プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,370

546

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(7年目)→兼任で「投稿サイト事業チーム」チーム長。

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」責任者(という名の雑用係)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。

映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』(アニメ&実写放送中)

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
安堂ミキオ『はたらくすすむ』2巻発売中!
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』3巻発売中!
のざわたけし/藤村緋二『愛しています、キョーコさん。』1巻発売中!

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』


【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』『なんくる姉さん』『ペーパーホラーショー』『グラシュロス』『飼ってない猫』『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』などなど、想い出がいっぱい。


その他、現在もろもろ仕込んでおります......!

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • バトルシーンの描写、特に構図がかっこよすぎます!!
    い後にのさんの脳内にある「描きたい映像」がハッキリとあるので、それができるのでしょう。
    あとはその脳内映像をいかに劣化させずに原稿に再現できるか。
    技術的な練習を積めば積むだけこの作品の評価は上がると思います。
    バトルシーンに比してキャラクターたち(人間)の描写がやや拙いので、表情や骨格のデッサン練習もおこなってください。応援しています!

    2021/04/13 11:45
  • ご投稿ありがとうございます。
    『星屑ラプソディ』もそうですが、読者が思わず目を奪われてしまう華のある絵柄ですね!
    この物語の続きが読みたい!と思いつつ、餅村さんが「どうしても描きたく」なった「別の話」も気になります...!応援しています!

    2021/04/13 11:38
  • ご投稿ありがとうございます!
    『とある兄弟の話』も拝読しましたがこちらでメッセージ差し上げますね。

    天性の強みとして
    親しみやすく目に入りやすい絵柄がすばらしいです!
    話にすっと入っていけます。

    どちらの作品もよくばってしまっているのが少し残念な点です。
    なにをよくばっているかというと、「両者の視点を両方とも描くこと」です。

    両者の視点を描くと、読者は「蚊帳の外でふたりの感情をわかったうえで傍観する」という立場に置かれます。もちろんその手法もなくはないのですが、どちらかというとミステリーや頭脳戦向きで、
    恋愛や人間関係のもつれなどがテーマだと共感がしにくくなってしまうという弱点もある諸刃的な側面もあります。
    また、どちらにもページを割かねばならなくなるため、
    ページ数に比べて物語の内容が薄くなるというデメリットもあります。

    いまの段階では、視点人物を誰かひとりに絞り、
    その視点人物が見たことと聞いたこと以外は描かないほうが
    物語に緊張感が生まれますし、読者も感情移入しやすいですし、
    主人公の変化を描きやすくなると思います。

    『それはもう叶っている』でいうと
    上島の物語は「喫煙所で知り合った女性に恋をして妄想してたらその子に彼氏がいるとわかり絶望。そしたら一緒に働いていた西田さんに告られた。ラッキー」ですよね。
    西田さんの物語は「同僚に恋をしている。でも想いをつげるチャンスがこない。占い雑誌をきっかけに願ったら、思い切って告白できるチャンスを得た」になります。
    そのどちらかを徹底して丁寧に描き切ったほうがよいのではないかと思います。

    前者ですと男性目線なので男性が読む雑誌が向いているでしょうし、
    後者ですと女性目線として女性が読む雑誌が向いている話になります。

    さらに、それくらいすっきりさせると、少しクライマックスへのネタが足りないかなあと気づけるはずです。

    せっかく生んだキャラクターなのでどちらの気持ちも描きたいのは理解できますが、
    漫画では「省略する力」「捨てる覚悟」「描かない勇気」も非常に大事なポイントのひとつです。

    絵柄や作風からはどちらも目指せそうなだけに、
    男女どちらの、どの年齢層の心を動かしたときに、ご自身がうれしいかを考えてみるとよいと思います。

    僭越ですが、ご参考までに。
    今後の活躍を応援しています!



    2021/01/16 17:54
  • ご投稿ありがとうございます!
    雰囲気があって、しかも読後に前向きになれる良い作品だと思いました。万人受けしないとは思いませんよ。
    主人公の小さな、でも大事な変化を切り取るという、読み切りのお手本ですね。
    すばらしいです!
    ただし、少しだけ読者に読解力を強要するというか、わかりにくい箇所がありました。
    「ヒールがある=彼氏が浮気をしている」
    「ヒールの底が取れた」
    「なんで右にするの?」
    などのシーンがさりげなすぎて、ともすると読み逃してしまいそうです。
    少しコマ割りが変化に富みすぎているのと、そのコマ自体が小さいからだと思います。
    モノローグで補足するか、捕捉しないのであればコマを大きくしてきちんと読者に読み取れるようにするともっと良くなると思います。
    新境地(?)の次回作も楽しみにしています。

    2021/01/10 18:35
  • ご投稿ありがとうございます!!
    感情的に描けていますし、表情の描き方も秀逸ですね。
    もし「感情を丁寧に描写する」ことを目指すのであれば、次は主人公の人生の中ので【小さな大事件】をメインに据えてみてはいかがでしょうか。
    肉親を失って悲しいという気持ちは万人に理解できる反面、主人公だけが抱える特別な感情反応ではないとも思います。
    生きている中で主人公だけが感じる、主人公だからこそ得る感情を丁寧に描写することで、
    特別な漫画になりえると思います。
    応援しています、頑張ってください!

    2020/12/02 20:38
  • 予想外の展開の連続からの脱力オチで独特な作風に魅了されました!
    軽みはいまのSNS文化にマッチしていますね!
    と同時に人物の機微や、ほかの人が気づかない視点をお持ちなので、もっと深みのある物語も描けそうな期待感を勝手に抱いてしまいました...!
    キャラに投影する形でご自身だけが感じる怒り、訴え、願望みたいなものをさらけ出した先に何か新しいステージが拓けると思います。
    また投稿してくださることを期待しています!

    2020/08/17 22:10
  • いつもご投稿くださりありがとうございます。
    厳密に作製した順なのかは分かりませんが、そう思っても不思議でないくらい、一作ごとに絵も話もレベルアップしている気がします!
    本作は特にレコード店内と登場人物にきちんと質感とリアリティがあって、読んでいて心地よかったです。
    1ネタを引っ張ってオチに凝る作り方もありですが、
    ぜひ「連載の1話目でも通用するような読み切り」を目指して製作してみてください。
    きっといまの実力なら不可能ではない挑戦だと思います。
    がんばってください!

    2020/08/17 20:46
  • キャラクターの表情が最高ですね!
    2話目の1P目に、特に惹かれました。
    雰囲気に引きずりこまれたまま、もっと長い時間物語を堪能したいです。
    長いページの作品にもぜひ挑戦を!
    期待しています!!

    2020/08/08 01:34
  • 最高。キャラクター同士のやり取りが小気味いいです。
    すごく思い切って前置きを省略していますが、それがかえって良かったと思います。
    何気ない雰囲気のある背景描写が物語に説得力を与えていますね。すばらしいです。手を抜かないことの効果を実感しました。
    より多くのキャラクターが出てくる話や、アクションシーンを伴う話にも挑戦してみてください。
    期待しています!

    2020/08/03 22:39
  • ご投稿ありがとうございます!
    めくるめくキレイな世界観ですね。

    サイレント漫画は必ずしも特別な手法ではなく、古くは手塚治虫先生が描かれていますし、最近ですと、とりみき先生の『遠くへ行きたい』、横山裕一先生の『トラベル』などが有名です。
    他社さん主催ですが「世界サイレントマンガオーディション」というコンテストも開催されています。
    つまり全く新しい取り組みではないわけなので、技術を上げるためにも、まず先行作品を見てみるのがよいかもしれません。
    漫画において文字は読者の読むスピードをコントロールする役割も担っています。
    驚くコマに「!?」と符号だけを乗っける手法も、そのコマに目を留めてもらうために発明されたものだと聞きました。
    サイレント漫画は文字がないので、読者の読むスピードが速くなってしまいます。1コマあたりの情報量を極端に削ぎ落とすことが必要なのではないかと愚考します。

    スガノさんの目論む「エンタメの多産多消に疑問を感じるネオアート層や活字嫌い」がお金を払ってくれる(=マネタイズできる)場所として、現在の商業誌がベストなのかについても一考の余地がありそうに思います。

    意欲的な取り組み、応援しています。

    2020/07/11 14:49

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP