プロフィール

経歴

ヤングマガジン編集部のモクです!

平日は、ちょっぴりえっちな漫画を担当しながら、
休日は、すっごくえっちな漫画を、
祝日は、ものすごくえっちな漫画を読みます。
(えっちな漫画以外も読んだり担当したりしてますよ)

自分に新たな性癖を芽生えさせてくれる作家さんを探しながら、
マンガ道を邁進しております。

担当作

【ヤングマガジン】
蘇募ロウ『なんでここに先生が!?』
ジャスミン・ギュ『Back Street Girls』
矢樹純/青木優/津覇圭一『バカレイドッグス』

【ヤングマガジンサード】
吉元ますめ『魔法少女おまつ』
佐々木順一朗『オオカミの子』

【月刊ヤングマガジン】
吉谷光平『ナナメにナナミちゃん』
保志レンジ『南国育ち ビーチバレーガールズ』

メッセージ

物語は作家さんの「性癖=こだわり」があってこそ出来るものだと思っています。
「○○が流行してるから、○○な作品をつくろう」と言って、創った作品は、
作者さんの本当の「性癖」が込められた作品には絶対勝てません。

僕は、作家さんの本当の性癖が知りたい!
打ち合わせの時、僕は自分の性癖をアナタに隠さず伝えます。
だから、恥ずかしがらずにアナタも「性癖」を詳しく、明瞭に、あるだけ、教えてください。
それこそ、物語や面白さの軸になるものです。
世界中の人々をアナタの「性癖」で塗りたくってやりましょう!
そのお手伝いを僕にさせてください!
よろしくお願いします!

リンク

新着メッセージ

  • あっ、可愛い(死亡)

    こんな女の子と青春を送りたかったと妄想させてくれる漫画って
    最高のエンターテインメントじゃないでしょうか。
    僕の人生にはなかったと思います。

    1、2話とも最高にキュンキュンしましたが
    1話目の1Pだけで、ここまで萌えさせてくれる
    sumionさんの構成力には脱帽しました。
    漱石の「月が綺麗ですね」という告白が日本人の美徳だとよく言われますが、「好き」と直接言わないのに、「好き」が伝えるのって本当に難しいと思います。ですが。sumionさんはそれが出来ているなぁと。
    これからも「好き」と言わないけれど、「好き」が伝わる関係性をたっくさん描いてほしいです。もし、連載にするなら、下のムラマツさんが言う通り、もっとこの関係性の時間をねっとり見たいですね。また現実だけじゃなく、ファンタジー世界まで「あると思います」を広げてしまってもいいと思います!
    少なくとも僕は読みたくて仕方ないです。

    是非、sumionさんと一度お話させていただきたいです!
    よろしくお願いします!

    2018/06/15 00:09
  • この少年になって、雪女と遊びたくなりました。

    雪女の「どちらかというと~」という口に出したくなるセリフや
    毎ページにある印象的な雪女の表情を置く画面づくりに、雪本さんの漫画レベルの高さを感じます。
    ちなみにマイ・ベスト雪女は3Pの浮き輪で駆け出す雪女でした。
    楽しそうな表情も、駆け出す足の角度も、浮き輪を持つ手も全部可愛いかったです。


    是非、この雪女ちゃんで連載を目指していただけないでしょうか。
    それほどにパワーのある作品だと思います。
    連載であれば「少年がこの海辺の田舎に来た理由」など少年にキャラを持たせ、ゆっくりと雪女との関係性を築いていくお話に出来ると、雪女のキャラがさらにパワーアップできそうで面白そうだなと思いました。
    他にも、色々な人外っ娘を出すこともできそうですね。


    ちなみにこの投稿を機に「頭の上のペス」やアリススピンオフも読ませていただいたのですが、雪本さんは「投稿作品以外にも、絶対に面白いアイデアを持っているでしょ」と勝手ながら、確信をしました(笑)
    もし、ご一緒にお仕事させていただける機会があるでしたら、投稿作で連載を目指す選択肢の他にも、雪本さんの考えていらっしゃるものを、もっともっとお聞きしたいです。
    そう思えるくらいには、雪本さんの才能に惚れてしまいました。
    よろしくお願いいたします!

    2018/05/30 02:59
  • こちらも素晴らしかったので、レビューさせていただきます!

    おそらくキャラの顔を見るに、こちらの方が作品としては新しいのではないでしょうか。
    「じつ現実少女」のようなリアリティによった表情から、今作のような漫画的表情まで多彩に描き分け出来ているのは、素晴らしいと思いました!

    そして、巨大な怪獣‥‥ロマンがありますよね。
    巨大な〇〇と聞くだけで心が踊ります。
    お話も少しずつ都市を移動していく怪獣の下で、日常生活をおくるキャラたちがとてもコミカルで面白かったです。
    5Pの中に後輩の可愛さをしっかりあって、萌えました。
    (まぁ、怪獣がいる世界なんだから男が孕んだっておかしくない!)

    もっともっと巨大怪獣のお膝元で暮らす人間たちの日常を見せていただければと!

    2018/05/22 05:23
  • 全てを読み終えた時、「名前のない少女」の喜びや悲しみ、苦しみ、願いなど、彼女が感じた全ての感情が僕の中に残ったような気がしました。
    それほどまでに薫人さんの描く女の子の表情の豊かさが素晴らしいのだと思います。

    他にも「じつ現実」という硬派なSFを題材にしているのに、この漫画を読む時、僕らが受け取るSF的な情報は、少女の心情のフィルタリングを通しているため、ページをめくる度に彼女の気持ちに触れ、だんだんと彼女の一挙手一投足にワクワクして読むことが出来たなと。それはやっぱり、薫人さんの描く少女の表情の力でもあるのだと思います。




    正直に言えば、「彼女がどうやって生まれたのか」「彼女を存在たらしめているのは何なのか」など、色々と分からないこと多かったですし、話自体も、少女と誰か1人を立てたお話‥‥例えば、「誰の記憶に残らないじつ現実少女」と「誰からも認めてもらえない男」のような正反対の関係性を物語に組み込めたら、さらに彼女をフォーカスできるのかなと思いました。

    ですが、それを抜きにしても(むしろ、そういう情報をわざと抜いた感もありますが‥)薫人さんの一番伝えたいものは伝わっているのではないでしょうか。
    特に27Pの少女の切ない笑顔は、誇張なしに誰かの記憶に必ず残るものだったと思います。
    少なくとも僕は一生忘れません。
    今作のテーマである少女の覚えていて欲しいという願望は叶えられているのだなと。本当に見事な作りでした。

    薫人さんは、間違いなく才能のある作家さんだなと感じております。
    僕もSFは大好きなので、是非そういう話も交えながら、是非デビューに向けてお話をしたいなぁと思い、担当希望をさせていただきます!
    よろしくお願いします。


    2018/05/22 05:06
  • 投稿された作品すべて拝見しました。
    どの作品からも、人間のいじらしさとでも言うのでしょうか、自分の中にある感情に戸惑ったり、受け入れられなかったりする登場人物たちの「人間らしさ」にとても胸打つものを感じられました。
    どれも本当に面白かったのですが、特にそのいじらしさが感じられた「49日のブラックボックス」と「来世で会いましょう」がとても好きでした。
    ブラックボックスの最後のページ、ツイッターで一度お見かけしただけでしたが、
    5P目の黒瀬さんの表情とセリフは、僕の中でいつまでも忘れられない1ページです。

    メッセージを書く前に『あしあと探偵』も読ませていただきました。
    今までなんで読んでいなかったのだろうと、後悔するくらい面白かったです。
    寺崎と椿原を生み出してくれてありがとうございました!
    毎回新しく出てくる人物がみな心に一癖二癖あったり、どのエピソードもしっかりと驚きと感動があり、園田さんの作家としての圧倒的な力量に脱帽です。


    商業の方向性に関して個人的な意見で恐縮なのですが、短編と商業作品を読ませていただいた上で申しますと、園田さんは、キャラクターの立て方や読んだ人がどうしたら笑うのか、どうしたら感動するのかを描けてしまう方なのだと思います。
    だから、どんな物語、どんなテーマでもいいと思うのですが、お話の中心に多くの読者が心の底で望む「キャラとキャラの関係性」を置いた作品をつくるのも1つなのかなと思ったります。(例えば、「家出女子高生とそれを拾う男」や「奴隷と主人」「暗殺者と少女」みたいな人が心の底でなりたい関係性でしょうか。)

    上に書いたのは、僕だけで考えた一案なので是非、園田さんとたくさんお話させていただいて、連載について共に模索できればと思っております。
    よろしくお願いいたします!





    2018/04/12 02:54
  • 先輩の男性時の姿を知っても、先輩が可愛い‥。
    なんででしょうか‥。
    2人の関係性もそうですが、先輩のイタズラ好きそうな感じや
    すごく内気でモジモジしている後輩のキャラデザがホントにいいです。

    特に「女体化ホモ(続き)」の第1話が大好きです。
    最後の先輩のセリフにキュンキュンしちゃいました。
    このお話って、女体化したけれど、精神は男、
    だから、結局女の子が好きで、だからこそ、百合が出来る。
    でも、元が男だから、男性読者は後輩くんに自己投影をした状態で
    先輩の可愛さを愛でることが出来る女体化について、しっかりと深掘りした素晴らしい作りだと思いました。


    自分は元々「男の娘」は好きなのですが、「女体化」いわゆるTSものは
    女体化しても精神が男だから、それは結局男の絡みを見ているのと同じではと
    思っていて敬遠していました。
    ですが、この作品を見て、女体化とはとてもいいものだなと考えが変わりました!

    またひとつ性癖を開拓できたこと、本当に感謝です!
    これからも堀出井さんの色んなジャンルの女の子漫画、もっともっと見させていただきたいです。

    2018/04/07 04:04
  • 豚肉に悪魔が宿って、少年がそれを揚げている漫画を読んでいたら感動していた‥‥。
    自分でも何を言っているかわからないけれど、最初この漫画を読んだときに思った感想です。

    とんかつに悪魔が宿るという発想の奇抜さと、そこから丁寧に少年に共感させていく構成力が凄まじいですね。ネームやコマ割りの上手さはもちろんのこと、読者にどう思ってもらいたいかを考えて漫画を作られているなと。

    悪魔のキャラの秀逸さもそうですが、「次、この世界に生まれ落ちたら、必ずお前の命を貰いに来る」という彼のセリフ、最後のシーンを読み終わった後、「命を貰う」というのは、ただ奪うだけではなく、共に人生を過ごすことも「命を貰う」ことなのかなと考えさせられます。

    そして何より、とんかつの揚げている音と家族が集まってくるシーンの連なりを見た時、文字と絵で表現する漫画というものの真骨頂を見せられた気がしました。本当に素晴らしい3ページです。

    ひとつ贅沢を言うと、お姉さんが簡単に部屋から出てきているところだけ、少し引っかかってしまいました。最初、少年がお姉ちゃんが部屋から出てこないと吐露しているので、お姉さんが部屋を出る時の葛藤や、なんで出てきたのかもう少し理由が欲しかったなと。そして、お姉さんが出てきたことに対してのリアクションもあって欲しいとも。
    ただ、最後の畳み掛けるテンポを消してしまう可能性もあるので、編集者の余計な一言かもしれませんが‥。

    色々と書いてしまいましたが、完成度が高いからこそ見えてしまうささくれみたいなものです。是非、田沼さんの他の作品も読ませていただきたいです。
    よろしくお願いします!

    2018/04/03 02:29
  • いつもCOMIC LOでお世話になってます!

    投稿2作とも読ませていただきましたが、どちらも、女の子の可愛さにニヤニヤしてしまいました。2作とも好きなのですが『猫 好きな 人 の話』の可愛さが僕の中で爆発してしまったので、こちらに担当希望をいたしました。

    短い4ページの中に、甘えた顔、不安げな顔、怒った顔、照れた顔と、ここまで多くの表情を描ける話をつくれる堀出井さんが恐ろしいなと。 今作はそれが猫らしさと相まって可愛さが爆増してます。 最後、尾っぽがピーンと立っているのも最高でした。また、少し読み切れないところもありましたが、「キャラの言いたいこと」を直接的じゃないセリフや表情で伝えられるのって、本当にすごいことだと思います。
    ちなみに自信がないのでお聞きしたいのですが、最後って「狐の嫁入り」だからってことですよね…?(読み切れなくてすいません…)
    成人誌の女の子たちもそうですが、堀出井さんは「こんな子がいたらいいな」と思える女の子を創るのが本当に上手です。今作の女の子との生活マンガをもっと見たいです。

    今回担当希望をつけさせていただいたのは、成人誌やデイズネオ作品に魅了されたからという理由の他に、堀出井さんが以前ツイッターで描かれた「人を誑かす邪悪な淫魔」のサキュバスちゃんがあまりにも可愛すぎて、ぜひ彼女を使って連載企画を作っていただけないかなと思ったためです。以前からサキュバスの設定が面白いと思っていたのですが、中々声をかけられずにおりました。
    ですが、今回DAYNEOに投稿していただいて、一般誌にご興味がお有りだと分かり、是非これを機に一度お話をさせていただけないかなと。

    投稿作ではなく、他の作品についても長々と書いてしまい、大変申し訳ありませんが、是非堀出井さんと共に作品をつくらせていただけたらと思います。
    何卒よろしくお願いいたします!

    2018/03/24 14:12
  • 中盤でやられ、終盤でやられ、そして、タイトルでまたやられる。
    28Pという短いページ数でここまで驚かされたのは、初めてかもしれないです。
    めっちゃ面白い連載の1話目を読んでいる気持ちでした。
    最後の門からの腕は、本当に素晴らしいアイデアだと思います。

    ゾンビっ娘大好きな自分にとっては、ご褒美のような作品でした。
    ハーレムを設定上違和感なくできるのも、素晴らしいです。
    他の編集者たちも書いている通り、このまま連載に持っていけるかと。むしろ、自分が読みたいです。

    狗誄さんの『ひみ・みこ』も読ませていただきましたが
    いろいろなタイプの女の子を作れていらっしゃるなぁと感じました。
    (卑弥呼の勘違いっぷり、可愛かったです笑)
    ですので、2話目以降、どんなゾンビっ娘たちが出てくるのか楽しみで仕方ありません。体の一部が欠損しているのか、はたまた頭しかないのか、まだゾンビの本能が残っているのか、色々出来そうです。

    ちなみに個人的に気になるのは、彼らの「臭い」です。
    当然、ゾンビですから身体は腐っているのでしょうが、女の子たちが
    どんな風にそれを隠しているのか、もしくは隠していないのか。
    隠しているとしたら、それが彼らにとって「恥」なのですから、それはそれで可愛いところが見れそうだなと。
    細かいかもしれませんが、そういうところも含めて、是非連載に向けてお話させていただきたいです!
    よろしくお願いいたします。

    2018/03/22 04:25
  • メルトダウンのキャラクターデザイン、めっちゃ可愛いですね!
    命がかかっても尚怠惰 笑
    イリスやメイド達も大好きなのですが、キャラクター単体で見ると
    今作のメルトダウンが、性格、デザイン共ににもしかしたら、一番好きかもです。
    ユコロンとの掛け合い、ずっと見ていたいですw
    何度でも言いますが、ムクロさんのキャラクターは、人をトリコにする力がありますね。

    ひとつ、ストーリーに関して言うと、
    メルトダウンの問題点とユコロンの問題点が、実は重なっていないので今作の世界観が
    少しつかみ切れなかった様に感じました。
    ファンタジー漫画の1話目は、主人公の問題に直結するイベントが必要じゃないかと僕は思っているので、メルトダウンのいつか解決したい問題点が後半しっかり関わってくるとさらに良くなるのかなと。

    個人的には、『デッドメーカー』の世界観で是非連載していただきたいのですが、今作のメルトダウンのキャラがネームのままで終わってしまうのは非常にもったいなく感じます。
    なので、もし『デッドメーカー』で連載をなさるなら、メルトダウン・ユコロンコンビを新キャラで登場させてほしいなぁと思いました。

    2018/03/21 23:09

担当希望作品

TOP