プロフィール

ヤングマガジンのスズキ

★1,036

515

経歴

愛知県出身。喫茶店好き。

週刊少年マガジン編集部(8年)→ヤングマガジン編集部(5年目)&コミックDAYSチーム兼任

「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」統括(という名の雑用)

漫画&ゲーム大好き一家生まれ。幼少期に父から手塚治虫を読まされ(なぜか最初に渡されたのは『陽だまりの樹』)、母から『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『ピグマリオン』を渡され、妹から「りぼん」と「なかよし」を借り、自分では藤子不二雄や諸星大二郎、「コロコロ」「ジャンプ」「ガンガン」などを読んだりしていました。
高校~大学は「ヤンマガ」「スピリッツ」「IKKI」「モーニング」「アフタヌーン」「フィールヤング」などを購読。
映像だとノンフィクション&ドキュメンタリーが好き。アニメにはやや疎いです。

少年漫画部署と青年漫画部署しか経験ないですが、会社に入るまでは女性漫画やサブカル漫画を大量に摂取しておりました。

最近はアジアのWEBマンガ市場を取材したり、漫画の新しい形を模索したりしています。
著作権や税務関係も勉強中。

アイコンは自作(ズタブクロンといいます)。
よく「実際に会うとアイコンとぜんぜん違いますね」って言われます。
当たり前だよね。

担当作

(作家名敬称略)
【ヤングマガジン】
森もり子/トミムラコタ『ギャルと恐竜』

【月刊ヤングマガジン】
田川とまた『ひとりぼっちで恋をしてみた』

【ヤンマガサード】
久米田康治/ヤス『なんくる姉さん』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』
安堂ミキオ『はたらくすすむ』
三ヶ嶋犬太朗『踊るリスポーン』

【コミックDAYS】
萩本創八/森田蓮次『アスペル・カノジョ』
山岸汰誠『ペーパーホラーショー』
いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(WEBTTOON版)
関口かんこ『飼ってない猫』

【これまでに立ち上げから担当させていただいた作品】
『カウントラブル』『君のいる町』『せっかち伯爵と時間どろぼう』『神さまの言うとおり』『ホクサイと飯さえあれば』『僕たちがやりました』『よしふみとからあげ』などなど、想い出がいっぱい。

メッセージ

編集者がいなくとも作品を世に発表できる時代ですが、
だからこそ漫画家さんの利益とやる気を最大化するのが編集者の仕事だと思っています。

作品から感じとった「目標」に共感できたとき、
そしてその「目標」のお手伝いができる自信があるときに
担当希望させていただきます。

とにもかくにも「人間」を真っ向から描いた漫画が好きです。

メールではなく、会話主体の打ち合わせがしたいです。
打ち合わせはバチバチと、打ち合わせ以外では平和にまったりと、嘘の無いお話ができる関係になりたいものですね。

リンク

新着メッセージ

  • タイトルと着想が良いですね!面白かったです。
    人間くさい仕草をとるならば、わん子の姿はもう少しデフォルメをしない形のほうが良いかもしれませんね。
    個人的にはちゃんと犬っぽい犬が椅子に座る姿のほうが面白いかなと思いました。
    ご参考までに。ご投稿ありがとうございました!

    2018/12/09 15:52
  • うつくしいお話ですね。守田さんの描きたかったものを見れたという気がします。
    単純に読者としては、もっと感動して、できれば泣きたかったです。
    「白虹が頑張る姿」が描かれていれば、感動できたかなと思います。
    運命、死、季節、そういう抗えないものに、抗い、最終的に受け入れる姿とも言えるかもしれません。
    新作の際のなにかのご参考になれば幸甚です。
    ご投稿ありがとうございました!

    2018/12/09 15:49
  • 投稿ありがとうございます!
    構図、人物の表情、自然物、人工物、全てが美しいです。
    高い画力を持っていますね。
    aviciさんは外国のかたなのでしょうか。
    チャンスがあれば一度お会いしてみたいです。
    他の作品もあれば投稿してください。
    よろしくおねがいします。

    2018/12/09 15:42
  • 『最後の秘境 東京藝大』という本がベストセラーになりましたが、やっぱり経験者ならではの「あるある」が、そうでない人たちにとっては驚きになる、こういった経験暴露エッセイものは面白いですね。
    ・ネタを量産できるかがカギだなと思いました。
    ・登場キャラ名を覚えるくらいになると成功ですよね!
    ・芸大が舞台ということですしネタ的にも、カラーがいいかなと思いました。
    以上ご参考までに!

    2018/12/03 01:03
  • かわいい絵柄の皮をかぶった、痛烈な普遍性をもった傑作だと思います。
    読者それぞれが「みんな」のところに何かを代入できる寓話ですよね。
    ラストの解決は痛快でしたが、まだまだ「私」と「カトリシア」が「みんな」と相対していく様子が見ていたいです。
    傑作のご投稿ありがとうございました。

    2018/12/03 00:46
  • さすが受賞作、わかりやすくて面白かったです。掴み勝ちですね!
    漫画内の役割としては、ねんちゃんがボケでアキラくんがツッコミなわけですよね。
    アキラくんのツッコミが冴えわたると、この作品がもっと輝くと思います(現状は解説に留まっている印象)。ギャグ道はかなりハードな道です。
    パリディネタは少なめにしつつ、セリフの一字一句まで知恵をしぼって、新しいオリジナリティあふれるギャグ漫画を目指してください。応援しています。ご投稿ありがとうございます!

    2018/12/03 00:36
  • メッセージ性のある物語で好感が持てました!
    14〜17までは伏線というよりもクライマックスのネタバレにもなってしまうので、一気に飛ばしても良かったかもしれませんね。なんなら最初に来たのが新田でも。
    彼らは野球部を辞めたけど野球は辞めてないのではないか?
    そういう希望的な続きが想像できるところまで描いたらもっと良くなると思いました。ご参考までに!

    2018/11/28 12:18
  • 読んだ人を元気にさせたいという心意気がすごく素敵です。
    絵柄も好感がもてます。
    改善できるポイントとしては、セリフをできるだけ具体的にしたほうが良いかなとおもいました。
    たとえば1ページ目、
    「この前でかいミスしたなぁ 社長カンカンだったし上司にも心配かけちまった/俺やっぱりこの仕事合わないかもなぁ 辞めて次を探し始めるか」を
    「プレゼン資料忘れで取引がパア 佐々木部長も一緒に社長に土下座させちゃったし /俺やっぱり営業向いてないわ 地元帰ってバイトでもするかなぁ」というように具体的にすると、
    主人公の置かれた状況や考えが理解しやすくなり、逆に普遍性(読者にとっても心当たりがある感じ)が増す気がします。
    全ページにわたって、ちょっと意識してみてください。
    また投稿お待ちしています!

    2018/11/26 20:23
  • 表情が多彩で、緻密な背景の中でも埋没することのないキャラクターの魅力もありました。
    すてきとしか言いようのない作品ですね。風鈴の絵、心が洗われました。
    「記憶に残る」&「紹介しやすい」企画さえ見つかれば、最高ですね。
    ご投稿ありがとうございました!

    2018/11/23 17:07
  • 続き楽しみにしていました。
    最後まで(ストーリー上の)視点を主人公に固定して、主人公が見たものと聞いたこと以外は描かない。その「省略する力」「あえて描かない潔さ」が「面白さ(この漫画の場合は「ドキドキ」と「切なさ」)」につながってます。
    欲張ると、ヒロインが姉に告白するシーンとかも描いちゃうんですよねぇ。
    そうすると主人公と読者が分離しちゃってVR的な楽しみがなくなってしまうのですよね。さすがの踏ん張り、あっぱれです。
    斜に構えたところがないのも好感が持てます。
    よきマッチングでよき作品を世に送り出してください!

    2018/11/21 12:00

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP