プロフィール

経歴

講談社に新卒で入社して25年になります。うち漫画編集歴は10年。かかわった主なメディアは、アフタヌーン、Web現代、選書メチエ、メカビ、アフタヌーン新書、g2、ビジネス・一般書、COURRiER Japon、ブルーバックスなど。いわゆるメインストリーム的な仕事をしたことはありません。この雑駁な経歴が誰かの役に立てばと願っています。

関東開催の大半に1人で外野席に向かうカープファンですが、仕事にそのへんを持ち込んだことはほとんどありません。ただし、野球興行時は諸々の反応が遅れること、あらかじめお詫びします。

担当作

これまで立ち上げにかかわり、単行本化された漫画を記します。

『緑の黙示録』(岡崎二郎)、『ラブやん』(田丸浩史)、『おひっこし』(沙村広明)、『ザリガニ課長』(そにしけんじ)、『吉田家のちすじ』(中島守男)、『ファンシーGUYきゃとらん』(くぼたまこと)、『地雷震 diablo』(高橋ツトム)、『パラダイスレジデンス』(藤島康介)、『ヒレフシ』(本田透+銅☆萬福)、『喪男の社会学入門』(千田有紀+カラスヤサトシ)、『バーサス!』(和田依子)、『アストライアの天秤』(竹内一郎+小川悦司)、『まるまる動物記』(岡崎二郎)、『たおれて尊し!』(尾玉なみえ)、『ZOMBIEMEN』(岡エリ+樹崎聖)、『夢幻ウタマロ』(永井豪)、『シドニアの騎士』(弐瓶勉)、『少年式少女』(和田依子)、『雪月記』(山上旅路+猪熊しのぶ)、『斬り介とジョニー四百九十九人斬り』(榎本俊二)、『侍父』(錦ソクラ)、『ほぼ0円ペット』(そにしけんじ)、『東京世界メシ紀行』(いのうえさきこ)

少し前の作品ばかりですみません。作者の評価を結果的に下げたものもあるかも知れませんが、私自身はすべて大好きな企画でした。

メッセージ

世界はもっと豊かなはずなのに、味わえていないものが多すぎる。その一部なりとも誰かに伝えることができれば──。ノンフィクション畑で長く編集をしてきた身ですが、いつもそんな思いを持って働いてきました。

漫画という大変な営みに挑戦しようとしている人なら、多かれ少なかれ同じような思いを持っておられるのではないか、と期待しています。
なにしろ「意外な人間性」も「ヤバい景色」も「キレキレの罵倒」もみんな世界の驚異の一部なのですから。
(※2021年から若手編集者の邪魔にならない範囲で担当希望を出します)

リンク

新着メッセージ

  • これはすごい作品ですね!
    本作はもっと注目されるべきだろうと考え、コメントを残します。

    おっしゃる通り、読みにくいところはボチボチありました。
    とはいえ、それなりに伝わりやすさに配慮された画面構成をされているとも思えます。いつも挑戦的な場面を描こうとされているので、この調子で数を描いていけば、ガンガンうまくなっていくのだろうと思いました。

    ただ、1話の読み切りにおさめるには、整理されたとはいえまだ情報量が多いです……。とりわけ、再読しても「像」がよくわかりませんでした。
    ゴーレムのコアのようなもので唯一の弱点的なものに見えますが、そうでもないようですし、なぜ像の形をしているのかもわからないままですし……。

    1本の漫画では、「面白がらせどころ」は1つか、多くても2つくらいまでしか伝えられません。それをどこに設定するかもっと明確にして描いていただければ、情報の出し方もおのずと整ってくるのではないかと思います。
    ご投稿、ありがとうございました。引き続き読めることを楽しみにしております!

    2021/04/12 00:33
  • とても上手だなあと思いながら読みました。
    後から多くの担当希望が出ているのを知って納得した次第です。
    男女いずれのキャラクターもテンプレ感を外した動きをしてくれ、独自の存在感を出していますね。これは作家性のなせるわざだと感じています。

    よけいな変形ゴマで流れを止めている、顔のアップの多用で画面にメリハリが少ない、「※突然の闇」のような興を削ぐ注釈がある、数年の間2人がそれぞれ何をしていたのかわからない……などなど、突っ込みたいところはいろいろあるのですが、そのあたりは簡単に直りそうなので楽しみになっております。

    ぜひ担当希望を受諾され、連載企画を弊社にお寄せくださることを期待しています。

    2021/04/12 00:04
  • リーダブルで先が気になる、いい読み物だと思います。
    設定も、それを読者に伝えるためのさまざまなアイディアも、目新しさとわかりやすさ両方を備えていると感じました。
    デビュー済みとのこと、その力量を充分に見せてくださっていると存じます。
    ただ、私がこれで連載にゴーサインを出すかというと逡巡します。すみません……。

    作中でも痴話喧嘩だと言及されている通り、戦っている場面の絵面がよくないからです。
    何かを捕まえる中年男性に女子高生が接触する、その繰り返し……という場面を見てカラルシスを得られるようには思えませんでした。
    本作の脚本だけを生かして実写ドラマにするとどうだろう……とシミュレーションしてみれば、私の申し上げたいところが伝わるのではないかと。

    おそらく根本的なところで、この絵面を面白がらせるための「仕掛け」が必要なのだろうと感じています。ただ私にはそれが思いつかず、上記のように申した次第です。申し訳ありません。
    いずれにせよ力作をお寄せいただき感謝しています。ご投稿、ありがとうございました!

    2021/04/11 22:41
  • キャラクターの人間性がしっかり描き込まれてた、いい作品ですね。
    宮河君かわいい……。
    中村チーフを一途に慕う様子、読んでいて温かい気持ちになりました。
    ただ、いくつかどうしてももったいないところがあったのでコメントします。

    ・中村チーフと宮河君の体格差がわからない。
    主人公のコンプレックスを早く可視化して読者と共有したかったのに、それができてないのが残念でした。キャラクターの関係性が一目でわかる絵を描くのは大変なことと思いますが、多く描くほど上達するとも思っています。

    ・BAの仕事の醍醐味がわからない。
    タイトルからして「お仕事漫画」のはずなのに、BAというものが何を目指し、何を矜持としている仕事なのか明示されないので、この仕事を知らない人には面白がってもらえないだろうと思えました。広く読まれるためにも、職業ものは初心者にもその職業の魅力がわかるよう描いてもらえたら、と願う次第です。

    以上、取り急ぎ端的に2つあげましたが、整合性のレベルではいろいろと詰めていくところは他にもあると思います。ぜひ、初読の人にどうすればわかってもらえるかを心がけて、リーダブルなものを描き続けていただければと思います。
    ご投稿、ありがとうございました。

    2021/04/11 22:21
  • なんて達者な描き手なのか、と驚きながら繰り返し読みました。

    ただ、どうにも詰め込みすぎです……。
    7つくらいの出来事が同時進行で起きているのでしょうし、それを描ききる力量はすごいことですが、私を含め凡夫には読みとることができませんでした。
    おそらく時系列順に起きていることを整理して16ページくらいにしても、充分に成り立ったのではないかと思った次第です。

    「このキャラクターのこの場面で読者に深く牙を突き立てよう」という執念は感じるのですが、その場面を一番効果的に味わえるように、物語の平易な見せ方にも配慮いただけたら嬉しかったです。
    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/04/05 00:21
  • シチュエーションとキャラクターの心の動きをシンクロして描くという試み、いいですね。こういう挑戦を重ねていくと着実に上達するだろうと思います。

    本作については、トモ先輩とエリカのキャラクターデザインが似ている(同じ範疇にある)のが疑問でした。これが意図的になされたことならば、それを生かした物語にしてほしかったところです。

    いずれにしても、独自性のあるキャラクターは作れつつあるように思えます。次はこの次の段階、キャラクターに物語を牽引する動機付けを帯びさせることを求めたいです。(本作では彼氏に振り向いてもらいたい、という小さなスケールのものなので、物語もワンシークエンスで終わっています)

    欲望とか特殊な思いとか復讐とか、みなこの「動機付け」をいろいろと練って企画を立てているわけで、せっかく生み出したキャラクターを一番輝かせることができるよう、試行錯誤していただければと思いました。

    ともあれ確実にうまくなっているのが嬉しく、またコメントした次第です。楽しみに拝読しております!

    2021/04/05 00:09
  • 勇者とその保護者と魔物、異なるジャンルの作画を違和感なく同じ画面に入れることができるとは、相当な描き手であると思います。
    22ページで設定の説明は終えることができていますし、構成力も高いものを感じました。

    とは申せ、あくまで個人的な感想ですが、以下が気になって手放しで楽しめなかったです。

    ・読者に異世界ものを飲み込ませるために重要な冒頭2ページが「つかみ」としてあまり機能していないように思いました。
    ・勇者が簡単に呪いに屈するのに違和感を感じました。エメロードを同じように倒せないのは「退魔の剣」のおかげなのかもしれませんが説明もないし……。
    ・「契約」の具体的な内容が何度読んでも把握できません。ちゃんと契約内容を明示し、姫がそのどこで裏を書こうとしているのかわからないと、この契約が「引き」になりづらいように感じます。

    明らかに実力が高い描き手とお見受けしましたもので、勝手にレベルを高いところにおいていろいろと申し、失礼をいたしました。
    ご投稿いただいたこと、感謝するばかりです。

    2021/04/04 23:09
  • (以下、ネタバレしながらコメントします。ご容赦ください)

    死の間際に見る走馬灯的なものを、なぜか数十年前にいっぺん見てしまう話、と読みました。この設定自体は目新しく、面白くなるかもと感じています。

    ただ、肝心の妻子と公園で遊ぶ場面、主人公は大学時代から十数年あとに実際に体験しているわけですよね。
    そこが一番の驚かせどころなはずなのに、すっぱり飛ばしている理由がわかりませんでした。

    「これは大学生の時に扉の向こうに見た、あの光景だ!」という場面に自分が立ち会っている。そう気づいた瞬間に、面白い物語が展開するように思えたのですが……。
    本作ではそこを完全にスルーしていきなり老後になってしまったところに、少し残念な思いをしました。

    とは申せ、発想力は目新しいものをお持ちだと思います。
    これは実績を残した漫画家からの受け売りですが、もしエンタメ作品を漫画で試みたいのなら、まずは解釈を読者に「委ねない」作品を多く描いたほうがうまくなります。
    (読者の想像を超える世界を提示するトレーニングになるからです)
    まだ漫画歴浅めとのこと、この先も楽しみにしております。
    ご投稿、ありがとうございました。

    2021/04/04 19:36
  • デビュー済みなのですね。キャラクターが躍動する様子は手慣れた感じがあり、素直に「うまい人だなあ」と感じました。

    「人工脳」が私たちの暮らす世界では一種の発達障害のような扱いをうけていることが、少ない言及から読み取れるようになっていることにも手際の良さを感じました。


    ただ、変形ゴマに頼った演出は読みづらいです……。
    クライマックスのアクションも、初見ではなにが起こっているのか読み取れませんでした。

    すでに一定のレベルに達していることは間違いないのですから、あとはスクエアな画面で人物の大小もメリハリをつけて、つまり一般的な画面構成で勝負していただけたら、と思った次第です。

    とは申せ、描き手として執着しているテーマやモチーフがあるのは本作からも伝わりましたし、それはこの先も大事な武器になると思います。
    この先も驚くべきキャラクターが見られることを楽しみにしています。
    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/03/29 01:36
  • デビュー済みとのこと、多くのキャラクターを破綻なく回せる手腕は見事なことですね。うまいなあ、と思いました。
    「真山くんをかばって散ってほしかったのに」に、そこは御手洗くんではないのか! などと突っ込みながら読めるのも楽しかったです。

    とはいえ、ギャグで「そういうもの」として見せるところと、話を進めるところ(整合性が必要なところ)が混ざっているので、読んでいて少しもたついてしまった感じがあります。

    ・スカートをめくられる女生徒は何者で、どこで仕込まれたのか。
    ・ずっと封じられている真山の右手が執拗なまでに描かれないのは何かの前フリではなかったのか。また左手1本で輪ゴムの飛ばし方を教えられるのか。
    ・クライマックスの生徒会長、不意打ちをしない残念ぶりは突っ込まれていたのに、「ちょっと待っ」といわれて素直に待っているのはスルーでいいのか。

    などなど、粗探しをしているようで申し訳ないですが、随所に読んでいて止まってしまうところがあり、楽しみきれなかったのが惜しかったです。
    おそらく、作中での「リアリティ」のチューニングを、もっと厳密に固めた上で、どのキャラクターが何をするときだけそのリアリティのラインが破壊されるのかを練っていく、そういった放送作家的な作業が必要なのではないかと思いました。

    実力者の丁寧な作品がDAYSNEOでしっかり読めたことは嬉しいことだと思っています。ありがとうございました!

    2021/03/29 01:30

担当希望作品

TOP