プロフィール

経歴

講談社に新卒で入社して二十数年になります。うち漫画編集歴は十数年。かかわった主なメディアは、アフタヌーン、Web現代、選書メチエ、メカビ、アフタヌーン新書、g2、ビジネス・一般書、COURRiER Japon、ブルーバックスなど。いわゆるメインストリーム的な仕事をしたことはありません。この雑駁な経歴が誰かの役に立てばと願っています。

関東開催の大半に1人で外野席に向かうカープファンですが、仕事にそのへんを持ち込んだことはほとんどありません。ただし、野球興行時は諸々の反応が遅れること、あらかじめお詫びします。

担当作

これまで立ち上げにかかわり、単行本化された漫画を記します(引き継ぎ作品は含めていません)。

『緑の黙示録』(岡崎二郎)、『ラブやん』(田丸浩史)、『おひっこし』(沙村広明)、『漢式青春ばくはつ劇場』(美川べるの)、『ザリガニ課長』(そにしけんじ)、『吉田家のちすじ』(中島守男)、『ファンシーGUYきゃとらん』(くぼたまこと)、『地雷震 diablo』(高橋ツトム)、『パラダイスレジデンス』(藤島康介)、『ヒレフシ』(本田透+銅☆萬福)、『喪男の社会学入門』(千田有紀+カラスヤサトシ)、『バーサス!』(和田依子)、『アストライアの天秤』(竹内一郎+小川悦司)、『まるまる動物記』(岡崎二郎)、『たおれて尊し!』(尾玉なみえ)、『ZOMBIEMEN』(岡エリ+樹崎聖)、『夢幻ウタマロ』(永井豪)、『シドニアの騎士』(弐瓶勉)、『少年式少女』(和田依子)、『雪月記』(山上旅路+猪熊しのぶ)、『斬り介とジョニー四百九十九人斬り』(榎本俊二)、『侍父』(錦ソクラ)、『ほぼ0円ペット』(そにしけんじ)、『東京世界メシ紀行』(いのうえさきこ)、『一晩でわかる中学数学』(端野洋子)、『ワケあって社長令嬢に拾われました』(灯)


現在は引き継ぎとして、『望郷太郎』(山田芳裕)、『ひとりでしにたい』(カレー沢薫)、『さよならキャンドル』(清野とおる)の担当編集もしております。

メッセージ

世界はもっと豊かなはずなのに、味わえていないものが多すぎる。その一部なりとも誰かに伝えることができれば──。ノンフィクション畑で長く編集をしてきた身ですが、いつもそんな思いを持って働いてきました。

漫画という大変な営みに挑戦しようとしている人なら、多かれ少なかれ同じような思いを持っておられるのではないか、と期待しています。
なにしろ「意外な人間性」も「ヤバい景色」も「キレキレの罵倒」もみんな世界の驚異の一部なのですから。
(※2021年から若手編集者の邪魔にならない範囲で担当希望を出します)

リンク

新着メッセージ

  • こちらも読んでいて素直に「ブリキさんかっこいい!」と思いました!
    急展開ではありますが、理解者を得て終わる、という締め方もいいですね。

    オーラが見える、しかもそのオーラは常に正確である、という設定は漫画としては既視感があります。そこをブリキさんを使ってどうひっくり返してくれるのか期待していたのですが、少しズラされた感がありました。

    ですが随所にうまいなー、こだわっているなー、というところも感じています。
    企画を立てるにあたり、作者より感性の鈍い人でも1本楽しんでもらう読み筋のようなものがもっと練られるようになれば、さらに広く読まれるようになると思いました。
    ご投稿ありがとうございます!

    2022/06/04 00:39
  • こんなオカズ初めて見ました!
    親知らずをあんなことに使うなんて、水際だったアイディアに興奮し、楽しく読ませていただきました。

    (個人的な好みの話ですみません、前半のオリジナリティがすごい分だけ、後半の展開が理に落ちてしまって、もったいなかったかもしれません)

    ですが、作家として必要な発想力も、整合性のある話を描ける緻密さも、両方を持ち合わせていると感じています。
    「親知らず」タグにも笑いました。
    ぜひこのまま、独自の作風を作っていかれることを期待しています。
    ご投稿まことにありがとうございました!

    2022/05/30 01:52
  • えええ、すごく面白いんだけど!
    私は「作者はどうやってこんなこと考えるんだ!」と叫んでしまう漫画を極上のものだと考えている人間ですが、まさに「そのもの」を味わえた心持ちです。

    1本の漫画でこれだけ多くの発想の切り替えを持ち込めるのならば、主人公キャラを作ることができたらさらにすごいことができるのでは……と妄想して幸せになっています。

    1つだけ申すなら、ギャグ漫画で極端な顔芸をやるのは最近あまりはやっていないので、読んだ人に古いと思われるかも……という懸念だけは残りました。
    (逆に申すと、淡々とギャグをやってくれるメクルはすでに名キャラになっていると思います!)

    お目にかかったら、何でこんなこと考えたのかいちいちお尋ねしてウザいことになるかもしれませんが、よろしければ打ち合わせ可能かご検討いただければ幸いです。

    2022/05/30 01:42
  • 達者な作品を数多く投稿いただき感謝します!
    どの作品もアイディア豊富で、読んだ人を楽しませようとするサービス精神を強く感じて、好感をもって読んでいます。

    ですが、(多くの編集者が同じことを言うでしょうが)サービスのしすぎで読みづらいです。フキダシもテキスト量も、できればいまの半分、難しくても3割くらいは減らしてほしいです。

    (以下、アドバイスタグがないのに僭越なことを書きます。不要ならご放念ください)

    描こうとしている作品の面白がらせどころは何か、端的に言えるよう絞り込む作業が必要です。その「面白がらせどころ」を端的にまとめたらパッとしないものだった場合、企画自体をやり直したほうがいいでしょう。
    こうして、作家としてやるべきところを整備していけば、サービスすべき勘所も絞られてくるのではないかと感じました。

    本作に関しては、「結果的に自殺を選ぶレベルのひどい行為を、読者に追体験させる」という形で、類例のない「面白がらせどころ」を提示できる可能性があったように感じています。
    ところがそこを見きわめきれないまま描いたので、読みづらく楽しみづらい作品になってしまったのが残念なところでした。

    いずれにせよ、さすがデビュー済み、すでに高いレベルに達していることは間違いないと思います。
    今後を楽しみにしております!

    2022/04/24 02:43
  • うまいですし面白いです!
    ですが「これは女性誌ですね」と編集が言うのも分かります。
    アセクシャルとパンセクシャルについて、女性目線から語っている漫画、と要約できるためです。ならば女性メディアでこういう人間もいるのだ、と訴える企画になるのだろう、と私も考えるでしょう。つまり物語空間と近いところに編集者は客を見出すことが多いのです。

    ですがもったいないのはそこではなく、キャラクターの配置だと思います。具体的には聖母の原さんと悪役の長沢。どちらも話を進めるために便利に使われているだけに見えます。読みきりということを考えるなら、動かすキャラクターはどちらかに絞って、見せ場ももっと多く与えてほしかったです。
    現在は原さんと長沢の動きが消化不良なため、読む側に「小森の変化を引き立てるための配置だなあ」となかば見透かされるのではないかと感じています。

    とはいえ、保田にハッとするセリフを随所で言わせてくれたり、魅力のある作品を作れていることは間違いないです。

    次回作はファンタジーとのこと、異世界もの百花繚乱のこの市場にどんなものをぶち込んでくれるのか、自信がおありとお見受けしました。私がいるのはジャンルが存在しない、言ってみれば競争が過酷な媒体ですが、そこに挑める気持ちがもしおありならばお話しできればと思います。
    ご投稿、ありがとうございました!

    2022/03/15 17:18
  • 過去の投稿作ともども楽しく拝見しています!
    オフビートな演出を得意とされているのか、スッと読めるものが多く、いいですね。

    今作は近い状況にある当方としては最も面白く読めたので、称賛のコメントを残す次第です。

    おそらくいろんな人間のいろんな感情を、それと近しい感性を持つ人間に共感させて読ませる技術は、すでに高いところに来ているのではないかな、と感じました。

    一方、商業メディアでは、読者を押し流すような強い感情や出来事を描くことがよく求められます。
    そんな世界とは違うところを目指されているなら、オリジナリティの部分でどこまで驚かせてくれるのかを楽しみにしたいと思っています。
    ご投稿、ありがとうございました!

    2022/03/05 22:37
  • 同じ作家に3つもコメントを残してすみません。
    が今作の水際立った設定と人物配置は注目してほしくて、推薦の意味をこめてコメントします。
    (女性向け媒体を求められているとのことで、担当希望は出せないのですが)

    描かれる人物が論理を大事にしている割にはどうにも幼く見えるのが気になるくらいで、狙うべき読者層を絞り込めば商売として成立するのではないかと思います。

    ここからどこまでスケールを大きくできるか、あるいはそうしないのなら人間の内奥をどこまで掘り下げて驚かせてくれるか、2話目以降を楽しみにしております!

    2022/02/16 18:16
  • 頭をカラッポにして読める漫画、いいですね……。
    ほかの投稿作も含め、とても楽しく読みました。
    好きか嫌いかでいうと大好きです!

    ですが大きなおカネになりそうかというと、あまりそうは思えません。
    読者に逆張り的な消費を求めるタイプの作品になっているのでは、と見受けられるからです。

    エンタメにはいろんなジャンルがあるでしょうが、どのジャンルでもそこの「本道」を正面からやり倒していただかないと、つまりジャンルの代表作になっていただかないと、いわゆるヒット作にはならないのではないでしょうか。
    出版市場が縮小して、サブカル系やオルタナ系、アート系の作品が作者を養えるだけの売上を残せなくなった現状もあり、描き手のせいではないのが申し訳ない限りですが……。

    霧隠様については、「ギャグ」というジャンルでシチュエーションとキャラクターを作り込んだ企画でも勝負できるのではないかと思います。
    ジャンルを代表する企画を、バーリトゥード格闘家ではなくメジャー格闘技のベビーフェイスを、狙っていける力量があるはずです。期待しております!

    以上、クリスマスにもバレンタインにも何もいいことがなかった男の私見でした。

    2022/02/15 22:05
  • 久しぶりのご投稿、ありがとうございます!
    明らかにうまくなっておられるのが嬉しいです。
    剣戟を含むアクションで「何が起きてるか分かる」ことと「迫力を出す」こととを両立させるのは難しいものだと思うのですが、かなりできてきているのではないかと感じました。
    キャラクターの描き分けや動かし方も、商業誌で読める水準に達していると思います。

    あと残る課題は以下でしょうか。
    ・演出にもっとメリハリがほしい。スマホ閲覧の読者を考えるとかなり窮屈な絵面に見えます。
    ・シナリオにオリジナリティがほしい。設定の細部ではなく、少女が秘められた力を解放して敵を倒す、という大筋についての話です。

    ですが場数を踏めばどんどん改善されるでしょうし、これまでの上達ぶりを考えると伸びしろは大いにあるとお見受けします。
    つまりこの先のご活動を楽しみにしております!

    2022/01/31 01:34
  • とてもかわいいです!
    血液パックに嫉妬する少年とか、アイディアも気がきいていていいです!

    できれば早くから、このカップルの絆の深さと、その理由について知りたかったです。前提条件を踏まえたうえでこのイチャイチャを読めば、より幸せな気持ちになれるのではないかと思うためです。

    あるいは、この組み合わせでどんなことをしでかしてくれるのか、先々の展開に期待の持てる「タテ筋」が早めに提示されると、商業メディアの人間としては嬉しいです。

    ……が、そんなこと関係なく、多彩なイチャイチャのシチュエーションを読者がひたすら愛でるという世界も成立するようにも思いました(こちらの路線だと私の仕事では商売にできる方法がないので、現在では担当希望を思いとどまっています)。

    つまり、どの道を行くにしても、「どれだけ数を描けるか」がここから大事になる気がしています。
    いずれにせよ、この先が楽しみな作品を投稿いただいたこと、感謝します!

    2022/01/24 03:25

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP