プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,102

530

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(5年目)&コミックDAYSチーム兼任

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」統括(という名の雑用)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。
映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。アニメにはやや疎いです。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』
安堂ミキオ『はたらくすすむ』
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(WEBTTOON版)
関口かんこ『飼ってない猫』

【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • 『魔法にゃんこケバブちゃん』のときにも書かせていただきましたが、
    相変わらずのヤベエ言語センスですね(繰り返しますが誉めてます)。
    キャラ同士が会話しているだけなのに飽きずに楽しく読めます。
    絵に関して、線を重ねて描く描き方をされていますが、なるべく単線で描画したほうがポップになって作品の魅力が増すと思います。背景の木も、グリグリと描かないほうがいいかもです。なんとなく汚さ、みたいなものになってしまっています。
    絵に清潔感があればあるほど、えんちゃんさんのネタとギャップがあって映えると思うからです。スポンジボブとかシンプソンズとかサウスパークみたいな感じを目指してほしいなと。
    話については、もっと「動き」(場面転換)や話自体に「目的」があったほうがいいかなと思いました。ありていにいえば起承転結ってやつですね。
    期待しています!


    2019/05/21 12:37
  • Chiyokoさんの「好き」が横溢した作品ですね。たのしんで描いているのが伝わってきました。
    逆にいえば「楽しそうに描いてるなー」という以外の気持ちにならなかったともいえます。
    読者としては(広い意味で)「読んでて楽しい〜」って思いたいです。
    テキストボックスを使わずに、会話と動きを重視すると、「作者の楽しい」と「読者の楽しい」が近づくと思います。
    ステキな脳みそをお持ちです。
    もっと技術を磨けばきっと多くの人の心を揺さぶるものが描けると思います!

    2019/05/17 01:57
  • すごい。
    数万作品を読んできましたが
    まだ「読んだことのない漫画」ってあるんですね。
    ウジェンが問うたように「漫画とは何か」を考えさせていただき、とても感謝しています。
    商業という舞台で成功するかどうかは未知数ですが、熱意と情熱と執念が本物だと思うので、
    パッケージや漫画形式を模索しつつ、
    編集者と一緒に、
    広く世に受け入れられる作品を探る打ち合わせをしてみてはいかがでしょうか。

    2019/05/17 01:45
  • ぼくもくりぃむANNの月一のお楽しみ好きでした!
    拝読して、面白かったのですが、なんとなく、なんとなくなんですけど、男の子がいないほうがスッキリ読みやすくなるんじゃないかなと思いました。
    男の子はむちゃぶりのきっかけ(むりゃぶりに乗っかる理由)のみで存在していて、ギャグ漫画のギャグの部分をあまり担っていないような気がしたからです。
    主人公が街のあらゆる「フリ」に応えていく、友達はそれに誘導したりツッコミしたりだけでもいけるんじゃないかなーと。私見ですが!

    2019/05/14 00:40
  • ご投稿ありがとうございます!
    いつも画力がすばらしくて、雑念なく作品に引き込まれます。
    今作は、どんでん返しがあったものの、読後にもやっとしたものが残りました。
    決して気持ちのいいハッピーエンドにする必要はないですが、
    ホラー的な観点からみても「カタルシス」(=スカ―っと気持ちが浄化されるところ)が無かった気がします。
    逆にいえば圧倒的なカタルシスのクライマックスシーンさえ入れられれば名作たりえたかもしれません。
    できれば、作品を考える際は「このシーンで読者にお心を揺さぶってやる!」という見せ場から考えたほうが高遠さんにはむいているかもしれません。ご参考までに!

    2019/05/14 00:31
  • ご投稿ありがとうございます!
    『定規男とコミュ障女』とともに拝読させていただきました。
    どちらもまだ物語のさわりですので確証は無いですが、
    『定規男とコミュ障女』の続きのほうが気になりました。
    こちらの『定規系男子の攻略法』のほうは、設定(状況説明)にページを割いているので、道筋は見えやすいですが、キャラの魅力が掴めなかったからです。
    また、色ぬりが上手いのでカラー漫画(WEBTOON)のほうが向いているように感じました。

    なつまろ。さんの持つある種の丁寧さは武器になりえますが、もろ刃の剣でもあります。
    ・本社からだれか来るらしい
    ・お店に忍び寄るだれか
    ・この人だれー?
    ・本社から来ました
    の流れにおいて、上の二つは描かなくても物語はじゅうぶんわかります。
    あってもなくても話が通じるところを描かないという「省略力」を身につければ、キャラにさくページが増えて、より作品が魅力あるものになると思います。
    少しだけ意識してみてください。
    またご投稿よろしくお願いします!

    2019/05/14 00:13
  • 早速の新作ご投稿ありがとうございます!
    このお話は、テーマに駆け足で向かうために、拙速な印象を受けました。
    そもそもいま「童貞である」ということが若者の主要な悩みになっているのか、というところが最近の調査によるとおぼろげになってきているので、もっと主人公のことを知れたなら、もっと話に没入できたかも(主人公の来し方行く末に興味を持てたかも)しれません。
    そしてヒロインと主人公、どちらも行動が「びっくり」するものというよりは唐突で「謎」になってしまっていたのが残念です。
    作者の考えたストーリーにキャラクターが乗っかってしまっているのかもしれません。
    もうすこし丁寧に彼らのことを考えて、本当に彼らが採るべき言動を深めたら良かったのになと思いました。
    絶望的な話ですが、やはり「読んでよかった」と思える何かがほしいです。
    そもそも闇を描くということは、小さな光をより強くさせるために在ると思っています。
    ネーム原作者志望ということでしたら、作画の時間を割かないぶん、もっと取材をもとにしたネタが必要になってくると思います。
    ご自分の得意な分野を勉強したり、興味のある事件を調べたり、あらゆるエンタメを摂取したりて、ストーリーとキャラ作りのプロになっていただきたいです。
    レベルが高いゆえの、わがままな意見を申し上げましたが、応援しています!

    2019/05/01 12:00
  • 縦スクの特長を活かしたネームで、ヒトトセシキさんの狙い通りに心が動かされました。
    アイディアとネタを創り上げる脳みそがすばらしい!
    本当に欲をいえば、P7~P8あたりは、過去の「ゆるやかな自殺」などの投稿作に比べて、
    やや型どおりの心理的ハッピーエンドだったかなと思いました。
    完成度はバッチリですが、もう少し人間の本質や現実というものにまで踏み込めたのではないのかなと(それまでがスクロールするのが怖いくらいに緊張感があったので)欲ばった感想を持ってしまいました。
    入所した母親が自分を覚えていなかったら、笑わなかったら、それでも主人公は救われたのだろうか、そういう「答え」のない問いを考えてしまいました。
    ヤングマガジンの月間漫画賞では、縦スクロールマンガの投稿も受付しているので、もしここで担当がつかなくてもヤングマガジンに応募してくださると嬉しいです。

    2019/04/29 14:16
  • アイディアが面白い!三毛くんの目つきがすごくすてきですね。
    スピーディーでコミカルな作りも良いのですが、
    実はもっと粘っこく大きく描いたほうが三毛くんの魅力は出せるかもしれません。
    その意味でも、もっとゆったりとしたコマ割りでもいいかなと思いました。
    ラストも
    「ダメだった言っているのにつきまとってくる」か
    「てなづいたようでなぜか次の日はまた元のそっけなさに戻っている」の
    どちらかにしたほうが「野良猫系」にふさわしいオチになりそうですね。
    そうすれば今後の二人の人間関係の展開にも期待が膨らんだかなと思います。
    素敵な作品のご投稿ありがとうございました!


    2019/04/29 13:58
  • 表情豊かな絵柄で目を惹くステキなサムネイルですし、
    老夫婦の長きに亘る愛をペンダントを通じて描こうとする妄想力、
    すばらしいです。

    長い年月の話を16ページで収めるのは少し難しかったかもですね。
    結果的に説明部分が多くなり、
    可食部の少ない果物のようになってしまっているような印象を受けました
    (もっと美味しいのになーと歯噛みしつつ)。
    16ページならば、「喧嘩を黙ってニコニコ見ててくれた妻の描写」など、どれか1点にしぼってそこを粘り強く描くやり方もあったかもですね。
    大きな流れよりも小さな視点のほうが感動を得られることもあります。
    今後に期待しております。
    ご投稿ありがとうございました!

    2019/04/26 19:47

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP