作品詳細ページ

コード

★2 444

最新話公開 2019年05月21日 第1話公開 2019年05月21日

夢破れた青年。車を走らせて実家へ帰る道中、母を訪ねて…な少女に無理やり車に乗り込まれる。ちぐはぐな二人のロードムービーもどき。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2019年05月21日

    ★1

編集者メッセージ(新着)

  • 主人公も少女も、表情が豊かなので観ていて楽しかったですし、感情が伝わってきました。

    残念なのは2人の名前が分からないこと。大切な話の中心となるキャラクターですから、名前をつけてあげてほしいです。見ず知らずの人間とは言え、冒頭で道中を同じにするとなれば、名前を教え合うやりとりがあるはずです。その他、細かい点ですが、少女が黒髪でないため舞台設定が日本であると認識するのに時間がかかりました。少女の名前が日本風なら、そこで把握することができたと思います。

    最終的に主人公は仲間の元に戻ることになったのですが、個人的には主人公が「やりたいことをやりたい」という気持ちに共感していたので、仲間の元(やりたくないことを強いられる場所)に戻ってしまったのはバッドエンドのように見えてしまいました。仲間との絆や信頼が描かれていないので、仲間は主人公を利用しているだけというイメージが払拭できません。

    少女のラストも現実を受け止めることができたものの、救いがなかったのは残念です。少女の家庭事情(父親は? 母親はどこにいってしまった? 兄弟は?などなど)の掘り下げも不足しているので、彼女が「東京に戻る」ということがどういうことなのか、結果が漠然としてしまっています。

    また、主人公と少女の「相互の変化」が少し薄い印象でした。「主人公はこの少女と出会ったからこそ変わることができた」「少女はこの主人公に出会えたから前に進めた」という、お互いの“影響”が深まれば深まるほど、この物語はより感動的なものになると思います。

    こまごまと粗さがしのようなことを書いてしまいましたが、キャラの表情は活き活きと描かれていましたので、エピソード選びや登場人物の取捨選択をプロットの段階で精査できるようになると、より完成度の高い作品をお描きになれるのではないかと思います。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/05/22 19:41

編集者メッセージ(いいね)

  • 主人公も少女も、表情が豊かなので観ていて楽しかったですし、感情が伝わってきました。

    残念なのは2人の名前が分からないこと。大切な話の中心となるキャラクターですから、名前をつけてあげてほしいです。見ず知らずの人間とは言え、冒頭で道中を同じにするとなれば、名前を教え合うやりとりがあるはずです。その他、細かい点ですが、少女が黒髪でないため舞台設定が日本であると認識するのに時間がかかりました。少女の名前が日本風なら、そこで把握することができたと思います。

    最終的に主人公は仲間の元に戻ることになったのですが、個人的には主人公が「やりたいことをやりたい」という気持ちに共感していたので、仲間の元(やりたくないことを強いられる場所)に戻ってしまったのはバッドエンドのように見えてしまいました。仲間との絆や信頼が描かれていないので、仲間は主人公を利用しているだけというイメージが払拭できません。

    少女のラストも現実を受け止めることができたものの、救いがなかったのは残念です。少女の家庭事情(父親は? 母親はどこにいってしまった? 兄弟は?などなど)の掘り下げも不足しているので、彼女が「東京に戻る」ということがどういうことなのか、結果が漠然としてしまっています。

    また、主人公と少女の「相互の変化」が少し薄い印象でした。「主人公はこの少女と出会ったからこそ変わることができた」「少女はこの主人公に出会えたから前に進めた」という、お互いの“影響”が深まれば深まるほど、この物語はより感動的なものになると思います。

    こまごまと粗さがしのようなことを書いてしまいましたが、キャラの表情は活き活きと描かれていましたので、エピソード選びや登場人物の取捨選択をプロットの段階で精査できるようになると、より完成度の高い作品をお描きになれるのではないかと思います。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/05/22 19:41

TOP