プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★785

415

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。
ばぶばぶ期→いやいや期→すくすく期→思春期→モラトリアム期などを経て講談社入社。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(5年目)&コミックDAYS兼任

・ヤングマガジン編集部新人賞チーフ
・「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」チーフ

中学校までは父から手塚治虫を借り、母から『ときめきトゥナイト』や『ガラスの仮面』や『ピグマリオン』を借り、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、女性漫画やサブカル漫画も大好きです。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。

よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

【ヤングマガジン】
金城宗幸/藤村緋二『グラシュロス』
にんじゃむ/森田和彦『ネメシスコール』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(フルカラー版)

(これまでに立ち上げから担当させていただいた作品)
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • 丁寧に描かれていて、ダメなところはあまりありません。
    一方、だからこそ、ものすごくオーソドックスなゾンビパニックものだなという印象の域を出ませんでした。
    あまたあるパニックもの、ゾンビものをたくさん読んで、
    どこかでそれら先行作品に「勝つ」切り口を見つけていただきたいです。
    つまりどこか「ヤバイ!見たことない!面白い!」っていうところを提示してほしいのです。むしろそこさえ提示していただけて初めて、賛否が巻き起こります。
    兄弟がヤバイのか、見たことないゾンビ(クリーチャー)なのか、めっちゃ泣けるとか、そのあたりの「武器」を模索して、見せてください。
    がんばってくださいね。

    2018/07/21 18:07
  • ありそうでないこと、なさそうであること。リアルよりリアリティがありますね。
    すばらしいやりとりと切り取りを描ける才気をお持ちだと思います。
    編集者と打ち合わせという名の雑談を重ねる中で、戦略やパッケージングを考えていくと花咲くのではないでしょうか。

    2018/07/21 17:55
  • おもしろいです。
    ちゃんと思いつきを形にできていますね。
    「型」ができるといいかもです。
    具体的には連載の10話目がどんな内容かを考えていくといいです。
    そうするともうちょっと2人の人間性を深めないとな〜とか、この部か、主人公に何か目標と気づくのではないでしょうか。
    (追記)
    投稿時の画面で、左始まりを選ぶことができますよー。

    2018/07/21 17:51
  • 意表を突かれました!
    個人的には3ページ目がないほうがテンポが良かったかなとか、
    「蚊が止まってるよ」って言ってから、いまの4ページ目のシーンが来るともっと驚いたかなとか、ちょいと口出ししたくなることもありましたが、
    なんか勢いと情念みたいなのが作品に込められていて将来楽しみな感じします。

    1ページ目の正面は上手く描けていますが、他はややデッサンが崩れていたりするので、
    できれば作画資料(自分で撮った写真など)を見て描くことで基礎を身につけておくと
    結果的に将来、個性的で魅力的な絵が描けるようになると思います。

    2018/07/20 18:34
  • 80年代的な画風、とってもキュートです。
    ダークだけどコミカルな展開、魅力的です。
    大紅さんの作品だとわかるところが、とても良いですね。

    この作品を、多くの人に読んでもらい、面白いと言ってもらうために、
    ひとつだけ「こうしたほうがいいんじゃないかな」ということがあります。

    なにか「普遍性」を入れてください。
    普遍性、というと難しいかもしれませんが、要は「誰にしも心当たりがあるような状況」です。


    たとえば「親を選ぶか友人を選ぶか」とか「自分が死ねばみんなが助かる」とか「みんなに好かれるように自分を変えることはありかなしか」とか、答えのない、自分だったらどうするだろうという状況です。

    それを物語の早めに提示できると、もっと多くの読者をかき集めて読みすすめてもらうことができると思います。

    大紅さんが好きな漫画にも、きっと「自分ならどうするだろう」と考えさせられた「普遍性」があるはずです。
    そのあたりを振り返って研究してみて、自分なりの「普遍性の提議」ができればつよいです。
    がんばってくださいね。

    2018/07/17 18:39
  • 「受け身型観察コメディ」とでも言いましょうか、とってもおもしろい!!
    生まれたヒナがプリンティングで親と思い込むように、
    上京したての青年が姉妹を東京のスタンダードだと思い込むのが快感ですね。
    妹のバッグがanelloなのが個人的にツボでした(こまかい)。

    2018/07/17 13:12
  • 阿川せんり先生の『厭世マニュアル』という僕の好きな小説があるのですが、その主人公がマスクをずっとしている女の子が主人公でした。
    マスクって付けだすと世間との隔離が心地よくて癖になりますよね。

    さて、今作はひとことでいえば「詰め込みすぎ」ちゃいましたね。
    18ページの中に10人くらいキャラクターが登場したような気がします(一人あたり2ページ弱!)。
    さらに主人公の「過去」も入っています。
    物語の基本は「主人公(主役)」の「未来」に向けた「いま」を描くことです。
    まずは読者に主人公が「いま」どんな子なのか、「未来」に向けて「いま」何をしていこうとしているのかを描いて楽しませていくという組み立てをしてほしいなと思いました。
    読み切りや1話目は、主役+1~2人くらいで回せるといいですね。
    とはいえどのキャラも個性的になりそうな予感はありましたよ。
    がんばってくださいね!

    2018/07/16 16:41
  • ご投稿ありがとうございます。

    バディ刑事ものとして読みました。
    「出逢い」だけで終わっており、事件も、二人の関係性の進展もはしょられているので、
    今後次第という感じでしょうか。
    特に事件のネタがきちんと謎解きなりアクションなり「工夫」があるかどうかが肝かと思います。

    ちなみに、刑事が「オカマ」だから面白いということは絶対にないです。
    「男刑事!」「女刑事!」というタイトルにしているのと同じです。
    タイトルは変えたほうがいいと思いますよ~。

    シリアスな事件とコミカルなやり取りを目指しているということなので、
    その方向性は王道なので良いと思います。応援しています!

    2018/07/16 16:33
  • すごくセリフと構図にこだわりが感じられ、画面の美しさが印象的でした。
    その印象に比して、主人公の印象が薄いのが少し残念です。
    どうして主人公にあまり興味が湧かないんだろうと考えると、彼が自発的な行動をとっていないからだと思います。
    ラブホテルに住んでいることなどは「設定」であって、彼自身の性格やキャラクター性を担保するものではありません。
    やはりマンガとしては、会話劇だけで終始せず、主人公が主人公たる言動をどんどん起こして、波風立てていってほしいなと、よくばっちゃう僕なのでした。

    2018/07/16 16:19
  • 「ウィロー」も拝読しました。
    さすがデビュー済みということで、確かな画力をお持ちですね!
    やや少しだけ「パット見で内容が入ってこない」という「読みづらさ」を感じました。
    なるべくなら「読んでいること」すら忘れるくらい、作品に没頭出来たらいいなぁと。
    デザインにこだわりと工夫があるのですが、それが良い方向にいっているかというとやや疑問です。
    僕はPCで拝読しましたが、
    今後ますます「スマホで漫画を読む」層が増えていくことを考えると、
    キャラ造形含めて画面構成にシンプルさを意識していくことも視野に入れていただくほうがいいと思います。読みやすさは面白さにつながると思います。
    あ、最初の「陰惨な事件」、緩急が見事でかわいかったです!!!

    2018/07/16 16:11

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP