プロフィール

経歴

試される大地生まれ、ゆとり育ち
気がついたらヤンマガ5年目です。

誰も突っ込んでくれないので自分で書きますがアイコンの謎植物は台湾のフルーツです。
バンレイシ。別名、釈迦頭!
お釈迦様の頭螺髪(いぼいぼ)に似ているからというそのままの理由にしびれます。

お店で買ってから2日ほど追熟しないと食べられないとのことで
台湾旅行中にずっと持ち歩いてカワイク見えてきたときの写真がコレ。

そのおかげか食べたときの喜びも大きかったです。
味は柿とバナナを混ぜたような感じでねっとりした食感。美味しかったなあ~
傷みやすいから日本に輸入販売できないんですって、チェッ。




担当作

【ヤングマガジン】
・アズ『手品先輩』
・西渡 槇『Sとの遭遇』
・樋野貴浩『KING BOTTOM』
・森もり子&トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【ヤングマガジンサード】
・武田すん『グレイプニル』
・原作/支援BIS、漫画/菊石森生『辺境の老騎士 バルド・ローエン』
・フジモト『ハレのヒ タヌキの良いふるまい』
・沼田ぬしを『かくう生物のラブソング』
・平沢ゆうな『白百合は朱に染まらない』
・木下由一『あらくれお嬢様はもんもんしている』


【月刊ヤングマガジン】
・田川とまた『ひとりぼっちで恋をしている』


とか。

メッセージ

絵はまだ粗削りでも、向上心と丁寧さがあればいい。あなたにしかない魅力に私は恋をします。


縁の下の力持ちとして、作家さんの力になる!
という基本スタンスのもと。

リンク

新着メッセージ

  • すれ違いの切なさをほろ苦く描いた、優しい漫画でした。

    なんとなくキャラクターデザインに性格の違いは見えるものの、
    具体的にどういう物が好きで、どういう暮らしをしているのか?
    といったところまで透けて見えるくらい登場人物を掘り下げた仕草や表情が見えるとなおのこと良かったと思います。

    2018/05/24 02:39
  • かわいい絵柄でほっこり優しい、いいお話でした。

    ところどころの展開に、読者を驚かせようというサービス精神が見えるところがとても良かったです。

    ただ、ページをめくるごとに驚かせよう!という意識が強すぎて、
    ちょっと力技すぎる部分が読みにくさに繋がってしまっています。

    死んでいたことを思い出した、
    気がついた、
    ということにしても
    前の方からフラグを見せていく必要があります。


    サービス精神は素晴らしいので、大事になさってください。

    2018/05/24 02:32
  • な、な、なんとーー???!!
    まさか「そんなフェチ」だったとは予想外です。

    可愛い絵柄で進む日常。
    なかなか肝心の「フェチ」には入らないものの、
    そういった部分も楽しく読み進めることができました。


    最後主人公がフェチの時間を過ごすとき
    ものすごーーーく至福の笑顔だと、
    なおのこと良かったはず!

    1作品目でこのクォリティは驚きです。
    次の作品も楽しみです。

    2018/05/16 03:35
  • 「ハグ」がこの漫画の大事な要素として、ちょこちょこ散りばめられているところに一貫性を感じました。

    あまりBLを読まない私でも、
    スッと入っていける優しい作品。

    全5話とのことですが、
    2話まで読んでみて
    男二人の心の距離感があまり変わらないところが気になっています。

    嵐のない優しいイチャイチャ関係を追っていくにしても、
    つかず離れずなところは多少なりともあってほしい!

    特に偏見はないとはいえ、
    もともとノンケな男性が
    同性にドキドキしてしまうことへの不安や困惑を入れつつ
    二人の仲が危うくなるドラマが見られるといいなと思います!

    2018/05/16 03:23
  • 脅されてるのに反骨精神の塊!
    尖ったところにグッときました。


    この落差をより強調するために
    脅されてる人はもっと情けなく描写し、
    バカな方はもっと調子こいてるように描写しておいて
    中盤から二人の関係性が崩れていくところをじわじわ描いてはいかがでしょうか?

    捻くれたセンスはtouchncoさんの武器です。これからももっと研ぎ澄ませていってください!

    2018/05/15 02:55
  • とても時間がかかっただろうなぁというくらい描き込まれた背景と、
    頼りない笑顔がとても可愛い女の子に惹かれて読み進めました。


    内容はちょっと難しいため、
    前半は恐る恐る読み進めるような感じでした。

    それでも、最後のじつ現実女子の笑顔に切なくなってしまうくらい
    彼女のことが好きになってしまいました。

    まだ漫画歴は浅いとのことですが、
    今後の作品がとても楽しみです。

    2018/05/15 02:50
  • 自然に読ませてしまう力のある作品。
    静かで厳かな雰囲気に圧倒されつつも、
    どこか親しみを感じました。

    絵柄は淡白で綺麗なのですが、
    もう少し登場人物の顔に【濃さ】があると読者を惹きつけることができると思います。

    また、少しの変化でいいので
    爺さまや少年の表情に感情が灯るととなおのこと良し。

    民俗学に明るいとのこと、
    今後はどのような作品を描きたいと考えていらっしゃるのでしょうか。

    今市子さんの『百鬼夜行抄』?
    それとも諸星大二郎さんの作品みたいなもの?

    由利さんの漫画、
    もっと読んでみたくてワクワクしています。

    2018/05/15 02:25
  • 恋のきっかけを売るなんてロマンチックだし可愛い!
    可愛い絵柄ともあいまって、癒されました。

    でも、具体的に恋のきっかけってどういうことなのでしょうか?
    憧れのタイプの人と仲良くなる方法が書いてあるとか?それとも恋の夢を見るだけ?
    アイディア自体は可愛いので、より具体的にすることでドラマを作れるよう意識してみてください!

    2018/05/15 02:08
  • 私も考えすぎるとありえない失敗をするタチなので、前半「あるあるー!」と大変共感しながら読みました。

    失敗ばかりな主人公が前向きになるお話は、読む側も気持ちがよいもの。
    だからこそ、前向きな考えになれた時の喜びをもっと増大させる工夫があるとより良かったと思います!

    主人公は絵を描くことが好きみたいですが、
    今まではなぜ描いてこなかったのでしょうか?現状では自然発生的に水彩画セットを手に入れているので
    【ドン底→前向き】へのステップが一足飛びしているように見えてしまっています。

    幸せへの階段・道筋は明確にしていきましょう!

    2018/05/14 13:57
  • あれ…?前後編が繋がってない…?
    前編で先輩死んだはずでは。
    と思いつつも、
    最後まで気になって読んでしまいました。

    ミステリーごっこと、現実の問題とが同時進行していく様子が海外ドラマみたいで面白かったです。


    ですがミステリー部分は
    よくよく読むと面白いのですが、
    初見読者が情報をとらえにくい構成になっているのがもったいない。

    たとえば、登場人物の名前がすぐわからない。ちょっとあとになってからなので殺されたのが誰さんなのか?どこで死体が発見されたのか?を掴むまで時間がかかる。
    せっかく面白いものを描いても、「なんだこれ、わかりにくー!」と最後まで読んでもらえなければ意味がありません。

    漫画は難しくてはいけません。
    スッと物語に入っていける工夫をお願いします!(念のためですが内容の程度を下げろ、という意味ではないですよ!)

    2018/05/14 03:02

担当希望作品

TOP