プロフィール

スクエニ樋口_ガンガンJOKER編集部

★12

11

経歴

新潟出身の31歳です。
ガンガンJOKER編集部、7年目。
ジャンルを問わず
アツいマンガ・エモいマンガが好きです。

担当作

<ガンガンJOKER>
「渋谷金魚」(完結済)
「はじめての諏訪さん」
「ポラリスは消えない」

<マンガUP!>
「最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる」
「俺はまだ、本気を出していない」
「冒険に、ついてこないでお母さん!」
「賢者の魔道具工房」
「けもの使いの転生聖女」
「亜人さん、今日はどうされましたか?」

メッセージ

はじめまして、ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。
今年度はたくさんの連載をはじめたいと意気込んでいます!
たくさんのコメントをさせていただくことになるかと思いますが
どうかよろしくお願いいたします。


打ち合わせ・取材・宣伝のために駆け回るのが好きなタイプの編集者です!
物語を広めるための作戦立てをするのも好きです。
一緒に作品づくりをさせていただく際は、ゼヒ奔走させてください!!


趣味は、作家さんオススメのエンタメ作品を摂取することです。
ホラー・アクション・サスペンス・恋愛・サブカル・ファンタジー等々、
苦手ジャンルなく、何でも楽しみます。
まずは、作家さんと視点を共有するところからはじめたいと思うので…
ご縁がありましたら、貴方のオススメのエンタメをゼヒ教えてください!!

リンク

新着メッセージ

  • DAYS NEO へのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。『魔女アメリの食卓』拝読させていただきました!!

    見せ場の絵ヂカラが印象的な作品でした! アメリの表情から、気持ちの高まりや嬉しさが直感的に伝わるのが良いですね。「食べ物を通して、作る人の気持ちが伝わる」というのは、ファンタジー世界だけでなく、我々の身の回りにも起こりうることなので……。普遍的なテーマを扱っているのも素敵かと思います。

    一方で、"感情"以外の要素を全て文字だけで説明してしまっているのは惜しく感じました。「調理者の感情がわかるという能力のうっとおしさ」や「アメリが他者を拒絶している様子」など、オチを味わうために大事な要素は、文字ではなく具体的なエピソードとして描いてあげるのはどうでしょうか? 4Pという限られたスペースでは難しいかもしれませんが、例えば、冒頭を「他者からもらった食べ物をアメリが拒絶する」というシーンからはじめるだけで、アメリの抱えている問題が直感的に伝わるかと思います。

    次回作は「文字ではなくエピソードで」を念頭に置いていただくと、よりキャラの境遇や設定に読者がのめり込めるようになり、青山さんの武器である見せ場の絵ヂカラがより際立つかと思います!

    今後のご投稿も楽しみにお待ちしております!!

    2022/05/25 17:27
  • DAYS NEO へのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。『セブン』『MA!』それぞれ、大変楽しく拝読させていただきました!!

    両作、大変面白かったです。1P先に何が起こるか想像ができず、夢中でページをめくってしまいました。

    『セブン』は、予想を裏切り続ける展開とワードセンスに痺れました。姉妹間で殺し合うハードな世界観、下剋上上等のお礼参り、一触即発の立ち会い、そこから繰り出される圧倒的な斬撃シーン…。"武士道"の厳しさと、そこに真正面から挑む七姫の武勇を見届けたくなります。

    『MA!』は、とにかく、続きが気になります!!! 3人の、時代も背景も違うスペシャルな主人公達が、どのように絡むのか、どう出会うのか、楽しみすぎますね。個人的には、普段弱気なように見えるマオの、時折覗かせる残酷さのギャップが好きです。

    上記2作品の巨大な主題を支えているのが、車戸さんの「画力」だと思います。『セブン』の殺陣のスピード感、『MA!』の巨大な神的存在の圧力。現実では到底味わうことのできない体験が、ページをめくるたびに襲いかかり、これぞマンガの醍醐味…と噛み締めながら読みました。

    編集者目線では、主人公と目的が1話で提示される『セブン』の方が、商業誌に向いている印象ではありました。見たこともない景色を読者に見せる…という意味で、車戸さんの非凡な才能と熱量は、この2作で痛いほど伝わります。ただ、未知なるマンガ体験は、読者も消化のためのエネルギーを使います。時には物語を見失いそうになることもあるかと思います。そんなとき、共感を見いだせる主人公や、思わず見届けたくなる目的があれば、"灯台"の役割となり、読者を先の物語に導いてくれるかと思います。

    今後、車戸さんが読者に作品を届ける際、そういった"灯台"の役割をしてくれる、キャラクターや目的を意識されると、より多くの読者に届きやすくなるかもしれません。

    さしつかえなければ、車戸さんと連載を視野にいれた作品づくりに関するご相談をさせていただきたく考えております。車戸さんの描く、誰も見たことのない漫画を、読者に届けるお手伝いができればと思います。ここではお伝えしきれなかった感想や、目指したい作品の方向性、レーベルのご紹介なども含めて、やりとりの機会をいただければ幸いです。どうかご検討くださいませ。

    重ね重ね、衝撃的なマンガ体験をありがとうございました!!

    2022/05/24 18:25
  • ご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。

    絵も題材もめちゃくちゃ素晴らしかったです!!

    表情の描写が秀逸ですね。特に、終始感情の読めない男性が、最後のページではじめて「にやっ」とするところがたまらなく良かったです…。平場のクールさと、内に秘めた偏愛…この少ないページで、キャラクターを印象付ける手管は、凄いですね。ベタにインクっぽさを載せた画面づくりもカッコよく、オールジャンルで活躍できる画力を感じます。

    『恋愛ポイント制』というキャッチーな題材も、個人的には好きでした!! いろんなものが数値化される昨今に「好きな人の好感度」もスタンプやシールで可視化して欲しい!と願う若い読者は多いのではないでしょうか?

    欲を言えば「ラストの告白で、女性側の気持ちがどう動いたのか」というところで描ききって欲しい…とは思ってしまいました。恋愛マンガに限らず、多くのマンガは「出来事によってキャラクターの感情がどう動いたのか」までがセットになります。ましてや、本作は「告白」のマンガなので、読者は女性側のアンサーを知りたくてしかたない!という気持ちにさせられまして…。はたして告白を受け入れるのか、断るのか、照れちゃうのか、ついついほだされるのか――…。読者が気になるアンサーまで描き切ることで、よりカタルシスの大きな短編になったかもしれません!! (自分も、一読者として、とっても気になりました!!)

    さしつかえなければ、藤河さんとぜひ一緒に作品づくりをさせていただきたく考えております。個人的に「恋愛ポイント制」というテーマとこの2人にも、すごく可能性を感じておりまして……。ガンガンJOKERは少年誌ではありますが、女性や青年の読者に向けた作品も多く掲載しております。一度、藤河さんの描きたいマンガの方向性のご相談も含めて、やりとりの機会をいただけますと幸いです!!

    重ね重ね、素敵なキャラクターと物語をありがとうございました!

    2022/05/19 02:36
  • ご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。

    屈強な男性が、ミステリアスな仙女様に手玉に取られる…という題材が秀逸で、大変楽しく拝読させていただきました!! 雨の中逃げる井ノ中の表情など、絵的な見せ場が多く、仙女のキャラも立っていて、確かな実力を感じる原稿でした。

    一方で、ラストのバトルが省略されてしまったのは、少し物足りない印象でした。独りよがりで未熟だった井ノ中が、圧倒的な実力差の仙女にどう挑み、どう変わるか…。そこが本作の最大の見どころかと思います。弱さを知ってなお立ち上がるアツさを、セリフやモノローグではなく、シーンとして見られると、より没入度の高い作品になるのではないでしょうか。

    また、こういった広義の『ボーイ・ミーツ・ガール』の作品は、男性側(視点キャラ)の好感度が高さがかなり重要になります。前半の井ノ中は『イキっている男性』という立ち位置はわかりやすかったのですが、ヤラレ役としての色が強く、主人公としては愛着を持ちづらいつくりになっていました。今のヤラレ役としての役割はそのままに、読者に好きになってもらえるような信念や特徴が追加されると、彼の成長をより楽しみにしてもらえるようなマンガにつながるかもしれません。

    重ね重ね、素敵な作品をありがとうございました!

    2022/05/18 17:00
  • ご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。

    ネーム、大変楽しく拝読させていただきました!!

    夢を追う89の真っ直ぐさが伝わり、応援したくなりました。掛け合いの描写も丁寧でよかったです。ラストのプラネタリウムをお披露目する見開き絵のカタルシスが素敵ですね! その後の警察官の掌返しも、根っからの悪人ではないことが伝わってきて気持ちよかったです。

    一方で、歴史を元にしたフィクションマンガは、『興味にない読者をどう惹きつけるか』がどうしても課題になります。今作は「プラネタリウムの誕生秘話」に興味がある読者以外を惹き込むための工夫がやや足りず、ちょっとマニアックなマンガになってしまっているのが惜しく感じました!

    以下は、改善のためのアドバイスになるのですが……。

    一番わかりやすいのは「キャラクター」で引っ張る方法です。強烈な印象をもったキャラクターが冒頭で出てくると、「このキャラの行く末が気になる!」と、思わず先を読み進めてしまいます! 強烈な印象…の方向性はいろいろありますが、超天才型の変人・愛嬌たっぷりな人たらし・類を見ない努力家…などなど、コンセプトの尖ったキャラクターの行動を冒頭でガツンと描くのは、読者を惹き付ける有効な手段かと存じます。

    また「テーマの掘り下げ」をするのも一つの手かと存じます。今作は、プラネタリウム誕生のロマンを描いた作品かと思いますが、そのロマンの大きさがやや伝わりづらかっく感じました。我々にとって、小型のプラネタリウムはネット通販でも買える…というところが、難しいポイントかと存じます。当時の人々にとって、夜空にどんな思い入れがあって、レンズを作るのがどれほど大変なことなのかなど、現在の読者が見ても凄さが伝わるように描いてあげることで、読者にも「プラネタリウムの誕生を見たい!!」とワクワクしながらページをめくってもらえるのではないでしょうか。

    以上、長々と失礼いたしました。

    素敵なネームをありがとうございました! 今後のご投稿も楽しみにしております!

    2022/05/10 15:22
  • ご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。

    めちゃくちゃ心に刺さるネームをありがとうございます! 予想を裏切りつづける衝撃展開の数々と、期待を裏切らない美しいラストが印象的で、夢中で読んでしまいました!!

    不完全な自我しかもたないロボットのはずが、読み進めるうちに、ひとつの生きモノとして愛おしく見えてくるのが凄いですね。「人間離れしたキャラクターの底に潜む、生々しさと愛おしさ」は、タカチカケイさんの作品の優れた個性かと存じます。(前作『メニ・メニ・マネー・サプライズ』も拝読しましたが、共通した面白さがあるように感じました)

    もしよろしければ、タカチカケイさんの作品づくりお手伝いをさせていただければと考えております!! 「ネーム原作者志望」というタグをつけられていましたが、レーベル的に原作・作画が分かれた作品のノウハウもかなりありますので、そこも視野にいれつつ、一度お打ち合わせの機会をいただけますと幸いです。どうかご検討くださいませ。

    重ね重ね、素敵な作品をありがとうございました!!

    2022/05/10 14:39
  • ご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。

    大変丁寧に仕上げられた原稿、楽しく拝読させていただきました!!

    続きが非常に気になる1話でした!周囲から人気がありながらも、叶わぬ恋を心に秘めていて―…。実は似た者同士の2人の今後がとても楽しみになりました!! 1話の中で、しっかり読者を引き付ける舞台設定を届けられているのは素晴らしいですね。

    過去作の『魔法使いと灰色の猫』も拝読しましたが、共通してクールそうな人間が内に秘める巨大な感情をとても魅力的に描かれるなと感じました。くろとさんの作家としての武器なのだと思います。背景もキャラ絵も大変丁寧で、没入できました!!

    一方で、この先も『キャラの内に秘めたる感情』を描かれる限り、前半パートでいかに読者の興味を惹くかは大事な課題になるかと存じます。今回も、序中盤は見どころが薄く、やや間延びした印象をうけました。これをクリアするためのアドバイスとして、以下2点をおまとめしております。

    1点目は、シーンのカットです。説明や相槌だけのシーンなど、読者にとって旨味が薄めなシーンをできるだけカットして、その代わりに『月槻さんの一途さ』や『秘めたる恋心』のような非常に魅力的な要素をもっとたっぷりと見せることを意識してみてはいかがでしょうか。
    特にP6からは長めな会話が続くので、読者の関心を維持するのが難しいシーンかと存じます。数あるセリフの中で、キャラの魅力が詰まったものはどれかを考え大きく置き、それ以外をできる限り削る…といったメリハリを意識すると、より面白さの密度が高いマンガになります。

    2点目は、決めゴマの活用です。P14の月槻さんの表情は大変に魅力的なのですが、それより前はおとなしい絵が続いてしまったのは、非常に惜しいです!! くろとさんの描くキャラには読者を引き付ける力があるので、前半も『青柳くんのカッコよさ』や『学校での月槻さんのクールさ』などが一目で伝わるようなパンチのある絵を置いてあげると、よりキャラのことを好きになった状態で読者が最後まで読み進めてくれるかと思います!!

    重ね重ね、素敵な作品をありがとうございました!! 今後のご投稿も楽しみにしております!!

    2022/05/08 17:53
  • DAYS NEOへのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。大変楽しく拝読させていただきました!!

    カオルさんがとても可愛かったです!! 普段の無表情とブラコン(?)発動時のニコニコした表情とのギャップが素晴らしく、2人のやりとりをもっと沢山見たいと感じました。大学生のお姉さんの気を惹くために背伸びしている男の子と、自分だけに笑顔を向けてくれるお姉さん…という、心躍る関係性がしっかり伝わってくるネームでしたし、そうした関係性がひと目で伝わる、色彩センス抜群のカラー絵も素敵でした。

    要所で立ち絵や印象的な絵が入るなど、ネームとしても読みやすく、HIYAMAさんの確かな構成力を感じました!ネームの状態でも十二分にキャラクターの魅力が伝わりましたが、あわよくばHIYAMAさんご自身が作画までされた原稿も見てみたいとも感じています。

    以下は、アドバイスになります。

    ラブコメ1話の宿命でもあるのですが、カオルさんとカズくんの絡むシーンが少なめだったのは、若干惜しく感じました。ラブコメで読者が楽しみにしていることは、メインキャラクター同士のやりとりになります。例えば、出会いのシーンからではなく、すでに同居しているところからはじめた方が、かわいい2人のかわいいシーンを沢山楽しんでもらいやすかったりします。

    また、カズくん(視点キャラクター)にどっぷり感情移入してもらうため、もう少しモノローグを多めに置くことを意識されてもよいかもしれません。「あこがれのお姉さんに声をかけるドキドキ」「笑顔を向けてもらえた喜び」といった、作品の根幹に関わる感情の動きは、読者に伝われば伝わるほど面白く読んでもらいやすいです。

    魅力的な作品を読ませていただきありがとうございました。
    今後のご投稿も楽しみにしております!!

    2022/05/06 17:05
  • DAYS NEOへのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。ネーム、大変楽しく拝読させていただきました!!

    クライマックスが非常に好きな作品でした!!「関係性に名前をつけられない」という結論のドラマチックさや、パラレルワールドが無限に映写される見開きの美しさに魅入ってしまいました…!

    惜しい部分として、さつきさん側の気持ちがやや追いづらかった点があります。さつきも一華のことをかけがえのない存在だと思っていた…という事実が、本作のたまらなく良いポイントだと感じておりまして…。そういった感情の巨大さを、もう少し前半に匂わせてあげると「運命の人」というオチに納得感が出ます。

    テーマ・キャラクター・演出ともに高水準で中村さんの確かな実力を感じました。現状は、物語の高い実力に対して、絵のパワーが若干追いついていない印象があるので、画力のアップがプロデビューに向けた鍵かもしれません。

    今後の作品も楽しみにしております!!

    2022/05/06 16:40
  • DAYS NEO へのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。ネーム、大変楽しく拝読させていただきました!!

    いや、非常に面白かったです…! 「入れ替わり×逆襲劇」というアツい大枠に、花神臥龍というアツすぎるカリスマ主人公が乗っかって、ネームの状態でも続きが気になるエンタメに仕上がっていると感じました。

    石山さんの過去作はいくつか拝読していて、その見開きや決めゴマのカッコよさから、類まれな画面構成力をお持ちの作家さんだなと感じていましたが、本ネームにもその力が存分に発揮されているかと思います!

    臥龍先生が髪を縛ったり、深山が舌を出しながら悪い笑いを浮かべたり…。額に飾りたくなるような決めゴマが満載なのも嬉しいですよね。これぞマンガの醍醐味というような気持ちいいネームに仕上がっています!!

    本作は、十分連載に耐えうる企画だと思います。

    一応、気になった箇所としては、敵である深山がラスボスとしては力不足に見える点でしょうか…。カリスマ性の塊である臥龍先生に比べて、深山の個性やモチベーションは、やや弱い印象です。「この2人の勝負、どうなるんだ!?」というハラハラ感が長期連載の鍵になるかと存じます。深山に何か個性を追加したり、戦いの障壁を作ってあげたりなどは要検討かもしれません。

    さしつかえなければ、石山さんとぜひ作品づくりに関するご相談をさせていただきたく考えております。本作の連載に向けた作戦会議や、お互いの人となり、レーベルのご紹介なども含めて、やりとりの機会をいただければ幸いです。どうかご検討くださいませ!!

    重ね重ね、素晴らしいネームをありがとうございました!

    2022/05/06 16:01
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP