プロフィール

モーニング平野

★235

84

経歴

2009年入社。
雑誌宣伝部→週刊少年マガジン→モーニング。


月例賞「モーニングゼロ」事務局メンバー。
(新人さんにとっていろんな意味で「狙い目」な賞だと思います。ご応募お待ちしております!!)

「コミックDAYS」チームの一員。

あと、たまにモーニングの表紙作ってます。


ちなみに雑誌宣伝部時代は、「週刊現代」「FRIDAY」の中吊り・新聞広告、「ViVi」のTVCMなどを作っていました。







担当作

・現在の担当作

【モーニング】
『まどからマドカちゃん』福田泰宏

【モーニング・ツー】
『デゾルドル』岡児志太郎
『まほうつかえない』コンノトヒロ

【ベビモフ】
『ハテナテナ』原克玄

【コミックDAYS】
『みんなのうた』青野春秋
『蟲籠奇譚』西塚em

【マガポケ】(部署をまたいで担当できる時代キタ…!)
『広瀬くんの真ん中で』福原たかや ※3/25~連載開始



・過去の担当作

『インベスターZ』三田紀房、『エマは星の夢を見る』高浜寛、『バス停まで』(読み切り)萩尾望都、
『楽園タクシー配車日報』『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』たむらあやこ、『繋がる個体』山本中学 など。
 

メッセージ

「たとえどんなに未熟でも、料理は評論より価値がある」。ピクサー映画『レミーのおいしいレストラン』で、主人公の料理を食べた料理評論家が口にするセリフです。漫画も同じだと思います。そう思った上で、あーだこーだ言わせていただきます。全ては、その作品を雑誌に載せ、連載し、そしてヒットさせるためです。具体的にいうと、作家さんの長所をより伸ばすことと、まだ本人が気づいていない武器を見つけること。
すべてが正しい指摘だなんて思っていません。というか、正解なんてあってないようなものだと思います。それでも言葉を尽くします。存分に筆を尽くしてください。

リンク

新着メッセージ

  • かわいそうに、後ろ足がないところを見ると、車に轢かれて死んでしまったのでしょうか? 血塗れで、幽霊で、笑った顔もニタ〜という感じで不気味で、およそポジティブな要素はないにも関わらず、この猫が可愛くて魅力的に思えてくるのが凄いです。主人公もなかなか魅力的で、逆にこの主人公は、一見なんの問題もなさそうですが、掘り下げていくとどこかに満たされない部分を抱えていそうな雰囲気があります。 感動的な物語になりそうな予感のする1話目でした。舞台は整ったので、ここから主人公の生活が描かれていくのが楽しみです。

    2018/07/12 04:20
  • お、面白い! なんなんすかw 結局全員関西人(?)だしw 突っ込んだら負けな雰囲気ですが、思わず突っ込みたくなってしまいます。作品に引き込まれて楽しく読ませて頂きました。シュールな作風だけれど、背景まで丁寧に仕上げているところが非常に好印象です。この先どうなるのか…笑 続きも楽しみにお待ちしております!

    2018/07/12 03:47
  • とにかくカッコいいですね! 女の子二人も可愛いし、孫を守るために戦い抜いた頑固なお爺ちゃんも、エピソードとしてしか出てこないですが非常に渋イイです。(本当に死んじゃってたとしたらもったいないくらい) 他作品も見せていただきましたが、とにかく絵が魅力的で、たくさんファンがつきそうだと思いました。是非完成原稿を見せていただきたいです。

    2018/07/12 04:36
  • 4Pだけど満足感! こういう人いますよね(実際編集部の某先輩によく似ている笑)。 N沢編集の言うように、リアリティーのあるキャラクターが描けていて、しかもちょっとしたキャラクターもどこかユーモラスで魅力的です。 こいつをこの先も見ていたいと思わせる強いキャラクターが物語をグイグイ引っ張っていく漫画ももちろん最高ですが、どこにでもいる市井の人々のとある一瞬を切り取った漫画も素敵です。個人的には、やじま商会さんが描く『コーヒー&シガレッツ』的な、コーヒーにまつわるほろ苦ときどきちょっと甘めなオムニバスなど読んでみたいです。

    2018/07/12 03:31
  • やはり高校生カップルと夏祭りは鉄板ですね。二人が微笑ましかったです。気になったのは、フェチ感の弱さと、構成のバランスについてです。主人公が彼女のどこに興奮するのか=作者がこの作品を通して読者に提示したいフェチがなんなのかがフワッとしていてストレートに伝わってこない気がします。それはおそらく構成のバランスが良くないことにも関係していて、じっくり描くべきは、彼女がなぜいじめられているか(2P目)ではなく、彼女が初めてりんご飴を頬張って食べた瞬間と、その時の彼女のリアクション、そしてそれを見た主人公のリアクションだと思います(4P目)。現状その辺のバランスが逆になっていたりするので、もう少し「何を伝えたいのか」「どこを見せたいのか」「それにより読者をどんな感情にさせたいのか」をじっくり考え、整理してみると良いかと思います。

    2018/07/11 03:05
  • 自分をとても客観視していて、どこか達観した雰囲気のこのサキュバスのキャラが好きです。7ページ目まではサキュバスのキャラと3人の関係性の変化で楽しく読め、8.9ページで転じてワクワクし、しかし、ラストの10ページが…! ハッピーエンドではあるのですが…笑
    あるいは真っ正面からいい話・ベタな話を描くことにどこか照れを感じたのではないでしょうか? それでも投げずに考え抜いて、ラストまで描き切って欲しかったと個人的には思いました。

    2018/07/11 02:50
  • ムラマツさんとタサカ兄さんが言う通り、なんとも言い難いけれど、強く印象に残る凄い漫画ですね…! こんな形の島がどこかにあって、「実はこの島はな…」と地元の人が観光客に語る、島に代々伝わる昔話のような、なんともエピックな物語でした。悲恋を通じて、男の愚かさ、女の強さなど普遍的なものを描いていたからだと思います。たださすがに沙世が強すぎる気がして(笑)、彼女にもっと弱さとか人間味を足してあげられると、たとえば思いっきり泣ける話になったりとか、もっと読み味が定められたかと思います。

    2018/06/25 13:41
  • もしもタイラーダーデンが丸の内OLに転生したら、って感じで面白かったです。やっぱ石鹸使うんだなと(笑)。すごく会話のセンスがある方だと思いました。会話に余白を残すのは効果的だったと思いますが、話の展開はもう少し説明しても良かったかもしれません。これは二人の物語ですが、榎本さんは安原さん以外にはどんな風に接するのか、どんな職場なのか、二人は職場でどういった扱いなのか、事件後同僚はどう反応したかなど、二人以外を描くことで、二人がもっと際立つと思います。

    2018/06/25 13:21
  • 友藤さんがこの作品を描いたのにはきっと必然性があるというか、描かずにはいられなかったんじゃないだろうかという印象を受けました。音楽と同じで、ときに初期衝動は技巧を超えてくるんだと思います。このままどんどん描いていっていただきたいです。

    2018/06/05 04:49
  • 自分も割と不眠に悩まされているタチでして、他人事ととは思えませんでした。不眠にはただただ辛いものと、遠足の前夜的なポジティブなものがありますが、今作は前者から後者に鮮やかに切り替わってて素敵です。僕は最近、養命酒を飲むと割と眠れるんですが、たぶんこのあと告白して付き合っちゃえば、戸塚くんはグッスリ眠れるんじゃないかという予感がします。
    二人きりの教室で真倉さんが眠ろうとするシーン、性的な描写は一切ないのに、なんだか体感をもってドキドキさせられてしまいました。きっといろんなフェチを漫画に昇華できる方だと思います。

    2018/06/04 19:00

担当希望作品

TOP