プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,036

515

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(5年目)&コミックDAYSチーム兼任

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」統括(という名の雑用)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。
映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。アニメにはやや疎いです。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』
安堂ミキオ『はたらくすすむ』
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(WEBTTOON版)
関口かんこ『飼ってない猫』

【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • たくさんご投稿いただきありがとうございます!
    ゾンビ映画への並々ならぬ造詣があるのだなと感心しました。
    が、一方、今の作り方はキヨンドさんと同じくらいのゾンビ愛がある人だけに向けたものになってしまっています。
    ゾンビ部という設定や主人公などキャラクターが悪いわけではないので、
    ゾンビ映画(やホラー映画、パニック映画)のファンを増やそう!という観点から作品を構築しなおしてみてはいかがでしょうか。
    具体的には全く興味ない(=読者と同じ情報量を持つ人)を主人公にするのが基本だと思います。そのキャラのツッコミや質問などの会話を通じて、ゾンビものの良いところや面白さを教えてください。
    摑みなどのテクニックではなく、大枠として読者をついて来させる&興味を持続させるという考え方が大事だと思います。
    これからもよろしくお願いします。

    2019/01/03 16:33
  • 王道の導入という感じで好感が持てますし、キャラクターも活き活きとしていて魅力的に映りました。
    映画になぞらえるとカメラマンがもっとがんばれる気がします。
    もっとロング(ひき)の映像にしたり、二人が同じ画角に入っていたりすると、
    もっと位置関係がわかりやすくなって、話も頭に入ってきやすい(状況が理解しやすい)のかなと思いました。僭越ながらご参考までに。

    2018/12/26 13:53
  • マイナーあるあるネタいいですね!「ヒマだから」という理由に相応しい設定も良きです◎
    着眼点は面白いのですが、途中から同じ話の繰り返しになってしまっている気もしました。
    もう少し独自の視点、独自の喩えで、さらにこの問題について深堀りできれば形になると思います!

    2018/12/26 13:42
  • 美しい!人体描写が上手い!
    この2人が、ゆきずりなのか、友達なのか、家族なのか、ライバルなのかetc.
    その具体的な関係性が会話から伺えたら、同じページ数でももっと面白さ深みが増しますね。
    担当決定済みということで歯噛みしておりますが(笑)、応援しています!

    2018/12/20 13:51
  • 色彩感覚と構図がすばらしいですね!
    細部にも気が利いていて読んでいてワクワクします。
    登場人物が外見にふさわしい人間味ある、ある意味で「原典から脱却した」「漫画っぽくない」言動をとると、もっと突き抜けた面白さが生まれる気がしました。
    ご投稿ありがとうございます!

    2018/12/20 13:44
  • おもしろい。養鶏場での仕事のくだり、すごく興味があります。
    全てを描こうとするがあまり逆にダイジェストみたいになってしまっているのが惜しいですね。
    読み切りは、物語全てを描こうとせずに、「長い物語の小さな、でも確かなはじまり」を描くといい気がします。
    主人公が人生を振り返ったとき、振り返り始まるところをスタートとして、人生が変わり始めた瞬間をクライマックスとしてみてください。
    この主人公でいえば「働き始めたこと」なのか、「命に触れたこと」なのか、いろいろありますが、どれか1つで良いです。
    連載の1話目のように、ぐらいの心持ちで良いです。
    そうすれば説明的なモノローグも減るでしょうし、ダイジェスト感もなくなるのではないかと思います。
    ご参考までに。
    絵柄が好きです。またのご投稿お待ちしていますね!

    2018/12/19 00:50
  • 感動しました...!
    決して珍しくはない設定の中でこれだけのオリジナリティが出るのが素晴らしいです。
    絵もセリフも余計なものを削ぎ落としており作品テーマに合うシャープさを与えていますね。
    もう少しだけ人間を肉感的に描けると説得力が増したかもしれません。
    続きがないラストだったのが残念なくらい、篠田さんのファンになりました!
    よい禾様年を迎えられそうです。
    ご投稿ありがとうございます!

    2018/12/15 00:55
  • 「チンアナゴ」のほうが上手くまとまっていますが「眼鏡っ子」のほうが続きが気になる!
    たぶんこちらの方が〝ストーリー<キャラクター〟&〝満足感<期待感〟だからでしょう。
    ストーリー重視もキャラクター重視もどちらも描けるなんてすごいです。
    絵とセリフがもう少し振り切れると最強ですね。応援しています。
    (12/13追記)
    2話目も面白かったです!
    2人の視点が交錯するので、
    ラブコメというより頭脳バトル的な楽しみかたができる漫画ですね。
    「これは、メガネを外したい男子と外したくない女子のバトルなのだ」と決め打つとネタの方向性が定まって量産ききそうですね。

    2018/12/11 00:32
  • おもしろい!すごい!
    いち読者として最高に楽しみました。
    残りページ数を見て「ああ、もう終わっちゃう...もっと読みたい...」と思った経験は久しぶりです。
    かなり絵も描けているのにネーム原作者志望というのが熱いですね。
    きっと描きたい話がたくさんあるのでしょうね。すてき!

    2018/12/13 04:43
  • 最初の見開き、発見が楽しくて、ずっと眺めていられます。
    超高度な技術なのに敷居を低くしていて最高にイカしてます。かっこいいです。
    読者の感情を揺さぶるストーリー、期待してます。

    2018/12/11 00:37

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP