プロフィール

モーニング 廣谷

★10

10

経歴

モーニング編集部

担当作

メッセージ

こんにちは。モーニング編集部の廣谷です。
私が初めて読んだ漫画は親父にもらったコンビニのコミックス(他社なので作品名は伏せますが)でした。「こんなに面白い紙が存在するのか!?」と子どもながらに大きな衝撃受けました。一応ジャーナリズム志望で入社しましたが、天命に導かれてモーニング編集部に配属されたと信じています(笑)。

読者の皆さんに衝撃を与えられるような面白い作品を作りたいです、いや、一緒に作りましょう!! よろしくお願いします!!



リンク

新着メッセージ

  • 2話とも読みました!
    若がかわいい。。。

    感覚や頭脳はそのままの某少年探偵とは違って、若はシャンパンを飲めなくなって、オレンジジュースが好きになり、泣きたい欲求は抑えられない、幼児向けの踊りは踊らずにいられない、という風に、感覚や行動さえも幼児化してしまうという設定が、切なくて、ストーリーの広がりを感じます。

    アニキだけどガキという若にどのように接していいか迷いながらも、若の可愛さに魅了されていく蔵木などの他の組員もいいですね!

    次話期待してます!

    2018/06/19 11:33
  • まずタイトルに惹かれました~!
    就活のことも思い出しました(笑)
    こんな可愛らしい子が、採用を伝えに来てくれたら最高ですね。。。

    市役所という公共機関が行ってるというあたりがリアルで良いと思いました。
    採用を本人が伝えに来るのも、内定のない就活生の足元を見る感じもかわいいです!

    なんで忍者がこどもなのかも、なんで保護者を募集してるのかも、まだ全然わからないけど、面白くなりそうなので、続きが楽しみです。
    第二話も期待してます!

    2018/06/18 21:22
  • 設定が最高ですね!
    あと地味に筋肉とかの絵が上手い(笑)

    「強さ」と「恥ずかしさ」をはかりにかけているあたりがアホらしくて良いと思います。
    そして基本的には、やる気がないのが主人公らしくなくて好きです。
    作者など、作品の外の世界のことを言ったり、「コマ割り」、「ネーム」、「主人公像」や「モブキャラ」など漫画のルールまでイジってしまうことで、笑いが生まれだけでなく、キャラクターたちが生き生きとして見えました。

    他にもいろいろと変な能力を持ったキャラクターを作っていけそうだと感じました。このままギャグ×ヒーローの路線で行ってほしいと思います。

    次回作期待してます!

    2018/06/15 12:34
  • カレー好きとしては、読まないわけにはいけない作品です!
    最近、街で見かけることの多くなったインド料理店の中でこんなことが繰り広げられていたなんて。。。私も行きたくなりました。
    スパイスの微妙な組み合わせではなく、100辛とか100万辛とか、単純な辛さを問題にしているのが、アホらしくて良いと思います。
    「罪なカレー」や「カレーを食べられない身体」など、普通なら「たかがカレー」と思うような部分に、大げさな言葉を使っているあたりに「カレー愛」が溢れていて素晴らしいですね。
    最初は、常連がアルバイトのアミ―シャを取り合ったりするのかと思いましたが、名前さえ覚えてもらえないというのも面白いですね。このほかにもラッシーのシーンなど思わず笑ってしまうところがあって良かったと思います。

    次回作も期待してます!

    2018/06/13 12:42
  • 第7話まで読みました!
    幼馴染がティラノサウルスという設定だけで、笑えました。
    ティラノ君が当たり前のように授業を受けたり、友達と遊んだり、学校生活を送っているのがいいですね。
    樹羅ちゃんの乙女っぷりも良いです。彼女のおかげで、ティラノ君がだんだん「鈍感系のモテ男」に見えてきて、素晴らしいと思います。
    ちょくちょく「脳が人間より小さい」や「恒温動物、変温動物の違い」、「先祖返り」などの変えようのない生物的特徴の話がギャグ的に出てきて面白いですね。ほかにも恐竜と人間の違いはたくさんあるのでこれからも良い話ができそうだなと思います。彼らの恋の行方も気なります!
    ちなみにどうでも良いですが、最近の研究で、恐竜は「変温動物と恒温動物のに位置する」ということになってるらしいです(笑)

    ぜひまた書いてください!次回作期待してます。

    2018/06/13 12:15
  • 脚がエロくて、オモテの絵を見た瞬間に開きました(笑)
    山本さんのビジュアルが魅力的ですね。清楚でかわいいクラスの女子に裏があるという設定も、ベタだけど好きです。

    で、読み始めてみるとどんどんエロくなくなって多少残念だったんですが、あんなにエロいと思ってた人をそういう風に見なくなるような作品って、よく考えたらすごいのかもと素直に感心しました(笑)

    主人公は山本さんのおかげで、人を好きになれたけど、山本さんはまだ人間嫌いっていうのが切なくていいですね。。。
    最後も完全な「諦め」じゃ悲しすぎるし、山本さんと結ばれるのも違う。前向きに終わるぐらいがちょうどいいですね。
    細かいかもしれませんが、主人公の一人称は「オレ」のほうが合ってるかなぁと思いました。


    次回作も期待してます。ぜひまた魅力的な女性を出してください!

    2018/06/08 20:45
  • ホラー映画もホラー漫画も大好きなので、面白かったです。
    紹介文の時点で、「せっかく漫画なんだから、低予算じゃなくていいじゃん!!」とツッコませていただきました(笑)
    カップルだけで潮干狩りっていうのが、金かかってない感があっていいですね。バーベキュー、キャンプはよくあるけど、潮干狩りはあんまりないから日本のB級ホラー映画でぜひ取り上げるべきだと思いました。
    武器も熊手は鋭くないから、地味に痛そうでいいですね!

    でも、もっとわざとらしいフリを入れてから殺人者を登場させて、もっと無駄に血を出さなきゃB級じゃないですよ、もっとバカになりましょうよ(笑)

    次回、期待してます!!

    2018/06/08 17:38
  • 桜子ちゃんが見た目も、性格もかわいい!
    みんなの前では完璧だけど、康太の前だけでは、違う一面を見せてくれるというのが、王道で良いと思いました。
    桜子ちゃん告白しては、散っていく有象無象も良いですね!彼らが笑いを生んでいて、私は彼らにちょっと感情移入しながら読んでいました。もし自分がこの世界にいたら、100パーセントあの集団の後ろのほうにいます(笑)
    久仁子の冷静なツッコみとアドバイスもいいですね。彼氏持ちらしいけど、好きになっちゃいました(笑)

    康太をもう少し魅力的なキャラクターにできたら、もっと面白くなると思います。
    今度は完成原稿も見てみたいです!次回作期待してます。

    2018/06/07 21:01
  • “悪霊を食べさせる”って面白い設定だと思います。狐のシーンは迫力があってよいですね。
    コックリさんと聞くと一瞬古臭く感じましたが、陰陽師的なカッコいい感じになっていて面白かったです。向田さんが「いじめられっ子の幽霊」に呼び寄せられて、死のうとするところとか結構怖かったです。
    梶川君は、びっくりするぐらい体力のなくて、いじめられても平気というとてもへんなキャラで、ちょくちょく笑いを挟んでくれていて良いと思います。しかもちゃんと最後に「体力のない」理由も回収されていて、素晴らしいと思います。
    あと、個人的にはいじめっ子をもっと懲らしめてほしかったです(笑)

    次回作読みたいです!期待してます!

    2018/06/01 18:06
  • ディストピア的世界観にやられました~!
    人口過多などは古典的な設定ですが、やはり兄弟の決断、これから人々が進んでいく未来が悲しく美しいですね。死とは何か?幸せとは何か?考えさせられます。

    最後のセリフを放った助手は博士と重なって見えて、ちょっと寒気がしました、、、 「歴史は繰り返すのか」と。この世界がこれから進んでいく未来、さらには、かつては人々の幸せを願っていたかもしれない博士の過去まで想像してしまいました(笑)
    ここまで設定があるのに短く終わってしまうのはもったいないと思いました。短くまとめる良さもありますが、この世界はもっと膨らませることができそうじゃないですか?

    この作品関連でも全く別の作品でも読んでみたいです!

    2018/05/31 20:12

担当希望作品

TOP