作品詳細ページ

夜半の吸血鬼ルビナ

髙冬彩夏

★4 1,375

最新話公開 2023年06月26日 第1話公開 2023年06月26日

生きることは痛く苦しいことであると同時に、素晴らしい景色や出逢いや可能性に溢れてるものだと思います。
30P超え作品を創ったのはこれが初です。ストーリーマンガ4作目の今回も、月1読切制作ノルマ達成できました。
読切ですが、ルビナに焦点をあてた続編やバトル編なども描きたい作品です。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2023年06月26日

    ★4

編集者メッセージ(新着)

  • ルビナの妖しい魅力に、恍惚とします。(23pの涙をペロリ顔が個人的には一番印象に残りました)
    自殺を試みる少年に「頑張れ」や「助ける」だなんてありきたりな言葉ではなく、血管の長さを引き合いに出して間接的に鼓舞するワードセンス......極限下で絞り出した「死にたくない」という言葉
    どれも嘘がなく、彼らの行動に説得力とリアリティを与えていました。
    せっかく29pに記憶に残る言葉が来ているので、もっと前半でその伏線となる「何も感じない」の部分を表現しておくと、より読者にグッときて貰えるのではないでしょうか。
    表情や言葉のひとつひとつを、丁寧に大切に紡がれている高冬先生と、是非読者の心に10年、20年残る作品を作っていきたいと思い担当希望を出させていただきました。

    シリウス編集部では、紙媒体だけでなく「マガポケ」「Pakcy」「コミックDAYS」など様々な媒体に掲載することが可能です。
    先生がどのような作品を作っていかれたいか、一度お話をする事はできませんでしょうか。
    ご検討のほど、宜しくお願い致します。

    2023/06/28 14:55

編集者メッセージ(いいね)

  • ルビナの妖しい魅力に、恍惚とします。(23pの涙をペロリ顔が個人的には一番印象に残りました)
    自殺を試みる少年に「頑張れ」や「助ける」だなんてありきたりな言葉ではなく、血管の長さを引き合いに出して間接的に鼓舞するワードセンス......極限下で絞り出した「死にたくない」という言葉
    どれも嘘がなく、彼らの行動に説得力とリアリティを与えていました。
    せっかく29pに記憶に残る言葉が来ているので、もっと前半でその伏線となる「何も感じない」の部分を表現しておくと、より読者にグッときて貰えるのではないでしょうか。
    表情や言葉のひとつひとつを、丁寧に大切に紡がれている高冬先生と、是非読者の心に10年、20年残る作品を作っていきたいと思い担当希望を出させていただきました。

    シリウス編集部では、紙媒体だけでなく「マガポケ」「Pakcy」「コミックDAYS」など様々な媒体に掲載することが可能です。
    先生がどのような作品を作っていかれたいか、一度お話をする事はできませんでしょうか。
    ご検討のほど、宜しくお願い致します。

    2023/06/28 14:55

TOP