プロフィール

経歴

講談社に新卒で入社して二十数年になります。うち漫画編集歴は十数年。かかわった主なメディアは、アフタヌーン、Web現代、選書メチエ、メカビ、アフタヌーン新書、g2、ビジネス・一般書、COURRiER Japon、ブルーバックスなど。いわゆるメインストリーム的な仕事をしたことはありません。この雑駁な経歴が誰かの役に立てばと願っています。

関東開催の大半に1人で外野席に向かうカープファンですが、仕事にそのへんを持ち込んだことはほとんどありません。ただし、野球興行時は諸々の反応が遅れること、あらかじめお詫びします。

担当作

これまで立ち上げにかかわり、単行本化された漫画を記します(引き継ぎ作品は含めていません)。

『緑の黙示録』(岡崎二郎)、『ラブやん』(田丸浩史)、『おひっこし』(沙村広明)、『漢式青春ばくはつ劇場』(美川べるの)、『ザリガニ課長』(そにしけんじ)、『吉田家のちすじ』(中島守男)、『ファンシーGUYきゃとらん』(くぼたまこと)、『地雷震 diablo』(高橋ツトム)、『パラダイスレジデンス』(藤島康介)、『ヒレフシ』(本田透+銅☆萬福)、『喪男の社会学入門』(千田有紀+カラスヤサトシ)、『バーサス!』(和田依子)、『アストライアの天秤』(竹内一郎+小川悦司)、『まるまる動物記』(岡崎二郎)、『たおれて尊し!』(尾玉なみえ)、『ZOMBIEMEN』(岡エリ+樹崎聖)、『夢幻ウタマロ』(永井豪)、『シドニアの騎士』(弐瓶勉)、『少年式少女』(和田依子)、『雪月記』(山上旅路+猪熊しのぶ)、『斬り介とジョニー四百九十九人斬り』(榎本俊二)、『侍父』(錦ソクラ)、『ほぼ0円ペット』(そにしけんじ)、『東京世界メシ紀行』(いのうえさきこ)、『一晩でわかる中学数学』(端野洋子)

少し前の作品ばかりですみません。作者の評価を結果的に下げたものもあるかも知れませんが、私自身はすべて大好きな企画でした。

現在は引き継ぎとして、『望郷太郎』(山田芳裕)、『ひとりでしにたい』(カレー沢薫)の担当編集もしております。

メッセージ

世界はもっと豊かなはずなのに、味わえていないものが多すぎる。その一部なりとも誰かに伝えることができれば──。ノンフィクション畑で長く編集をしてきた身ですが、いつもそんな思いを持って働いてきました。

漫画という大変な営みに挑戦しようとしている人なら、多かれ少なかれ同じような思いを持っておられるのではないか、と期待しています。
なにしろ「意外な人間性」も「ヤバい景色」も「キレキレの罵倒」もみんな世界の驚異の一部なのですから。
(※2021年から若手編集者の邪魔にならない範囲で担当希望を出します)

リンク

新着メッセージ

  • いい漫画です!
    まあ皆殺教室の作者が判明するのがクライマックスだろうなあ……という前フリが存分になされているので、読む側もそこに向かって積み上げていく展開を安心しながら読むことができました。
    そういう意味で、すでに一定のレベルに達していると思います。

    あとは予定調和にしない、笹巻さん独自の「売り」をこれからの作品に見たいなと思いました。
    一般誌でBLを描くことは別にタブーではありません。描きたいものを描いてかまわないです。独自性はそのうえに出してほしいのです。
    どんなテーマやキャラクターで勝負していくのか、この先を楽しみに読んでいきたいです。
    「ちょっと変わった」ではなく、「むちゃくちゃに変わった」もので大歓迎です!
    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/11/29 02:30
  • カエルをはじめとする人外のキャラデザインが躍動する話なのに、要所要所が何だかかっこよくて最後まで楽しく読んでしまいました。

    ですが、まだ作り込める余地はあったように思います。
    たとえばサマンサの設定。正体は予想された通りに進んでいいのですが、だったらなぜ10年とかカエルらしくないタイムスケールを語ったのか。そして呪いの本質は何だったのか。タイトルにしているのにわかりにくかったのが悔やまれます。

    そして商業ベースで考えるならば大事な話をしなければなりません。
    人間のキャラデザインではなくてこの形を選択したなら、「なるほどこうでないと!」と読者に強く思わせる牽引力を用意しないといけないと思います。
    残念ながら、本作ではそれが「両生類あるある」の披露にとどまっています。世にはかっこいい男や可愛い女の人類を描いた漫画はあまたあるわけで、それに慣れきった人を振り向かせるには相当のものを用意しないといけないと思います。
    ですが野心作を投稿いただいたことには間違いなく、御礼を申し上げる次第です。
    この先の進化を楽しみにしております!

    2021/11/29 02:26
  • 読ませます!
    すごく上手だなあとただただ感心しながら読み終えました。
    作画志望ということでは、充分に実力を見せてくださっていると思います。
    (「くるっ」と目を剥いて失神する場面、いいですね!)

    物語としては、お稲荷さんの能力という過去の作品世界でのルールがよく分からず、今ひとつ乗っていけなかったところもありました。
    物理的にお社の扉を開けることができるのに、「見えるのか?」はどうなのだろう……などと、いちいち引っかかってしまったのです。

    娘さんを京へ連れていくくだりで、そこまでの細かいストレスをひっくり返すクライマックス場面が見られるのかと思ったらそうでもなく――というのも残念でした。
    これはタイトル通りの展開なので、勝手にものすごいどんでん返しと絵面を期待した私が間違ってはいたのですが……。

    入りやすいディテールで、でも話の大筋では凄い大嘘をついてびっくりさせる、というドラマ作りの常道に挑んだ作品も見てみたいな、と感じました。
    いずれにせよ力作のご投稿、ありがとうございました!

    2021/11/22 01:56
  • 明らかに挑戦的な作品を3本まで投稿いただき、感謝します!
    お礼をこめて、一番新しい作品とおぼしき本作にコメントいたします。

    整理された演出で、とても緊張しながらラストまで駆け抜けるように読ませていただきました。凄い作品だと思います!

    ですが私の頭脳ではなにが起こっている話か理解できませんでした……。

    何度も心が死に至る虚実皮膜の空間に出入りする間に、弟の残した絵を見て生還できる……という話なのでしょうか。まとめていてもたぶん違う気がしています。

    もしも紀ノ雪さんが一般向けのエンタメ作品を描きたいと考えておられるのならば、この先の課題は明確です。
    上に私が書いたようなダメな要約をさせない物語を提示すること、です。

    作品の「面白がらせどころ」が初心者でも分かるようにしてください、読んだ人が誰でも魅力的な要約文を作れるようにしてください、と言い換えることもできる気がします。

    試みとして、漫画に限らず大好きなエンタメ作品について、その魅力を一言で要約できるか思索していただければと存じます。他人に布教するときと同じ作業ですね。
    エンタメを銘打っている創作物なら、みなその「売り」を持っています。そうしたものを見つけ出す作業をしていけば、自分で創作するときも「売り」を軸に据えて描くことができるようになっていくはずです。

    いろいろと申して失礼しました。静謐な絵でこれだけの迫力ある見せ方をできる描き手なら、読者の感受性に依存しないエンタメが作りうるのではと妄想したがゆえの発言と、お許しいただければ幸いです。
    今後、どのようなものに挑まれるのか、楽しみにしていきたいと思います。

    2021/11/22 01:44
  • 面白かったです!

    主人公と妖怪の「できること」と「やりたいこと」をそれぞれシンプルに整理することで、多くの読者に門戸を開いた出来になっていると思います。
    着実に読者への配慮が行き届いてきていて、嬉しかったです!


    私は青年誌の編集なのでご要望に沿えない発言しかできず、失礼しました。
    ただ、投稿ごとに進歩を遂げられていると思うもので、推薦までにコメントした次第です。
    ご投稿に厚くお礼を申し上げます!

    2021/11/10 00:18
  • これは力作です……!
    画面の情報量が多いのに、読んでいて惑うところが少ないのは、相当にネーム作成について「読みやすさ」を考え抜いているせいだろうな、と感じました。

    ですが、だからといって情報量が減るわけではありません。まだまだ「要素が多すぎ」の感はあります。ぼんやり漫画を読もうとしてやってきた一見さんは、「この漫画、楽しむには覚えることが多そうだな」と無意識のうちに判断して敬遠してしまう気がしています。

    本作のように「多くのこと」を達成させようと試みる漫画を私たち素人にも読ませるのならば、最初の30ページくらいで、キャラクターが「設定にかかわる何か」をなし遂げてほしいです。

    設定をすべて消化しろとか、物語全体のネタバレをしろとまでは申しません。「何か」でいいです。たとえば本作では「魔女にかかわる記録を残す人間が、50年の寿命で死に、読者に魔女への仮説をもたらす」までのエピソードでもいいです。(できれば魔女1人が看取られる話だとなおいいですが)

    要は、作品の「面白がらせどころ」のおいしいところを、少しでも早く読者に味わいきってもらうようサービスしてほしいです、という話です。
    多くの成功した長編漫画の新連載第1話目で、同様のことが試みられているはずです。

    すでにレベルの高い描き手とお見受けするので、抽象的なことも伝わるかと甘えてメッセージを残し、失礼しました。
    いいものを読ませていただいたこと、感謝します。
    ご投稿ありがとうございました!

    2021/11/01 03:21
  • 新しい可能性を感じながら、楽しく拝読しました!
    そういえばトールキンもオリジナル言語を完成させるために『シルマリルリオン』の独自神話体系を書いたし、もしかしたら言語学エンタメも成り立ちうるのかも知れません。

    ただ、今作ではうまく誤解にもとづく誘導を仕込むことで成功していますが、それでも画面が知らない文字列や■で埋まるのは、どうにも読んでいてストレスを感じるところではありました。

    つまり、今作の面白さは言語学というよりは文化人類学的な知見にあるような気がするのです。異民族との思い込みによるディスコミュニケーションが悲劇を生む、という構造なのですから。
    そうなると、まだ「言語学の面白い布教」には繋がらないかもしれません。

    現在、エンタメとしての漫画は読者に与えるストレスをとにかく減らす方向で競争がなされているので、いまのアプローチには、申し訳ないですが商業面ではあまり賛同できないです。
    じゃあ何があるのか、というところで対案が思いつかないため担当希望を出せないのですが、この先油布さんがどんな試みをされてくのかには強く興味を持っています。

    つまり、新しいタイプのエンタメを生もうという姿勢には強く共感しています。
    今回のご投稿に厚く御礼を申し上げます。そして今後も期待しております!

    2021/11/01 02:48
  • 多くの作品をご投稿いただきありがとうございます!
    みな「うまいなあ」と感服する作品群で、ついたくさん読みふけってしまいました。

    最近の投稿が最近の作画だとするならば、明らかに画力も上がっていますね。特に目や表情の表現は、いい感じに工夫を重ねておられると思います。
    もう少しフキダシの数と配置を整理して、いい顔を見せたいときは読者がそこに集中しやすいような環境を作ってくれたら、と感じました。

    とはいえ、これだけ描けるのにネーム原作を希望されているのですね。たしかに、これだけアイディアの引き出しがあれば、ネーム原作を量産していただくこともできそうです。

    ただ、できれば巻数を重ねて売っていきたい商業誌の者としては、アイディアはあっても連載を牽引できるテーマまではできているのだろうか……と気になっています。

    テーマといっても別に骨太なお説教を求めたいわけではなく、売りになるタテ筋のことです。そこに新しさであるとか、読者が語りたくなる発見であるとか、長きにわたり人を話さない強度であるとか、そういったものでネーム原作者「ならでは」のものがもっともっとほしいなあ、と感じた次第です。

    それでも、生産量にはあきらかに魅力があると思います。
    様々なお仕事でお忙しいでしょうが、いずれお手すきな折ができましたら、どんなテーマを構想されたいのか、お話を聞ける折があれば幸いです!

    2021/10/25 02:28
  • この手があったか!
    と感心しながら楽しく読みました。
    途中からダイジェストになっているとのことですが、独自性ある企画になっていると思います。

    没になった理由としては、出落ち感が強い……というところでしょうか。この内容で、単行本にして2~3巻まで引っぱる物語を私は想像できませんでした。
    実在のビジネスをあげつらう、危険なやり方でしか物語を持続させる方策を思いつかなかったのです。

    おそらく、まだ私には主人公が自分の人生を生きたい、と強く希求しているようには見えなかったのです。
    「こういう奴なら転生しても面白いことになるよね」という主人公性をどれだけ自分のキャラクターに持たせることができるか、ぜひ研究していただければ。

    主人公たるキャラを「起てる」ことができるなら、「ダイエット広告の世界」「恋愛占い広告の世界」さらには「続きが気になるWeb漫画の世界」など、様々なイロモノ現代日本社会に転生するオムニバスだって企画できるかもしれません。
    楽しみにしております!

    2021/10/17 21:00
  • 週刊連載のようなペースで次々とアイディアを繰り出していただき、楽しく読みました!

    人を怖がらせる話は、理不尽な事件をいかに自然に起こせるかというところに妙味があると個人的には思っているのですが、この連作ではある程度成功していると思います。

    ただ、なかなか語り手に本格的な危害がおよぶところまでその「理不尽」を広げ切れていないところもあり、重ねて読むと「慣れ」が生じるかも……とは感じました。

    この先も描かれるのでしたら、(絵のほうはともかく)後から考えれば取り返しのつかない選択ミスを語り手がやってしまった、そんな話も混ぜて欲しいです。
    そうなったら、なんてことない話も「ヒエッ」と思いながら読んでしまう予感がしています。

    いずれにせよ、新しい読み口の漫画を投稿いただく野心、いいと思います。ありがとうございました!

    2021/10/04 01:49

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP