プロフィール

経歴

【最初】⇒コミック販売部
初版部数を決めたり、重版部数を決めたり、どんな戦略で作品を売っていくかを考えるのが仕事でした。
週刊少年マガジン・月刊少年ライバル・イブニング・講談社ラノベ文庫・
月刊少年マガジンと、いろんな編集部の営業担当をしました。

【その後】⇒月刊少年マガジン
月刊少年マガジンの営業担当をしてたら、月刊少年マガジンの編集部員に。
編集部に来て6年。30代前半。新人漫画賞「月刊少年マガジンコミック大賞デビュー!」のチーフをやってます。

担当作

【現在の担当作品】
<月刊少年マガジン>
『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』『今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね』『グッバイ!異世界転生』

<マガジンR>
『虚構推理』『ピーチボーイリバーサイド』『白聖女と黒牧師』『偽神英雄のアマデウス』

<ニコニコ静画>
『ポンコツが転生したら存外最強』

【過去の担当作品】
『ましろのおと』『ノラガミ』『金の彼女銀の彼女』『掟上今日子の備忘録』『コンビニお嬢さま』『ヨウコさんはカッコいい』など

メッセージ

<1か月に1回発売の「月刊少年マガジン」>
<2か月に1回発売の「マガジンR」>
<毎週~月1更新の「漫画アプリ・マガポケ」「ニコニコ静画・別館月マガ」>
月マガ編集部では、みなさんのペースに合わせて連載できる場所を用意してます!

いち担当としては、
現代ファンタジー、ハイ・ファンタジー、ミステリ、怪異モノ、サスペンス、
異能バトル、音楽、ラブコメ、グルメ、オタクコメディ、萌え、異世界、などなど
なんでも好きで、なんでも担当してきたので、これからもなんでもやっていきたいです!!

リンク

新着メッセージ

  • ご投稿ありがとうございます!
    ホラーは個人的に好きなジャンルなので、楽しんで読ませていただきました。

    どの話もオチにインパクトがあり、しかもそのバリエーションが多いのが良かったです!
    (ゾクッとするオチもあれば、よく考えると怖いなというオチもあり、ちょっと笑えるオチもあったりと)

    ただ一方で、続きものではないホラーで、どうやって作品に個性を出して、さらに読者にお金を出してもらえるかはなかなか難しいなとも思いました。
    (紙か電子で単行本を買ってもらう。続きが読みたくてアプリで話単位でお金を出してもらう。など)
    おそらく、4コマ1本ごとの面白さ以外にも「何か」読者を惹き付ける要素が必要なのだと思います。ぜひその武器を見つけてみてください!

    2019/07/17 00:09
  • もう担当決定のあとですが、感想だけ。
    最後の「ぽっぽっぽっ」が、めっっっっちゃくちゃ可愛かったです!!!

    またどこかでコダマさんの作品が見られるのを楽しみにしてます!

    2019/07/16 22:53
  • 2人の表情、特に眼に惹きつける力があって、とても良かったです!
    デコボココンビっぽさもあるけれど、どこかお互いを尊重しあってる感じもあって、この2人のことをもっと知りたくなります。
    お話としては、まだまだ始まったばかりかと思いますので、続きを楽しみにしております。

    2019/04/18 00:21
  • 1ページ目の1コマ目から面白い!!!
    そして、御陰ちゃんがめちゃくちゃ可愛い!!
    単純に造形だったり瞳だったりもすごく良いのですが、それだけなく、パンを拾う姿だったり、屋上で足を投げ出している姿だったり、ポージングにもこだわりが感じられました。それがまた可愛さを増してくれているんではないかなと・・

    ラストの展開は、御陰ちゃんのイジメられても失いたくない大神くんへの想いがもっと爆発してくれると、もっと広がりが出るかもとも思いましたが、現状でも十分に二人の事を見守っていたくなりお話になっていると思います。

    ぜひ担当させていただき、作品作りのお手伝いをさせていただければと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

    2019/04/04 03:30
  • 面白かったです!
    そのうえで、「彼女『が』楽しむお話」だけではなく、「彼女『を』(読者が)楽しむお話」という意識を持つと、もっとたくさんの人に楽しんでもらえる作品が描けるのではないかと思います。

    2019/03/25 21:55
  • 大人魔女のスタイルの良さだったり、子供魔女の髪の長さだったり、キャラ造形へのこだわりが感じられる点がとてもいいです!
    そして、意外性のあるラスト1ページにもすごく惹きつけられました!

    ぜひ、他の作品も見てみたいので投稿お待ちしております!

    2019/03/25 21:45
  • 「遺品整理」を題材にするという点にすごく企画性を感じました!
    生者も死者もお客だという設定だったり、主人公がこの仕事をしてるのにビビリという設定だったり、設定のアイディアもとてもあって、それがカリヤさんの武器になっていると思います。

    遺品整理」というお仕事がどんなものだかが一番知りたいことなので、基本的な目線のキャラクターはポポロちゃんのほうが良かったかなと思いました。
    (ポポロちゃんも読者も「遺品整理」のお仕事を知らないから、ポポロちゃん目線でそれを知ることができるので)

    楽しんで読ませていただきました!

    2019/03/08 17:58
  • 投稿ありがとうございます。
    4P目の塩田さんは破壊力抜群の可愛さだと思います!
    逆に、この星野くんは(3P目までの)塩田さんの「塩対応」のどの部分に惚れているのか少し分かりづらさがありました。出てくるキャラクターも多いので、もっと減らして、その「塩対応」を堪能したかったです。そのうえで、ページをめくると4P目のギャップが出てきて「おおぉーっ!!」となるといった感じに。

    ただ、これは4Pというボリュームのアドバイスです。もしもっとページ数を使えるなら、このまま続きを「塩対応中&塩対応事後の塩田さんの心の悶え」をたくさん描いて楽しんでもらう漫画にすればいいと思います!

    2019/03/08 00:56
  • 前回の投稿の時期から考えると、3か月ちょっとで完成させたということでしょうか? その期間でこの力作を作り上げたのは、とてもすごいことだと思います!

    そう、とっても力作なのです。冒頭の「死」をストローで吸っているぺらんこりーなんて最高に良かったです。それだけに「惜しい‥!」というのが一番の感想でした。
    というのも、この作品の最大の魅力は「ぺらんこりーちゃん」だと思っているのですが、彼女が一番魅力的に見える(=彼女のことが分かる)作りにできていないのではないかなと。

    では、どうすれば彼女の魅力がわかるお話になるのでしょうか?
    もちろんいろいろやり方はあると思いますが、1つは「目線役を一般的なキャラクター」にすることです。このお話でいうとミリィがそれにあたります。
    例えば、冒頭をミリィ視点にすると、「謎の霧が突然出てきて焦る、怖い‥」→「そんなときに出会った謎の女の子が、霧でストローを吸ってる! いったい何者なの!?」→「しかも、見習いの私の作ったクッキーを光り輝いてるなんて言って‥!」と思うのですが、どうでしょうか? ぺらんこりーちゃんのことがもっと知りたくなる出だしになりそうではないでしょうか?

    このやり方がすべてに当てはまるわけではないですが、「主人公以外の一般的な視点をもったキャラクターを目線役にする」というのは結構おすすめです。
    ただ、すべては「主人公を魅力的に見せるため」ですので、その魅力的に見える構成やキャラクター設定を目指していってください!

    2019/02/28 21:09
  • すごく面白かったです!
    平野レミ以来の、伝説的なブロッコリーを見ました…

    すべて読ませていただきましたが、ネタのバリエーションや、ラストのページのインパクトなどをしっかり考えて、狙って作っていっている感じがとても良かったです。

    一方で、ネタとしては楽しんで読めるけれども、キャラクターではまだ楽しみきれない印象がありました。
    作品を好きになってもらうには、やっぱりキャラクターのことを好きになってもらうのが一番だと思うんです。そうなってもらうためのキャラ作りをしていくと、もっともっと良い作品になっていくと思います。
    たとえば、今回は姉弟でしたが、二人が恋人同士という設定だったら、コメディだけでなく、イチャあまなラブコメの方向性とかも見せられていいんじゃないかなと思いました。

    ぜひ、今後も投稿たのしみにしております!

    2019/02/26 21:01

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP