作品詳細ページ

お宅訪問若葉ちゃん(ネーム)

なおたけ

★21 502

最新話公開 2018年06月09日 第1話公開 2018年06月09日

事故物件をモチーフにしたネームです。
毎回、新人の若葉ちゃんが大変な目にあう
漫画を作りたいです。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年06月09日

    ★7
  • 第2話

    公開日:2018年06月09日

    ★3

編集者メッセージ(新着)

  • かわいい女の子とホラーという組み合わせが、企画として魅力的ですね。岩塩を投げつけたり殴ったり…不謹慎だけど、クスっと笑ってしまう要素があります。必殺技が岩塩(物理)! なんていう設定のヒロインは前代未聞なのでは…!?

    若葉ちゃんはいろんな経験をしたくてこの仕事を始めたようですが、もっと追い詰められて「この仕事しかない!」という設定にしたほうが、怖いけど前向きに仕事していくしかないんだ!という健気さが強調されるんじゃないかと思います。なんというか…それで正直、不謹慎さも少し和らぐんじゃないかと…。不謹慎な感じが、やはりどうしても感じられてしまいまして…。これを連載企画に練り上げていくと仮定すると、第1話の調整が必要になると思いました。

    若葉ちゃんの表情やリアクション、かわいらしくて好感がもてるんですけどね。

    2018/06/10 16:47
  • 事故物件×ホラー×女の子という組み合わせに、すごく可能性を感じました。
    そして何よりネームの切り方が非常に上手い!
    テンポよくリズムよく、わかりにくさもなく、気持ちよく拝読させていただきました。

    ブラッシュアップしていただきたい部分としては、
    若葉ちゃんというキャラクターの「芯」です。

    読んだ流れでの若葉ちゃんの印象は
    事故物件・死体あるかもワクワク→死体大好きな子(ちょっと引いた)
    どんどん奥に進んでいく→何も恐れを知らぬ子
    「居住者」との遭遇でビビる→普通の怖がり
    塩で撃退→じゃあ何を事故物件に求めているのか
    騒動後号泣→自分が求めたのになんで泣いているの?
    キメ台詞→前向き
    でした(記憶で書いているのでやや違うかもしれません)。

    と、言動にあまりつながりを感じませんでした。
    (実際の人間界にはいるのでしょうが、漫画ではこの「ブレ」はあまりよくないです)
    キャラクターはリアクションで決まるので、もう少しリアクションを精査してみてください。

    イベントごとにキャラクターが「変化」していくのはアリだと思います。
    ただしこの場合の「変化」とは「印象の積み増し」です。
    若葉ちゃんの場合は、別人かと思うような変化になってしまっています。

    若葉ちゃんが何を目標に生きていて、何を大切にして、何をされたら怒るのか、「芯」がほしいです。

    その意味ではエピソード2のほうが、客観視する人物もいるし、引く場面もないし、
    若葉ちゃんには好感持てました。
    ただし、話の構造がほとんど1と同じで、どちらもオチがない感じがしました。

    良い企画だと思うので、ブラッシュアップ期待します!ご参考までに。
    ありがとうございました。

    2018/06/09 12:30

編集者メッセージ(いいね)

  • 事故物件×ホラー×女の子という組み合わせに、すごく可能性を感じました。
    そして何よりネームの切り方が非常に上手い!
    テンポよくリズムよく、わかりにくさもなく、気持ちよく拝読させていただきました。

    ブラッシュアップしていただきたい部分としては、
    若葉ちゃんというキャラクターの「芯」です。

    読んだ流れでの若葉ちゃんの印象は
    事故物件・死体あるかもワクワク→死体大好きな子(ちょっと引いた)
    どんどん奥に進んでいく→何も恐れを知らぬ子
    「居住者」との遭遇でビビる→普通の怖がり
    塩で撃退→じゃあ何を事故物件に求めているのか
    騒動後号泣→自分が求めたのになんで泣いているの?
    キメ台詞→前向き
    でした(記憶で書いているのでやや違うかもしれません)。

    と、言動にあまりつながりを感じませんでした。
    (実際の人間界にはいるのでしょうが、漫画ではこの「ブレ」はあまりよくないです)
    キャラクターはリアクションで決まるので、もう少しリアクションを精査してみてください。

    イベントごとにキャラクターが「変化」していくのはアリだと思います。
    ただしこの場合の「変化」とは「印象の積み増し」です。
    若葉ちゃんの場合は、別人かと思うような変化になってしまっています。

    若葉ちゃんが何を目標に生きていて、何を大切にして、何をされたら怒るのか、「芯」がほしいです。

    その意味ではエピソード2のほうが、客観視する人物もいるし、引く場面もないし、
    若葉ちゃんには好感持てました。
    ただし、話の構造がほとんど1と同じで、どちらもオチがない感じがしました。

    良い企画だと思うので、ブラッシュアップ期待します!ご参考までに。
    ありがとうございました。

    2018/06/09 12:30
  • かわいい女の子とホラーという組み合わせが、企画として魅力的ですね。岩塩を投げつけたり殴ったり…不謹慎だけど、クスっと笑ってしまう要素があります。必殺技が岩塩(物理)! なんていう設定のヒロインは前代未聞なのでは…!?

    若葉ちゃんはいろんな経験をしたくてこの仕事を始めたようですが、もっと追い詰められて「この仕事しかない!」という設定にしたほうが、怖いけど前向きに仕事していくしかないんだ!という健気さが強調されるんじゃないかと思います。なんというか…それで正直、不謹慎さも少し和らぐんじゃないかと…。不謹慎な感じが、やはりどうしても感じられてしまいまして…。これを連載企画に練り上げていくと仮定すると、第1話の調整が必要になると思いました。

    若葉ちゃんの表情やリアクション、かわいらしくて好感がもてるんですけどね。

    2018/06/10 16:47

TOP