プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,147

535

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(5年目)&コミックDAYSチーム兼任

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」統括(という名の雑用)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。
映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。アニメにはやや疎いです。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』
安堂ミキオ『はたらくすすむ』
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(WEBTTOON版)
関口かんこ『飼ってない猫』

【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿ありがとうございます!
    『定規男とコミュ障女』とともに拝読させていただきました。
    どちらもまだ物語のさわりですので確証は無いですが、
    『定規男とコミュ障女』の続きのほうが気になりました。
    こちらの『定規系男子の攻略法』のほうは、設定(状況説明)にページを割いているので、道筋は見えやすいですが、キャラの魅力が掴めなかったからです。
    また、色ぬりが上手いのでカラー漫画(WEBTOON)のほうが向いているように感じました。

    なつまろ。さんの持つある種の丁寧さは武器になりえますが、もろ刃の剣でもあります。
    ・本社からだれか来るらしい
    ・お店に忍び寄るだれか
    ・この人だれー?
    ・本社から来ました
    の流れにおいて、上の二つは描かなくても物語はじゅうぶんわかります。
    あってもなくても話が通じるところを描かないという「省略力」を身につければ、キャラにさくページが増えて、より作品が魅力あるものになると思います。
    少しだけ意識してみてください。
    またご投稿よろしくお願いします!

    2019/05/14 00:13
  • 縦スクの特長を活かしたネームで、ヒトトセシキさんの狙い通りに心が動かされました。
    アイディアとネタを創り上げる脳みそがすばらしい!
    本当に欲をいえば、P7~P8あたりは、過去の「ゆるやかな自殺」などの投稿作に比べて、
    やや型どおりの心理的ハッピーエンドだったかなと思いました。
    完成度はバッチリですが、もう少し人間の本質や現実というものにまで踏み込めたのではないのかなと(それまでがスクロールするのが怖いくらいに緊張感があったので)欲ばった感想を持ってしまいました。
    入所した母親が自分を覚えていなかったら、笑わなかったら、それでも主人公は救われたのだろうか、そういう「答え」のない問いを考えてしまいました。
    ヤングマガジンの月間漫画賞では、縦スクロールマンガの投稿も受付しているので、もしここで担当がつかなくてもヤングマガジンに応募してくださると嬉しいです。

    2019/04/29 14:16
  • アイディアが面白い!三毛くんの目つきがすごくすてきですね。
    スピーディーでコミカルな作りも良いのですが、
    実はもっと粘っこく大きく描いたほうが三毛くんの魅力は出せるかもしれません。
    その意味でも、もっとゆったりとしたコマ割りでもいいかなと思いました。
    ラストも
    「ダメだった言っているのにつきまとってくる」か
    「てなづいたようでなぜか次の日はまた元のそっけなさに戻っている」の
    どちらかにしたほうが「野良猫系」にふさわしいオチになりそうですね。
    そうすれば今後の二人の人間関係の展開にも期待が膨らんだかなと思います。
    素敵な作品のご投稿ありがとうございました!


    2019/04/29 13:58
  • 表情豊かな絵柄で目を惹くステキなサムネイルですし、
    老夫婦の長きに亘る愛をペンダントを通じて描こうとする妄想力、
    すばらしいです。

    長い年月の話を16ページで収めるのは少し難しかったかもですね。
    結果的に説明部分が多くなり、
    可食部の少ない果物のようになってしまっているような印象を受けました
    (もっと美味しいのになーと歯噛みしつつ)。
    16ページならば、「喧嘩を黙ってニコニコ見ててくれた妻の描写」など、どれか1点にしぼってそこを粘り強く描くやり方もあったかもですね。
    大きな流れよりも小さな視点のほうが感動を得られることもあります。
    今後に期待しております。
    ご投稿ありがとうございました!

    2019/04/26 19:47
  • すばらしい作品だと思いました。
    紙ではなくWEBだからこそできる
    色で感情やストーリーの補助線を張っているのがすばらしいです。
    「共感覚的」な漫画でした。
    ラストの彩度!すごいアイディアですね。
    でも、あの後も彼女の人生は続きますし、お姉さんとの部屋の位置関係も変わらないわけです。2人の人生、もっともっと妄想を膨らませてみてはどうでしょうか。
    きれいに終わって想像の余地を残しておくのが読み切り。そこから粘って粘って読者の期待と予想を超える主人公の人生を紡ぐのが連載なのかもしれませんね。
    妄想力とアイディア力に期待しています。
    すてきな作品をご投稿ありがとうございました。

    2019/04/25 01:43
  • 多少ストーリーが強引で粗があったとしても、usamisakiさんが読者の心を揺さぶろうとする思いと、漫画を描くことそのものへの情念がびしびしと伝わってくる作品でした。
    今回は主人公にとって奇跡のようなことで救われる話でしたが、
    usamisakiさんの強みは細やかな人間描写にあると思います。
    小さな、でも確かに大きく人生を変えるようなことを紡ぐことに挑戦した作品も読んでみたいです。
    またご投稿よろしくお願いします!

    2019/04/25 01:27
  • 作画志望でいらっしゃるということで絵のみについてメッセージ送らせていただきますね。
    ご投稿いただいた3作品とも、人物の魅力があふれ出ていてすばらしいです。
    特に今回の唇の瑞々しさは素敵のひとことです。
    背景も重要なポイントなので、人物の魅力が引き立つ背景も研究されるとよいと思います。
    作画者に必要なのは制作力だったりもするので、長いページが描けるかというところもアピールポイントだと思います。過去作があれば投稿していただきたいですし、お話を考えるのが苦手であれば昔話のコミカライズでも、青空文庫(著作権がきれた文学作品が載っているWEBサイト)に載っている作品のコミカライズでもいいです。途中まででもいいです。ある程度ボリュームある作品を拝見したいです。
    また、ときどきDAYSNEO上で作画者募集コンペも開かれておりますので、それへの参加もご検討ください。

    2019/04/13 14:12
  • おもしろいです!
    ボツになってしまった理由はけっこうシンプルで、20数ページで、ぴらふさんが仕掛けた「面白爆弾」が1つしかないことです。フリが長すぎるとも言えますし、あの形態に変身してからの彼のエージェント人生のほうが本番(読者が読みたいところ)とも言えます。
    すごく抽象的にいえば5ページに1回はびっくりがほしいです。
    早めにあの形態に変身して、そこからのストーリーを描くという構成に妄想膨らませたら、きっと面白いと言われるものになるのではないでしょうか。
    がんばってください!
    追伸:デイズネオ投稿を機に(?)他で担当がついたとのこと、おめでとうございます!笑

    2019/04/13 14:05
  • ご投稿ありがとうございます。
    パッケージとして非常に面白くなりそうな、良い着眼点だと思いました。
    ①石膏像ごとのキャラクターを明確に分ける(今は誰が誰でも同じになってしまっている)
    ②もっともっと「そこまで考えなくても!」と読者に思わせるくらい、どうでもいいことについて深く考え会話をする

    の2点を突き詰めた形が好みです。
    (そうなると4コマ漫画じゃないほうがいいかもしれないですね)
    他にもいろんなやり方がありますが、せっかくの良い設定なので上を目指してみてください。

    2019/04/07 20:45
  • 正解のない問いを描こうとする姿勢が、素晴らしいです。
    賛否があってこそ漫画です。みんなの賛成を得られるものはえてして毒にも薬にもならないこともあります。
    山本さんの今の「山本さんなりの考え」を、原稿という舞台で物語を通じて、主張してみてください。完成の先に何か見える境地があるはずです。

    2019/04/02 11:19

担当希望作品

TOP