プロフィール

経歴

最初はモーニング編集部に配属。2017年からBE・LOVE編集部にやってきました。
BE・LOVE編集部では、BE・LOVE本誌、comic tint・ハニーミルク・Palcyの4媒体に作品を供出していますので、
この4媒体のいずれかで連載できる作家さんを随時募集しています。

特に、私は今、comic tintのチーフをやっておりますので、大人向けのときめきが詰まったラブコメ漫画でご一緒したいと思っています!
持ち込みも随時受付中です、BE・LOVE編集部(03-5395-3484)にお電話どうぞ。
上田を指名していただいても大丈夫ですし、そのほか選りすぐりのメンバーでお待ちしています。

_________________________________

漫画に限らず、本が好きです。

一冊でいいから、作家さんにとって紡ぎ出さずにはいられなかった作品を、
言いたい言葉を、できるだけ良い形で世に残すお手伝いができたら、
そしてその作品が、多くの人にとって、他者に思わず薦めたくなるようなものとなったら、
いやはや本当に、自分が生きてきた甲斐があるだろうな、と思って日々生きてます。
お役に立てたら幸いです、よろしくお願いします。

担当作

ビーラブに異動してきてから担当させていただいた作品は以下になります。(立ち上げ作品のみ記載します)

現在連載中
BE・LOVE
上田美和氏『海自とおかん』
岡田卓也氏『ナマケものがナマケない』
あいだ夏波氏『東大くんと元ギャルさん〜格差婚ロワイヤル〜』
阿仁谷ユイジ氏『転生勇者は女子高生!?〜魔王の溺愛に困ってます〜』

comic tint
こだち氏『過保護な若旦那様の甘やかし婚』
龍本みお氏『デキる男女のデキない恋』
桜乃みか氏『今日夫にナイショで(仮)恋愛します』
式田奈央氏『これはお母さんの恋の話〜極道若衆とじれキュン同居〜』

Palcy
村岡恵氏『サレ妻シタ夫の恋人たち』


完結作品
BE・LOVE
鈴木大介氏/上田美和氏『漫画版 されど愛しきお妻様』
式田奈央氏『ニコ色のキャンバス』
こだち氏『まどりごと』
花糸氏『漫画版 選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の華麗で激動なる人生』

ITAN
やまだはるか氏『やまだはるか短編集 うもれてきえた』

コミックDAYS
二階堂幸氏『二階堂幸短編集 ありがとうって言って』
吉田薫氏『臨終の要塞』 
原案/Yoshi 漫画/久嘉めいら『Deep Love Again』

comic tint
こだち氏『青山くん、ここでシたらバレちゃうよ?』

メッセージ

物語があったから生きてこれたなあと思います。もし私が力になれそうなことがあったら、うまく利用してもらえたらと思います。
(プロフィール画像は二階堂幸さんが描いてくださったものです)

リンク

新着メッセージ

  • chikuさん、こんにちは!
    「チョコロイド」めちゃめちゃ震えながら読んでます・・・!!!!
    どうやったらこんな不思議で面白い世界を作れるのでしょう・・・!!!!
    chikuさんの頭の中をのぞいてみたいと思いました。
    縦スクロール漫画だけではなく、日本の商業誌漫画にもご関心はおありでしょうか・・・??
    「チョコロイド」以外のchikuさんの漫画もぜひ拝見してみたいと思いました。

    2022/11/04 17:58
  • たみちん様、オトナ女性漫画大賞へのご投稿、ありがとうございます。
    表紙やタイトル「いびつな夫婦」に惹きこまれて、夢中になって最後までページをめくりました。
    読んでくださる読者を見据えたキャッチーな題材選びや、キャラクターの丁寧な感情描写、ビビッドな起承転結。たみちんさんの確かな実力を感じました。

    表紙に比べると、本文の原稿においてデッサンや見た目の印象が崩れているように感じてしまう部分もありました。
    さらに画力が高まれば、たみちんさんはよりオンリーワンな作家さんになると思います。
    すでに担当決定済みとのことで、今後のご活躍を見守っております!

    2022/11/04 17:49
  • この度は、DAYS NEOへのご投稿、ありがとうございます。
    2018年にカサイさんの作品にコメントを残させていただいた上田と申します。
    その際「1Pに対しての情報量が多いのではないか?」といったコメントをさせていただいたのですが、
    それから4年経て、カサイさんの漫画の中での引き算力や、日常を切り取る力が格段に上達されているのを拝見して驚きを禁じ得ませんでした。
    ダックさんのキャラクターもこの短い漫画の中で、よくぞここまで描写なさって・・・!と思います。
    巨大なクロワッサンを即決で購入する、ただそれだけのことですが、とんでもないリアリティと意外性を感じました。
    どの作品も「面白い」だけではなく、「タメになる部分」があるのも素晴らしいなと思い、コメントを残させていただきます。インスタグラムも拝読させていただきますね!

