作品詳細ページ

(ネーム)ゴミ屋敷

モイライ

★14 810

最新話公開 2018年03月17日 第1話公開 2018年03月17日

ノンではなく、半フィクションの読みきり漫画です。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年03月17日

    ★4

編集者メッセージ(新着)

  • ラストのナレーションにもありましたがほんとうに、恐ろしい部分をぎりぎり見ずに愉快さとちょっとした気持ち悪さで訪問を終えた彼らに逆にすがすがすがしさが見れ、そのオトナとの目線の違いみたいなところが面白かったです。
    ノンフィクションでもあった(のですよね)からか、淡々とした展開でしたがグーニーズのようなドキドキかITのような恐ろしさに繋がる建物としてまたぜひ出てきてほしいです。

    おばあちゃんが食べていた肉はなんだったのでしょうか、、、

    2018/06/13 14:33
  • こどもの残酷さがまっすぐに表現されていますね。
    誰もが心当たりがあり、だからこそ誰もが胸が痛くなる短編だと思いました。

    そういう目で世間や過去を見られるのは大変な才能だと感じます。

    あとはこれを物語としてどう紡ぐか、
    もしも商業誌で連載を望んでいらっしゃるのならば、
    どうやって読者に「お金を払う価値(=読んで良かった、続きも読みたいという体験)」をさせるか、ということに目を向けていくかですね。

    ストーリーの縦軸と、その主役となりうるキャラはもちろん、
    快であれ不快であれ、カタルシス(解放感に近いのでしょうか)がほしいですね。

    実際遊園地にはお化け屋敷やジェットコースターという「恐怖(=不快)」からの解放でカタルシスを与えるものがありますし。

    モイライさんは独自の視点はお持ちです。
    あとは取材や勉強などインプットもしてゆき、ネーム原作者となれるようがんばってください。
    応援しています。

    2018/03/17 03:54

編集者メッセージ(いいね)

  • ラストのナレーションにもありましたがほんとうに、恐ろしい部分をぎりぎり見ずに愉快さとちょっとした気持ち悪さで訪問を終えた彼らに逆にすがすがすがしさが見れ、そのオトナとの目線の違いみたいなところが面白かったです。
    ノンフィクションでもあった(のですよね)からか、淡々とした展開でしたがグーニーズのようなドキドキかITのような恐ろしさに繋がる建物としてまたぜひ出てきてほしいです。

    おばあちゃんが食べていた肉はなんだったのでしょうか、、、

    2018/06/13 14:33
  • こどもの残酷さがまっすぐに表現されていますね。
    誰もが心当たりがあり、だからこそ誰もが胸が痛くなる短編だと思いました。

    そういう目で世間や過去を見られるのは大変な才能だと感じます。

    あとはこれを物語としてどう紡ぐか、
    もしも商業誌で連載を望んでいらっしゃるのならば、
    どうやって読者に「お金を払う価値(=読んで良かった、続きも読みたいという体験)」をさせるか、ということに目を向けていくかですね。

    ストーリーの縦軸と、その主役となりうるキャラはもちろん、
    快であれ不快であれ、カタルシス(解放感に近いのでしょうか)がほしいですね。

    実際遊園地にはお化け屋敷やジェットコースターという「恐怖(=不快)」からの解放でカタルシスを与えるものがありますし。

    モイライさんは独自の視点はお持ちです。
    あとは取材や勉強などインプットもしてゆき、ネーム原作者となれるようがんばってください。
    応援しています。

    2018/03/17 03:54

TOP