作品詳細ページ

リストリクションリムーバーズ

おのた

★15 435

最新話公開 2018年10月16日 第1話公開 2018年10月16日

拘束具ギャグ漫画。

もくじ

  • 第1話

    公開日:2018年10月16日

    ★2

編集者メッセージ(新着)

  • とても面白かったです!

    強烈なビジュアルインパクトで威勢はいいのに自分で動くことすらできない先輩、一見常識人ながら実は最も変態な主人公の掛け合いにニヤニヤしてしまいました。

    ただ、ほかの編集者も言っているように、個性が強い素材が揃っているので、フツーの常識人をかませるなどしてメリハリをつけたほうが、読みやすくなるのではと思いました。

    女のコのかわいさを強調したいポイント、勝負したいボケとツッコミをもう少し絞って、そこを最大限魅せるためにどうすればいいかという引き算をしてみてもいいかもしれません。

    あと、希望されている児童寄りの提言ではなく、青年誌っぽい発想になるかもしれないですが、それぞれの拘束具の特徴や知られざる知識が会話劇に織り交ぜられていたら最高だろうなと思いました。

    個人的には『もしかめレコード』路線の話ももっと読んでみたいと思います。またの投稿を心よりお待ちしております!

    2018/11/12 03:52
  • こちらの作品も拝読しました。

    オラついているのに拘束されている。いきなり笑っちゃいました。
    好きです、「ダメかわ」。

    ただ、ちょっと濃すぎて後半飽きちゃう人もいるかもです。
    好みもあるので『もしかめ』派の意見として聞き流してほしいのですが、だれを一番笑ってほしいか、もしくは可愛いと思ってほしいか等、一番目立たせたい人を思い切って絞った方が結果メリハリついて良かったかもしれません。

    初めて観る3人組のユニットがいたとして、全員が張り切って前に出てきちゃうと意外と全員の印象が薄れちゃうような、そんな感覚でした。


    ただ、僕は『もしかめ』派なので、ほかの人の感想も参考にしてもらえると嬉しいです!

    2018/10/28 21:59
  • 笑いました!面白かったです!
    拘束具ギャグってなんのこっちゃ、と思いつつ読んだら、予想外の展開の連続でした。中々ぶっ飛んだお話で、独特のセンスがありますね。
    特に主人公の足にも鉄球が、という場面と、ラスト鎖をちぎる場面がよかったです。
    よかった分、もっと笑いどころ・見どころとして強調して見せてほしかったなーという印象も受けました。
    特に、展開・キャラ・エピソードがどれも濃い目で続くので、メリハリがもっとほしかったです。
    また、ツッコミとボケを混在させると読み辛くなることは間違いないと思うので、役割を明確に分けてみるのもいいかもしれないですね。
    応援しております!

    2018/10/22 01:31

編集者メッセージ(いいね)

  • 笑いました!面白かったです!
    拘束具ギャグってなんのこっちゃ、と思いつつ読んだら、予想外の展開の連続でした。中々ぶっ飛んだお話で、独特のセンスがありますね。
    特に主人公の足にも鉄球が、という場面と、ラスト鎖をちぎる場面がよかったです。
    よかった分、もっと笑いどころ・見どころとして強調して見せてほしかったなーという印象も受けました。
    特に、展開・キャラ・エピソードがどれも濃い目で続くので、メリハリがもっとほしかったです。
    また、ツッコミとボケを混在させると読み辛くなることは間違いないと思うので、役割を明確に分けてみるのもいいかもしれないですね。
    応援しております!

    2018/10/22 01:31
  • こちらの作品も拝読しました。

    オラついているのに拘束されている。いきなり笑っちゃいました。
    好きです、「ダメかわ」。

    ただ、ちょっと濃すぎて後半飽きちゃう人もいるかもです。
    好みもあるので『もしかめ』派の意見として聞き流してほしいのですが、だれを一番笑ってほしいか、もしくは可愛いと思ってほしいか等、一番目立たせたい人を思い切って絞った方が結果メリハリついて良かったかもしれません。

    初めて観る3人組のユニットがいたとして、全員が張り切って前に出てきちゃうと意外と全員の印象が薄れちゃうような、そんな感覚でした。


    ただ、僕は『もしかめ』派なので、ほかの人の感想も参考にしてもらえると嬉しいです!

    2018/10/28 21:59
  • とても面白かったです!

    強烈なビジュアルインパクトで威勢はいいのに自分で動くことすらできない先輩、一見常識人ながら実は最も変態な主人公の掛け合いにニヤニヤしてしまいました。

    ただ、ほかの編集者も言っているように、個性が強い素材が揃っているので、フツーの常識人をかませるなどしてメリハリをつけたほうが、読みやすくなるのではと思いました。

    女のコのかわいさを強調したいポイント、勝負したいボケとツッコミをもう少し絞って、そこを最大限魅せるためにどうすればいいかという引き算をしてみてもいいかもしれません。

    あと、希望されている児童寄りの提言ではなく、青年誌っぽい発想になるかもしれないですが、それぞれの拘束具の特徴や知られざる知識が会話劇に織り交ぜられていたら最高だろうなと思いました。

    個人的には『もしかめレコード』路線の話ももっと読んでみたいと思います。またの投稿を心よりお待ちしております!

    2018/11/12 03:52

TOP