    2022/11/04 17:33
  • 『忘却のサチコ』の読み味を思い出して胸が高鳴りました。
    様々な女性キャラクターで「失恋メシ」シリーズ読みたいです。
    ダメンズやダメ恋を一緒に埋葬して、エンタメに昇華してみませんか?
    担当希望を出させていただきます。

    2022/11/02 00:36
  • 猫好き人間さま

    担当希望をさせていただきながら、メッセージの送付が遅くなってしまい申し訳ございません!
    一読した途端、ご一緒させていただきたい気持ちでいっぱいになり、担当希望ボタンを押させていただいた次第でした。

    それぞれのキャラクターの「ツンツン」した押しの強さが、めちゃめちゃ可愛かったです。
    彼女が受け身でなくて、力強さ・包容力を感じさせてくださるところも素敵でした!
    「なにも・・・できなかった・・・」の総括の4P目の画面作りにも唸りました、
    心理泡吹き出しに、さらに泡吹き出しを重ねた感情の種明かし、お見事ですね!

    猫好き人間さんには、ぜひ講談社のオトナの女性向け漫画雑誌でご執筆いただきたいです!
    まずは一度お話しできれば・・・猫好き人間さんのお話をお聞かせいただければなと思いました。
    もちろん私以外のKiss・BELOVEメンバーでも大丈夫ですので、ご検討をどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m!

    2022/09/01 22:41
  • 「秋野さんは豊かな漫画をお描きになるなあ」と感心してしまい、4回くらい繰り返して拝見してしまいました。
    とても好きな作品です。

    なぜ好きか、何をよいと感じたかについて、一部お伝えさせていただくと、
    ◎まず女子が大好きな「オフィスラブ」という舞台をストレートに選んで下さったお客様(読者)第一に考えていらっしゃるところ
    ◎表情の豊かさやリアクションで読んでる人を笑かしにきてくださろうとするエンターテイナーなところ(胸の大きさで失恋というセンシティブな部分をエンタメに昇華しようとするアグレッシブな姿勢)
    ◎リズム感のよいセリフ回し・コマ運び
    ◎スーツ・髪型・目元のほくろなど、男子へのフェチズムを原稿で表現できているところ
    ◎たくさん少女漫画を読んで研究していらっしゃるんだろうなと感じさせてくださる原稿の描き方 など、
    挙げ出すとキリがないほどです。

    少女漫画誌を志望していらっしゃると思うので、私はお呼びでないかもしれないですが、一度お話ししてみたいなと思いましたので、担当希望を押させていただきますね。
    一度話してみていただき、その後、もちろん他誌の方と組み直していただいて全く問題ないです。
    よろしくお願いしますー!

    2022/08/15 00:43
  • 扉の構図やキャラクターの表情が目に留まり、思わず読み始めていました。
    ネームも「読まれること」を意識したネームで、とても良くできていますね。
    ラストページのアゴをクイっとされているラフの絵などからも、とてもセンスを感じています。
    私が1番この作品の中で好きだなあと思ったのは、P30の主人公の心情の吐露に合わせて、トラックがパッパー・・・と去ってゆく演出でした。このシーン、映像のように状況を捉えられており、エモさを感じて何度か読み返すくらい好きでした。

    気になったのは「キャラクターの好感度」です。正直にモノローグを使いすぎなのかな、と感じます。
    かわいそうな状況の子が自分のことを「かわいそう」って思っているのを見ると、心が冷めたりしますよね。
    冒頭6Pの主人公の印象づけがちょっと残念なことになっているなと思いました。
    6Pまでを客観的に読んでみ上で、ふーじーさんは、栞ちゃんとお友達になりたい?とか、栞ちゃんを応援したい!って心から思えたかどうかを伺ってみたいなーと思いました。

    「主人公の好感度」を上げるために何ができるのか?を考えて、日頃から作品を観てみることがおすすめです!
    Netflixの韓国ドラマとか、その辺り上手ですよね。
    蛇足ですが、私が最近1番感心したドラマは「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」でした。ご参考までに!

    2022/08/14 09:41
  • とても可愛らしい絵柄と、あたたくて優しい雰囲気に癒されました。

    しーちゃんの「あたし、からっぽだ」の言葉から、もとやまさんはただあたたかい物語だけを描きたいわけではないんだなあとも感じられ、キャラクターへ込められた深い愛情を感じました。

    前作の「ふるさと」でも方言を使っていらっしゃるのが印象的で、「12の歩き方」でも鬼越や札幌など実在する地名が出てくるので、もとやまさんは「土地」に根をはった人々や物語を描きたいのかなあと感じて、その点が私にはとても好ましく思えました。

    もとやまさんは女性誌に向いてそうな印象を受けますので、一度お話してみませんか?お話ししてみて、合わなそうだったら担当は解消いただいてまったく大丈夫ですので、ご検討をどうぞ宜しくお願い致します。

    2020/05/26 13:24
  • カラーもかわいいし、キャラクターもかわいいし、見せ場もかわいいし、ゆのさんが「かわいい!」と思ってるものが詰め込まれた作品ですね、とっても良かったです!ゆのさんの描く男女のラブコメも読んでみたいと思ったので、もしお手元に作品がありましたら、ぜひご投稿宜しくお願い致します!

    2019/03/28 16:25
  • ゆうちさんの作品が好きです。ファンになりました。漫画で言いたいことがたくさんある方なんだろうなと思って。ぜひ一度ゆうちさんのお話を聞かせてください!担当希望押します、よろしくお願いします。

    2018/12/03 08:59

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP