プロフィール

モーニング平野

★252

89

経歴

2009年入社。
雑誌宣伝部→週刊少年マガジン→モーニング。


月例賞「モーニングゼロ」事務局メンバー。
(新人さんにとっていろんな意味で「狙い目」な賞だと思います。ご応募お待ちしております!!)

「コミックDAYS」チームの一員。

あと、たまにモーニングの表紙作ってます。


ちなみに雑誌宣伝部時代は、「週刊現代」「FRIDAY」の中吊り・新聞広告、「ViVi」のTVCMなどを作っていました。







担当作

・現在の担当作

【モーニング】
『まどからマドカちゃん』福田泰宏

【モーニング・ツー】
『デゾルドル』岡児志太郎
『まほうつかえない』コンノトヒロ

【ベビモフ】
『ハテナテナ』原克玄

【コミックDAYS】
『みんなのうた』青野春秋
『蟲籠奇譚』西塚em

【マガポケ】(部署をまたいで担当できる時代キタ…!)
『広瀬くんの真ん中で』福原たかや ※3/25~連載開始



・過去の担当作

『インベスターZ』三田紀房、『エマは星の夢を見る』高浜寛、『バス停まで』(読み切り)萩尾望都、
『楽園タクシー配車日報』『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』たむらあやこ、『繋がる個体』山本中学 など。
 

メッセージ

「たとえどんなに未熟でも、料理は評論より価値がある」。ピクサー映画『レミーのおいしいレストラン』で、主人公の料理を食べた料理評論家が口にするセリフです。漫画も同じだと思います。そう思った上で、あーだこーだ言わせていただきます。全ては、その作品を雑誌に載せ、連載し、そしてヒットさせるためです。具体的にいうと、作家さんの長所をより伸ばすことと、まだ本人が気づいていない武器を見つけること。
すべてが正しい指摘だなんて思っていません。というか、正解なんてあってないようなものだと思います。それでも言葉を尽くします。存分に筆を尽くしてください。

リンク

新着メッセージ

  • 主人公の夢の中で、二人が同じサイズになって手を取り合うシーンが、なんだか切なくて胸に迫りました。しかしどこか乗り切れず、不完全燃焼な感動だったのは、全体通して妖精の動機というか欲求をいまいち掴みきれないからかもしれません。
    また、二人は大きさがこれだけ違うので、お互いを見る目線は角度が付くことが多いと思うのですが、ほぼ全て正対したカメラで描かれているのに少し違和感を覚えました。 もっとあおりや俯瞰など、構図を意識してみると良いかと思います。それに加えてアップのコマが多いので、妖精の小ささが伝わりづらい部分がありました(肝心な2P目もモノローグがないとわからなかったです)。とても素敵な絵柄で画力も高いだけに、もったいないと思ってしまいました…!

    2018/09/15 11:17
  • 63ページと長尺ですが、最後まで主人公の感情に寄り添った丁寧な作りで、とても好印象でした。しかし、ご自身でもおっしゃっているように、ネタに対して内容がやや冗長な印象を受けます。それは途中をあれこれいじるよりも、あるいは企画の時点で、ちょっとつまづいているのかもしれません。鎌倉、官能小説家、座敷童、などの設定が、足されただけでうまく掛け算になっていない印象を受けます。このあたりがうまくハマると、もっと短いページ数で、ビックリ!や、泣ける…、あるいは超絶胸キュン♡みたいな読み手の心を揺さぶるシーンを含んだ作品になるのかもしれないと思いました。

    2018/09/14 22:17
  • 主人公のキャラがいいですね! 全シーンが彼女とはどんな人間なのかの紹介になっていて最高です。イライラしたからスーパーでチョコを盗もうとするなんて言語道断でヤバい奴ですが、全体通して見ると嫌いになれない。ちっぽけで等身大のダークヒーローって感じで新鮮でした。そして2話目にして話の縦筋が見えましたね。果たして最後の盗みは成功するのか、妹の欲しいものとはなんなのか、謎の覆面男は何者なのか、修学旅行の行き先はどこなのか、などなど興味は尽きません。3話目が非常に楽しみです。

    2018/09/14 01:02
  • 課長www
    止めに来たのかと思いきや…。しかし靴を揃えるためには一度こちら側に戻る必要があるし、そこで止めるのか? てかそもそもこういう時なんで靴脱ぐんだろう…とか色々考えてしまいました。派手さはありませんが、基本を抑えたよくできた4コマだと思います。このクオリティで量産していけると良いですね。

    2018/09/08 23:33
  • 前フリ→裏切り、前フリ→裏切りが徹底されているので、スラスラページをめくっては驚きと共に面白く読めます。しかもそれが、短いスパンだけでなく、中くらいのスパンも含めて多重構造になっていて素敵です。 あとは、タイトルにある「平成最後の夏」感をもうちょっと出せたら良いと思いました。真夏のひりつく感じの臨場感がほしいです。また、高校何年生か知りたいと思いました。平成最後であり高校最後の夏でもある3年生と、1.2年生だと微妙にニュアンスが変わると思います。というのも、現状スラスラ面白く読めて、(なにせこのラストなので笑)続きもめっちゃ気になるのですが、なんの話を見せられてるのかがちょっとフワッとしている印象を受けます。本格サスペンスなのかなという気もしてしまいますが、季節感強めて、日常だけど特別な夏の、ちょっと(だいぶ?)不思議な出来事というふうにまとめた方が読みやすいかと思います。

    2018/09/07 01:57
  • 面白かったです! ちゃんと興味を引けてシンプルで明快な縦軸(宇宙人が海から攻めてくる!果たしてどんな奴?倒せるのか?てかそもそも本当に来んの⁉︎)に、最小限で魅力的な登場人物たちと彼らの会話、ユニークな主人公の暮らしぶりという横軸がぴったり合わさっていて、38ページありますが1ページも退屈することなく読めました。ともすれば退屈になりがちなストーリー上の繋ぎのシーンに上記の横軸がはめ込まれていて、そのシーン自体が面白く、かつそれによってさらに先が気になっていくという、隙のない構成でした。なかなかできることではないと思います。 細かいところに目をつぶると、今作に関して足りないのは画力だけなんじゃないかというくらいに思いました。しかし、それがひたすら重要かつ難しいのも事実…! 今後に期待しています!

    2018/08/11 03:09
  • かわいそうに、後ろ足がないところを見ると、車に轢かれて死んでしまったのでしょうか? 血塗れで、幽霊で、笑った顔もニタ〜という感じで不気味で、およそポジティブな要素はないにも関わらず、この猫が可愛くて魅力的に思えてくるのが凄いです。主人公もなかなか魅力的で、逆にこの主人公は、一見なんの問題もなさそうですが、掘り下げていくとどこかに満たされない部分を抱えていそうな雰囲気があります。 感動的な物語になりそうな予感のする1話目でした。舞台は整ったので、ここから主人公の生活が描かれていくのが楽しみです。

    2018/07/12 04:20
  • お、面白い! なんなんすかw 結局全員関西人(?)だしw 突っ込んだら負けな雰囲気ですが、思わず突っ込みたくなってしまいます。作品に引き込まれて楽しく読ませて頂きました。シュールな作風だけれど、背景まで丁寧に仕上げているところが非常に好印象です。この先どうなるのか…笑 続きも楽しみにお待ちしております!

    2018/07/12 03:47
  • とにかくカッコいいですね! 女の子二人も可愛いし、孫を守るために戦い抜いた頑固なお爺ちゃんも、エピソードとしてしか出てこないですが非常に渋イイです。(本当に死んじゃってたとしたらもったいないくらい) 他作品も見せていただきましたが、とにかく絵が魅力的で、たくさんファンがつきそうだと思いました。是非完成原稿を見せていただきたいです。

    2018/07/12 04:36
  • 4Pだけど満足感! こういう人いますよね(実際編集部の某先輩によく似ている笑)。 N沢編集の言うように、リアリティーのあるキャラクターが描けていて、しかもちょっとしたキャラクターもどこかユーモラスで魅力的です。 こいつをこの先も見ていたいと思わせる強いキャラクターが物語をグイグイ引っ張っていく漫画ももちろん最高ですが、どこにでもいる市井の人々のとある一瞬を切り取った漫画も素敵です。個人的には、やじま商会さんが描く『コーヒー&シガレッツ』的な、コーヒーにまつわるほろ苦ときどきちょっと甘めなオムニバスなど読んでみたいです。

    2018/07/12 03:31

担当希望作品

TOP