プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,167

537

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(5年目)&コミックDAYSチーム兼任

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」統括(という名の雑用)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。
映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。アニメにはやや疎いです。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』
安堂ミキオ『はたらくすすむ』
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(WEBTTOON版)
関口かんこ『飼ってない猫』

【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • コマ割りが上手い&キャラの瞳がいい!
    すんなり話に入れました、が!
    すんなり終わって退出させられてしまった印象も持ちました。
    もう少し長いページを読みたいという希望もありますが、
    夏をテーマにしたのであれば、1ページまるまる、または見開きで情景シーンを描いたら良かったかもですね。
    目に留まる表情は描けているので、
    手が止まるページ、心に残るシーンを入れ込んでみてください。
    今後に大いに期待しています!

    2019/09/12 21:03
  • 無限に読んでいられる心地よさ!
    すごく好きです。
    テーマも、ときどき入る知識も、ちょうど良くて面白いです。応援しています!

    2019/09/08 15:05
  • ご投稿ありがとうございます
    さっぱりとした絵柄でのジュブナイルもの、すごく好きな作風です(すらっとした指も好きです)。まさかのオチで、思わず唸ってしまいました。
    25P目までに「バカをやりたい」と思うに至る理由を、もっと入れ込められたら、ラストの爽快さが格段に上がったと思います。現状ではやや冗長だと思う読者さんも少なくないと思うので。
    主人公含めた彼らが、もっともっと抑圧や圧迫やストレスを感じている具体的な出来事や、彼らの深い友情が感じられる具体的エピソードで、前半に「濃さ」を足していただきたかったです。
    絵は描けば描くだけ上手くなっていくタイプだと察します。たくさん描いてみてください。
    応援&ウォッチングしています!

    2019/08/25 18:37
  • ご投稿ありがとうございます!
    描いた順番は「ウチのお父さんが~」→「eガール」→「裂装少女」ですか?
    ネームだからかもしれませんが、他の2作に比べて明らかに人体が丸く美しいフォルムで捉えられていると思いました。表情にもバリエーションがあり、すばらしいです。
    他作から見るに、美少女アクション+コメディがお好きなのでしょうか?
    摑み方や飽きさせないようにネタを盛り込む努力は良いと思うのですが、なにかぷちサンドさんなりの主張や告白が込められていると、もっと作品としての独自性と、エンタメとしての強度が増すと思います。
    「読者を楽しませる」ことに加えて「読者に問う」のがエンタメだと思うので。
    「人生で大事なことってこれだと思う!!!」とか「こういう性癖なんです!!!」という思い切った主張があるといいなと思いました。
    少しだけ意識してみてください。期待しています!


    2019/08/15 14:33
  • めちゃくちゃおもしろかったです!
    ありえない競技をテーマにしたギャグマンガは多々あれど情熱大陸風にしたパッケージングが成功していますね。
    彼女に懇願して断られたりするところのテンポ感とかぶせがツボでした。
    あと軟膏のくだりも。
    省略が上手なので、飽きずに読み進めることができます。
    ひとつだけ、主人公は徹頭徹尾シリアスにしたままにすることでギャグマンガの体(てい)を出しすぎない方法もあったかなぁと思いました。
    そのあたりの塩梅をうまく調整するために「他者」(=編集者)がいれば、もっともっと良くなると思います。
    久保さんという作家さんのポテンシャルに期待しています!ご投稿ありがとうございました。

    2019/08/15 12:14
  • すばらしいです。
    息をしていたか思い出せないくらい没入して一気に9話目まで読みました。
    読者に共感をさせ追体験させるのではなく、あえて突き放して、物語のもつ吸引力だけで引っ張る作り。それを可能にする画力と叙景、叙述力に感嘆しました。

    『こころ』の悲劇的回顧録のような予感をさせつつ、でもみな幸せであってほしいと願い続けながら読み進めました。

    石河さんは未だ完成しておらず、伸びしろを感じます。
    この作品で石河さんが描いたことよりも、描かなかったこと(家庭的背景など)について、その是非と可能性をお話をしたいです。
    担当希望をさせていただきますが、ゆっくり決めてくださって結構です。
    全てを描き終えてからでも。
    『文子と早春の煙』もそうですが、それに続く石河さんの作品を世に広く知ってもらうお手伝いができればうれしいです。

    2019/08/12 13:15
  • 派手な出来事が起こらないぶん、逆にストレスなくずっと読みたくなる作品です。
    漫画の基礎がしっかりできているからなのだと思います。
    ときどきハッとさせる名言があるのもいいですね。1話目のラスト、すごく好きです。

    今はどちらの視点も描いていますが、どちらかの視点に固定したほうが、恋物語としてはドキドキするのかなと思いました。
    欲をいえば「~ではない(例:えろくない)」ではなく「~である」という切り口があればもっと面白く手に取りたくなる作品になりうると思います。
    応援しています!

    2019/08/08 14:09
  • 『ギャルと恐竜』を担当しているので食いついてしまいました!
    朝日さんはキャラクターの瞳のバリエーションが豊富ですね、それが豊かな表情、細やかな表現、心地よい読み心地につながっていると思います。
    すでに担当が決定しているとのことなので、朝日さんの連載作品が読める日を楽しみに待ってます!

    2019/08/07 14:50
  • 鍼を題材にするのはとても良いですね!
    2点、こうしたらどうかなということを提案させていただきますね(あくまで参考程度にとどめてください)。
    ①ドウゼンが鍼師だということは、いざというときまで隠す
    施術までに3回も(タイトルを入れると4回も)鍼師であるということが明示されてます。鍼で治す話だろうなーと予想してたら鍼で治した、という話になっているので、もっと意外性を持たせるか、もうタイトルでわかっているので、あえて何回も言わなくてもいいのかなと思いました。
    ②治療シーンはもっと派手か、もっと地味に
    現状、鍼の凄さというものが、まだ読者には伝わりきらないかもしれません。
    もっと派手に(イメージを抽象化)するか、もっと丁寧に(原理を説明する)するか、どちらかに寄せたほうがいいと思います。

    24ページ以降のくだりは、アイディアがあって良かったです◎

    2019/07/21 18:06
  • ご投稿ありがとうございます!
    4Pの掌編として上手にまとまっていますね。
    「起」「結」のみになっていますので、
    次は、「承」「転」を、もっと長いページで「らしさ」を感じたいです。
    「結」に至るまでの人生で、いろいろ彼女なりの選択や悩みや喜びがあったと思います。
    それを紡ぐのが物語(漫画)であって、そこにたか緒さんの「らしさ」が出ると思います。
    期待しています!

    2019/07/21 17:54

担当希望作品

TOP