プロフィール

経歴

試される大地生まれ、ゆとり育ち
気がついたらヤンマガ5年目です。


何かにハマるとずっとそれを食べつづけます。
この前まで
セブンイレブン限定のランチパック深煎りピーナッツにハマってました。
普通のピーナッツのランチパックと何が違うって‥‥
つぶつぶのピーナッツが入っていることです!歯ごたえがあっておいしい。

その次は納豆ともずくを混ぜて食べることでしたが
最近はコレというものがないので依存グルメを探し中です。


アイコンの謎植物は台湾のフルーツです。






担当作

【ヤングマガジン】
・アズ『手品先輩』
・樋野貴浩『KING BOTTOM』
・森もり子&トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【ヤングマガジンサード】
・武田すん『グレイプニル』
・原作/支援BIS、漫画/菊石森生『辺境の老騎士 バルド・ローエン』
・フジモト『ハレのヒ タヌキの良いふるまい』
・沼田ぬしを『かくう生物のラブソング』
・平沢ゆうな『白百合は朱に染まらない』
・木下由一『あらくれお嬢様はもんもんしている』


【月刊ヤングマガジン】
・田川とまた『ひとりぼっちで恋をしている』


とか。

【連載終了】
・西渡 槇『Sとの遭遇』

メッセージ

細かいことは置いといて

あなたの漫画で誰かの心臓を鷲掴みにできればOK


縁の下の力持ちとして、作家さんの力になる!
という基本スタンスのもと。

リンク

新着メッセージ

  • 2ページ目の「よいしょ」と「テケテケ」がカワイかったので、宇宙人たちに興味がわきました!その後もおならされてプンプンして「実に不愉快だ」などもカワイク見せる描き方が上手いですね。

    宇宙人の見せ方がお上手だったからこそ、
    地球人の男の子とのやりとりにもっと差があるとより良かったと思います!


    「地球人は知能が高いらしい」と考える宇宙人が
    バカな行動をする男の子に出会ったとき、
    「うわ―バカだ」と思うよりも
    「おならで挨拶するとはさすが知能が高い地球人は我々にはわからないことをするな~!」となる方が物語が意外な方向へ行きそうな気がしませんか?
    宇宙人には地球人の常識はありません。だからこそ意外な感想を持たせやすいです。


    魅力的なキャラを描くのはお上手なので、今度は意外性のある展開を意識するようにしてみてください!

    2019/07/04 22:58
  • 少女漫画界の王道ですね。
    私も何度この設定の少女漫画にキュンキュンわくわくしたことか…!


    尻切れトンボと言われがちなのは
    まさに、この設定が出た時点で期待する王道中の王道、正体がバレないようにする!!というドキドキ展開がないまま終わってしまうからです。

    本当にここで読み切りにするのなら、
    最後の最後に実は男!というドデカい嘘は使わないほうが良かったと思います。


    絵はとても可愛いし、コマ割りもとても読みやすいです。また別の読み切りも楽しみにしています!

    2019/06/26 01:30
  • カワイイ絵なのに「鬱」がマスコットキャラになってる!
    ブラックジョーク!!うざいけどなんかカワイイ!でも私の家には来ないでね・・・!笑
    唐突で意味の分からない感じがとても素敵な味だなと思いました。

    1点思ったのは「鬱」ちゃんは自分のことを紹介しないほうがいいのでは?
    ということ。
    具体的にいうと3ページ目のあとはすぐに6ページ目に飛んでもいい、
    くらいに感じました。

    「鬱」って基本的にはなりたくないものなので、
    親切な性格ではないほうがいい。

    主人公は自分はまともなのに、
    意味の分からない生物が邪魔して来るから
    まともに生活できない。何こいつと感じている。
    で、病院に行ってみたら「あ~これは鬱ですね~」と言われ、
    鬱ちゃんは「あ、ばれたか~治療されちゃう~~」くらいな立場。


    つまりは「鬱ちゃん」と会話できる設定ができたからこそ、
    「鬱ちゃん」が主人公にどういうスタンスで接しているか?
    という役割がほしいです。
    連載を考えてみたとき、最終回は「鬱ちゃん」とさよならするんだと思うのですが
    そのときの主人公と「鬱ちゃん」の別れ方が気になる関係性になっていたらいいなあ。

    そんなことを妄想しました!
    是非「鬱ちゃん」を魅力的なキャラに仕上げてみてください。

    2019/06/08 02:49
  • 実話にフィクションを混ぜつつエッセイ風に描写した、とのことで
    きちんとエッセイに淡々と描くことが出来ていたので
    ひかこさんの目論みは成功ですね。
    一体どこがフィクション部分なのでしょう‥‥!

    ただ、そこはかとない違和感を抱きました。
    謎を解き明かすミステリー的な内容から始まり、
    その後白昼夢の意味が明らかになるのはとてもドラマチックな展開です。
    ですがエッセイの手法を用いているため、
    せっかくのドラマチックな展開が目立たない見せ方になっていると感じました。


    この違和感、齟齬によって「白昼夢」っぽさを演出しようとしていたのだとしたら
    むしろ大成功なのかもしれませんが、
    「自殺という選択は悲しいけどせめて少しでも幸せであってほしい」、
    でもそう考えること自体が
    主人公にとってストレスではないかとも思うので
    感情を廃し、淡々と事実を描くエッセイの描き方ではないほうがいいのではないでしょうか。


    内容だけを見れば
    とても面白い物語だったと私は思いました。

    2019/06/08 02:35
  • とにかくウタマロちゃんの目が好き・・・・!
    最初の虚ろな目でキュンとして、
    ウタマロちゃんが最後に「フッ」と笑ったところ、嬉しかったです。


    あとウタマロちゃんはどんな声なのかな?
    と考えてみましたが、
    それは読んだ側が勝手に妄想すればいいこと。

    音声のない漫画だからこそ、
    考える余地を与える企画であり
    コユリさんの罠にハマっていたんだと気がつきました。


    闇を抱えてるウタマロちゃんの目はとても印象的でしたが
    具体的な「傷」はよくわからないまま。
    だからこそ、
    ファンに応援してもらったウタマロちゃんの
    心の晴れやかさはわかりにくくもありました。

    ですので今後は
    感情にメリハリをつけてみてはいかがでしょうか?

    ちなみに「わかりやすくしてほしい」というわけではありません。
    最後のウタマロちゃんの微笑みがとても素敵だったからこそ、
    その微笑みを生かすアドバイスと受け取っていただければ・・・・!


    よろしくお願いいたします。

    2019/06/06 01:07
  • ヤン女が清女がすれ違った末(?)、
    結果的に両想いっていいですね‥‥。
    おバカなのに幸せで誰も悲しまないので癒されました。

    私からは
    この設定をより面白くする上での提案をさせてください!

    ヤン女は、元々ヤンキー素質なのに
    清楚に憧れている・・・・ということで
    「彼女にとって」のお嬢様コスプレをさせてあげてください!

    本物のお嬢様たちの中に入ってしまうと
    妙なところで「異質感」が出てしまうところに
    ヤン女の可愛らしさや面白さが出てくるといいなと思いました。

    ヤン女は完璧に擬態しているつもりで自信満々なのに
    もしかしたら参考文献がすごく古くて
    お嬢様たちの中でも「えっ‥‥どういうこと?」となってしまうとか。


    つまりこのネタを仕込むためには
    ヤンキーってそもそもどういうこと?
    清楚ってそもそもどういうこと?
    という問いとわたりさんにとっての回答を考える必要があります。

    とても設定は面白いので
    是非形にしていただければ幸いです!

    2019/06/06 00:49
  • ずんぱちさんのアイドル愛が伝わる素敵な物語でした!
    仲良くなるきっかけ、仲たがい、そしてアイドルという仕事における悩みの解決、
    最終的には友情の復活、と王道にのった物語展開がしっかりできていました。

    画力はまだまだこれからですが
    ところどころいい表情も描かれているので
    これからたくさん描いていけば、ずんぱちさんなら絶対上手くなります。

    気になっているのは
    それぞれの展開を別要素で広げてしまっているところです。


    つまりアイドル活動を隠してる主人公という設定を大事にするなら
    アイドルとしてのミスやピンチ、さらに復活のきっかけなどは
    「アイドル活動を隠している主人公」だから発生させる問題に
    徹した方がいいということ。

    現状ですとソロを失敗したという原因が「体調不良」
    という要素だったために
    それまで出してきた「アイドルを隠してること」や
    「声」の問題とは別になってしまいました。


    連載漫画なら成立できたかもしれませんが、
    読み切りなので要素は絞っていきましょう!

    これからも夢が詰まった漫画を
    描き続けてください。

    2019/03/23 01:25
  • さっぱりしたカワイイ絵で甘酸っぱい物語を描いていらっしゃっていて
    とても絵と内容の相性が良いなあと思いました!

    ただ惜しむらくは、試しにしてみたかった「キス」‥‥
    どんだけ気持ちよく感じたんだろう!!?そこの感動をじっくり見たかったです。

    確かに付き合ってもいないのにキスしてみよう!というのは
    常人はしないことではあるけど
    何の気持ちもないのにキスしたら気持ちよかった!という内容だからこそ
    そこに焦点を当てた見せ方を工夫していただきたかったです。


    なので3ページという少ないページではなくて
    もっとページ数を使うとより見せることができたのではないかと思います!


    とことん読者をキュンキュンさせてやるぞー!というサービス精神で
    今後も描いていってみてください。
    キュンキュンしたいです!

    2019/03/22 00:12
  • 主人公が死んだところから物語が始まるのに、ゆるい。‥だがそれがいい!
    1話2話ともに拝見しましたが、断然1話目が面白かったです。

    死んだ側目線で冷静に生きてる人たちの様子を見る、というところに
    皮肉めいた面白さがあって楽しめました。
    それと「死人にしてはフレッシュね」「死んだの結構最近でしょ」など
    死後のやり取りを軽い口調でこなしてるのにもクスっとしました。

    2話目は描こうとされているアイディアは面白いものの
    突如襲ってくる?風紀委員の乱入が少々唐突に感じました。
    印象としては「意味もわからぬうちに風紀委員が襲ってきてドンパチやってる」という感じ。
    風紀委員の行動理由について言及しつつ、
    もう少しゆっくり見せるのがいいと思います。

    風紀委員が除霊しようとしてくるということは、
    幽霊部が風紀を乱すという理屈があるのだと思うのですが
    幽霊部が実際何をしているのか。
    そして風紀委員はどういう気持ちで活動しているのかなど
    関係性が見えてくると風紀委員VS.幽霊部のドンパチがもっと面白く見えてくるはず!


    現在絵はざっくりと描かれていますが、
    サムネの鶯谷響子の絵はカワイイ雰囲気が伝わってきます。
    もっとしっかり描いたらいい絵が絶対描けるはず・・・!


    続きを楽しみにしています。

    2019/03/20 03:59
  • ちょっとしたダジャレでカワイイキャラが生まれてしまった!
    遊び心があるアイディアだし、
    内容もカワイイのでほっこりしました。


    自我じーさんっていうのは結局、
    自画自賛する人間自身の中にある他人格っていうこと
    なのだと思うのですが、

    自我じーさんと本人が≒だからこそ
    出会いや自我じーさんの設定だけで終わらせてしまわず
    ここから物語を始めていってほしいなと感じました。

    たとえば自分に自信のない子が
    自我じーさんに会って前向きに変わるとか、
    あるいは自我じーさんと自分で意見が食い違うとか、
    自我じーさんと喧嘩しちゃって自分に自信が持てなくなっちゃうとか。


    自我じーさん、というアイディアはとても良かったので、
    自分と自我じーさんの世界だけで満足しないよう
    今度はキャラを動かしてみてください!

    2019/02/14 02:34

担当希望作品

TOP