プロフィール

経歴

入社以来、漫画部署一筋。少年誌(週刊少年マガジン)、女性誌(Kiss)を経験し、この度の異動で初めて青年誌(モーニング)に来ました。各漫画ジャンルを経験した、オールマイティなベテラン編集者です。取材して作るリアルな漫画、恋愛漫画、スポーツ漫画担当の経験は豊富だと思います。逆にファンタジー、サブカル系の漫画は得意でないかも。よろしくお願いします。

担当作

Kissでは『七つ屋志のぶの宝石匣』(二ノ宮知子さん)を担当。モーニングでは『ストロベリー』(サライネス)などを担当予定です。

メッセージ

ベテランですがこの間まで女性漫画誌にいたので、あたりはとてもソフトだと思います。ご安心ください。前部署では編集長として、みなさんの漫画を客観的に見させせていただき、ベターな方向に導く修練を重ねてきました。壁にあたって迷っている方、編集者に緊張して思ったことを言えない方など大歓迎です! 安心して打ち合わせをしましょう!!

リンク

新着メッセージ

  • 投稿ありがとうございます。とてもよく出来た構成で感心しました! 徐々に明かされていく変わり果てた世界の謎。。設定のスケールの大きさと、物語の案内人である彼女のちょっとおバカで天然のキャラの組み合わせが絶妙で、ラストの彼女の旅立ちには前向きなカタルシスがあり、タイザンさんの力量を感じさせる素晴らしい作品でした。設定の説明って慌てて詰め込みがちですが、ゆっくり読書目線で進められのが良かったと思います。とても力がある方だと思ったので、今度は最初から主人公がお話を引っ張っていくような作品も読んでみたいです。頑張ってください!

    2020/09/27 14:27
  • 投稿ありがとうございます。得体の知れない生き物?なのにだんだんと可愛く見えてくるから不思議です。この子のキャラの魅力は、全貌が全然見えないところですね。これから思わぬ生態が見えてくるかもしれないし、とんでもない成長をするかもしれない。逆にとくに大きく変わらない可能性も。想像力をいろいろ刺激してくれるドキドキを感じました。原田さんがこのキャラをどう料理していくのか楽しみです。個人的的には一コマ目の上司への悪口の言葉選びにセンスの良さを感じ、一コマ目で担当させていただきたくなりました。ご検討いただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

    2020/09/27 03:44
  • 投稿ありがとうございます。りんこちゃんが可愛く、そして恋愛の感情表現にとても勢いがありますね! 告白されてた側が告白する側に回る逆転劇、ニヤニヤ楽しく読ませていただきました。冒頭の彼の告白をもっと見たかったですね。バカップル度が増して、より二人が愛らしくなったかもしれません。ノリはとても良いと思うので、課題は絵でしょうか。絵の研究をしてみてください。またの投稿をお待ちしています!

    2020/09/25 11:44
  • 投稿ありがとうございます。 上手い! ネームが達者ですね。序盤の6p頭で「恋をしたことがない」とキーワードをもってくることで、「恋をする話なんだな、読まなきゃ」と作品世界に引き込むことに成功しています。そして、生徒の母親との出会い。苦手な感情から入り、逆に新たな感情が芽生え、その感情がなんなのか先が気になって仕方ありません。このシーンの間合いの作り方もお見事! 絵も嫌われない綺麗な絵ですし、色んなジャンルを描けそう。それで却って迷うかもしれませんが、意欲的に挑戦していきたいとのことなので、観客の多そうなテーマに挑戦するのもいいかもしれません。頑張ってください!

    2020/09/23 05:17
  • いやあスゴイですね! たった4Pなのに、作家性が溢れんばかりでキレキレです。ラブコメも、バンドものも、学園ものも何だって描けそうな華を感じました。一コマ目の小さくドキドキしてるレジの女の子から、ラストの熱で溶けた?アイスまで息もつかせぬノンストップ活劇! ぜひモーニングで活躍していただきたい才能です。お待ちしています!

    2020/08/29 12:38
  • 投稿ありがとうございます。画面の作り方、コマ割りなどから力のある方だと思いました。ボツになったということは、何かが足りなかったのでしょうか。 今、ちょうど名作『ピアノの森』を読み返しているところで、これが面白いのなんの。漫画は実際の音は聞こえませんが、読んでると「音楽って楽しそう」「主人公や登場キャラのピアノを聴きたい!」って気持ちになるんですよね。もしかしたらこのネームに欠けるのはそれかもしれません。「彼女のバイオリンを聴きたい!」そう感じさせるネームを見たいし、そんなネームを作る力がある方なのではと思います。頑張ってください!またの投稿をお待ちしています。

    2020/08/28 21:32
  • 投稿ありがとうございます。画力や画面構成の巧みさから、デビュー済みというのも納得です。力がある人なので、あえて辛口にコメントしますがご容赦ください。読んでてしっくりこない点もありました。それは彼女のキャラクターです。殺し屋として平然と人を殺してるってホントとてつもなく凄いことで、本人も感情がないと語っています。それならば納得なのですが、でも彼女は頻繁に汗をかき、目で気持ちを語り、美人と言われ喜び、彼に振り回され、ラストは大泣き。言わば感情の塊に見えます。そんな彼女がなぜ殺し屋なんて出来ていたのか、キャラにしっくりきませんでした。 ストーリーラインにキャラを当てはめるのではなく、キャラが動くことでストーリーが生まれてくる。元のポテンシャルは高いのですから、その意識を強くするとよりクオリティが上がるのではと思いました。頑張ってください! 期待しています!

    2020/08/27 00:00
  • 投稿ありがとうございます。自分の妄想が具現化されそれを人に見られてしまうって発想がユニークでした。窓の外にいるGさんの絵ヅラはインパクトありますね。妄想を広げていくのではなく、あくまでGについてこだわる粘着性に感心しました。そういうこだわりはギャグ作家に大切な資質なんだろうと思います。次は誌面に載せられるようオリジナルのキャラにチャレンジしてみてください。次回作も楽しみにしています。

    2020/08/24 18:51
  • 投稿ありがとうございます。優しい心根の作品で癒されました。大人の彼女に何があったのかは明かさず想像に留めたところや、女子高生が定食屋を教える演出は素敵ですね。 入り口のハンカチはとても効果的でしたが、出口のハンカチは意味が取りづらかったので、もっと効果的な演出があったかもしれませんね。 この人肌のある作風にとても好感を持ちました。今後の作品作りのお手伝いをさせていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

    2020/07/26 15:20
  • 投稿ありがとうございます。キャリアを感じさせる筆力、高い画力に圧倒されました。 後編がどういう展開になるのか、期待感いっぱいです。 一方で個人的には主人公の気持ちに乗り切れない感じもしました。主人公はなぜ彼女の依頼を拒絶したのでしょうか? 生き神に対して同じ憎しみをもつ気もしたのですが。作風もあるので一概には言えませんが、感情に任せて読者を巻き込んでくのも勢いがつくかもしれません。それから不死の設定は重要なので、後編ではどう回収するのでしょうか? 色々書きたくなるのも後編への期待感があるから。続きを楽しみにしてます!

    2020/07/26 01:06

担当希望作品

TOP