プロフィール

スクエニ樋口_ガンガンJOKER編集部

★17

15

経歴

新潟出身の31歳です。
ガンガンJOKER編集部、7年目。
ジャンルを問わず
アツいマンガ・エモいマンガが好きです。

担当作

<ガンガンJOKER>
「渋谷金魚」(完結済)
「はじめての諏訪さん」
「ポラリスは消えない」

<マンガUP!>
「最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる」
「俺はまだ、本気を出していない」
「冒険に、ついてこないでお母さん!」
「賢者の魔道具工房」
「けもの使いの転生聖女」
「亜人さん、今日はどうされましたか?」

メッセージ

はじめまして、ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。
今年度はたくさんの連載をはじめたいと意気込んでいます!
たくさんのコメントをさせていただくことになるかと思いますが
どうかよろしくお願いいたします。


打ち合わせ・取材・宣伝のために駆け回るのが好きなタイプの編集者です!
物語を広めるための作戦立てをするのも好きです。
一緒に作品づくりをさせていただく際は、ゼヒ奔走させてください!!


趣味は、作家さんオススメのエンタメ作品を摂取することです。
ホラー・アクション・サスペンス・恋愛・サブカル・ファンタジー等々、
苦手ジャンルなく、何でも楽しみます。
まずは、作家さんと視点を共有するところからはじめたいと思うので…
ご縁がありましたら、貴方のオススメのエンタメをゼヒ教えてください!!

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。

    大変丁寧に仕上げられた原稿、楽しく拝読させていただきました!!

    続きが非常に気になる1話でした!周囲から人気がありながらも、叶わぬ恋を心に秘めていて―…。実は似た者同士の2人の今後がとても楽しみになりました!! 1話の中で、しっかり読者を引き付ける舞台設定を届けられているのは素晴らしいですね。

    過去作の『魔法使いと灰色の猫』も拝読しましたが、共通してクールそうな人間が内に秘める巨大な感情をとても魅力的に描かれるなと感じました。くろとさんの作家としての武器なのだと思います。背景もキャラ絵も大変丁寧で、没入できました!!

    一方で、この先も『キャラの内に秘めたる感情』を描かれる限り、前半パートでいかに読者の興味を惹くかは大事な課題になるかと存じます。今回も、序中盤は見どころが薄く、やや間延びした印象をうけました。これをクリアするためのアドバイスとして、以下2点をおまとめしております。

    1点目は、シーンのカットです。説明や相槌だけのシーンなど、読者にとって旨味が薄めなシーンをできるだけカットして、その代わりに『月槻さんの一途さ』や『秘めたる恋心』のような非常に魅力的な要素をもっとたっぷりと見せることを意識してみてはいかがでしょうか。
    特にP6からは長めな会話が続くので、読者の関心を維持するのが難しいシーンかと存じます。数あるセリフの中で、キャラの魅力が詰まったものはどれかを考え大きく置き、それ以外をできる限り削る…といったメリハリを意識すると、より面白さの密度が高いマンガになります。

    2点目は、決めゴマの活用です。P14の月槻さんの表情は大変に魅力的なのですが、それより前はおとなしい絵が続いてしまったのは、非常に惜しいです!! くろとさんの描くキャラには読者を引き付ける力があるので、前半も『青柳くんのカッコよさ』や『学校での月槻さんのクールさ』などが一目で伝わるようなパンチのある絵を置いてあげると、よりキャラのことを好きになった状態で読者が最後まで読み進めてくれるかと思います!!

    重ね重ね、素敵な作品をありがとうございました!! 今後のご投稿も楽しみにしております!!

    2022/05/08 17:53
  • DAYS NEOへのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。大変楽しく拝読させていただきました!!

    カオルさんがとても可愛かったです!! 普段の無表情とブラコン(?)発動時のニコニコした表情とのギャップが素晴らしく、2人のやりとりをもっと沢山見たいと感じました。大学生のお姉さんの気を惹くために背伸びしている男の子と、自分だけに笑顔を向けてくれるお姉さん…という、心躍る関係性がしっかり伝わってくるネームでしたし、そうした関係性がひと目で伝わる、色彩センス抜群のカラー絵も素敵でした。

    要所で立ち絵や印象的な絵が入るなど、ネームとしても読みやすく、HIYAMAさんの確かな構成力を感じました!ネームの状態でも十二分にキャラクターの魅力が伝わりましたが、あわよくばHIYAMAさんご自身が作画までされた原稿も見てみたいとも感じています。

    以下は、アドバイスになります。

    ラブコメ1話の宿命でもあるのですが、カオルさんとカズくんの絡むシーンが少なめだったのは、若干惜しく感じました。ラブコメで読者が楽しみにしていることは、メインキャラクター同士のやりとりになります。例えば、出会いのシーンからではなく、すでに同居しているところからはじめた方が、かわいい2人のかわいいシーンを沢山楽しんでもらいやすかったりします。

    また、カズくん(視点キャラクター)にどっぷり感情移入してもらうため、もう少しモノローグを多めに置くことを意識されてもよいかもしれません。「あこがれのお姉さんに声をかけるドキドキ」「笑顔を向けてもらえた喜び」といった、作品の根幹に関わる感情の動きは、読者に伝われば伝わるほど面白く読んでもらいやすいです。

    魅力的な作品を読ませていただきありがとうございました。
    今後のご投稿も楽しみにしております!!

    2022/05/06 17:05
  • DAYS NEOへのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。ネーム、大変楽しく拝読させていただきました!!

    クライマックスが非常に好きな作品でした!!「関係性に名前をつけられない」という結論のドラマチックさや、パラレルワールドが無限に映写される見開きの美しさに魅入ってしまいました…!

    惜しい部分として、さつきさん側の気持ちがやや追いづらかった点があります。さつきも一華のことをかけがえのない存在だと思っていた…という事実が、本作のたまらなく良いポイントだと感じておりまして…。そういった感情の巨大さを、もう少し前半に匂わせてあげると「運命の人」というオチに納得感が出ます。

    テーマ・キャラクター・演出ともに高水準で中村さんの確かな実力を感じました。現状は、物語の高い実力に対して、絵のパワーが若干追いついていない印象があるので、画力のアップがプロデビューに向けた鍵かもしれません。

    今後の作品も楽しみにしております!!

    2022/05/06 16:40
  • DAYS NEO へのご投稿ありがとうございます! 期間限定でDAYS NEOに参加させていただいておりますスクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部の樋口と申します。ネーム、大変楽しく拝読させていただきました!!

    いや、非常に面白かったです…! 「入れ替わり×逆襲劇」というアツい大枠に、花神臥龍というアツすぎるカリスマ主人公が乗っかって、ネームの状態でも続きが気になるエンタメに仕上がっていると感じました。

    石山さんの過去作はいくつか拝読していて、その見開きや決めゴマのカッコよさから、類まれな画面構成力をお持ちの作家さんだなと感じていましたが、本ネームにもその力が存分に発揮されているかと思います!

    臥龍先生が髪を縛ったり、深山が舌を出しながら悪い笑いを浮かべたり…。額に飾りたくなるような決めゴマが満載なのも嬉しいですよね。これぞマンガの醍醐味というような気持ちいいネームに仕上がっています!!

    本作は、十分連載に耐えうる企画だと思います。

    一応、気になった箇所としては、敵である深山がラスボスとしては力不足に見える点でしょうか…。カリスマ性の塊である臥龍先生に比べて、深山の個性やモチベーションは、やや弱い印象です。「この2人の勝負、どうなるんだ!?」というハラハラ感が長期連載の鍵になるかと存じます。深山に何か個性を追加したり、戦いの障壁を作ってあげたりなどは要検討かもしれません。

    さしつかえなければ、石山さんとぜひ作品づくりに関するご相談をさせていただきたく考えております。本作の連載に向けた作戦会議や、お互いの人となり、レーベルのご紹介なども含めて、やりとりの機会をいただければ幸いです。どうかご検討くださいませ!!

    重ね重ね、素晴らしいネームをありがとうございました!

    2022/05/06 16:01
  • ご投稿いただきましてありがとうございます!

    冒頭の数ページで、青春モノとしての雰囲気をしっかり作れていて、惹き込まれました。学生同士の劣等感といった、共感しやすいテーマを描ききっている点や、冒頭の印象的なモノローグをオチできれいに回収している点もよかったです!!全体的にモノローグの文章が美しく、小説のような読み味を出せるという点は、石木さんの武器だと感じています。

    一方で、大きな盛り上がりがなく終わってしまったのは、少し勿体なく感じました。"大切だった人"との離別の苦しさや、過去の一言がきっかけでその苦しさをマンガにぶつける…といった非常にドラマチックな物語を描かれているので、コマ割りや演出もそれに負けないくらいメリハリがつくとよいかもしれません。

    本作品に限らず、感情が一番高まる瞬間がどこかを掘り下げて、そこを切り取って、読者の目に焼き付くような決めゴマを置く…といったことを意識されると、より印象的な作品につながるかと思います。ぜひ今後もがんばってください!!

    2022/05/06 14:44
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP