。
尺八を吹きます。都山流です。免許試験は受けていませんが、初伝と中伝の真ん中くらいの腕前です。

ずっと『FF14』をプレイしています。「漆黒のヴィランズ」最高でした。
エデン共鳴編零式4層まで召喚士で踏破。
攻略形式はDD内捨て暴走あやとりぼよん色固定です。
今さらながら「禁断の地エウレカ」の攻略を進めています。

たまにゲームセンターで『鉄拳』をプレイしたりもします。
最近、「拳帝」に昇段しました。

ダイエットコーラ、ペプシコーラと飲み比べて区別がつくくらいにはコカ・コーラが好きです。

お酒:ほとんど飲めません
たばこ:非喫煙者です

今一番したいことは、部屋の掃除です。

担当作

メッセージ

はじめまして、モーニング編集部の はなわ と申します。

コミティアをはじめ同人即売会などにも足を運び、
積極的にスカウト活動をしています。
突然お声掛けすることもあるかと思いますが、ご容赦ください。
怪しい者ではございません。

プロフィールの画像は秘蔵の盛岡冷麺写真です。
盛岡でも指折りの美味しさを誇る(※)「髭」の冷麺です。

※個人の感想です。

こちらでは地道にコメントを残す活動をしていこうと考えております。
漫画にはいろんな表現があってよいと思いますし、自由であるべきだと思いますので、
アドバイスは「商業誌に載せるなら」を前提にさせていただいております。

読んだ人が友人や家族に薦めたくなるような、コミュニケーションツールになりうる作品を、皆さまと一緒に作りたいと思っています。

よろしくお願い致します!

リンク

新着メッセージ

  • 派手な演出はありませんが、洗練されたカメラワークとセリフ回しで、読者を飽きさせないための工夫が一貫して感じられました。コマ割りも丁寧で読みやすかったです。地に足がついた設定で、言葉を選ばずに言えば目新しさのない設定にもかかわらず、ここまで読者を引きつけ最後まで読ませる力量は素晴らしいですね。

    後半の有賀君の行動は読者の予想をいい意味で裏切り、柏木の思惑通りにならなかったことで爽快感を覚えました。自分より格下だと思っていた有賀君に「あの銃は返すよ」と言われてしまったとき、柏木はある種の心の敗北を喫したのだと思います。この時の有賀君の表情は、柏木には真似できないであろう”いい表情”をしていました。この顔を見せつけられた際の柏木の心情は、察して余りあります。

    この一件をきっかけに少しずつ変わっていくであろう柏木の人生と、知らぬうちに他人を変えた強さを持つ有賀君の人生を想うと、すがすがしい気持ちになります。中学生の空虚な日常を、スリリングに描いた完成度の高い作品だったと思います。

    課題としては(長所でもあるとは思うのですが)演出が淡々としすぎているという部分でしょうか。読者の気持ちを盛り上げるためにも、恥ずかしがらずに堂々と、読者の感情を揺さぶる演出に挑戦してみてください。本作で言えば柏木の気持ちの変化は、もう少し具体的に描いてもよかったのではないかと感じました。個人的な感想です。この終わり方だからこそよい、という感想もあるとは思います。

    絵柄に関しては人の自然な動きが描けていて、しっかりと演技をさせられているのがよいですね。ただ、キャラクターの瞳の表情は(演出面での意図があるとはいえ)味気なく感じるので、全体的にもう少し印象強めに描いていただけると、より多くの人に目を止めてもらう作品になるはずです。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/06/15 18:14
  • 仕事道具(?)の刀を、キッチンで食器洗い洗剤で洗うという行為が、主人公の頓着のなさというか性格を物語っていますね。子供に与えるおやつが今時キュウリというのもクスっときました。せめて味噌はつけて出してあげて欲しいですが、この様子だと味噌すら常備していなさそう…(笑)。

    1話目数ページでこのお話のコンセプトもしっかり伝わってきますし、3話目では話の広がりも感じさせられます。この街には誅殺お兄さんみたいな人がたくさん集まってきていて、逆に平和が維持されていそう。神風お兄さんを狙った裏稼業では超一流な人たちのポンコツな日常を覗いてみたいですね。妄想が広がります。

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/06/06 10:48
  • 拝見した第1話は物語の冒頭のみ、といった内容ですがテンポの良さがいいですね。とんでもない設定ですが、すんなりと呑み込まされた印象です。漫画として気持ちのいい嘘のつき方、という感じです。まだ何も始まってはいませんが、これだけで「何かが起こりそう」という期待感がむくむくと湧きました。

    一方で「何の成功体験もない人生」を運命づけられた主人公が、その境遇を完全に受け入れてしまっているので、この物語をどう回していくのか、そしてそれは読んでいて楽しいものなのだろうか、という不安感も覚えます。主人公を応援できる(共感できる)何かがほしいですね!(もしこの作品が読み切りであれば、冒頭の勢いのまま走り切るという選択もありかと思います)

    プロフィールに「描きたいものがある。」と言い切っていらっしゃるのを拝見し、どのような作品をお描きになりたいのか興味を引かれ、担当希望を出させていただきます。

    この度はご投稿いただきまして、ありがとうございました。

    2020/05/09 02:12
  • おそらく長年描き溜めてきた作品だと思いますが、第1話と第30話までの成長がすさまじいですね。最初は模倣的だった絵が、徐々にオリジナリティを帯びていくのが見ていて楽しかったです。

    最新話に近づくにつれて、キャラクターの狂気や傲慢さ、執念などがビシビシと表情から伝わってくるようになるのも圧巻です。凍えるような視線がいいですね。

    惜しいと感じるのは、完成度は高いながらも全体的に画面が「雑」で「粗く」に見えてしまう点です。描きなれてきているというのもあると思いますが、演出として粗く描くところは粗く、それ以外を気持ち丁寧に描くようにして、メリハリをつけてみてはいかがでしょう。

    第30話の39ページ3コマ目くらいのクオリティがコンスタントに出てくると、よりワクワクしながら読むことができると思います。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました!

    2020/05/09 01:53
  • よくわからない勢いを感じる、まじめなギャク作品でした。

    メタ的なセリフにクスっとくる反面、単発的なネタを詰め込んだまとまりのなさも感じます。

    描き込まれた絵から熱意は伝わってきましたので、次回は勢いやイロモノ設定に頼らないストーリー作品に挑戦してみてはいかがでしょう。

    クワガタの胴体の反り方など、昆虫の姿はとても自然に描けていて美しいと思いました(子供のころ、昆虫図鑑を5~6冊持っていたくらいには昆虫が好きだった者の感想です)。ミヤマクワガタが憧れです。

    2020/05/09 01:07
  • 底辺の神様が主人公というのは面白い設定で興味を引きますね。神様目線で話が進むので、タイトルに「俺」と入っているのは違和感を覚えますが…。

    ご投稿いただいた3作品を拝見しておりますが、どれも最後がバッドエンドであっけなく終わり、物足りなさを感じます。この絶望からの逆転サヨナラ満塁ホームランを拝みたい! というのが率直な感想です。

    読者を驚かせようという意気込みは感じますが、このラストからもうひとひねり展開が欲しい! ドラマが生まれそうで生まれないのが、歯がゆく感じます。

    こういったラストが好きという方も、いるとは思うのですけれど…。

    この度はご投稿いただき、ありがとうございました。

    2020/05/09 00:52
  • 起承転結、すっきりとお話がまとめられていて読みやすい作品でした。主人公の成長ドラマも、しっかりと描かれていると思います。宇宙人と友達になるというのは、ロマンがあっていいですよね。扉のカラーイラストも爽やかな色合いで、目を引きました。

    気になった点がいくつかありまして、まずは設定のリアリティです。宇宙人が日本語を話していることや、電波で(?)数十年かかっているはずの距離間での同時通話など、SF的な観点から不明な部分が、読んでいてモヤモヤしてしまいました。

    もう1点は、”宇宙人ごっこ”に付き合うつもりの彗久が、ノギのことにあまりにも無関心すぎるように感じる点です(ノギの片想い状態)。2人のやりとりに親密さをが深まる様子がないので、出会ったばかりですぐにケンカし、すぐに和解したように感じます。これによってラストの「宇宙を目指す」という彗久の夢が、思い付きの軽いもののように思えてしまいました。彗久とノギの関係性をもっと丁寧に描いていただけると、より感情移入できたと思います。

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2020/05/08 15:00
  • アルミちゃん、わりとSAN値が削られそうなクトゥルフ系の化け物なのに、しっかり可愛く描けているのが素晴らしいですね。これはモテモテの神条くんでさえ頬を赤く染めてしまうのも納得です。

    この作品を連載の企画として見た場合、この1話だけでは少し読み筋がハッキリしませんね。たとえば神条くんが生徒会長をやっていて、監視を名目に副会長に任命した―-という設定を追加すると「生徒会もの」というくくりができて、アルミちゃんがどんなトラブルを起こして我々(読者)を楽しませてくれるのか、ある程度予想(読み筋)ができて期待感に具体性が生まれます。

    学校と言う大きな”囲い”はありますが、もう一段階小さい”囲い”を用意していただけると、より読みやすいお話になると思います。

    とはいえ、こちらを第1話の冒頭&導入としてとらえれば、キャラの魅力紹介はしっかりとできていて、かつ、コンパクトに収めており、藤塚さんの力量を感じました。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました。

    2020/04/08 21:21
  • 第5話まで拝読しての感想です。

    目を見張る構図や、セリフの強さでぐいぐい読ませてくれる作品でした。フェンシングのことを知らなくても、なんとなく読めてしまうのがすごいです。本来必要であろう説明を一切カットしているので、話のテンポもよかったです。

    一方で「もう少し説明してくれてもいいのにな」と感じる部分もあります。個人的には「サーブル」「フルーレ」「エペ」の違いは、知りたかったです。

    連載の企画として考えると、主人公のキャラが弱いのが気になります。それはズバリ、彼の意志やモチベーションが明らかではないからだと思います。目標はメダルをとること。それはわかります。しかし、それは「彼」の意志ではありません。

    最後に「僕の領域を~」と気持ちを吐露していますが、これは抽象的で共感が難しい表現でした。

    彼の気持ちを理解してこそ、読者は「ガンバレ!」と応援できるようになります。彼が「応援したい主人公」になれば、この作品を読んで共感してくれる人はより増えるはずです。

    他にも細かいところで気になる点はありましたが、「フェンシングの世界を本気で描くんだ」という西澤さんの意欲がが伝わってくる力作だと思います。

    この度は、ご投稿いただきありがとうございました。

    2020/03/20 17:13
  • オールカラーで背景がとても美しく、見ごたえのある作品でした。鎌倉が地盤沈下で半分海に沈んでしまっている、という設定も興味深かったです。

    主人公の2人はまっすぐな性格で好感が持てまし、ストーリーもサメの襲撃がいい盛り上がりどころになっていて、ハラハラしながら読むことができました。

    一つ欲を言えば、二人の人間関係をもう1歩踏み込んで描いてほしかったです。たとえば本作の目的であった「レンズ」。これを欲していたのはタクのほうですが、その捜索にナナが着いてくる動機が描かれていないのが気になりました。

    坂道で息を切らせている描写もあるので、自分がタクの立場だったらナナのためにも留守番をお願いするかな、と思います。そんな状態を踏まえた上でもナナが着いてくるという決意や、ナナと一緒に来たタクの覚悟を描いていただけると、二人の関係性や気持ちなどが、より鮮明に伝わるのではないかと考えます。

    そこには踏み込まないのが、この作品の雰囲気のよさであるという見方もできますが、ややドラマ部分に薄味さを感じたので、このような感想になりました。

    それでも本作には描かれていない設定や人間関係がありそう、というのは伝わってきましたので、奥行きを感じるよい作品だと思います。

    この度はご投稿いただきまして、ありがとうございました。

    2020/03/01 17:03

担当希望作品

TOP