プロフィール

経歴

相撲部→剣道部→バスケ部→囲碁将棋部→ヤングマガジン編集部
いろいろやってきましたが、今の部に本気です!

担当作

現在担当中
『7人のシェイクスピア』
『アルキメデスの大戦』
『親愛なる僕へ殺意をこめて』
『神さまの恋人』
『パリピ孔明』
『東独にいた』
『愛しています、キョーコさん。』
『解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ』

メッセージ

漫画家さんが描くときめきを世に広めたいです。

リンク

新着メッセージ

  • エフェクト作画が本当にかっこいいです!
    裏設定がありそうな背景もときめきますし、
    なによりキャラクターの顔が皆が好きになるはず!と感じるかっこよさでした。

    御波さんに作画をお願いしてみたい連載準備中の原作があります。
    お話だけでもさせていただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    2020/04/14 22:19
  • 笑いあり、切なさあり、の感情を動かされたエンターテインメントでした。

    ファンであるということを見せるルヴァンのシーン、男の子が生き方を決めるシーンでは説明が絵でされて、必要十分な量だったのが巧さを感じました。

    とても面白かったです!

    2020/01/17 11:57
  • とても可愛い絵柄ですね。
    皆が好きになれそうな魅力があり、安蔵さんの強い武器だと感じました。

    共依存関係のあまあまなところもよかったのですが、
    ひとつ気になったのは
    「えらのある女の子」という設定が
    「どこにもいけなくて可哀想な子」と思わせるためだけにしか使われていないところでした。
    「えらがあるからこんな可愛いさがある」というところまで描けると
    より共依存関係の百合の良さがでるのかなと感じました。

    2019/09/25 17:18
  • 男性キャラクターの色気がすごいです!
    さりげない決め台詞と絵がバッチリはまっているためにかっこよく見えるんだろうなと思いました。
    と同時に真面目だけど笑える作品も合っているような気がしました。

    小川さんの「私人警察」「赤橙」を読み、その画力の高さから、ぜひ作画をお願いしたい原作があります。

    お話だけでもさせてください。
    よろしくお願いします。

    2019/06/13 12:49
  • 本当に圧巻でした。
    会話の多い作品だと思いますが、全く飽きることなく読んで、魅入ってしまいました。
    それは人物一人一人の手の芝居がしっかりしていて会話の流れが絵からでも読み取れるからかなと感じました。
    髭を触る、指す、手を広げて天を仰ぐ、手にこんなに感情が入るんだなと。

    そして内容も、自分たち編集者に指を指されているようで突き刺さりました。
    圧巻でした。

    2019/05/17 20:57
  • 第1話冒頭の赤ちゃん時のエピソード笑いました!!
    たった3コマだけで、主人公がどれほどコミュ障かを伝えられる
    ところがうまいです!

    3話目時点ではまだストーリーは見えないですが、
    「主人公はが異世界でもどんなふうに不遇で、それをどうやって強みに変えるか」
    ということに期待しながら4話を待ちます!!
    楽しみにしてます。

    2019/04/09 02:30
  • 努力を見せたくないというハリボテの王子様主人公面白いです。
    もう一歩、その主人公がハマるのがなぜブレイクダンスでなけれいけなかったのかという設定の必然性が見つかるともっと良い作品になると思いました。

    2019/03/06 02:31
  • 面白かったです!
    二人の友情をずっと見ていたいなーと思いました(これが腐心?)。
    BL好き以外にも面白く読ませるところがすごいです。

    個人的にはベンチにつれていくシーンがやらしいなとぐっときました。

    次回作も楽しみにしてます!

    2018/12/05 00:57
  • 主人公は強そうだけれど、あとちょっとで、”みんな”側にいってしまうか、
    鬱になってしまうんだろうなという危うさを感じました。
    そんなときの転校生との出会いは、きっと主人公にとってかけがえのないもののはずで、
    そこを切り取った本作、素晴らしかったです!

    2018/12/05 00:29
  • 死ぬときに突如始まるワンモアチャンスという設定が良かったです。
    提示される、「人を殺せれば成功」というのもハードルが高く、
    「自分のために人を殺せるか」というテーマが読者に突きつけれて興味をひきました。

    ただ、その後の藁人形が物語をわかりにくくさせていると感じました。
    主人公は殺すことを決意したのか、その方法が藁人形によるものだったのかは、
    物語としてかなり大事な部分なので、言わずもがなという見せ方よりはしっかり描いたほうが良いと思います。

    また、因果応報的に主人公に不幸が訪れるというのがやりたかったのだと思いますが、
    実は読者が読みたいのは主人公が決断に至るまでの過程です。
    せっかく1日という期間を設けているので、その期間の中でどんないじめが起こり、
    どのように殺す決意をしたのかが描かれると、
    読者も自分ならどうするという興味を持って読めるのではないでしょうか。

    いじめているやつがその日だけは意外といいやつで殺すかどうか葛藤するという展開も面白いかなと思います。

    2018/11/25 22:23

担当希望作品

TOP