なおたけ  (ID:naotake_109)

★34702

なおたけと申します。

好きな絵はメカとおじさん・クリーチャーやメカ女の子ですが、
漫画はギャグな感じのホラーやハートウォーミング系の群像劇が好きです。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿作品

編集者メッセージ(新着)

  • 株式会社木村クリーンサービスの日常(ネーム)へのメッセージ

    お父さんのデザインがカッコイイですね。
    オッサン×かわいい女の子の組み合わせは、なんとなくいい雰囲気です。

    タイトル名をそのまま受け取るとすると、これは日常漫画なのでしょうか? 後半は怪物ネズミとのバトル展開になってしまっていて、2人の日常風景があんまり見えてこないのが残念です。バトルも日常の一部というのもわかりますが、それ以外の描写も見てみたかったですね。この調子だと戦いに追われる日々しか想像できないので、彼らの生活を見守り続けたい設定になっていないような気がしました。

    加えて世界観設定の練り込みや情報開示の仕方も検討が必要ですね。SF的な世界観ながら、この世界がどうなっているのかという読者の興味を誘引しきれていません。「怪物ネズミが跋扈する世界」「それを駆除する親子」「駆除はパワードスーツのようなものを着て」これらが飲み込めてしまうと、なんとなくこの作品の世界観をすべて理解したような気になってしまい、自己完結してしまうような感覚がありました。

    せっかくSFやファンタジーをやるのであれば、そこでも読者を楽しませて欲しいですね。たとえばこの親子が、何もない砂漠で、そこに棲む怪物を狩り、心臓を収集している…1話目では心臓を集めている理由を知らない娘が、父親に訊くも「いずれわかる」みたいに濁されて教えてもらえない。そんな第1話なら、「なんでこんな人もいないようなとこで狩りを続けているんだ?」とか「そもそもこの場所はどういう場所(惑星)なの?」とか「なんのために怪物を狩っているの?」とか、いろいろな興味を引けるはずです。あんまりもったいぶっても読者がついてこれないので、さじ加減は重要になってきますけどね。

    現状の設定ですと、話が広がる可能性が読者に想像しずらいので期待感が高まりにくいかもしれません。

  • お宅訪問若葉ちゃん(ネーム)へのメッセージ

    かわいい女の子とホラーという組み合わせが、企画として魅力的ですね。岩塩を投げつけたり殴ったり…不謹慎だけど、クスっと笑ってしまう要素があります。必殺技が岩塩(物理)! なんていう設定のヒロインは前代未聞なのでは…!?

    若葉ちゃんはいろんな経験をしたくてこの仕事を始めたようですが、もっと追い詰められて「この仕事しかない!」という設定にしたほうが、怖いけど前向きに仕事していくしかないんだ!という健気さが強調されるんじゃないかと思います。なんというか…それで正直、不謹慎さも少し和らぐんじゃないかと…。不謹慎な感じが、やはりどうしても感じられてしまいまして…。これを連載企画に練り上げていくと仮定すると、第1話の調整が必要になると思いました。

    若葉ちゃんの表情やリアクション、かわいらしくて好感がもてるんですけどね。

  • お宅訪問若葉ちゃん(ネーム)へのメッセージ

    事故物件×ホラー×女の子という組み合わせに、すごく可能性を感じました。
    そして何よりネームの切り方が非常に上手い!
    テンポよくリズムよく、わかりにくさもなく、気持ちよく拝読させていただきました。

    ブラッシュアップしていただきたい部分としては、
    若葉ちゃんというキャラクターの「芯」です。

    読んだ流れでの若葉ちゃんの印象は
    事故物件・死体あるかもワクワク→死体大好きな子(ちょっと引いた)
    どんどん奥に進んでいく→何も恐れを知らぬ子
    「居住者」との遭遇でビビる→普通の怖がり
    塩で撃退→じゃあ何を事故物件に求めているのか
    騒動後号泣→自分が求めたのになんで泣いているの?
    キメ台詞→前向き
    でした(記憶で書いているのでやや違うかもしれません)。

    と、言動にあまりつながりを感じませんでした。
    (実際の人間界にはいるのでしょうが、漫画ではこの「ブレ」はあまりよくないです)
    キャラクターはリアクションで決まるので、もう少しリアクションを精査してみてください。

    イベントごとにキャラクターが「変化」していくのはアリだと思います。
    ただしこの場合の「変化」とは「印象の積み増し」です。
    若葉ちゃんの場合は、別人かと思うような変化になってしまっています。

    若葉ちゃんが何を目標に生きていて、何を大切にして、何をされたら怒るのか、「芯」がほしいです。

    その意味ではエピソード2のほうが、客観視する人物もいるし、引く場面もないし、
    若葉ちゃんには好感持てました。
    ただし、話の構造がほとんど1と同じで、どちらもオチがない感じがしました。

    良い企画だと思うので、ブラッシュアップ期待します!ご参考までに。
    ありがとうございました。

編集者メッセージ(いいね)

  • 株式会社木村クリーンサービスの日常(ネーム)へのメッセージ

    お父さんのデザインがカッコイイですね。
    オッサン×かわいい女の子の組み合わせは、なんとなくいい雰囲気です。

    タイトル名をそのまま受け取るとすると、これは日常漫画なのでしょうか? 後半は怪物ネズミとのバトル展開になってしまっていて、2人の日常風景があんまり見えてこないのが残念です。バトルも日常の一部というのもわかりますが、それ以外の描写も見てみたかったですね。この調子だと戦いに追われる日々しか想像できないので、彼らの生活を見守り続けたい設定になっていないような気がしました。

    加えて世界観設定の練り込みや情報開示の仕方も検討が必要ですね。SF的な世界観ながら、この世界がどうなっているのかという読者の興味を誘引しきれていません。「怪物ネズミが跋扈する世界」「それを駆除する親子」「駆除はパワードスーツのようなものを着て」これらが飲み込めてしまうと、なんとなくこの作品の世界観をすべて理解したような気になってしまい、自己完結してしまうような感覚がありました。

    せっかくSFやファンタジーをやるのであれば、そこでも読者を楽しませて欲しいですね。たとえばこの親子が、何もない砂漠で、そこに棲む怪物を狩り、心臓を収集している…1話目では心臓を集めている理由を知らない娘が、父親に訊くも「いずれわかる」みたいに濁されて教えてもらえない。そんな第1話なら、「なんでこんな人もいないようなとこで狩りを続けているんだ?」とか「そもそもこの場所はどういう場所(惑星)なの?」とか「なんのために怪物を狩っているの?」とか、いろいろな興味を引けるはずです。あんまりもったいぶっても読者がついてこれないので、さじ加減は重要になってきますけどね。

    現状の設定ですと、話が広がる可能性が読者に想像しずらいので期待感が高まりにくいかもしれません。

  • お宅訪問若葉ちゃん(ネーム)へのメッセージ

    事故物件×ホラー×女の子という組み合わせに、すごく可能性を感じました。
    そして何よりネームの切り方が非常に上手い!
    テンポよくリズムよく、わかりにくさもなく、気持ちよく拝読させていただきました。

    ブラッシュアップしていただきたい部分としては、
    若葉ちゃんというキャラクターの「芯」です。

    読んだ流れでの若葉ちゃんの印象は
    事故物件・死体あるかもワクワク→死体大好きな子(ちょっと引いた)
    どんどん奥に進んでいく→何も恐れを知らぬ子
    「居住者」との遭遇でビビる→普通の怖がり
    塩で撃退→じゃあ何を事故物件に求めているのか
    騒動後号泣→自分が求めたのになんで泣いているの?
    キメ台詞→前向き
    でした(記憶で書いているのでやや違うかもしれません)。

    と、言動にあまりつながりを感じませんでした。
    (実際の人間界にはいるのでしょうが、漫画ではこの「ブレ」はあまりよくないです)
    キャラクターはリアクションで決まるので、もう少しリアクションを精査してみてください。

    イベントごとにキャラクターが「変化」していくのはアリだと思います。
    ただしこの場合の「変化」とは「印象の積み増し」です。
    若葉ちゃんの場合は、別人かと思うような変化になってしまっています。

    若葉ちゃんが何を目標に生きていて、何を大切にして、何をされたら怒るのか、「芯」がほしいです。

    その意味ではエピソード2のほうが、客観視する人物もいるし、引く場面もないし、
    若葉ちゃんには好感持てました。
    ただし、話の構造がほとんど1と同じで、どちらもオチがない感じがしました。

    良い企画だと思うので、ブラッシュアップ期待します!ご参考までに。
    ありがとうございました。

  • お宅訪問若葉ちゃん(ネーム)へのメッセージ

    かわいい女の子とホラーという組み合わせが、企画として魅力的ですね。岩塩を投げつけたり殴ったり…不謹慎だけど、クスっと笑ってしまう要素があります。必殺技が岩塩(物理)! なんていう設定のヒロインは前代未聞なのでは…!?

    若葉ちゃんはいろんな経験をしたくてこの仕事を始めたようですが、もっと追い詰められて「この仕事しかない!」という設定にしたほうが、怖いけど前向きに仕事していくしかないんだ!という健気さが強調されるんじゃないかと思います。なんというか…それで正直、不謹慎さも少し和らぐんじゃないかと…。不謹慎な感じが、やはりどうしても感じられてしまいまして…。これを連載企画に練り上げていくと仮定すると、第1話の調整が必要になると思いました。

    若葉ちゃんの表情やリアクション、かわいらしくて好感がもてるんですけどね。

TOP