プロフィール

たの。デイズネオはじめました

★27

17

経歴

FRIDAY→週刊現代→モーニング・コミックDAYS編集部

FRIDAYでは、事件・災害取材や芸能張り込みからラーメンの連載まで(ホームは野猿です/二郎の話)。

週刊現代では、スポーツ、作家のエッセイ、漫画の担当から女性のヌード写真集まで。

担当作

☆現在の担当作
『相談役 島耕作』
『GIANT KILLING』
『リエゾンーこどものこころ診療所ー』がスタート!

☆過去につくった本など
過去『いろいろあった人へ 大人の流儀』(伊集院静)、アン・シネ写真集『SHINE』(野村誠一)、『銀行渉外担当 竹中治夫』(こしのりょう)、『アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日(原晋)。

メッセージ

担当作のように、「人間」を描いている作品が好きです。

漫画編集一筋ではありませんが、いろんなものと人を見てきました。

喜怒哀楽だけじゃなく、何百何千とある人間の感情、表情を突き詰めて、ストーリーをつくりたいです。

あの人に会って話を聞きたい、何から始めたらいいかわからない、話を膨らませるきっかけが欲しいーーそんな時、週刊誌時代の経験が活きると思います。

過去に「友人の友人が◯◯だった」と失言した政治家がいましたが、あながちウソじゃありません。

編集者人生で出会った友人知人、そのまた先の仲間たちの力を借りて、
自分の持ってるものを全部注ぎ込んで、よい作品を皆さんと作りたいと思っています。

©風間やんわり

リンク

新着メッセージ

  • <ホテルに缶詰>って言葉が好きで、缶詰をテーマにマンガができないかなと画策したことがあり、頭の隅に非常食の缶詰のようにその思いが残っていました。

    そしてこの度、私の想像を超えた作品に出会いました!
    ぜひ、モーニング(モーニングツー、コミックDAYS、イブニングなども)で連載を狙い、作品準備を一緒にできませんか。

    モーニング各誌ではたくさんの「食」をテーマにした作品がありますが、
    「缶詰」×「美女」、新しくて、かつ最強コラボだと個人的に思います。
    今の組み合わせはもちろん、もし連載化を目指すなら、缶詰や人間ドラマのバリエーションを出す意味で、魅力ある女性作家(漫画家)×振り回される編集者、地方出張続きのバリキャリ妻×主夫漫画家などの設定もいいな!と思います。

    また以前、缶詰博士の方にも取材したことがあります。
    編集として色々とお手伝いできることもあるかと思います。

    まずはお会いしてお話しできれば幸いです。よろしくお願いいたします。

    2021/06/18 12:12
  • めちゃ面白かったです。
    クマがいきなり喋る、イケメンに置き換える、畳み掛けるつかみが見事です。
    また、それぞれのキャラクターがバランスよく動いていて、友人の死も、めぐみさんの死も、振りで最後に効いてくる。
    多少設定やストーリー回しが強引でも、読切でしっかり読ませる力があると感じました。
    願わくば、クマのギャップ(恐ろしさともふもふした愛らしさ)を見たかったのと、めぐみさんはオホーツクの魚の餌にしなくても、近くの川から遺体(骨)が発見されたら、リアリティが出たうえに、主人公のアシストが効いたのではないかなと思いました。
    読者目線でそんなお話しかできませんが、面白い作品を作るお手伝いができましたら幸いです。

    2021/06/12 10:21
  • twitterも拝見させていただきました。

    腹筋の線、服のスタイリングから皺まで、こだわりを感じます。
    絵のクオリティーはもちろん、
    設定や二人のキャラ作りのうえに漫画を描かれていてとても大事なことだと感じました。

    個人的には特に男性が格好いいですね。
    愛嬌があってヒーロー感がある。
    今回は「弟」「高校生」ですが、違う役割をもったストーリーを読みたいです。
    青年誌にも興味がありましたら、よろしくお願いいたします!

    2021/06/12 09:46
  • このたびは投稿ありがとうございました。
    どの作品も拝見させていただきました。
    「枯れない愛ーー」「たった一言ーー」も構成がお上手で面白かったのですが、
    結構読み筋を考えちゃったこちらに投稿させていただきます。

    登場人物の不器用さと感情の描き方、
    彼らの日常をドラマにすることが本当にお上手だと思います。

    またやりたいことと絵柄がとてもマッチしていて、
    すでに確立されているのもそれが素晴らしいなと思いました。

    反面、もっと幅広い読者を意識した漫画作りをする際に何かお力になれることがあるのかなと思います。

    モーニング作品、コミックDAYSにご興味ありましたら、
    ぜひ、一度お話ができればと思います。

    よろしくお願いいたします。

    2021/04/02 17:50
  • 投稿ありがとうございました!
    絵柄が可愛くて、主人公がコロコロ表情を変えて、話も転がっていく感じが楽しかったです。

    どうしたらキスしてもらえるかという彼女なりの戦略でオチまで読ませるので、ロジカルに考えて作られたのかなという気がしました。そうであれば、グイッと描き上げる腕力のある方だなと思います!

    男性のキャラーー暗い部分について、ちょこちょこ説明が入るのですが、どこかにまとめても良いのかなと思いました。

    青年誌志望ということで、よろしければ、どんな漫画を描きたいかなど、お話ができれば幸いです。

    2021/04/02 16:29
  • 笑顔の大きい大きな女性、赤黒い丸い玉、郊外、民生委員の裏の顔?・・・
    よくわからないものの恐ろしさが強烈に、または印象的に描かれていて、
    ページをめくらせます。
    (個人的には普通に街にでているのが怖い・・・)

    他の方もコメントされていましたが、
    ミステリーならずとも、ネタ明かしの順番は肝ですよね。
    構成や周辺のキャラクターの置き方については是非、一緒に練られればと思いました。
    (自分が担当だったら、全体の構成次第ですが、2話のタイミングは取り扱い注意。ただ、4話目は警官のキャラはじめ、良い意味でわかりやすくなっていました)

    この警官が担うのかわかりませんが、
    恐ろしいもの(主人公)の対局にまず真っ当な人間を置いてみると筋が分かりやすくなると思います。その人間が多少ズレていったりすると話も膨らそうです。

    私にとっては古米さんがどんな方なのか興味があります。
    他の作品も読ませていただきましたが、
    どれも人間の心の機微を、現実と非現実の狭間のような世界&キャラで描き、最終的には主人公の背中を押してくれる(心救われる)良作でした。

    短いスパンで、読み応えのあるもの、印象に残るものを制作されているので、
    バックボーン、これからのプラン含め、一度お話させていただければと思いました。

    よろしくお願いいたします。

    2021/03/03 15:43
  • 女の子の絵柄も可愛くて、ドキドキしながら読めました。
    最後まですっと読み易かったのですが、裏を返せば、どこかに仕掛けがあるともっと良いのかなと思いました。
    どっちかが企んでるとかですね・・・最後の女の子の表情からは先輩を転がしている様子が伝わってきましたが、エンタメとしてもっとわかりやすく作れると、読者の心を揺さぶれるのかと思います。

    2021/03/03 13:50
  • 初めまして。投稿ありがとうございます。

    子どもやほのぼのとしたものを描くのがお好きなんだろうなと感じました。
    小さな子どもの成長はほっこりしますね。
    とてもハートフルでした。

    そして、背景や小物の描き込み(教室や学校の外観、こぼれ落ちる絵の具)、お見事でとてもリアリティがありました。
    それをみる楽しさもありましたよ。

    そしていきなり恐縮ですが、
    セリフの量をもう少し調整したり、
    チョロくんの出し方や、主人公のキャラについてもう少し、深く詰めていくと、
    この作品はもっとよくなると思います。

    高校生〜大人を主人公や中心に据えた時に、
    どんなキャラ造形になるのか興味があります。

    よろしければ、お話しできましたら幸いです。
    よろしくお願い致します。

    2021/02/09 11:57
  • デビュー済みということで、流石に絵が瑞々しくて綺麗で、
    一つ一つのセリフや演出に説得力があると感じました。

    二つ目玉焼きがなんだか幸福感あったり、
    失恋してもお腹は減ったり、
    こういう感じの子に振り回されると言いますか、惚れた方の負け感とか。

    今後の作品作りについて、お話ができればと思いました。

    2021/02/09 11:39
  • モーニング・ショート大賞に投稿いただき、ありがとうございます。
    個人的には新婚時代の古いマンション暮らしを思い出しました。(まだ数年前なのにとても遠く感じる・・・)
    誰かの記憶や感情を呼び起こす作品いいですね。

    初めて読んだのに落ち着く作品でした。
    ハッピーエンドの後のお話というのも然り、、、
    夜寝る前にさらっと読めば、ほぐれていい夢見られそうな・・・。
    今の世の中に、この日常感が求められていると思いました。

    なんで落ち着くか。
    ユウくん、サチさんが自然で違和感がないからだと思います。
    二人ともクセのあることを言っているのに、ちゃんと会話のキャッチボールができていて、やりとりの自然さ、面白さに井上さんのセンスを感じました。
    そして屈託がなくてちゃんと生きている人たちへの人間賛歌になっている。

    そして、そんな日常だけど、
    夫婦二人だけのものーー中盤のイモリを仕込んで変化をつけていて惹かれました。
    夫婦以外の家族、第三者への眼差しの柔らかさをそれとなく伝えているようでよかったです。
    (ペット選びって、人間性でますよね?このあたりの経緯も知りたい)

    とても素晴らしい作品でした。

    是非、担当希望させてください!

    2021/01/27 17:54
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP