作品詳細ページ

茶道部大型新人ゆずちゃん

春日日かまぼこ

★10 3,326

最新話公開 2023年11月06日 第1話公開 2023年11月06日

茶道部に文字通りの“大型”新人女子が入部してくる話。大きい女の子って可愛い

もくじ

  • 第1話

    公開日:2023年11月06日

    ★2

編集者メッセージ(新着)

  • 前にコメント申し上げた者ですが、明らかにレベルアップしていると思います!
    明確に「ラブコメ」として方向性を決めて描いてくださいましたね。嬉しいです。
    そのために必要なキャラの上げ下げも巧みで、いい漫画と存じます!

    この作品そのままで掲載レベルに近いのではとお見受けしますが、いくつか明確な瑕疵が残っているのは気になりました。

    細かいところでは冒頭で噛んだことがわからない(一瞬ボケにも見える)とか、ツッコミがモノローグから発話に移行しているところのルール変更基準がわからない、押し倒されて「怖い」となった感情を処理していない(ツッコミとしてはあるのですが、怖いと思ったあとどうなったかはわからない)……などなどお話ししたいところがいろいろあり、どこかで機会を得られればと思いました。

    いずれにせよ、「癖」を大事にしまい込むのではなく、前面に出して勝負しようとする気概を見せてくださっているのは嬉しいです。
    今後も楽しみにしております!

    2023/11/12 12:54
  • DAYS NEO へのご投稿ありがとうございます! スクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。『茶道部大型新人ゆずちゃん』めちゃくちゃ面白かったです!

    声が聞こえるくらい にぎやかな原稿で、ページをめくる手が止まりませんでした! 元気系でパトスを抑えられないゆずちゃんと、そのパトスに無自覚なのにちゃんと愛のあるツッコミをくれる雨茶くんの組み合わせが愛おしく、癖の詰まった体格差と相まって、ずっと見ていたくなる二人でした。

    読んでいて「すごい」と思ったポイントは無数にあるのですが、特に「同じ表情が2つと無い」というこだわりが刺さりました。ゆずちゃんの笑顔だけに限っても、天真爛漫なペカーッという顔、からかうようにニヤッと笑い、自信満々のドヤ顔などなど……しかも、それぞれが必殺級の魅力を持っていて……。愛たっぷりの、まるで生きているかのようなキャラが躍動するさまは、春日日かまぼこさんの漫画ならではの美味しさだなと感じます。(一番好きだった表情は、P24の喪失感に気づいた雨茶くんです)

    また、個人的にツッコミボギャブラリーも本当に豊かさも好きでして……。「はわぁ~~(中略)~~?おザコでいらっしゃるぅ~~」「舌の根まだびっしょびしょだけど!?!?」など、声に出したくなる日本語の数々!!と思いながら何度も読み返してしまいました。聞いたことないのに、瞬時に意味がわかるワードチョイス、素晴らしいですね。イキイキしたツッコミから、雨茶くんの親しみも勝手に感じて、勝手に嬉しくなっていました。

    ハイレベルな技量を持つ作家さんなだけに「題材選び」だけがかなり悩ましいのかなと感じました。今回も「茶道部」でなくても成立する話ではありまして……。茶道部マンガに興味がない読者の間口が狭まった結果、キャラの良さにたどり着いてもらいづらくなっているのは惜しいです。今後、より多くの読者に読んでもらうことを目指す場合、もっと武器を活かせる「題材選び」を心掛けられてもよいかもしれません!

    さしつかえなければ、春日日かまぼこさんとぜひ一緒に作品づくりをさせていただきたく考えております。現状の目標やお好きなエンタメのお話を伺いつつ、まずは雑誌掲載を目指したご相談ができればありがたいです。伝えきれなかった感想や、描きたいマンガの方向性のご相談も含めて、一度やりとりの機会をいただけますと嬉しいです!! どうかご検討くださいませ。

    今後の創作を本当に楽しみにしております!! 愛に満ちたマンガをありがとうございました!

    2023/11/06 22:16

編集者メッセージ(いいね)

  • DAYS NEO へのご投稿ありがとうございます! スクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。『茶道部大型新人ゆずちゃん』めちゃくちゃ面白かったです!

    声が聞こえるくらい にぎやかな原稿で、ページをめくる手が止まりませんでした! 元気系でパトスを抑えられないゆずちゃんと、そのパトスに無自覚なのにちゃんと愛のあるツッコミをくれる雨茶くんの組み合わせが愛おしく、癖の詰まった体格差と相まって、ずっと見ていたくなる二人でした。

    読んでいて「すごい」と思ったポイントは無数にあるのですが、特に「同じ表情が2つと無い」というこだわりが刺さりました。ゆずちゃんの笑顔だけに限っても、天真爛漫なペカーッという顔、からかうようにニヤッと笑い、自信満々のドヤ顔などなど……しかも、それぞれが必殺級の魅力を持っていて……。愛たっぷりの、まるで生きているかのようなキャラが躍動するさまは、春日日かまぼこさんの漫画ならではの美味しさだなと感じます。(一番好きだった表情は、P24の喪失感に気づいた雨茶くんです)

    また、個人的にツッコミボギャブラリーも本当に豊かさも好きでして……。「はわぁ~~(中略)~~?おザコでいらっしゃるぅ~~」「舌の根まだびっしょびしょだけど!?!?」など、声に出したくなる日本語の数々!!と思いながら何度も読み返してしまいました。聞いたことないのに、瞬時に意味がわかるワードチョイス、素晴らしいですね。イキイキしたツッコミから、雨茶くんの親しみも勝手に感じて、勝手に嬉しくなっていました。

    ハイレベルな技量を持つ作家さんなだけに「題材選び」だけがかなり悩ましいのかなと感じました。今回も「茶道部」でなくても成立する話ではありまして……。茶道部マンガに興味がない読者の間口が狭まった結果、キャラの良さにたどり着いてもらいづらくなっているのは惜しいです。今後、より多くの読者に読んでもらうことを目指す場合、もっと武器を活かせる「題材選び」を心掛けられてもよいかもしれません!

    さしつかえなければ、春日日かまぼこさんとぜひ一緒に作品づくりをさせていただきたく考えております。現状の目標やお好きなエンタメのお話を伺いつつ、まずは雑誌掲載を目指したご相談ができればありがたいです。伝えきれなかった感想や、描きたいマンガの方向性のご相談も含めて、一度やりとりの機会をいただけますと嬉しいです!! どうかご検討くださいませ。

    今後の創作を本当に楽しみにしております!! 愛に満ちたマンガをありがとうございました!

    2023/11/06 22:16
  • 前にコメント申し上げた者ですが、明らかにレベルアップしていると思います!
    明確に「ラブコメ」として方向性を決めて描いてくださいましたね。嬉しいです。
    そのために必要なキャラの上げ下げも巧みで、いい漫画と存じます!

    この作品そのままで掲載レベルに近いのではとお見受けしますが、いくつか明確な瑕疵が残っているのは気になりました。

    細かいところでは冒頭で噛んだことがわからない(一瞬ボケにも見える)とか、ツッコミがモノローグから発話に移行しているところのルール変更基準がわからない、押し倒されて「怖い」となった感情を処理していない(ツッコミとしてはあるのですが、怖いと思ったあとどうなったかはわからない)……などなどお話ししたいところがいろいろあり、どこかで機会を得られればと思いました。

    いずれにせよ、「癖」を大事にしまい込むのではなく、前面に出して勝負しようとする気概を見せてくださっているのは嬉しいです。
    今後も楽しみにしております!

    2023/11/12 12:54

TOP