プロフィール

モーニング平野

★205

74

経歴

2009年入社。
雑誌宣伝部→週刊少年マガジン→モーニング。


月例賞「モーニングゼロ」事務局メンバー。
(新人さんにとっていろんな意味で「狙い目」な賞だと思います。ご応募お待ちしております!!)

「コミックDAYS」チームの一員。

あと、たまにモーニングの表紙作ってます。


ちなみに雑誌宣伝部時代は、「週刊現代」「FRIDAY」の中吊り・新聞広告、「ViVi」のTVCMなどを作っていました。







担当作

・現在の担当作

【モーニング】
『まどからマドカちゃん』福田泰宏

【モーニング・ツー】
『デゾルドル』岡児志太郎
『まほうつかえない』コンノトヒロ

【ベビモフ】
『ハテナテナ』原克玄

【コミックDAYS】
『みんなのうた』青野春秋
『蟲籠奇譚』西塚em

【マガポケ】(部署をまたいで担当できる時代キタ…!)
『広瀬くんの真ん中で』福原たかや ※3/25~連載開始



・過去の担当作

『インベスターZ』三田紀房、『エマは星の夢を見る』高浜寛、『バス停まで』(読み切り)萩尾望都、
『楽園タクシー配車日報』『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』たむらあやこ、『繋がる個体』山本中学 など。
 

メッセージ

「たとえどんなに未熟でも、料理は評論より価値がある」。ピクサー映画『レミーのおいしいレストラン』で、主人公の料理を食べた料理評論家が口にするセリフです。漫画も同じだと思います。そう思った上で、あーだこーだ言わせていただきます。全ては、その作品を雑誌に載せ、連載し、そしてヒットさせるためです。具体的にいうと、作家さんの長所をより伸ばすことと、まだ本人が気づいていない武器を見つけること。
すべてが正しい指摘だなんて思っていません。というか、正解なんてあってないようなものだと思います。それでも言葉を尽くします。存分に筆を尽くしてください。

リンク

新着メッセージ

  • はじめは、昭和の産婆さんのお話ということで、自分とは関係のない遠い世界のお話かと思って読んでいました。が、読み進めていくうちに、どんどん作品世界との距離が縮まり、終盤にいくにつれ、次第に他人事だったものが自分事になっていく感じがしました。変えるべきも・守るべきものに想いを馳せながら、失われゆく伝統と技術革新の間で揺れている様は、我々が今まさに直面している状況と同じですし、トキさんというプロフェッショナルを通して、「家族」というものの普遍性を描いていたからだと思います。 いぶし銀漫画と言いますか、どうしても渋さと敷居の高さで人を選んでしまう作品な気はするのですが、このテーマでここまで描けるなら、何を描いても人の心を打つものを描ける作家さんなのではと思いました。

    2018/05/19 02:54
  • できたてほやほやでのご投稿ありがとうございます! ちょっと間が空いてしまい恐縮ですが、コメントさせていただきます。
    非常に力のこもった秀作だと思いました。もう技術は高いことは大前提として、力作なのですが、ちょっと惜しい印象を受けました…。過去と現在が交差する形で話を構成していますが、この過去と現在が、(同じテーマを扱った)別の路線の作品かのような違和感を覚えます。肝心のサヤというキャラクターが、過去とうまく融合していないため、普通のサラリーマンだった主人公が、(見た目が変わっていないので)そう遠くないであろう未来で、彼女を連れて人工知能と闘っている姿にイマイチ乗り切れませんでした…。あとは、現在における主人公たちの置かれた状況や彼らの目的、外の世界の様子などをもう少し詳しく伝えられると、さらに良かったかと思います。

    2018/05/18 03:39
  • たとえちょっとの間でも、孤独だった人が誰かに肯定されたり、居場所を獲得していくさまは見ていて気持ちが良いですね。作中に漂う空気感がとても素敵です。 各エピソードはどれも良いのですが、読み切りだとどうしても散漫な印象を受けてしまうので、やはりもう少し取捨選択すべきだと思います。ページ数はもっと短く、しかし読み終えたあと絶対に忘れないシーンがある、というのを目指すと良いかもしれません。 また、設定は多すぎない方が良いのですが、今作に関しては、もう少しノタニさんに設定があっても良いかもしれないと思いました。ちょっとフワッとした印象を受けるので。
    作家性のある作家さんだと思いました。次回作も期待してます!

    2018/05/17 03:14
  • およそ主人公っぽくない見た目のおっさんの独白から超ハードボイルドに始まったかと思いきや、途中から古典落語のようなドタバタ喜劇に(笑)。その落差にやられました。 もう詰んでて自暴自棄になってるのに、それでもまだちょっとカッコつけちゃうラストも含めて、たった14ページで見事に「男」というものを描いていると思いました。ラフなタッチではありますが、完成された作品だと思います。

    2018/05/17 02:49
  • 絵がとても魅力的だと思いました! 漫画は一瞬を切り取った静止画の連続ですが、しまむらさんの絵は今にも動き出しそうな印象を受けます。他の編集者も言っているように、カメラを置く位置や、キャラクターのポーズが秀逸だからだと思います。 内容に関しては、読んだ人のうち、もうちょっと広くにささるフェチズムを追求してほしかったです。 今作は、「実はこうでした!」という意外なオチを見せることに注力していて、肝心の、それにより読者をどう気持ちよくさせるか・喜ばせるかという観点が少し弱かった印象を受けました。 個人的には、しまむらさんの作風でした、捻らず真っ直ぐかわいいお話を描いても成り立つ気がします。

    2018/05/17 02:27
  • あー、これは完全に惚れてますね…。屋上からは落ちなかったけど、別の意味で落ちちゃったというか。ネガティブな始まりから、ポジティブな終わりに転じてくさまが、鮮やかで爽やかでした。ただ、わずか9Pの登場シーンで稀代のプレイボーイっぷりを発揮する立花君に比べて、主人公のキャラがちょっと弱いのかなと思いました。立花君とぶつかることでもっと相乗効果を生むキャラクターにできたら、更によかったかもしれません。

    2018/05/10 16:10
  • 実家www これはもう発想の勝利ですね。そのままコントとか、膨らませたら舞台になりそうな秀逸なワンシチュエーションだと思いました。世界観に浸れたので、夕奈にはもっと新田家に長居していただきたかったです笑。「初めて彼女を実家に連れて来た時あるある」を通して、初対面の二人のキャラを掘り下げつつ、距離を縮めてく感じをもうちょっと続けてもよかったかなと。
    あ、あと妹のキャラが最高でした!笑

    2018/05/10 13:00
  • 面白かったです! 登場人物4人のキャラクターが非常にリアリティーありました。こういう人いますよね〜笑。キャラと世界観にリアリティーがあるから、1つの嘘(しょ〜もない超能力)が生きてたと思います。そして何より黒岩がカッコよかった! 能力を自分のためではなく誰かのために使った彼は立派なヒーローです。このローテンションをキープしつつ、今度はもっと大きな敵と闘う主人公も見てみたいと思いました。

    2018/05/10 12:37
  • 青年誌の人間ですが、好きだったのでコメントさせていただきます! 寂れた旧校舎で二人きり、「嫌い」と「キライ」で繋がる男女。真っ直ぐじゃなくて、ちょっと捻った感じがクセになります。8P、本当にだべってるだけの会話劇でいけてしまいそうなところを、二人と対照的なカップルを出しつつアクセント足したところも良いと思いました。8ページなのに魅せゴマが2つもあって、描きたいシーンがしっかりある方なんだと思います。今度は、見開きになるくらいのシーンを想定して、そこに至るための中編、あるいは長編を描いてみてはいかがでしょうか? 読んでみたいです。

    2018/05/10 00:16
  • 面白かったです! まさか『蜘蛛の糸』を、こんな形で再利用するなんて! いままでにないですね。(比喩でなくリアルに)地獄を見た超極悪人で、でもちょっと憎めないところがある女子高生。しかもお釈迦様がそばについてて、「〇〇したら地獄から解放」とちょいちょい課題を出してくる。 「いままでにない」には、単純に需要がない・やる意味がないからというものと、本当に価値があるのに誰も気づかなかったものとあると思います。僕が『蜘蛛の糸』が好きなのでバイアスかかってるかもしれませんが、これは後者な気がしてきました。

    2018/04/27 01:42

担当希望作品

TOP