プロフィール

経歴

【最初】⇒コミック販売部
初版部数を決めたり、重版部数を決めたり、どんな戦略で作品を売っていくかを考えるのが仕事でした。
週刊少年マガジン・月刊少年ライバル・イブニング・講談社ラノベ文庫・
月刊少年マガジンと、いろんな編集部の営業担当をしました。

【その後】⇒月刊少年マガジン
月刊少年マガジンの営業担当をしてたら、月刊少年マガジンの編集部員に。
編集部に来て6年。30代前半。新人漫画賞「月刊少年マガジンコミック大賞デビュー!」のチーフをやってます。

担当作

【現在の担当作品】
<月刊少年マガジン>
『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』『今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね』『グッバイ!異世界転生』

<マガジンR>
『虚構推理』『ピーチボーイリバーサイド』『白聖女と黒牧師』『偽神英雄のアマデウス』

<ニコニコ静画>
『ポンコツが転生したら存外最強』

【過去の担当作品】
『ましろのおと』『ノラガミ』『金の彼女銀の彼女』『掟上今日子の備忘録』『コンビニお嬢さま』『ヨウコさんはカッコいい』など

メッセージ

<1か月に1回発売の「月刊少年マガジン」>
<2か月に1回発売の「マガジンR」>
<毎週~月1更新の「漫画アプリ・マガポケ」「ニコニコ静画・別館月マガ」>
月マガ編集部では、みなさんのペースに合わせて連載できる場所を用意してます!

いち担当としては、
現代ファンタジー、ハイ・ファンタジー、ミステリ、怪異モノ、サスペンス、
異能バトル、音楽、ラブコメ、グルメ、オタクコメディ、萌え、異世界、などなど
なんでも好きで、なんでも担当してきたので、これからもなんでもやっていきたいです!!

リンク

新着メッセージ

  • 投稿ありがとうございます。
    4P目の塩田さんは破壊力抜群の可愛さだと思います!
    逆に、この星野くんは(3P目までの)塩田さんの「塩対応」のどの部分に惚れているのか少し分かりづらさがありました。出てくるキャラクターも多いので、もっと減らして、その「塩対応」を堪能したかったです。そのうえで、ページをめくると4P目のギャップが出てきて「おおぉーっ!!」となるといった感じに。

    ただ、これは4Pというボリュームのアドバイスです。もしもっとページ数を使えるなら、このまま続きを「塩対応中&塩対応事後の塩田さんの心の悶え」をたくさん描いて楽しんでもらう漫画にすればいいと思います!

    2019/03/08 00:56
  • 前回の投稿の時期から考えると、3か月ちょっとで完成させたということでしょうか? その期間でこの力作を作り上げたのは、とてもすごいことだと思います!

    そう、とっても力作なのです。冒頭の「死」をストローで吸っているぺらんこりーなんて最高に良かったです。それだけに「惜しい‥!」というのが一番の感想でした。
    というのも、この作品の最大の魅力は「ぺらんこりーちゃん」だと思っているのですが、彼女が一番魅力的に見える(=彼女のことが分かる)作りにできていないのではないかなと。

    では、どうすれば彼女の魅力がわかるお話になるのでしょうか?
    もちろんいろいろやり方はあると思いますが、1つは「目線役を一般的なキャラクター」にすることです。このお話でいうとミリィがそれにあたります。
    例えば、冒頭をミリィ視点にすると、「謎の霧が突然出てきて焦る、怖い‥」→「そんなときに出会った謎の女の子が、霧でストローを吸ってる! いったい何者なの!?」→「しかも、見習いの私の作ったクッキーを光り輝いてるなんて言って‥!」と思うのですが、どうでしょうか? ぺらんこりーちゃんのことがもっと知りたくなる出だしになりそうではないでしょうか?

    このやり方がすべてに当てはまるわけではないですが、「主人公以外の一般的な視点をもったキャラクターを目線役にする」というのは結構おすすめです。
    ただ、すべては「主人公を魅力的に見せるため」ですので、その魅力的に見える構成やキャラクター設定を目指していってください!

    2019/02/28 21:09
  • すごく面白かったです!
    平野レミ以来の、伝説的なブロッコリーを見ました…

    すべて読ませていただきましたが、ネタのバリエーションや、ラストのページのインパクトなどをしっかり考えて、狙って作っていっている感じがとても良かったです。

    一方で、ネタとしては楽しんで読めるけれども、キャラクターではまだ楽しみきれない印象がありました。
    作品を好きになってもらうには、やっぱりキャラクターのことを好きになってもらうのが一番だと思うんです。そうなってもらうためのキャラ作りをしていくと、もっともっと良い作品になっていくと思います。
    たとえば、今回は姉弟でしたが、二人が恋人同士という設定だったら、コメディだけでなく、イチャあまなラブコメの方向性とかも見せられていいんじゃないかなと思いました。

    ぜひ、今後も投稿たのしみにしております!

    2019/02/26 21:01
  • 非常に丁寧な絵作りに思わずうなりました。ものすごく上手いですね!

    その画力だけでも最後まで読ませる力はあるのですが、「誰がどんな人なのか」が分かるともっと作品に入り込みやすくなると思います。たとえば、「主人公はどんな人なのか(不良? カッコいい? ふつうの子?など)」「高橋くんと主人公の関係は(長い友人? ただのクラスメイト? まあまあ仲がいい?など)」。意外と読者はちゃんと説明してくれないと分からなかったりするので、まずはキャラクターを知ってもらうとよいかと思います。

    2019/02/11 02:07
  • 八尺様を可愛く描いたイラストや漫画はよく見かけますが、「八尺様に例えられる女子高生」というのは新しいかもしれないですね!
    拓未くんが恭華ちゃんにしてほしい願望(付き合う以外の具体的なこと)が出てきたるするとお話の広がりが出るかなと思いました。
    今後も楽しみにしております。

    2019/01/28 10:36
  • ラストの女の子のインパクトが!!!!
    たった一言の衝撃で、漫画はこんなに面白くなるのか、と驚きました。とても面白かったです。
    「無表情で何を考えているかわからない美人」というキャラ設定も良かったですし、それを体現している女の子の造形もすごく良かったです。
    ぜひ、いろんな作品を読んでみたいです。楽しみにしております!

    2019/01/21 01:48
  • お話の本題以外にも、過去の友人関係の話が入ってきたり、生徒の恋愛のお話が入ってきたり、とにかく色々なお話が展開さえていくので、すごく続きが気になっていきました。この主人公のキャラ性もとても良いなと思いました。
    ただ、そのキャラ性についてですが、良い反面、事件に対してどこか他人感があるので、読者としても本題である事件やリストのお話に入り込みにくい印象もありました。主人公が事件にもっと巻き込まれていく展開が早めに入ってくると変わってくるかもと思います。

    2019/01/14 01:38
  • ヤバイです! めちゃくちゃ面白かったです! おそらくDAYS NEOに投稿された作品の中でいちばん爆笑しました。

    そして女の子(沙耶ちゃん)がめちゃくちゃかわいいです! 彼女のかわいさが、たとえどれだけ破天荒なキャラや笑いが出てきても、作品の本筋に読者を戻してくれて読み進めずにはいられない原動力になっていると思います。アップの顔も、ころころ変わる表情も、とても良いプロポーションも、すごく好きです!

    笑いのネタも非常に良かったです!「パブロってる」という造語が典型的なヤンキーを、1ランク上のキャラに押し上げていましたし、PS4の話(回想)してるのに独身女のシャワーを覗いている理不尽感も最高に面白かったです。個人的には、オヤジの登場シーンがすごく好きでした‥‥

    ぜひ連載にむけてお話させていただければと思っておりますので、よろしくお願いいたします!

    2018/12/28 00:29
  • 3話すべて没頭して読ませていただきました。ものすごく面白かったです!
    群像劇としてこれだけのキャラクターにスポットが当たる世界観・キャラクターを作ることができるのは、とてもすごい才能だと思います。
    なにげないシーンに情緒をもたせられるのも篠田さんの武器だと思います。2話目の髪を結ってるシーンのラスト、その結った後ろ髪をアップにセリフが入っているのとか、もうホントにすごいなと・・・
    いろいろな作品を読ませていただいて、ちょっと苦みのあるけれど救いのある読み味がするのもすごく好きでした。

    青年誌志望とのことですが、少年漫画の裾野も広がっており、十分に力を発揮できると思っています。特に、「人ならざるモノの話」や「非日常的な設定・力のお話」、「少年少女の青春群像劇」などでチャレンジしてみたいものがあれば、ぜひ一緒にお仕事させていただければと思っております。

    2018/12/24 23:05
  • 「人如きが人以外を名乗るなど思い上がりもはなはだしい」というセリフがものすごく好きでした! なので、そのあと「人如き~」を使ったセリフがまた出てきたときには思わず嬉しくなってしまいました。
    とても面白くて切ないお話でした。女の子がノギ様といっしょにいる時の表情がコロコロ変わるところも非常に魅力的だと思います。
    まずは、いろいろな作品を上げてくださるとのことなので楽しみにしております! 最近の作品もぜひ読んでみたいです。

    2018/12/17 10:51

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP