プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,083

521

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(5年目)&コミックDAYSチーム兼任

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」統括(という名の雑用)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。
映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。アニメにはやや疎いです。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』
安堂ミキオ『はたらくすすむ』
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(WEBTTOON版)
関口かんこ『飼ってない猫』

【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • どのキャラも立っているし、やりとりも軽妙だし、どのシーンも面白いです!
    そして何よりエネルギーが伝わってくる絵が良い!

    ただ、はなわも指摘しているように、
    結局なんの話なんだろう?
    という読後感を抱いてしまいました。
    たとえとしては、それぞれの具は美味しいのだけど、いま食べているのがなんの料理なのかがわからない感じです。笑
    そうすると、読者が他人に薦めにくいというディスアドバンテージが生まれてしまいます。

    僕は読後に期待感のある1話目が至高だと思っているのですが、
    期待は予想から生まれ、予想は理解から生まれます。
    とにかく1話目で、この漫画はこういう話なんだと理解させ、予想させ、期待させることを意識してみてください。
    技術は充分お持ちなので
    意識が変わればもっとすごいものができるはずです。
    思いついた面白さをすべて詰め込んでしまう癖があるように思うので、柱を邪魔しないように「捨てること」を手伝えるような編集者と巡り会えることを願っております!

    2019/02/22 18:33
  • くだらない(ほめことば)!!!!
    もっとください!

    2019/02/22 00:35
  • じっくり拝読させていただきました。
    作者の誠実さが表れたネームだと思いました。
    友人の助言が一縷の希望の糸となり、「底を打った」主人公が今後どういった人生を歩むのか非常に楽しみです。

    漫画としては、男性二人の顔が似ているので、描き分け(読者が最初に判別要素とするのは目と口です)を意識してみてください。霊の女性の造形や雰囲気はとてもよかったです。
    コマが多いので、できるだけ「あってもなくても意味がとおるコマ」は省いてみてください。

    次回作も期待しています!


    2019/02/10 14:43
  • 初投稿ありがとうございます!
    お恥ずかしながら2ページ目まで「宇宙乃まれさんがご自分を鳥に見立てたエッセイ漫画」として読んでしまっていたことを告白します(マンガ読みすぎの弊害ですかね)。
    でもそう読んでしまうのは僕だけではないと思うので、できれば最初から「これは擬人化ではない、鳥が主人公のマンガなんだ」と理解させる構造にするといいかなと思いました。
    また、鳥にすることでのメリットはストーリー上「種族ゆえの声の制限」だけなので、人間が主人公のミュージシャンマンガでもいいのではないかとも思いました。
    こう思わせるのもひとえに宇宙乃まれさんの、魅力的な画力があるからです。
    白黒バランスや構図の取り方がすごくかっこいいです。
    他作もぜひ拝見したいです。
    応援しています!

    2019/02/10 14:09
  • 初投稿ありがとうございます。目を惹くカラーですね!
    手抜きなく描かれた原稿も読みごたえを担保しています。
    クリーチャーも怖くて最高。
    人物が背景や処理に負けてしまっているところもあるので、
    もっと人物(特に顔)が目立つ工夫をしていくと良いと思いました。
    つづきを楽しみにしています!

    2019/02/10 14:01
  • スッキリと見やすい絵柄で、特に女性がキレイに描けていますね!
    本作は「困った人を助けて回っている人が、困った人を何か不思議な力で助ける」という筋なので、もっとストーリーに意外性があれば一気に面白くなると思いました。

    王道の代替案としては、主人公の技を序盤で出し、その技ができること(条件)を提示、
    →その条件が通用しないピンチが起きる→読者としては「これでは主人公の技が効かないのでは?」とドキドキさせる→序盤や中盤で張っていた伏線や、助けられる側の協力、主人公の知恵を使って乗り越える

    という作りに組み立て直すという手があります。

    以下気になったことを2点。
    ・めくりや見開きは「びっくりする内容」に使うと効果的だと思います。
    ・P3で情報量が非常に多い(時代、街、事件、事情、人物×4)ので、そこでくじけてしまう読者が多いかもしれず、もったいないです。

    とりとめないですが、ご参考までに。

    2019/02/04 12:25
  • 怖ァーー!! 嫌ァーー!!
    でも、どんな種類の感情であれ、読者の心を揺さぶる(=無表情では読めない)作品を描けるのはすごいことだと思います。考えさせるテーマもありますし。
    実力はじゅうぶんあるので、読者に「読んで良かった」と思えるような「心の揺さぶり」を与えるような作品も描けると思います。宮前さんの描く、気持ちよさを追求した作品も読んでみたいです。
    この作品に関していえばリアリティレベルが大事だと思うので、ときどきキャラクターがディフォルメになってしまうのがもったいなかったかなと思いました。
    ご参考までに!

    2019/02/04 12:11
  • 強烈設定ドタバタメタコメディ!
    「触手〜」とともに、敷島さんが好きなものを楽しく描いている印象があり、とても良い心地になりました。
    いわゆる「出落ち」系の設定や、メタネタは諸刃の剣でして、スタートダッシュはしやすいのですが、反面、うまく使い続けるのが難しく、作者も読者も息切れしやすいのですよね。
    もっと各キャラの人間的魅力(特にリアクション)を追求していくと面白さに持続力が生まれるかもしれません。
    設定がなくても魅力な男の子に、モザイクついたら最高じゃん!くらいの発想順がいいかもですね。
    ご投稿ありがとうございました!

    2019/02/03 21:59
  • 最終話(第18話)を読み、感動。
    DigitalComicLabさんが「K氏」から受けた「仕打ち」に対して、恨みだけではない感情をいただいているとわかり、とても救われた気持ちになりました。
    恨み節だけで終らないことにより、
    漫画家さんにとどまらず、いままさに社会の理不尽なことに置かれている読者さんたちに対して、そういう理不尽に対して自分の中でどうやって消化し進んでいったのかという、ひとつの実体験エッセイとして成立したと思います。
    いち読者としては目の離せない、いち編集者としては身の引き締まる、すばらしい作品、ご投稿ありがとうございました。

    2019/01/27 17:44
  • インキグルミ、すげえ斬新で滑稽でかわいいです。発明ですね!
    ヒューマンドラマぽい話に帰結していてそれはそれで「救い」があり感動しましたが、
    あえて終結せずに、インキグルミだけにしぼって彼の巻き起こす日常でのコメディ(ときどき感動)漫画にするのもありかなと思いました!

    2019/01/24 13:47

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP