プロフィール

イブニング土岐

★38

13

経歴

大学デビューを夢見てダンスサークルに入ったものの、
リズム感のなさに絶望して練習もせずに漫画を読みふけり、
気付いたら漫画業界でぎこちなく踊っています。

入社2年目、イブニングではぶっちぎりの最年少です。

担当作

《担当作》
・JJM 女子柔道部物語
・金田一37歳の事件簿
・K2

《過去担当作》
・サトラレ〜嘘つきたちの憂鬱〜
・宝ちゃん、あーん!0歳からの愛情レシピ
・四月一日さん家の
・四月一日さん家の小噺

メッセージ

あなたの犬です!
よろしくお願いします!

リンク

新着メッセージ

  • きれいな感情をきれいに描ける作家さんだなと感銘を受けました!
    他人を気遣うという目立たないけど素敵な長所をもつ茜とナツの二人が心を通わせている様子が非常に心地良かったです。

    コマが詰まりすぎていて読みにくいなぁと思う箇所が散見されたのが少し勿体無かったなと感じます。
    読者に伝えたい大きなメッセージを明確にして内容のバランスをとっていただければグッと良くなると思いました。

    ヒキから察するに大きなメッセージと物語の大枠はevaさんの中にすでにあるのだとお見受けします。
    ぜひそれをブラッシュアップさせるお手伝いをさせていただけませんでしょうか?

    ご検討よろしくお願いいたします!
    この度はご投稿ありがとうございました!

    2019/12/02 17:41
  • ご投稿ありがとうございます!

    面白かったです!!
    主人公の天才性を濃ゆ〜い奴らが支える世界観がとても魅力的でした!
    全然出てこないけどエアギター部の2人が僕はツボです笑

    オチが少し分かりにくいので歯ギターとかにした方がいいかなと思ったり、5pは順番にライブのイメージが迫ってくるコマ割りにした方がよさそうかなと思ったりするのですが、なによりノリが抜群でした。

    ぜひ漫画のお手伝いさせていただきたく存じます!!
    ちょうど現在イブニングで「俺の令和プロジェクト」という読み切り募集企画を行なっておりますので、こちらにご参加いただくのも手かなと存じます。

    ご検討ください!
    ご投稿ありがとうございました!

    2019/08/24 01:07
  • ご投稿ありがとうございます!

    スマホで拝読しましたが、画面からはみ出んばかりの大迫力でした!!
    小さな端末でも猫デケェ…と思わせられるような構図の使い方が光っておられたと思います。
    キャラも服もかっこよく、鵙さんの「好き」が詰まっていてグッドでした!

    バトルアクションのシーンが強みかと思いますので、冒頭はこれでバッチリだと思います。
    ただ、主人公と妖狐?の関係性の面白さは少し強調した方がよいかもしれません。

    まだ前半ということで全貌は分かりませんが、12pで絶対に自分より強そうな妖狐を心配するところがこの2人の関係の妙だとするならば、例えばもっと過剰に心配な表情をするなど、よりこの2人の特別感を出してあげるのがいいのかなと思います。

    序盤はかっこよさで引きつけて、中盤でキャラを好きになってもらって、終盤でクライマックス!というように、読者の楽しみ方を誘導してあげるとよろしいかと!


    まだ後半も拝見しておりませんが、ぜひ一緒にお仕事してみたいです。

    現在イブニングで「俺の令和プロジェクト」という読み切り募集企画がございまして、ぜひ編集長にこちらの作品を見ていただきたく存じます。
    現状考えうる最速の商業誌掲載ルートです!笑

    ぜひご検討くださいませ。
    この度はご投稿ありがとうございました!

    2019/08/23 17:05
  • いやパンツは恥ずかしいんかーい!と
    林さんの狙い通り?ツッコんでしまいました。

    ヘンな女の子にもこういう年相応の部分を見れると
    嬉しくなってもっと好きになっちゃいますね。

    こういうちょいエロもぴったりハマっていますが、
    エロくない物や事に勝手に興奮しちゃう女の子もお上手な気がします!


    ぜひ一度お話させてください、担当希望させていただきます!!

    2018/12/20 00:45
  • 読ませていただきました!

    千歳という似た境遇の少年との出会いが、せめてもの救いになってくれてよかったなと思いました。現実ではこういう状況に陥って且つ自分の居場所を一切見つけられない人がいるんだと思うと胸が痛みます。目を背けたくなるような悲痛な題材を見事に物語に昇華させてらっしゃると感じました。

    表情が抜群ですね。
    冒頭から数ページでなつみの色んな表情が見せられているので、自然とこの女の子に興味がわいてきました。文字を使わずに顔でキャラクターの性格を説明できるのは真崎さんの大きな武器ですね。魅力的な絵が描ける作家さんだなと感じました。

    なつみの行動については少しだけ違和感が残りました。一緒に死ぬ約束の日に母親にも裏切られ失意の底に至った時、千歳の絵を描くために生きなければならない、という考えに急に至るのは不自然かもしれません。そのまま死を進んで受け入れてしまいそうかな、と。
    月夜に佇む千歳の美しさに心を奪われるその心の動きを心理ネームでさらってあげると親切かと思いました。
    また、生きる道をなつみが切り開くのではなく千歳が提示してくれるのもアリだと考えます。

    さておき、重苦しい題材を扱う才能がある方だとお見受けします。人間の負の部分に真正面から向き合い、そこから希望を見出す漫画を作ってみたいなと率直に思いました。

    担当希望させていただきます!

    2018/10/22 03:34
  • 読ませていただきました!

    ナイスほっこりでした!!どうしたってお涙頂戴の話になってしまうような息子の死という状況を、あくまでポップに乗りこなそうという企図にやられました。
    ラブドールというちょっと恥ずかしい遺品を通して、身も心も離れてしまっていた息子が近くに感じられるというほっこり描写をカッコつけずに表現した好印象な演出だと思います。

    「嘘つき」のような泣かせのエピソードも効果的に使えばアクセントとしてとても良いと思いますが、基本的には息子の死を読者が忘れるくらいの調子で楽しくコメディしてもらえるとよいかと存じます。
    ラブドールちゃんのことをもっと知りたいです、続きも楽しみにしております!

    ご投稿ありがとうございました!

    2018/10/22 01:49
  • 読ませていただきました!

    くすんだオレンジと青の色使いが平たさを生かした絵柄とマッチしていてとてもオシャレでした!ロボットの造形もヒップホップな感じでかっこいいですね!

    一連のバトルシーンをアニメとして動かしてみた中で、「どこを切り取れば効果的か」というのが感覚として掴めているような印象を受けます。分かりやすいアクションを描いてらっしゃると思いました。

    ご自身の好きなものを存分に描いてくださったので、次はより商業向けを意識した作品をぜひ見てみたいです!
    情報の足し引き、ドラマ的な演出、見せ場の作り方等、読者が初めて作品を目にした時どんな印象を持つかを念頭に置きつつ、てんちょさんの持ち味をどうやって差し込んでいけるか、研究してみてください!

    ご投稿ありがとうございました!

    2018/10/22 00:10
  • 読ませていただきました!

    指が勝手にシャッターを切っちゃう主人公たまらなく可愛いですね!僕も最近カメラを始めたのですが、ラーメンばかり撮ってます…こういう爽やかな使い方をしてみたいものです。

    他の方が仰っているように後は画力だけではないでしょうか!シャッターを切るならこの一瞬しかないな、という1コマ1コマがキラキラしている絵を描いていただきたいです。
    12pは椎名さんではなくファインダー越しにパンツが見えてるなど、テーマならではのサービス精神溢れる描写があるとさらに嬉しいですね!

    ご投稿ありがとうございました!

    2018/10/19 20:02
  • 読ませていただきました!

    桃ちゃんいいですね!
    こういうカラッとして健康的な女の子はなぜか田舎が似合います、、!

    正反対ながらすぐに打ち解ける2人は微笑ましく設定もシンプルで読みやすいですが、少し地味な印象もあります。
    フックになるようなポイントがあると良いと思いました。

    あくまで2人のやや百合っぽいなんでもない日常を描いていくのであれば、背景にある設定にエッジを効かせてみてはどうでしょうか。
    過疎で10人位しかいない高校だとか、実は戦争中とか。

    2人のなんでもない日常を軸に、演出で差をつけてあげるとよいかと感じました。手垢にまみれてないアイデアがまだ沢山眠っているはずです。

    実力はかなりある方だとお見受けしますので、ぜひ存分に「狙って」みてください!
    次作も期待しております!

    2018/10/19 19:30
  • 読ませていただきました!

    ダサい2人の描き分けがとてつもなく上手いと思いました。
    どっちもダサいけど俵田くんの方が若干トレンディな感じといいますか、大石くんの不思議な着眼点をこれまた変な角度で切る俵田くん、という方程式が気持ちよくハマっていました。

    このヘッポコな2人のかわいさをじっとり見せるという難しい道を開いていくなら、せめて2人の関係性は終始一貫させたいところです。

    4話の定規のくだりで「酷暑での判断力の低下の仕方が可愛くない?」と大石くんが話してますが、大石くんは「酷暑での判断力の低下」とか言わない気がするんですね。どちらかというと俵田くんの方が言いそうかなと。
    大「なんか、すごい見ちゃったよ」俵「酷暑での判断力の低下の仕方が可愛いね」
    このような感じの方が彼らっぽい気がします。好みの問題ですかね?笑

    ディティールが命の漫画かと思いますので細かくリクエストさせていただきました。
    こういうの一生考えられるタイプです!4ページに適当なダサさを入れ込むお手伝いをさせていただきたいです!

    2018/10/18 02:26
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP