プロフィール

経歴

講談社に新卒で入社して25年になります。うち漫画編集歴は10年。かかわった主なメディアは、アフタヌーン、Web現代、選書メチエ、メカビ、アフタヌーン新書、g2、ビジネス・一般書、COURRiER Japon、ブルーバックスなど。いわゆるメインストリーム的な仕事をしたことはありません。この雑駁な経歴が誰かの役に立てばと願っています。

関東開催の大半に1人で外野席に向かうカープファンですが、仕事にそのへんを持ち込んだことはほとんどありません。ただし、野球興行時は諸々の反応が遅れること、あらかじめお詫びします。

担当作

これまで立ち上げにかかわり、単行本化された漫画を記します。

『緑の黙示録』(岡崎二郎)、『ラブやん』(田丸浩史)、『おひっこし』(沙村広明)、『ザリガニ課長』(そにしけんじ)、『吉田家のちすじ』(中島守男)、『ファンシーGUYきゃとらん』(くぼたまこと)、『地雷震 diablo』(高橋ツトム)、『パラダイスレジデンス』(藤島康介)、『ヒレフシ』(本田透+銅☆萬福)、『喪男の社会学入門』(千田有紀+カラスヤサトシ)、『バーサス!』(和田依子)、『アストライアの天秤』(竹内一郎+小川悦司)、『まるまる動物記』(岡崎二郎)、『たおれて尊し!』(尾玉なみえ)、『ZOMBIEMEN』(岡エリ+樹崎聖)、『夢幻ウタマロ』(永井豪)、『シドニアの騎士』(弐瓶勉)、『少年式少女』(和田依子)、『雪月記』(山上旅路+猪熊しのぶ)、『斬り介とジョニー四百九十九人斬り』(榎本俊二)、『侍父』(錦ソクラ)

少し前の作品ばかりですみません。作者の評価を結果的に下げたものもあるかも知れませんが、私自身はすべて大好きな企画でした。

メッセージ

世界はもっと豊かなはずなのに、味わえていないものが多すぎる。その一部なりとも誰かに伝えることができれば──。ノンフィクション畑で長く編集をしてきた身ですが、いつもそんな思いを持って働いてきました。

漫画という大変な営みに挑戦しようとしている人なら、多かれ少なかれ同じような思いを持っておられるのではないか、と期待しています。
なにしろ「意外な人間性」も「ヤバい景色」も「キレキレの罵倒」もみんな世界の驚異の一部なのですから。
(※2021年から若手編集者の邪魔にならない範囲で担当希望を出します)

リンク

新着メッセージ

  • うわあああウラヤマシイイイイと個人的に感情を乱されながら読んでしまいました。
    キモデブオタ野郎(でもハゲではない)に流れ星が彼女を連れてきてくれるなんて……! こんなことが起きてほしくて仕方がありません。

    漫画歴浅めとのことですが、ここまで練りに練って、かくあれかしと思わせる作品を作りあげたのは敬服に値すると思います。つまりいいものを書けていると思います!

    ただ賛辞を連ねるだけではもったいないので、いちおう気になる点を書いておきます。主人公が、主人公らしい行動をしていないです……!
    思考の変化は描けているのですが、読み切り漫画としてはそれでは足りません。読者の想像を超えるやり方で状況を動かす行動をすることで、主人公に肩入れした読者はカタルシスを得られるからです。

    (彼女にしっかりと思いを伝えるクライマックスがその「行動」に当たるのでは、と考えたいところですが、残念ながら弱いです)

    つまり、本作は主人公をダメ人間にしてしまった葛藤や屈託を示し、それを乗り越える物語をサブプロットとして用意する必要があったでしょう。願わくばその「乗り越え」の行為が、彼女の思考を変え、場合によっては病状すらも変える流れ星級のパワーを持つものであってほしい。

    不自然にならず、展開上納得のいく形でそのような「行動」を描くことができれば、読んだ人は誰も「ご都合主義的かも」とは思わず、主体的に展開を動かした主人公に感動してくれるでしょう。

    ぜひ、キャラクターの変化と成長をカタルシスにつなげられるよう、どんな行動を設計しうるか考えてみてください。それができれば、「物語」を編む作者へと、この先どんどんステップアップしていくと思います。
    今後も楽しみにしております!

    2021/01/18 00:14
  • 多くの作品をご投稿いただき、ありがとうございます。
    果敢に異常人格者を描き込んでコメディを続けておられるので、注目していました。

    ただ、どうもこれまででは、ボケとツッコミがわかりにくかったり役割がズレたり不明朗に入れ替わったりする印象があって、突破力に欠けるなあとも思っていたところです。

    ところが本作は、主人公が前半部分はしっかりとツッコミをやってくれながら、後半のライブが始まる瞬間からツインボケにスパッと切り替わってくれていたので、ダイナミックな展開を楽しむことができました。

    ただし、メタルをモチーフに使ったギャグ作品は『デトロイト・メタル・シティ』という大傑作が高い壁となります。本作もそれを超えてはいないので、申し訳ないですが「これでお金になる」というところまで高く評価することはできないです。すみません。

    それでも、1本の作品を通じたキャラクターの成長というか退化を、読者の想像を超える飛距離で見せてくれたことに可能性を感じています。この飛距離、ぜひ伸ばしてほしいですね。

    繰り返しですが、この先は、1人の登場人物をしっかりと作り込んで見せてくれることを期待したいです。キャラクターを印象的な存在として起て、論理的整合性を保ちながらも予想外のところまで到達させてしまう、そんな作品が読めたら嬉しいです。
    今後も楽しみにしております!

    2021/01/17 00:19
  • 2回目のご投稿、ありがとうございます。面白く読みました!
    ネーム運びに粗いところもありますが、リーダブルなところは変わらず、前作同様に緩急をつけて読者を怖がらせる技術も発揮されていると思います。

    残念なのは1点だけです。本作の主題が、主人公が「境界線の上を行く」ところにあるのか、それとも「境界線を踏み越える」ところにあるのかわからなかったところです。

    ラストでは境界線に踏みとどまった、と主人公はモノローグで語っています。ですがその前に描かれたシーンでは違うように読めます。刺されたあと、涙を流して這い進むというのは「境界線超え」の行動ではないでしょうか。悪ではない方向かもしれませんが。

    そのため、再読しても、主人公の「変化」を楽しめばいいのか、「変化しない決断」を楽しめばいいのか、私は読み筋がわからないままでした。

    神待ち少女にニヒリストの主人公が変化させられるのか、変化しないで事態を打開させるのか、どちらがよりインパクトがあるのだろうか。たとえばこういった思考で、もっと「面白がらせどころ」を絞り込んで本作を展開してほしかったと思いました。

    ですが、人が描かない漫画を描こう、怖がらせてやろう、という野心を前作以上にビシビシ感じることができたのも事実です。そのため2作続けてコメントしてしまいました。ご投稿、厚く御礼を申し上げます!

    2021/01/16 23:58
  • いい作品を読ませていただき、嬉しいです。

    再読して、三津さんと先生の距離が縮んでいく過程で、三津さんの変化の実力が確かなものになった、と解釈しています。
    最初は完全に人間形態になれているのに、あとになると買い物にも行けない。そんな三津さんの能力がどうすれば安定するのか、もっと伝わりやすくなる仕掛けがあれば、一読でもっとわかりやすかったかなと思いました。

    そして谷本のイヤなやつ具合、最高です!
    目をつけた相手にマウンティングしなければ気が済まない人間の歪みっぷりが、とても良く描けていますね。
    でも谷本はこんなんで優秀な営業マンなのだし、何かの事情があるのでしょう。そうした双方向の事情を描き込んでいくことができれば、『凪のお暇』を超える作品になっていくかもしれない、と愚考もしております。
    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/01/10 23:35
  • 面白く読みました!
    たしかに、これは健全な漫画ですね。いや、ラストで一口分とはいえ食べものを粗末にしているから健全ではないのかも……と思索が膨らむのも楽しかったです。

    テンポも良く、先生が天然ドS野郎ゆえ恋されてしまっていることもよくわかり、掛け合い漫画として一定の水準に達していると感じています。

    一点だけ、柴理さんのMプレイ妄想カット兼リアクション場面(2箇所あると推察されます)が妄想であるとわかりにくいのがもったいなかったです……。

    漫画なのだから、妄想は妄想とわかるようにしっかり描いてほしいです。むしろ、その妄想場面が売りになる作品も多いわけですから。
    エロを描いてくださいというのではなく、作者にしか描けない、でも読者には何のことか伝わる妄想シーンが描けたら、数あるグルメ漫画のリアクション場面とも差別化ができると思います。頑張って描き続けいただければ嬉しいです。

    2021/01/10 23:21
  • まったく先が読めない展開で、見事に読まされました。面白かったです……!

    異世界転生モノのメタをやる試み、企画としてはいろいろ目にしますが、本作はそのなかでも上に行く水準だと考えます。

    ギャグを無数に挟んでいるところは賛否がわかれると思いますが、私は読むのに邪魔にならないよう作れているという理由で「賛」の側に立ちます。

    ただ、魔王さまのタガが外れて発揮されるチート能力が超悪臭……というのはどうなのでしょう。これでは人間のアッシュも真っ先に死んでしまうではないですか。
    鑑定眼の持ち主を触れずに倒すところなど、魔力暴走の凄さを垣間見せてくれているだけに、絵でもっと見せ場の作れる(そしてアッシュが巻き込まれない)チート能力のほうがよかったかな、と感じました。

    本作が徹底的にギャグに振ったものだ、ということならば上記はあら探しかもしれません。ただまとまったストーリーものとしての読み味を出すのなら、ギャグでくすぐっていく部分と演出・シナリオで驚かせる部分をうまく切り分けてくれれば……と思います。
    画力もふくめ、こうしたところは数多く描くことで、どんどん勘所が磨かれていくものです。描き続けてくださることに期待しております!

    2021/01/10 00:43
  • これで「漫画歴浅め」のタグがついていることに驚くばかりです……。
    何というか、ものすごく「うまくなりたい!」と念じて描かれているような、執念すら感じる筆致とスキのない構成に圧倒されました。
    作中で言及されているシーンは扉ふくめ、すべて絵になっておるのですね。

    また、多くのアイディアを詰め込んで、読者に満足してもらおうというサービス精神も大好きです。
    私としては、ぜひエンタメ作品を正面から作ってほしくなりました。もしその志向がおありでしたら、いつかお話をうかがえれば幸いです。
    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/01/04 01:22
  • まっすぐな主人公が魅力的で、楽しく拝読しました!
    2020年とはどういう時代だったのか、過去からの視点で見るという新しい試みにも賛同するものです。

    ・公演1日前だといってたのが、主人公が居眠りしている間に公演が始まったように見えます。寝てたら1日経ったのか、それとも最後の通し稽古だったのか、いずれにしても分かりづらかったです。
    ・熱烈に役者を目指していた主人公が脚本家へと進路を変更する話、と読めますが、台本の重要性を団長たちが語る肝心な場面で主人公は寝ているわけで、そうなると進路変更を決意したタイミングが分からなくなります。

    人生のターニングポイントを描くのが漫画の重要な面白がらせどころであるのに、上記の2点が気になったおかげで、そこがぼやけてしまったように感じられたのは残念でした。

    ですが熱意のこもったいい漫画を読ませていただいたことは間違いなく、ご投稿いただいたことに感謝します。ありがとうございました!

    2021/01/04 21:54
  • ご投稿いただいた2作品、いずれもオリジナリティある作風で楽しく拝読しました。
    読みづらくはないのですが、同じような大きさのコマが続くので、どこが見せ場なのか分かりづらいところがありました。漫画らしく、メリハリのついた見せ方を研究していただければ嬉しいです。

    本作に関しては、短いページ数に多くの情報をうまく詰め込めているとは感じています。(このエンディングのあと、明日見さんはやっぱり所定の時刻が来たら死ぬのではないか、とも思いましたが)

    それにしても、設定の説明で終わってしまった感があったのは残念でした。
    面白がらせどころ(あるいは「怖がらせどころ」でしょうか)をどこに持ってくるのか、もっと焦点を絞って見せていただければ、読後にもっと強い印象を残せるように思います。
    いずれにせよ、力作をご投稿いただいたこと、感謝します。
    引き続き楽しみにしております!

    2021/01/04 00:35
  • 3話まで一気に読みました。
    面白いです!
    主人公・望月くんの望んでいる高校デビューとは、彼女や友達を作ることではなく、その手前の「言いたいことをちゃんと言う」ことだったのですね。

    失敗しながらも少しずつトラウマを克服して人間関係に踏み込んでいく望月くんの姿は、読んでいてとても気持ちのいいものでした。
    このページ数で登場人物の印象づけに成功しているのも、丁寧に構成を練って作ったことがうかがえてよかったです。

    この物語がどのように広がり、着地するのか、楽しみにしています。
    ご投稿、ありがとうございました!

    2021/01/04 00:16

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP