プロフィール

経歴

Ki-oonは特徴の強い出版社です。当社は2003年に二人の人物によって設立されました。現Ki-oon社長の『アメッド』と『セシル』です。二人は、日本の漫画好きが好転し、日本文化や言語について学ぶようになり、漫画を出版したいという強い思いから、地道な努力を積んで現在の会社を立ち上げました。
 設立からわずか1年後、筒井哲也先生と協力し、「DUDS HUNT」という完全オリジナル漫画を制作、出版し、大きな話題作品となりました。

現在、ライセンス出版では「僕のヒーローアカデミア」、「呪術廻戦」、「聲の形」、「ダーウィンズゲーム」、「乙嫁語り」、「BEASTARS」などの多くの話題作品を刊行していますが、オリジナル作品制作にも力を入れ、「予告犯」、「虎鶫 – Tsugumi Project」、「Lost Children」、「超級装備(アウトロースキル)で無双して、異世界王に俺はなる!- Outlaw Players」、「Outsiders」、「Beyond the Clouds - 空から落ちた少女」、「リバイアサン - Leviathan」などの制作をしています。

作者さんが新人であれベテランであれ、宣伝に注力しています。書店、ネット、テレビ、映画館、イベント、メディアなど、様々な場で漫画の面白さを伝える努力をしています。その努力が功を奏し、現在のフランス漫画市場第4位を占める実績があります。

オリジナル作品の制作を今も重視しています。作者さんとの出会いの機会を増やし、作品制作の過程をよりスムーズにするために、2015年に東京にオフィスを開きました。フランスの漫画出版社の中で日本に本格的進出しているのは当社のみです。その実績のおかげで、2022年にフランス商工会議所の「フレンチビジネス賞」を受賞しました。


2022年9月からKi-oonの東京オフィスで編集者をしているアン(Anne)と申します。

80年代にフランスで生まれた多くの人々と同じように、私もたくさんの日本のアニメや家庭用ゲームでに囲まれて育ち、その後、漫画や文学にも親しんできました。
両親が画廊を経営していることもあって大学ではまず美術史を専攻しましたが、日本への強い興味から、卒業後に日本語と日本文化を専門とする大学へも行きました。

卒業後は日本のポップカルチャーなどを専門に扱うNolifeというテレビ局に就職し、自分たちが心から面白いと思えるコンテンツや番組を生み出してきました。
その後、2011年に日本に移住。Archipelというチームで映像制作に関わり、マンガ家、イラストレーター、ゲーム制作者、ミュージシャン、ファッションデザイナー、料理人など、多くの日本のクリエイターとその創作過程を国内外に紹介するドキュメンタリーを多数制作。

2019年からは、日本のインディーゲームクリエイターを支援するコミュニティーハブ「asobu」に立ち上げから関わり、パブリッシャー探しや国内外でのプロモーション、イベントの運営など、さまざまな形でゲームクリエイターの活動を支えてきました。

Ki-oonでは、日本の漫画家のみなさまと国内外の読者との架け橋になれるよう頑張ります!

担当作

弊社の出版した作品です。
全ての作品はフランスで刊行されました。

「虎鶫 - Tsugumi Project」(日本語版:週刊ヤングマガジンにて連載中 / イタリア語版刊行中)
「Lost Children」(日本語版:秋田書店・別冊少年チャンピオンにて連載中)
「Beyond the Clouds」(日本語版:講談社・コミックDaysにて連載中、英語版・スペイン語版・イタリア語版・ウクライナ語版刊行中)
「リバイアサン - Léviathan」(日本語版:集英社・ジャンプ+にて連載中)
「Outsiders」(日本語版:KADOKAWA・ASUKAにて連載中)
「終恋(Les Temps retrouvés)」 (スペイン語版刊行中)
「新しい空の下で(Sous un ciel nouveau)」(スペイン語版刊行中)
「魔女のエデン(L'Eden des sorcières)」
「Guess What !」
「モモとタイヨウノツカイ(Momo et le messager du Soleil)」
「エンドレス・ストーリーズ(Histoires sans fin)」

メッセージ

漫画、ゲーム、音楽、美術など、どんな分野の作品であっても、その創作過程に興味を持ち続けてきました。
漫画家さんが望むものを作り、それを世界中の多くの人と共有できるよう、サポート役になりたいです!
お気軽にご連絡ください!

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿、ありがとうございます!

    この漫画のファンタジーな雰囲気がとても良くて、特にフォグさんと巨人の女の子のコンビが好きでした。
    「ドロヘドロ」のニカイドウとノイ、また「ゲーム・オブ・スローンズ」の騎士のタースのブライエニーのような女性キャラはフィクションの中では珍しいので、ここで見られるのは嬉しいですね。
    キャラクターも風景も非常に細かく描かれています。
    このファンタジーの世界、そこに住むさまざまな民族、そしてフォグさんと巨人の女子との関係が気になっていますので、続きを期待しておます。

    もしよかったら、今後どのような展開を考えていらっしゃるのか聞かせていただけますか?弊社はフランスの出版社としてフランス市場をターゲットにしていますが、このようなダークファンタジーは人気があるので欧米に向いていると思います。

    担当希望ボタンを押しました。ご検討の程よろしくお願いします!

    2022/12/05 11:28
  • ご投稿ありがとうございます!

    続きが読みたくなるような、斬新なコンセプトの漫画です!
    第3話まで読みさせていただきました。

    作画や設定に火鳥満月様のこだわりが感じられます。多くの浮いているコマや斜めのコマでコマ割りも独特な仕組みになっています。

    改善するところは、似たパターンのページを減らすことと思います。
    第1章のオープニングと第3章の主人公の会社生活で、似たような構造と内容のページが多いです。
    第1章の早い段階で主人公が到着した方がインパクトがあると思います。
    第3章の会社員生活については、読者はすぐに雰囲気を理解するので、3~4ページ減らしても同じ効果を感じられると思います。

    火鳥満月様はとても早く上達できると思います。
    物語の展開がとても気になりますので、楽しみでしています!

    そして、Days Neoに投稿した「星は巡る」のネームと賞をいただいたバージョンも読みさていただきました。主人公とアイドルの性格もとても上手な描きました。

    もしよかったら、今後どのような展開を考えていらっしゃるのか聞かせていただけますか?
    弊社はフランスの出版社としてフランス市場をターゲットにしていますが、このようなSF作品またダークファンタジーは人気があるので欧米に向いていると思います。

    2022/11/11 18:17
  • ご投稿ありがとうございます。

    ストレートなグルメ漫画で、よくまとまった1話でした。

    はーちゃんの細かい表情やポーズが最高です!
    飼い主がじっくり観察して、描く顔ですね。(話せることに驚きました!)
    たびとはーちゃんの関係も可愛くて、ちょうどいいツッコミもあります。

    食べ物もとても丁重に描きました。ラーメンはあまり好物ではなくても、とても美味しそうでした。

    2話を待っています!

    2022/11/11 17:34
  • 投稿ありがとうございます!

    昔黒ばっかりを着る人なので、タイトル見たらきになりました。
    最後まで周防さんの服やメイクのスタンスを守ってくれて本当によかったです。

    未だに、性別による服装や行動の押し付けがあるのは、いつも腹立たしいことです。
    この問題を扱った作品があるからこそ、みんなさんの考え方が変わることができます。
    男性キャラクターの考え方の進化もよく表現できました。
    顔のバリエーションや特徴の描き方はこれから上達すると思いますので、頑張ってください。
    次回作も楽しみしています!

    2022/10/27 11:56
  • ご投稿ありがとうございます!

    2020年の作品にコメント失礼しますが、この作品を最近拝見させていただきました。

    日常のちょっとしたことをSF的にアレンジしているのがとても素敵で、面白く読みさせていただきました。
    各キャラクターの特徴ははっきりしていて表情や仕草で生き生きしています。
    この物語をカラーで見ると、西洋コミックとアニメの影響と、日本の影響が混在しているのがよくわかりますね。とてもいい感じです。
    漫画としては、少しコマが多くて、キャラ・背景のバランスはアニメコミックのような印象ですが、それでも続きが読みたいです。

    もしよかったら、これから作りたい話について是非伺わせえて頂きたいと思います。担当希望をしましたので、ご検討の程よろしくお願いします!

    2022/10/25 12:20
  • ご投稿ありがとうございます。

    「食」という切り口で誰かの人生を読む作品で、楽しかったです。
    味や匂いは、しばしば強烈に、そして無意識に記憶を呼び覚ますもので、主人公もウニ料理を食べるたびに、これらのシーンを思い出すね。
    恐ろしい求婚者が、彼女のうにゼリー料理をあまり台無しにしていなければいいのですね。(吐き出すときの彼女の顔がとても可笑しいです)

    とても面白く読ませていただきました!

    2022/10/21 11:01
  • ご投稿ありがとうございます!

    とても可愛い恋愛ストリーでした!
    タイトル「The婚活ゾンビ」の面白い響きに引かれて、もっとゾンビのシーンを見ると思いました。
    結局の婚活会場のソンビーのシーンは一つだけになっていますが、もう少し増やす方がいいと思います。面白い発想で、ギャグも生まれる要素になっています。

    女性に主人公ももっと激しい「ゾンビ狩りモード」になっていいと思って、いいギャップも生まれます。
    これからも是非独特なスパイスのあるストーリーを描けると思いますので頑張ってください!
    次の作品も楽しみにしています!

    2022/10/05 11:40

担当希望作品

TOP