プロフィール

経歴

フランスの漫画専門出版社AC Media・Ki-oon東京漫画編集部で編集者をしています !カミーユ(Camille)と申します。

弊社では、一から作品を制作し直接ヨーロッパ最大の漫画市場・フランスに出版しています。真っ先に海外読者の元にお届けしています。その後、日本、そして世界各地に作品を展開しています。

南仏生まれ、南仏育ちの私は、来日してからはや四年目になります。フランス人は漫画への情熱が人一倍強く、私自身初めて漫画を手にとったのがわずか六歳という幼少期でした。

漫画をきっかけに日本語を勉強し始め、念願の日本留学まで致しました。漫画によって大きく人生が動かされたのです。たとえば、留学先の早稲田大学では、「ちはやふる」という作品を機に「競技かるた」サークルに所属し、フランス代表として世界大会に挑んだりもしました!
私のように、漫画のおかげで自分では気付くことのなかった夢を見つけ、新たなスタートを切り出す方が、母国フランスには大勢います。人の一生を激変させてしまうほど、漫画には大きなパワーがある、と感じています。

留学終了後、日本に支店を持つフランス貿易投資庁、ビジネス・フランスに勤め始め、フランスに興味を持つ日本企業のプロジェクトのサポートをしておりました。日々精一杯サポートし、とてもやり甲斐を感じておりました。

そして、大好きな漫画への海外出版に携わりたいとの思いから、弊社Ki-oonに入社致しました。作者の皆様にいつでも頼って頂けるような出版者を目指して頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

漫画が益々海外で注目を浴びているこの時代に、新しい風を吹かせましょう!

担当作

弊社の出版した作品です。
全ての作品はフランスで刊行されました。

「虎鶫 - Tsugumi Project」(日本語版:週刊ヤングマガジンにて連載中 / イタリア語版刊行中)
「Lost Children」(日本語版:秋田書店・別冊少年チャンピオンにて連載中)
「Beyond the Clouds」(日本語版:講談社・コミックDaysにて連載中、英語版・スペイン語版・イタリア語版・ウクライナ語版刊行中)
「リバイアサン - Léviathan」(日本語版:集英社・ジャンプ+にて連載中)
「Outsiders」(日本語版:KADOKAWA・ASUKAにて連載中)
「終恋(Les Temps retrouvés)」 (スペイン語版刊行中)
「新しい空の下で(Sous un ciel nouveau)」(スペイン語版刊行中)
「魔女のエデン(L'Eden des sorcières)」
「Guess What !」
「モモとタイヨウノツカイ(Momo et le messager du Soleil)」
「エンドレス・ストーリーズ(Histoires sans fin)」

メッセージ

漫画に涙し、笑顔になれた私のように、多くの方があなたの作品を今か今かと待ち焦がれています。作品に込めた想い、情熱、ユーモア、風刺、感動、そして夢を、世界中の人々に共に伝えませんか。

作者である皆様に寄り添い、協力しながら、作品を世に送り出せるよう、編集者として頑張りたいと思っております。

まずはどうぞ気兼ねなく、ご連絡いただければ嬉しいです!

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿いただきありがとうございます。
    ひとりぼっちでどこか諦めている神様が少年に励まされ、自分の運命を切り開く物語が面白かったです!
    外見で決めつけられて、勝手にイメージを押し付けられた優しい神様がかわいそうな反面、少年の言葉に納得します。
    行動を取らなければなにも変わらないというのはまさにそのとおりです。

    キャラも対照的なので印象に残りますし、コマのメリハリも意識されていて読みやすかったです。特に神様が警官を攻撃するシーンは迫力がありました!
    警官もなかなか悪党な顔していて、殺人鬼の雰囲気も出ていてぞっとしました。

    まだネームの段階なので、絵柄がフランスの市場に合うかはまだ判断しにくいところですが、お会いできれば嬉しいです。これからどんな物語を描きたいのか、是非お聞かせいただければ幸いです。

    2024/02/22 19:55
  • ご投稿いただきありがとうございます!

    世話の焼ける龍神様とキレる寸前の鬼君、とてもいいコンビです!
    体全体で二人を紹介されていたので、彼らの服装や身こなしだけでなく、身長差までがイメージしやすかったです。正反対な性格もよく出ています。従者を紹介しされているシーン、一瞬龍神様が従者の方だと勘違いしてしまいましたが、「私は龍神様、こっちは従者」のようにセリフを少し調整すればいいかもしれません。

    街並みを飛ぶ鬼のページが素晴らしく、龍神様の憧れの目を通して感情が伝わってきます。
    素晴らしいページでした。中華風の建物、活気ある街を歩く人まで細かく絵がれていて世界観を作り出す力があると思いました!鬼と一緒に自分までそこに飛び込んでいるような感覚を味わいました。
    最後に従者が置いてけぼりされて笑っちゃいました。髪くるくるで、泣き顔可愛いです!

    もしフランスの出版社との仕事にご興味があれば、是非お話しさせていただければ幸いです。担当希望ボタンを押させていただきました。よろしくお願いいたします。

    2024/01/22 19:37
  • ご投稿いただきありがとうございます。

    最初の数ページで一気に作品の世界に入り込めました。日差し、歓声、汗、場作りがしっかりされていて、試合の緊迫感がよく伝わりました。アクシオン(投球)の勢いがカッコよく熱が伝わっています。選手を応援する少女の立場になったような気分です。その見せ方のおかげで、兄の願望を引き継ぐ彼女の夢に一気に共感できました。

    女子高生になれば、女性は甲子園には出場できない、という大きな壁にぶつかっていて、彼女の遭遇にとても共感できます。納得いかない気持ちがよく伝わっていて、野球から無理に目を逸らしている背中を押したくなります…

    バッテイングセンターで野球が「好き」、そのまっすぐで純粋な気持ちの演出に心打たれました。彼女の実力を認める人に出会えて、これから活躍してくれたら少しずつ変わっていく世の中になっていくかもしれない、との前向きなメッセージから元気をもらいました!何に巻き込まれているのかを知らず、心地よく寝ているみやび、可愛いです。これから大変そうですが、なんだか頑張って欲しいです。

    フランスでは野球に馴染みのある人は少ないので、野球をテーマにした作品はフランスでは難しいかもしれませんが、女性主人公が認めてもらうために頑張る作品は魅力的に感じています。是非他にどのような物語を考えていらっしゃるかを聞きできれば嬉しいです。

    何卒よろしくお願いいたします。

    2023/12/19 11:30
  • ご投稿いただきありがとうございます。
    最初のページで「メガトンチルドレン」が面白い名前だと思って、どういう意味なんだろうと思ったら次の見開きにびっくりさせられました。まず画力に魅せられて、凄まじい破壊力でした!正義のヒーローだと思ったら、東京を代表する名所がめちゃくちゃに。。。(「山手」ではなく「山目」のところで笑いました)
    ヒーローといえどまだ子供なので、仕事でドジる場面やその年頃の悩みを見せてくれていて、すぐ二人に愛着が湧きます。大ちゃんと春が対照的で、幼馴染感もよく出ています!面白いコンビです。
    そして春ちゃんがピンチの時、駆けつけて怪獣と交戦する大ちゃん、カッコ良かったです。迫力ある演出でした!
    最後「大きくなった」、成長した二人が協力しあって、仲直りすると同時に怪獣を倒してくれます。一件落着して気分のいいエンディングでした!

    弊社はフランスの出版社ですが、東京にオフィスがあります。もし海外での出版にもご興味があれば、是非お会いできればと思っております。担当希望をさせて頂きました。ご検討の程宜しくお願いします。


    2023/12/04 11:12

  • ご投稿いただきありがとうございます。

    本作では罪人が島に送り込まれるというのが非常に魅力的で、一気に昔の暗い欧米街の舞台に引き込まれます。実は私の出身地の近くにも「シャトー・ディフ」という、政治犯や宗教的犯罪者を収容する島牢獄があります。カポネ島の環境で始まる物語にとても興味があります。フランスでは「ハンガーゲーム」のようにデイストピア世界で行われるデスゲームがウケが良いいです。

    またアンナがかっこいいと思いました。睨みつくような目つき、自身ありげに歩く姿から彼女の性格が見て取れます。歌手なのにどこか悲しさを埋めるためにすいているタバコも、過去に辛いことがあったことを匂わせてくれます。妹の出るフラッシュバックでアンナの辛さがグッと来ました。復讐心に燃えている彼女の目が印象的で、このような強い女性が欧米でも好かれます。

    弊社はフランスの出版社ですが、日本の作家さんと直接に手を組み漫画制作を行なっています。もし海外での出版にもご興味があれば、是非お話をさせて頂きたいと思います。担当希望をさせて頂きましたので、ご検討の程宜しくお願いします。

ご投稿、ありがとうございました!

    2023/11/10 11:45
  • ご投稿いただきありがとうございます。

    まず世界観にすぐ惹かれました!
    弊社はフランスの出版社ですが東京にオフィスがあります。フランスではまさにスチームパンクな世界観が人気です。
    弊社でもオリジナル作品で「Beyond the Clouds」という作品でも、スチームパンクな世界観がフランスでウケました。

    samo様の作品はスチームパンクな世界感に少しのアクシオン要素も入れていて、とても相性がいいと思いました。戦争後にパーツを強制的に集める、それを商売で使う輩との対面が面白かったです。昔ステフが武器を作っていたことで、今でもうなされていたので一気に彼のことが知りたくなりました。人間が機械に対して抱く思いが感動的でした。そのテーマも繊細に展開されていて良かったです。
    暗い世界ではありますが、そこにあるわずかな希望が美しいと思いました。

    面白く読ませていただきました。
    続きが頼みしみです!

    2023/09/07 17:06

  • ご投稿いただきありがとうございます。

    とても楽しく読ませていただきました。人形のHi!だったり、また主人公が勘違いしてお母さんのツレを「最初の王子様」と呼んでいて可愛かったです。誰しも捨てたくても重入れのあるものが存在するので、靴と関連する主人公の過去を知って彼に共感します。彼はお母さんを死なせた罪悪感から幻覚を見るようになっていますでしょうか。しかし海に靴を捨てたせいで、人形の操り人形となってしまう!踊っている彼は「からくりサーカス」を連想させていて、その後プロフィールを拝見させていただいたら好きな作品リストにありました!私も大好きです。「パイレーツオブカリビアン」も好きで丁度また映画を見ようと思っていていたところでした。

    全体としてダイナミックなコマ割りでテンポよく物語が進みますので、どんどん吸い込まれます!他の作品を見させていただきましたが、キャラクターの表情の描き方が繊細で特にないまぜ様の描く目に魅了されました。

    弊社はフランスの出版社ですが、東京にオフィスがあります。
    もしよろしければ是非これからどのような作品を描きたいのか、お聞かせいただければ幸いです。

    2023/08/07 18:14
  • ご投稿いただきありがとうございます。

    キャラクターの感情が丁寧に描かれていると思いました。大人になった時のヤエちゃんびっくりでした!ソラのの思い出の中ではほんの小さな子供だったのに。。。寒さを感じるはずがないのに孤独に苦しむ姿に感動しました。。神様が抱える悩みをうまく演出していると思いました。主人公にすぐ肩入れできます。

    提案ですが、時々ページに細かいコマが多いように思います。特にキャラの感情が強く動く時によりそのコマに注目していただくようにするとより効果的だと思います。

    またヒカルのキャラデザインなんと言ってもかっこいい!カラーページ見た時にもそう思いましたが、彼のする表情も好きです。どういう経緯で神様の瞳を授かったのか、彼の過去が気になっています。

    扉絵以外はネームなので、どこまで書き込みができるのかについては判断しにくいところで、フランス市場に合うかどうかはまだ分かりませんが、四條様の物語に魅力を感じます。もしフランスの出版社との仕事にご興味があれば、一度お話を聞かせていただけますか?担当希望ボタンを押させていただきました。

ご検討のほどよろしくお願いします!

    2023/08/03 12:21
  • ご投稿いただきありがとうございます。

    最初のページの迫力が凄まじく、すぐハマってしまいました!
    まず主人公がカッコいいと思いました!舞をしていて実は皇帝の首を狙っていた、どうしてなのかすぐ続きが読みたくなりました。

    違う性格の二人の出会い方も面白ったです。鶏捕まえてからのキャッチに笑ってしまいました。
    そこから驚きは絶えません!次から次へと面白い展開が続きます。彼の正体を知りそのすぐ後に事件に巻き込まれる。そこでもう一度キャラ二人の価値観の違いに気づきます。彼らの育て方や過去にすぐ興味が湧きます。主人公はどうして他人の命を大切にしているのか? 彼には昔命を粗末に扱われていた過去があり、復讐に燃えていた。

    一つ提案ですが、石を見つけたことと復讐をするための行動に出る、の結びつきが必要だと思いました。この石はフォン・リエンの復讐に役立つものでしょうか。どうしてそのタイミングで動くことにしたのでしょうか。

    弊社はフランスの会社ですが、東京にオフィスがあります。
    最近では「薬屋のひとりごと」の高級ファンタジーのウケがいいです。
    もしよかったら、物語をどのように展開したいかをお聞かせいただければ嬉しいです。
担当希望ボタンを押しました。ご検討の程よろしくお願いします!

    2023/07/28 17:36
  • ご投稿いただきありがとうございます。

    たちばなたち様の作品「緑の町 」を読ませていただいたことがあって、本サイトにてまた新作が読めて嬉しいです。

    サナギから何度でも生まれる長命の生き物と人間が生きる、砂漠の世界観が面白かったです!初めて大好きだった人と生き別れとなって、先生の願いを引き継ぐモノを応援したくなります。

    先生と過ごした日々の吹き出しなしのシーンがよかったと思います。二人が過ごしてきた時間を見ているからこそ、ラストは感動します。先生が手紙を持って泣きだすシーンも好きです!モノはおそらくこれから出会いと別れを経験するでしょう。また砂漠の先に何があるか、とてもワクワクする冒険が始まりそうです。

    読ませていただきありがとうございました。
    続きが頼みしみです!

    2023/07/27 18:08

担当希望作品

TOP