作品詳細ページ

雪白超能力

rimui

★4 753

最新話公開 2022年06月30日 第1話公開 2022年06月30日

これは誰もが超能力を持っている世
界⋯
台湾人、
日本语がまだ上手ではありませんので、
これからいろいろと教えてください

担当決定済み

もくじ

  • 第1話

    公開日:2022年06月30日

    ★0

編集者メッセージ(新着)

  • ご投稿ありがとうございます!


    繊細なタッチの絵&主人公の健気さ
    に対して、まさかのシュールなコメディという
    ギャップがとても面白かったです。

    しょうもなさすぎる超能力を楽しく読みつつ
    実はその中で正面から描かれる主人公の気持ちの成長も感じられて、
    短いながらも描きたいことがまとまった、良い作品だと思いました。

    また、クールなキャラなのに
    焦った顔、決め顔など、しっかり表情が描けているのも素敵ですね!

    他にどんなテイストの漫画を描かれるのか、
    とても気になりました。
    担当希望を出させていただきますので
    どうぞよろしくお願いいたします。

    2022/07/01 18:10
  • いい意味で大変バカバカしい作品でした。漫画にはこういう、くだらなさ、発想が必要だと思います。主人公の端正な顔立ちが超能力のショボさを際立たせていますね。最後のキメシーンのドヤ顔が、かっこよくもあり、おかしくもあり、よい読後感を生んでくれています。

    役に立たないと思っていた自分の才能が、初めて他人のために役立つ瞬間。彼の人生が少し輝いた瞬間を、うまく切りとっていると感じました。作画も丁寧で非常に読みやすかったです。

    ただ、いくらキレイだとはいっても、他人のお尻に当てられたトイレットペーパーは使いたくないですね…。それも含めて、面白いオチだと思います。彼の友人が、その真相を知ることがないよう祈るばかりです。笑

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/07/01 17:21
  • なんてしょうもなく、そして面白い話なんだ…!
    いや~、笑いました。

    「お尻を拭いた後、トイレットペーパーに何もついていないと逆に不安」という、万国共通のあるあるが、まさか超能力とコラボレーションするとは…。しかもその超能力は持ち主の人生を左右するわけで、主人公がかなり真剣に悩んでいるところにギャップが生まれているのが印象的でとてもよかったです。

    今のままでもおもしろく書けているのですが、他の人の(有用な)超能力などを印象付けて主人公の能力のギャップを強めるとか、自分の能力に自信を持てるようになった主人公の進路について書くなど、より満足感を高める工夫はできそうだなと思いました。

    担当希望いたします!rimuiさんのお手伝いができればと思います。
    (ちなみに、自分は5歳まで中国にいました。中国語は得意ではありませんが、少しは気楽に打合せなどできるかなと思います。)

    2022/07/01 16:47
  • ご投稿ありがとうございます!
    能力モノだともったら、シュールなギャクコメディでとても面白かったです。ギャク要素が多めではありながらも、しっかりと主人公のキャラを描けていて、とても素晴らしい作品だと思いました!特に主人公の自分の能力に対する「あきらめ」という苦悩を、ラストでは「本当に自分を信じるなら...」と解決していて、とても面白かったです。
    そして、絵もとてもお上手...。
    とても魅力的な作家様ですので、ぜひ作品づくりをお手伝いできれば幸いです!
    担当希望出させていただきますので、前向きにご検討ください!
    よろしくお願いいたします。

    2022/06/30 10:09

編集者メッセージ(いいね)

  • ご投稿ありがとうございます!
    能力モノだともったら、シュールなギャクコメディでとても面白かったです。ギャク要素が多めではありながらも、しっかりと主人公のキャラを描けていて、とても素晴らしい作品だと思いました!特に主人公の自分の能力に対する「あきらめ」という苦悩を、ラストでは「本当に自分を信じるなら...」と解決していて、とても面白かったです。
    そして、絵もとてもお上手...。
    とても魅力的な作家様ですので、ぜひ作品づくりをお手伝いできれば幸いです!
    担当希望出させていただきますので、前向きにご検討ください!
    よろしくお願いいたします。

    2022/06/30 10:09
  • なんてしょうもなく、そして面白い話なんだ…!
    いや~、笑いました。

    「お尻を拭いた後、トイレットペーパーに何もついていないと逆に不安」という、万国共通のあるあるが、まさか超能力とコラボレーションするとは…。しかもその超能力は持ち主の人生を左右するわけで、主人公がかなり真剣に悩んでいるところにギャップが生まれているのが印象的でとてもよかったです。

    今のままでもおもしろく書けているのですが、他の人の(有用な)超能力などを印象付けて主人公の能力のギャップを強めるとか、自分の能力に自信を持てるようになった主人公の進路について書くなど、より満足感を高める工夫はできそうだなと思いました。

    担当希望いたします!rimuiさんのお手伝いができればと思います。
    (ちなみに、自分は5歳まで中国にいました。中国語は得意ではありませんが、少しは気楽に打合せなどできるかなと思います。)

    2022/07/01 16:47
  • いい意味で大変バカバカしい作品でした。漫画にはこういう、くだらなさ、発想が必要だと思います。主人公の端正な顔立ちが超能力のショボさを際立たせていますね。最後のキメシーンのドヤ顔が、かっこよくもあり、おかしくもあり、よい読後感を生んでくれています。

    役に立たないと思っていた自分の才能が、初めて他人のために役立つ瞬間。彼の人生が少し輝いた瞬間を、うまく切りとっていると感じました。作画も丁寧で非常に読みやすかったです。

    ただ、いくらキレイだとはいっても、他人のお尻に当てられたトイレットペーパーは使いたくないですね…。それも含めて、面白いオチだと思います。彼の友人が、その真相を知ることがないよう祈るばかりです。笑

    このたびはご投稿いただき、ありがとうございました!

    2022/07/01 17:21
  • ご投稿ありがとうございます!


    繊細なタッチの絵&主人公の健気さ
    に対して、まさかのシュールなコメディという
    ギャップがとても面白かったです。

    しょうもなさすぎる超能力を楽しく読みつつ
    実はその中で正面から描かれる主人公の気持ちの成長も感じられて、
    短いながらも描きたいことがまとまった、良い作品だと思いました。

    また、クールなキャラなのに
    焦った顔、決め顔など、しっかり表情が描けているのも素敵ですね!

    他にどんなテイストの漫画を描かれるのか、
    とても気になりました。
    担当希望を出させていただきますので
    どうぞよろしくお願いいたします。

    2022/07/01 18:10

TOP