プロフィール

経歴

少女漫画誌(別フレ)→女性ファッション誌→男性カルチャー誌→青年漫画誌(ヤンマガ)→週刊少年マガジンに異動してきたばかりです(2021年6月)。

担当作

<ヤンマガ時代の担当作>
芹沢直樹『猿ロック』『サイコバンク』
麻宮騎亜『サイレントメビウスQD』
篠丸のどか『花と黒鋼』
青木優『シンギュラー』
青木優+矢樹純『バカレイドッグス』『バカレイドッグスLoser』
江島絵理『少女決戦オルギア』
など(敬称略)

ヤンマガではグラビアも多く担当していて、6年半グラビアチーフをしていました。
オーディションを復活させたり、時々写真集なども刊行していました。

メッセージ

漫画編集部以外にも在籍していましたが、漫画は元々物心つくころから大好きでした。
バトルもアクションもラブコメも、泣ける話も怖い話も漫画で体験して面白くなって、今もそのままの気持ちです。

人それぞれ面白いと思うものは違えど、そこにいる人間(キャラ)が躍動し、
いつまでも心に残るような刺激的でエネルギーのある瞬間が描かれるお供をしたいと思っています。

編集者としては色々な経験をさせてもらった方だと思います。
まだ創刊間もない雑誌では毎回違う特集の担当をしたり、
グラビアでは頻繁に出張ロケがあり、日々変化するアイドルがどうやったら売れるか日々考えていたり。
でもどこにいても、”新しい表現”が生み出されることに敏感でいたい、売れる快感を共に味わいたいという共通点がありました。

紙もWebもアプリもなんでもありな時代になってきました。
発表するチャネルはどこでもよくって、結局”その人にしかない”表現を見つけられたらと、楽しみにしています。
よろしくお願いします。

リンク

新着メッセージ

  • 初投稿ありがとうございます!

    「ヒューマンドラマ」というタグがありましたが、単なるいじめの話ではなく、主人公の気持ちが立ち直るまでの少し複雑な人間関係と、その交流の様子はまさしくヒューマンドラマでした。
    ただそこがお話の中心、読ませどころなら、もっと濃い感情が表現されていた方が強い作品になったのかなと思います。

    まず、学校のいじめに対しての「蠱毒」というおどろおどろしいアイデアには目を引かれて面白かったです。
    しかしそれを活かすも殺すも主人公のキャラ次第、という印象です。
    なぜ「蠱毒」に頼るしかなかったかという経緯や、どれだけいじめが辛かったのか、そして元々の彼のキャラ自体どんな奴なのか。それらが描かれるシーンがもう少し欲しかったです。
    主人公は、時にマイナスな行動をしたとしても、読者に感情移入される人間であってほしいと思ってます。

    そこにきて、ヒロインの華は明るくて表情豊かで、後ろ向きな主人公も引っ張ってくれる存在。ストーリーもぐいぐい引っ張ってくれて、この作品がよかったと思ったのはこの華の可愛さと機能でした。

    主人公のマイナスな想いは、ヒロイン・華の明るいキャラクターと行動によって、まさにラストに”呪いが解かれた”ようになります。
    おそらく「蠱毒」の呪いは無かったんだと思いますが、清水や華の心の中には真に対するもやもやがあり、そこから逃げて行動をしていたことが実質的な”呪い”。
    2人の交流があったからそれに気づけて、一歩踏み出せたんだというところがとても良いんですが、それを読者にもっとしっかり伝え、満足度を上げるためにもあと2ページ4ページ、この後の行動と結果も描いて欲しかったと思いました。

    少し厳しめな指摘もしてしまいましたが、新田さんが今後描かれるキャラクターやストーリーに興味があるので、担当希望させていただければと思います。
    どうぞよろしくお願いします。

    2021/09/23 23:43
  • 投稿ありがとうございます!

    「フガフガ」の告白だけでキャラ立てできているのがまず良いですね!
    そしてキャラが可愛い。土橋さんも最初にフッたギャルも目のタレ/ツリ逆ですがどっちも可愛い。
    そしてテンポが良い。コマ1つ1つの構図もわかりやすくて技術高いですね…!

    3ページ目末で「ハッ」としてからの部屋片付け、髪・服整え、”いいお茶”の用意。
    ここが特に好きでした。
    ギャルに告白した時より明らかに気合入っていて、土橋さんへの本気度が感じられました。
    そして土橋さんが再び召喚された時の顔! 憎めない可愛さがあってグッドでした。
    がんばって再召喚するシーンは、自分の(大人向け)ラブコメの原点『ああっ女神さまっ』の召喚シーンを思い出しました。

    「愚かな復讐者」という仰々しいタイトルも、内容・キャラとのギャップがあってニヤリとしてしまいました。
    漫画内外の、細部もお上手ですね…。

    このキャラ、このお話でも連載化に発展できうる素晴らしい素材だと思います。
    そうでなくとも、山田さんの次や次の次の作品にも大変興味があるので、担当希望、私もさせていただきます。
    どうぞよろしくお願いします。

    2021/09/15 20:13
  • 投稿ありがとうございます!
    めっちゃ感動してしまいました…!素晴らしい作品!

    まず八起の心の中の描き方の丁寧さ、ただ一人語りにしない心理描写の折り込み方が良かったです。
    大したことじゃないはずなのに、動けないもどかしさ。本当はしたくない他人と比較しての焦り。
    誰にでもあるし、表現的な仕事を目指す主人公なら尚更強く感じてしまうことかもしれない。
    そこに、嫌味でなく、不思議な軽やかさで手を差し伸べる中秋がまたとても良い。
    自分の感情を素直に表しつつ、初対面の八起の悩みにも正面から向き合ってくれる。
    好きなアニメの話題にテンションが急に上がる人間らしさも持ち合わせているところも、ただのキャラというより、人間らしい存在感がある。

    土手で話し始めるシーンの中秋のセリフ、そんなに大したことを言ってるわけではないのに(失礼)、その前に散歩をしてクールダウン、考えすぎていた八起をリセットしてからだからこそ、スッと言葉が入っていくように感じました。
    19歳にしてこんな、カウンセラー以上のことをできてしまう中秋は何者?と思いつつ、仲間の元に八起が走るシーンも最高です。
    青春の表現はやはり、意味はなくても走り出すことですね!

    キャラクターは1人の描き手から出てきているはずなのに、片や悩み、片やその悩みに向き合う。
    この作品に出てくる人々は基本優しいけど、それぞれの考えを持っている。
    波多野さんが感じたこと、考えていることがキャラクターを通じて発せられているでしょうから、波多野さんの人間への視点というものも、すごく真摯で好感を抱いています。

    絵的にまだ拙い面ももちろんあります。
    でもとてもいいなと思うところも多々あります(夜風に揺れる髪の綺麗さとかね)。

    もしよければ、今後の作品作りのお話をさせていただきたく、担当希望出させてもらいます。
    どうぞよろしくお願いします。

    …このお話に続きがあるのなら、中秋さんがなぜこういう人物なのか、またこの2人の関係が発展するのか、一読者としてとても興味あります。

    2021/09/15 18:40
  • 投稿ありがとうございます!

    キャラ絵が可愛いテンポのいいショート、良いですね。
    ラッキースケベ的な胸チラポイントと、ラストの捻り(兄死んでたんかい!)とオチの爽やかボケツッコミが読者を楽しませようとしてるのが素晴らしい。
    個人的には、3ページ目のスパッツの食い込みジワのリアル感に、オッと心の中で小声が出ました。

    女の子可愛い&構図工夫している努力は伺えるものの、惜しいと思うのが妹がばっちり良いポーズで絵になっていないところでした。
    扉はあるとはいえ、作中冒頭にいい見せゴマ(立ち姿)があればもっと掴み良くなると思います。
    トレーニングシーンもありそうで、なかった(顔が)。
    あとトレーニングといえば汗(水分)、というフェチ的な期待もちょっとスカされた感…。

    気になるところをちょいちょい指摘させてもらったものの、軽快な微エロノリも馬鹿馬鹿しいボケツッコミも好感持てるし武器だと思います。
    ぜひバリバリ作品描いていってもらえればと思います!

    2021/08/25 19:13
  • 2話目、投稿ありがとうございます!執筆お疲れさまでした!

    本当に良きでした…。
    ルラちゃんのバイト編が早くも! 猫耳メイド喫茶かぁー。強いですね。
    ドレス、フリル、猫耳&しっぽ、フェチ感出てて良いです。
    それもただの趣味的なものではなくて、ルラちゃんの顔面偏差も含めて、読者を巻き込んで行ける感しかない。

    新キャラのヨミちゃんもイマドキ女子のクールさが良かったです。
    黒髪ボブの髪かき上げ、からのうなじをルラちゃんに狙われてる…!?
    1話に最低1吸血鬼チャンス、ドキッとしてクセになりますねこりゃ。

    早くもリル家から外に出たお話でしたが、メイド喫茶編ももっともっと話広げられそうでいい設定でした。
    まかないにもちゃんとケチャップで猫の絵描くぐらいですもん、そりゃ人気メイドでしょうよ、
    と思えるキャラ立ちが素晴らしいんだと思います。

    担当必要でしたら、ぜひ。諸手を挙げて立候補しておきます!

    2021/08/18 17:57
  • 投稿ありがとうございます!

    とても楽しく読ませていただきました。
    2人のちょっと甘めのやりとりと、吸血鬼らしさを忘れてない血生臭い会話、じっくりむぐむぐ食べるところにキュンとしました。
    ごちそうさまです。
    カラーの配色と瞳の綺麗さにもグッ!ときました。

    吸血鬼×料理モノ、昔進めようとして形にならなかったことがあり、自分の中では引っかかっておりました。
    飴井さんがこうしてシンプルに、吸血鬼らしさを活かしつつ良いキャラ関係で描かれるまでに、色んな推敲があったのかなと想像します。
    その上で、この11ページに着地したことに大変センスを感じました。

    まだまだ見たいこの2人のやりとりと、次の料理。
    (あとルラちゃんがしてるバイトと見たい映画も)
    僭越ながら担当希望させていただきます。
    こちらをベースにした連載化も、十分狙えるんじゃないかと思います。

    蛇足ですが、あと2つ。
    ・ロコモコ丼、ソースがあるともっと美味しそう!
    ・2人はにんにくは食べられますか?

    2021/08/07 18:48
  • part02キター!
    控えめに言って…めちゃめちゃ良かった、です。
    主人公等身大目線から、漫画上で新たに描かれたこと、まだ描かれてないことの両面から、一気に世界観が広がった。
    そしてラスト、ヒキが強い。part03への期待がさらに高まりました。

    (以下ネタバレ含みます。すみません。)

    1話で”見せシーン”的に描かれていた、眠っている人と植物と鉱石、そこにちゃんと意味と繋がりがある。というか街が出来上がっているのはその集積。
    その中で特にキレイな場所(記憶)を”おぼえがき”する主人公、ということだったのか。
    読んでいて頭の中でいろんなことがビビビっと繋がって気持ちよかったです。
    よく練られていてるなと思いました。

    持ち物を見せるモノローグにあった「こっち」と「あっち」の世界の認識。
    ここも、まだ描かれてないにせよグッと世界が広がった箇所でした。
    「あっち」はどこなんだろうか。そこで主人公はどうしているのか…。

    サンルームが出来上がる見開きページが特に美しくて、
    色はないのに美しく、”今出来上がった”感をすごく感じられるのも良かったです。
    細部と、引きの全体を意図的に描きかれているところが成功していますね。

    黒い奴に見られてるシーンの緊張感もあり、そこがまたヒキを強めていましたね。

    すみません、あれこれ書いてしまいましたが、良いシーンは書ききれないほど。
    part03、04がどうなっていくのか、ネームだとしても大変興味あります。

    2021/08/06 19:37
  • 初投稿ありがとうございます!

    冒頭は、とにかくカッコいいキャラとシーンに惹かれました。
    黒い雲に置かれたロゴ、口は悪いが正義感のある主人公、危険を顧みず行動する・窓ガラスを殴り破る主人公etc…。

    その後、主人公が機械の義手義足ということと、その根本原因が「気象制御システム」ということが明かされ、驚かされると同時にこの作品への期待値がグンと上がりました。
    (偉い)人が作ったであろう巨大機械、それに命を賭して立ち向かう主人公という重みのある対立構図。
    主人公の口の悪さも意志の強さも全部、”敵”がいて理由があった。

    設定を考え、読者のことも考えられた上で練られた展開。良すぎます。
    少女やシステムの謎の明かされるであろうこの先の展開、期待大です。

    僭越ながら自分も担当希望出させていただきます。
    まずはこの物語を、いぬいさんの納得いく形で描き切れますように…。

    2021/07/29 23:42
  • めっちゃ好きな世界観です!
    冒頭の文章以降、極力少なくした言葉と音が、この謎の世界に集中させてくれて期待感がぐんぐん上がりますね。
    斜めの窓からの光にはじまり、暗さの中にも陰影がある表現がキレイ。
    建物の異質な重力バランスも、この世界の魅力にプラスとなっています。
    (『少女週末旅行』をはじめに読んだ時のような不思議な感覚でした)

    この「よるのくに」で主人公が何をしていくのか?
    この世界は何なのか?
    興味深く次話をお待ちしたいと思います。

    このお話とは別でも、荒川さんの創作に興味があるので、担当希望もさせていただきます。
    (少年誌の部署所属ですが、扱うジャンルが狭いわけではないです)

    2021/07/28 17:39
  • 初投稿ありがとうございます!

    ”男らしい女子”と”見た目可愛らしい男子”の絵も含めたキャラの対比がとてもお上手で、一発で設定とキャラが入ってきました。
    さらに男子主人公の葛藤、それを表現する”虫”という後半の伏線にもなる要素まで入ってたった6ページという構成・テンポの良さも素晴らしい。
    さすが連載作家さんの力量、と腹落ちしました。

    特に6ページ目の「助けてくれよ…」をこのシーン終わりに大ゴマで表現したことで、見逃すことなくこの作品の重要な感情をすくい取れました。
    2〜5ページ目の、同性からのあえて友達関係や善意の心配で包んだセクハラのようなものが一番声をあげにくいのかも、というリアリティがあった。
    (エンタメ作品ではいろんな関係性を楽しむものがあるとは理解しております)

    打って変わって後半のちょっと甘めの心理戦も情感豊かで楽しませてもらいました。最後の王子のセリフも含みがあって面白かったです(ほんとのとこ知りたいです笑)。


    現連載作の1巻の表紙カラーも素晴らしく、黒髪の塗りと眼鏡の柄の奥からのぞく流し目が印象的。
    それ以前の作品のスポーティ&制服のポップなカラーも、一発で勝負できる華やかさがありますね。

    基本が週刊・月刊の雑誌(やWeb)なので、隔月ペースの連載が今すぐあるわけではないのですが、編集部的にはなろう系やオリジナル原作など作画家さんを求めてる部分は多くあります。
    例えば月刊でも16ページ前後で成り立つものや、もしくは書き溜めして先行しておいてからの月刊ペース連載とか、やり方もいろいろ模索できるかと思います。

    ヤンマガの白木くんも書いてたように、この作品読ませてもらうと相尾さんのオリジナル作にも期待してしまいますね。

    ぜひご相談させていただけると幸いです。
    よろしくお願いします!
    (長々とすみません!)

    2021/07/27 08:20
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP