プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,339

554

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(7年目)→兼任で「投稿サイト事業チーム」チーム長。

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」責任者(という名の雑用係)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。

映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』(アニメ&実写放送中)

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
安堂ミキオ『はたらくすすむ』2巻発売中!
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』3巻発売中!
のざわたけし/藤村緋二『愛しています、キョーコさん。』1巻発売中!

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』


【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』『なんくる姉さん』『ペーパーホラーショー』『グラシュロス』『飼ってない猫』『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』などなど、想い出がいっぱい。


その他、現在もろもろ仕込んでおります......!

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • 予想外の展開の連続からの脱力オチで独特な作風に魅了されました!
    軽みはいまのSNS文化にマッチしていますね!
    と同時に人物の機微や、ほかの人が気づかない視点をお持ちなので、もっと深みのある物語も描けそうな期待感を勝手に抱いてしまいました...!
    キャラに投影する形でご自身だけが感じる怒り、訴え、願望みたいなものをさらけ出した先に何か新しいステージが拓けると思います。
    また投稿してくださることを期待しています!

    2020/08/17 22:10
  • いつもご投稿くださりありがとうございます。
    厳密に作製した順なのかは分かりませんが、そう思っても不思議でないくらい、一作ごとに絵も話もレベルアップしている気がします!
    本作は特にレコード店内と登場人物にきちんと質感とリアリティがあって、読んでいて心地よかったです。
    1ネタを引っ張ってオチに凝る作り方もありですが、
    ぜひ「連載の1話目でも通用するような読み切り」を目指して製作してみてください。
    きっといまの実力なら不可能ではない挑戦だと思います。
    がんばってください!

    2020/08/17 20:46
  • キャラクターの表情が最高ですね!
    2話目の1P目に、特に惹かれました。
    雰囲気に引きずりこまれたまま、もっと長い時間物語を堪能したいです。
    長いページの作品にもぜひ挑戦を!
    期待しています!!

    2020/08/08 01:34
  • ご投稿ありがとうございます!
    漫画歴が浅いとのことですが、表情のバリエーションが豊富で、ネタとのギャップが狙い通り面白みを出していると思います。
    気になったのは2点で、
    1点目は、もっと最初の状況が、大ゴマでわかりやすく描いたほうがよかったなということ。
    2点目は、2人のどちらかの思いだけを描いたほうが良かったかなということです。
    そうすると、スッと話に入り込むことができて、さらに「誰から見た誰の話か」ということがわかりやすくなるはずです。
    ご参考までに。
    またよろしくお願いします!

    2020/08/08 01:29
  • 最高。キャラクター同士のやり取りが小気味いいです。
    すごく思い切って前置きを省略していますが、それがかえって良かったと思います。
    何気ない雰囲気のある背景描写が物語に説得力を与えていますね。すばらしいです。手を抜かないことの効果を実感しました。
    より多くのキャラクターが出てくる話や、アクションシーンを伴う話にも挑戦してみてください。
    期待しています!

    2020/08/03 22:39
  • ご投稿ありがとうございます!
    めくるめくキレイな世界観ですね。

    サイレント漫画は必ずしも特別な手法ではなく、古くは手塚治虫先生が描かれていますし、最近ですと、とりみき先生の『遠くへ行きたい』、横山裕一先生の『トラベル』などが有名です。
    他社さん主催ですが「世界サイレントマンガオーディション」というコンテストも開催されています。
    つまり全く新しい取り組みではないわけなので、技術を上げるためにも、まず先行作品を見てみるのがよいかもしれません。
    漫画において文字は読者の読むスピードをコントロールする役割も担っています。
    驚くコマに「!?」と符号だけを乗っける手法も、そのコマに目を留めてもらうために発明されたものだと聞きました。
    サイレント漫画は文字がないので、読者の読むスピードが速くなってしまいます。1コマあたりの情報量を極端に削ぎ落とすことが必要なのではないかと愚考します。

    スガノさんの目論む「エンタメの多産多消に疑問を感じるネオアート層や活字嫌い」がお金を払ってくれる(=マネタイズできる)場所として、現在の商業誌がベストなのかについても一考の余地がありそうに思います。

    意欲的な取り組み、応援しています。

    2020/07/11 14:49
  • 映える絵柄ですね!!
    これからカラーマンガの需要も高まるので、この方向でどんどんがんばってください。
    投稿していただいた作品はいずれもショートショートですが、この魅力的なキャラクターたちがどんな物語を繰り広げるのか、連載マンガとなるような、もうすこし長いものも読んでみたいです。
    ご投稿ありがとうございます!

    2020/07/04 16:02
  • すばらしい作品のご投稿ありがとうございます。
    いや凄い、凄まじいです。

    まだ未来が見えないゆえに、
    怒りや不条理や不満足を薄いガラス容器に内包した思春期を送る少年たちには
    それを発散するか我慢するかの二択しかない(と思い込んでいる)んですよね。
    その脆さと危うさをじわじわと思い出しながら、どうか道を踏み外さないでくれと祈りながら夢中で拝読しました。

    「読者に指を突き出す作品」と僕は呼んでいますが、つねに「キミはどうだ?」「キミならどうする」と問いを迫られている感覚になりました。


    「取り返しのつかない事件を起こしてしまった若者と僕達は、たった1mmくらいしか変わらないのではないか。ともすれば、偶然が重なって何らかの加害者になって〝普通の人生〟ではなくなってしまっていたかもしれない」。
    そういったことを『僕たちがやりました』の連載前に原作者の金城宗幸先生と語り合ったことを思い出しました(そしてそれが作品のテーマになりました)。

    作品に込めようとしたものを遺漏なく読者に伝える技術が、やまさんには充分あると思います。
    この方向性を研ぎ澄ませていっても、逆にもっといろんなジャンルに挑戦してもいいと思います。
    いずれにせよ今後も今と同じ姿勢で、堂々とすばらしい作品を描いていってほしいと願います。

    2020/06/16 14:05
  • ご投稿ありがとうございます!
    「戦後の食」「成り上がり譚」という切り口は、非常にキャッチ―でたいへん興味深いです。
    これを描くにあたり相当一次資料にあたったり勉強されたことが伺え、感服しています。
    ただ逆に少しストーリーをスムーズに咀嚼しにくい感じも受けました。
    「戦後帰還した男が幼なじみと闇市を訪れ、鯨のアイディア料理を出した、それをきっかけに二人で戦後を逞しく生きていこうと約束した」
    というストーリー軸だけでじゅうぶんワクワクできるのですが、それをナレーションと過去回想が、マンガを夢中で読んでいる僕を、後ろから肩をトントンと叩いてくる感じがしてしまうのです。「あ、いま自分はマンガを読んでいるのだ」と醒まされてしまうという感じです。
    なによりもまずエンターテインメントを心がけるのであれば、特に1話目は回想を挟まず物語現在の時間だけで進んでいくほうが良いのではないかと思いました。
    そして「説明」は、できるだけ絵で。それができる画力はお持ちだと思います。
    いま54Pほどあると思いますが、20Pくらい削って、その代わりにおもしろいところ、魅せたいところを大きく描いていくという「取捨選択」をすれば、もっと読みやすく「面白い!」と呼ばれるものになると思います。
    僭越ながら、私見まで。応援しております。







    2020/06/15 12:32
  • 人間のポージングが絶妙に上手いですね!すごくセンスとこだわりを感じました。「しな」が自然で、キャラクターの感情を読者に絵だけで伝えられていると思います。
    ややモノローグ多め+自己完結的なお話でしたので、
    1人の物語ではなく、複数人登場し会話が主体となるお話だったらもっと面白さや深みが増すだろうなぁと勝手に期待しております。
    またご投稿よろしくお願いします。

    2020/05/24 20:35

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP