プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,255

547

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(6年目)→兼任で「投稿サイト事業チーム」チーム長。

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」統括(という名のワンオペ)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。
映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。アニメにはやや疎いです。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』
安堂ミキオ『はたらくすすむ』
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(WEBTTOON版)
関口かんこ『飼ってない猫』

【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • 他者と比べること、自分が成長すること。努力をテーマに真っ向から描こうとする姿勢が伝わってきた良作だと思いました。
    特に「絵は描いたら描いただけ枚数が増えていく。他のことも同じだ」って金言ですね。痺れました。
    最後まで「他者」の「言葉」だけで進んでいくので、
    最後には「自分」で気づき、「行動」をしようとするシーンがあれば、もっと気持ち高まる作品になったと思います。
    期待しています。
    がんばってください!

    2020/02/23 20:25
  • すばらしい力作のご投稿ありがとうございます。
    おそらく今まではイラストを描かれていたと思うのですが、どのコマも美麗でじっくり見入ってしまいました。
    一方、イラストであるがゆえの弱点としては、どのコマにも細部まで目が止まってしまうので、肝心の主役やストーリーが頭に入りにくいことだと思います。
    イラストには背後の物語が必要ですが、
    漫画絵にはひとつの意味だけを持たせたほうがよいと思います。
    もう少しだけ、パッとみたときに各コマのキャラクターの顔に真っ先に目が行くような工夫をしてみてください。
    フルカラー漫画の需要はこの先高まっていくと思います。
    そのためにいろいろなフルカラー漫画を研究してみてください。
    応援しています!

    2020/02/23 20:17
  • こちらと『letters』の2作を拝読しました。
    まず特筆すべきは圧倒的なネーム構成力。効果的に省略をすることでテンポと緩急が作られていますね。
    そうとう手練れだと感じました。

    両対極な物語を描ける時点で尊敬しますしどちらもすごいと思いましたが、
    今作(『おべんきょうしましょう〜』)のほうが「連載形」に近い気がしたのでこっち推しです。
    特にピザを届けるシーンと、勉強を教えるシーンが、ネタが詰まってて最高でした。こういうなんでもないところに時間をかけてネタを入れ込める熱量が武器ですね。

    きっとまだまだいろんな設定やキャラクターのネタがあるんだろうなぁと、
    sawadaさんの作家としての魅力に期待しています。
    引き続きよろしくお願いします!

    2020/02/23 20:10
  • 最高にダサかっこいい(褒め言葉)!
    主人公の気持ちいいキャラクターが
    設定負けしてないですね。
    モーニングで担当決定済みとのことで、
    新作が読めるのを心待にしています。
    がんばってください!

    2020/02/22 21:26
  • 最近少女漫画が好きで...
    さすがデビュー済みだけあって達者ですね!
    キャラクターたちの表情のバリエーションがすばらしいです。
    少しも飽きることなく2人がどうなるのかハラハラしながら一気に最後まで読めました:)
    ラストの展開に「がんばれー!」ってなるためにも、
    主人公が先生のどこを好きになったのかが、さらに踏み込んで好きになってしまったのはどういう理由か、嫉妬や焦りだけではなく「先生の素敵なところ」にページをもう少し割いてほしかったなと思いました。
    具体的には「ジンクス」の説明に割いているページ数をそこに充てればいいのかなと。
    ご投稿ありがとうございました!
    ご参考までに。

    2020/02/22 21:20
  • 2作拝読しました。
    世界にとっては大したことないけど主人公にとっては人生を変えうる「小さな大事件」を丁寧に紡ごうとする姿勢と、
    それを支える多彩な表情描写がすばらしい強みですね。
    漫画家として進んでいこうとする方向性を応援します!

    今作ではp19〜p23が科戸目線で描かれています。そのことによって、両者の気持ちが読者にのみわかるので、ののが感じた人間関係の難しさ、緊張感、喜びというものが、共有しきれなくなっている気がしました。ののちゃん視点のみで統一した方がカタルシスが大きかったかと思います。
    また、クラスの皆が声をかけてくれているので、ののちゃんが居場所を求めていた(=居場所がなかった)ということに説得力がやや薄い感じがしました。
    ののちゃんがクラスメイトに声をかける側のほうがよかったかもしれません(冷たいながらも唯一熱のあるリアクションしてくれたのが科戸だったという感じですかね)。

    長々とすみません。
    実力も武器もお持ちだと思うので、
    構成、特に読者にどの順番でどういった感情を持ってもらうかということを意識してがんばってください!

    2020/02/05 01:24
  • ご投稿ありがとうございます!
    こういう大変な基礎研究が医療を支えているんですねぇ...しみじみ。
    もしかしたら指摘されきたことかもしれませんが、研修者は「擬動物化」せずに、人間として描いた方が、単純にわかりやくすなって読者としても本来の中身(ネタ)に集中できるのではないかなと思いました。
    キュートさを足さなくても、お仕事漫画として充分に魅力がありますよ。ご参考までに!

    2020/02/04 13:18
  • 2話目のほうが圧倒的に読みやすく面白いのは、ナレーションがないからだと思います。
    一癖どころではない個性的な恋人同士に興味惹かれました。
    この2人にどんなトラブルが起こるのか、どうやって乗り越えるのかを描いた中編が読んでみたいと思いました。
    期待しています!

    2020/02/04 13:09
  • 久々のご投稿ありがとうございます。
    死後記憶VR、気象理容師を拝読しました。
    どちらも清水さんの武器ーー心情描写と造形描写の細やかさが発揮されており、最後まで飽きることなく楽しめました。
    と同時に、少しもったいなさを感じました。
    どちらも、あえていうなら、メインの「ユニークな設定」が、説明を受けなければならない都合上、少し邪魔に思えたからです。
    清水さんの漫画力は、きっとご自身が思っているより高いです。
    気象理容師のほうは、単に訪問理容師のお話にしても、感動を提供できるのではないでしょうか。
    おそらく設定から考える作品作りをしてきたと思いますが、
    せっかくの人間描写力をお持ちですので、独特な設定という踏み台がなくとも、高みに届くのではないかと思いました。
    削るというのも、立派な選択肢のひとつです。最小限の材料で、読者の心を揺さぶろうとしてみてください。
    目標設定(「読者を泣かす」とか「読者からラブレターが届くくらいステキな主人公を描く」とか)から考えるのも手だと思います。
    僭越ながら、ご参考までに。

    2020/01/31 01:12
  • ご投稿ありがとうございます。
    2話目が特に感動しました。
    命と街をテーマにしていて、目指されている「おおらかな心の復権」にとても向いている作品ですね。
    緻密な背景と、丸っこいキャラが、もう少しだけバランス(折衷)が取れるともっと読みやすくなるかもしれません。
    キャラ寄りにディフォルメを強めればより児童向けに、
    キャラのディフォルメを弱めてストーリーも深くすればより大人向けになるとおもいます。
    全人類に読んで欲しいですが、
    まずはターゲットを絞り、
    「こういった年齢層(の心を持つ人)が、こういう感想を持ってくれたら成功」というミッションを掲げて作品作りに挑めれば、より「刺さる」作品になるとお思います。
    ご参考までに!

    2020/01/17 11:32

担当希望作品

TOP