プロフィール

経歴

講談社に新卒で入社して25年になります。うち漫画編集歴は10年。かかわった主なメディアは、アフタヌーン、Web現代、選書メチエ、メカビ、アフタヌーン新書、g2、ビジネス・一般書、COURRiER Japon、ブルーバックスなど。いわゆるメインストリーム的な仕事をしたことはありません。この雑駁な経歴が誰かの役に立てばと願っています。

関東開催の大半に1人で外野席に向かうカープファンですが、仕事にそのへんを持ち込んだことはほとんどありません。ただし、野球興行時は諸々の反応が遅れること、あらかじめお詫びします。

担当作

これまで立ち上げにかかわり、単行本化された漫画を記します(引き継ぎ作品は含めていません)。

『緑の黙示録』(岡崎二郎)、『ラブやん』(田丸浩史)、『おひっこし』(沙村広明)、『ザリガニ課長』(そにしけんじ)、『吉田家のちすじ』(中島守男)、『ファンシーGUYきゃとらん』(くぼたまこと)、『地雷震 diablo』(高橋ツトム)、『パラダイスレジデンス』(藤島康介)、『ヒレフシ』(本田透+銅☆萬福)、『喪男の社会学入門』(千田有紀+カラスヤサトシ)、『バーサス!』(和田依子)、『アストライアの天秤』(竹内一郎+小川悦司)、『まるまる動物記』(岡崎二郎)、『たおれて尊し!』(尾玉なみえ)、『ZOMBIEMEN』(岡エリ+樹崎聖)、『夢幻ウタマロ』(永井豪)、『シドニアの騎士』(弐瓶勉)、『少年式少女』(和田依子)、『雪月記』(山上旅路+猪熊しのぶ)、『斬り介とジョニー四百九十九人斬り』(榎本俊二)、『侍父』(錦ソクラ)、『ほぼ0円ペット』(そにしけんじ)、『東京世界メシ紀行』(いのうえさきこ)

少し前の作品ばかりですみません。作者の評価を結果的に下げたものもあるかも知れませんが、私自身はすべて大好きな企画でした。

メッセージ

世界はもっと豊かなはずなのに、味わえていないものが多すぎる。その一部なりとも誰かに伝えることができれば──。ノンフィクション畑で長く編集をしてきた身ですが、いつもそんな思いを持って働いてきました。

漫画という大変な営みに挑戦しようとしている人なら、多かれ少なかれ同じような思いを持っておられるのではないか、と期待しています。
なにしろ「意外な人間性」も「ヤバい景色」も「キレキレの罵倒」もみんな世界の驚異の一部なのですから。
(※2021年から若手編集者の邪魔にならない範囲で担当希望を出します)

リンク

新着メッセージ

  • たしかに中途半端です……後半が怖い話になるのか人情ものになるのか予測がつきませんでした。つまり、「読み筋」を示せていないように思います。

    主人公サイドの屈託や人物配置はうまく描けています。
    また絵の見せ方もいやみなく、読みやすさに配慮されていると思います。

    おそらく、早めにこの田舎サイドを代表させるキャラクター1人を出して「読み筋」をその人物に集約させなければいけなかったところを前半でできなかったから、後半を書く気を失ってしまったのではないか……と仮説を立てました。

    技術はすでにたしかなものがあると思うので、次作ではぜひ「こんな読者に自分の漫画を読んだ後ああなってもらいたい」という、読ませかたの目的を固めた上で作業に着手していただけたらいいのでは……と感じました。

    ぜひ、キャラクターも読者も変容させてしまう作品に到達できるよう、がんばってください。楽しみにしております!

    2021/07/26 01:03
  • 4作目とのこと、描くたびに上達されていていいですね。
    この作品は狙い通り、「心に残る」アイディアが設定にも絵作りにもしっかり盛り込まれていると思います。
    ラストシーンも挑戦的でいい絵ですね!

    あの状態から「あきらめない」主人公が自分との戦いに勝利するところまでプロットを考えて驚かせてくれたら、おそらく掲載レベルに達している、と言えるでしょう。

    つまりハードルが見えるところまで描けていると思います。
    この先、さらにキャラクターを起てて、どんどん動かしてくださる作品を期待しています!

    2021/07/26 00:58
  • 描かれるたびに技術が向上しているのが読んでいてもわかり、嬉しいです。
    今作も早い展開にヒロインたちの感情の機微をうまく乗せた好作だと思います。

    あとの課題は2つかと。

    1つは演出の伝わりづらさ。
    夏目さんとひなが何か絡んで頭を下げさせているシーン、たぶん重要な情報を含んでいるだろうに何が何だか分かりませんでした。
    私のような平均以下の読解力の人間を混乱させないように、「画文一致」つまり、絵にしていることとセリフで描かれていることがなるべく一致するように演出していただけたら。

    もう1つはキャラクターデザインのバリエーションの少なさ。
    大きな枠組みでは、登場人物3人がみな同じに見えます。作者が得意技を駆使して描ける範囲内の顔に収まっている、と言えばいいでしょうか。
    もっといろんな骨格やデフォルメの人物も、得意技をして描ける必要があるのではないかと感じています。

    以上、一般向け(つまり読解力の低い人向け)に描くなら、という前提で申しました。求められていないアドバイスであった場合、失礼をお詫びします。
    ご投稿、ありがとうございました。

    2021/07/26 00:46
  • たしかに「画面に一杯一杯感」を感じますが、丹念に描かれたいい作品ですね。ご投稿ありがとうございます!
    現段階でのラスト前、カチ上げる斬殺場面に独自性を感じました。魅せる場面を描こうという意図は伝わっていると思います。

    気になったのはキャラの多さ。ただ多くの人物が出すぎている、という点でも問題なのですが、いろんな人物がしっかりと自分の思惑を語ってくれるので、誰が話の本筋に絡むのか分からないのがさらに問題です。

    (たとえば、アヴァン以外で唯一モノローグを語っているのがケンゴですが、どうみてもカマセ感満点に描かれています。このケンゴという人物が作者に大事にされていないのかそうでないのか分からず、私は混乱しました)

    扉絵で描かれたヒロインらしき少女(あんずと同一人物には見えませんでしたが、そうでしたら読解力の低さをお詫びします)が出てくる前に、4人くらいの人を起たせようとされていますが、それは商業媒体では無理です。
    なぜなら、読むほうが「ああ、この漫画はいろんな要素を覚えられる頭いい人用の話なのね。オレには関係ないか」と思って離れてしまうからです。

    起たせるべき登場人物の整理、提示すべき情報の厳選、この2つを心がけるだけで、一般向けエンタメにどんどん近づいていくと思います。
    ぜひがんばってください。楽しみにしております。

    2021/07/26 00:17
  • ほかの力作も合わせて拝読させていただきました。
    キャラクターが全身全霊で目的のために魂を燃やす熱いドラマ、堪能しています!
    読んだ人間の心を動かそう、という強い意志が全編に満ちているので、すでに作者として必要な資質は持ち合わせているように感じています。

    あとはネーム原作者を希望されているとのこと、商業媒体でそうなるには、さらなるアイディアを求めたいところです。
    たとえば本作では「闘志」「適応」「協力」の要素が揃えば無敵になる、というアイディアを出されているのですが、どう無敵になるのか、チャカを使うラスボスにその無敵ぶりをどう見せて読者を驚かせるのか、といったところまで見せてほしかったです。

    原作者という存在に対して、私たち編集者は「漫画家が到達できないところにまで連れていってくれる存在」を期待しています。
    「よくそんなこと考えつきましたね!」と驚かすことができれば、その存在へとどんどん近づいていくと思います。
    ぜひいろいろな作品を通じて、その驚きを体験させていただければ幸いです。

    2021/07/25 23:49
  • たしかに萌えが形になっている……!
    マグナムの出し方など、よく練られた演出で、楽しいショートでした。

    ただ「あるあるネタの提示」にとどまっているところもあると思います。
    男同士で酒を飲みながら「おい、透視能力あったらどうする?」みたいな話題で盛り上がっている間にできあがりそうなネタな気がするのです。

    つまり、(絵や演出の部分は除いて)読者でも超がんばってシミュレーションしたら思いつけそうな話に見えてしまうから、「透視能力者あるある」話にとどまっている、という評価になってしまうのかと。

    とは申せ、速いテンポでダイナミックな展開を見せてくださる技術はたしかなものと思います。

    私ごときスレたおっさんに「あるあるネタだ」と思わせないためには、多くのタマを撃てるところを見せてくだされば充分です。
    つまり量産できる力をプレゼンしていただければ、さらなる展開も見えてくるのではないかと。
    ぜひがんばってください。楽しみにしております。

    2021/07/19 01:57
  • 一方的に好意を寄せられる側だった高城くん。それが変化していく瞬間をうまく切り取っている、いい作品だと思います。

    まず、高城くんの人物造形の見事さに感心しました。
    おそらく高城くんはちょっとサイコパスが入っているというか、自分の感情に気づくのが遅いタイプなのでしょう。こういう人は他者に優しさを示すことができないわけで、そうなると他者から好意を示されることも少ないと思います。
    だから櫻木さんが示す豊かな感情がめずらしくて……と話が動いていくのもよく作られていると思います。

    で、櫻木さんはそんな高城くんのどこがよかったのか。ここまで解きほぐしても、謎としか言いようがありません。その最大の謎の解明が、この作品を読ませるタテ筋になると思います。

    この2話分をかけて引っぱってきたのだから、読んでいるこちらとしてはどんなアイディアがあるのか、ハードルを上げてしまうところです。
    謎で読み手を誘うことはできているので、ここからカタルシスある解明に向かうことができるか、楽しみにしたいと思っています。
    引き続きのご投稿、楽しみにしております!

    2021/07/19 01:48
  • 面白いです!
    水際だった展開とはこのことをいうのでしょうね。

    レオくんの表情の変化、さらには長崎への思いの変化も追うのが楽しく、読み終えるのがもったいない気分でした。大絶賛です。

    理由は分からないですが、第2話から普通のコマ割りに変えたのも、話が動いていく展開にマッチしていていいです。
    この2話を通じて、キャラクターの思惑や変容を表現する「引き出し」の多さに感動しています。

    (以下は「アドバイスください」タグに対応した私見です)
    課題は作画の密度と人物の描きかたのメリハリにあると思います。
    青年誌的な媒体を想定すると、現状ではどう見せても読んでもらえず飛ばされてしまうでしょう。サブカル系の媒体ならそんなことはないでしょうが……。

    演出やネーム回しは持ち味を生かしてほしいと願いながらも、私としては「絵の(読者にとっての)見え方」を変えていただく必要があると思っています。

    マスを狙った(言ってしまえばありがちな)見せ方を検討できるか、あるいはWebToonのようなメリハリをスクロールで作っていくスタイルを構築するか、やり方はいろいろあると思います。
    こういった形で「変えていく」ことを考えていただけるなら、一度お話しできれば幸いです。よろしくお願いいたします。

    2021/07/18 21:52
  • 力のこもった作品、ご投稿をありがとうございます。

    切実なご質問を丁寧にお寄せいただいたので、当方も率直に答えます。
    本作は、多くの漫画雑誌の新人賞で選に残るレベルには達していないと思います。

    私の思いつく理由は2つあります。

    ・ページ数をおさえるために、コマを細かく割っているので、読みづらくなっている。村を襲う妖精の登場場面や村人の殺害(未遂)場面など、本来ならインパクトある画面で見せねばならないところがそうなっていない。「伸びしろ」を審査するタイプの賞では、「この作者は『すごいシーンを描いてうまくなってやろう』という意気込みを本作で見せていない」と判断してしまう。

    ・設定やキャラクターに「新しさ」が乏しい。人外の者と契約するために己の何かを差し出す、という設定も、敵役の騎士の人間性も、最強の賞金稼ぎが最多額の賞金首という話も、どこかで見た感じが拭えない。新人賞を審査する側は、「この作家ならではの武器」が拙くても見えていれば高く評価するだが、本作については完成度を求めたのか、そういったところをあまり見出せなかった。

    というところが私の見解ですが、これは一編集者の私見に過ぎません。こういう意見もあるのだな、程度にご理解はとどめておき、どこかで落ちても次に出す、という意気込みで、引っかかるまであらゆる賞にエントリーいただくのがいいと思います。
    そうすれば、納得いくコメントをくれる編集者と出会える確率も上がるかと。

    あと大事なのは、賞の結果が出るまで「待つ」のではなく、「描く」ことです。「結果が出るまでに次が投稿できている」人は、どんどんレベルアップして賞に届いている印象があります。

    いずれにしても、これだけ力のこもった作画ができるのですから、まだまだいろいろなものが描けるだろうと期待しております。ぜひがんばってください。

    2021/07/11 01:58
  • いい漫画を読ませていただきました!
    ですがなかなか頭に入ってこない漫画でもあります……。
    漫画歴浅めということで、本作にいま描きたいことをすべてぶち込んだのかなあと思いました。
    そのため、オープニングから情報量が多すぎて、読者が読み筋を見つけられない話になっていると思います。

    できれば作品に挑むときに、この話の「売り」は何か、作者の中で端的に(一呼吸で他人に話せる程度に)まとめられるようになってから進めてほしかったなあ、と。
    本作では「兄弟愛は分かるのか?」というところに一番の面白がらせどころがあるのでは、と再読して感じましたが、そこに辿り着くまでにいろんな要素を読んでしまったために混乱したのも事実です。

    ぜひ、面白がらせどころを整理してみせる、というのを今後の作劇上の課題にしていただければと思います。

    とはいえ、悪意も善意も欲望も病質もみんな対象にし、人間のいろんな側面を誠実に描こう、という意気込みは充分に感じ取ることができました。

    うまくなるにはある程度、「数」を描かないといけません。おそらく作者としての強みになるであろう誠実さはそのまま、端的に読み筋が読者に伝わる企画をこの先も描き続けてくださればと願います。
    ご投稿、ありがとうございました。

    2021/07/11 01:38

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP