プロフィール

月マガ オオハシ

★101

23

経歴

東京都出身

担当作

【月刊少年マガジン】
『くろアゲハ』
『ノラガミ』
『龍狼伝』
『ボールルームへようこそ』

【マガジンR】
『紺田照の合法レシピ』

【マガジンポケット】
『犬になったら好きな人に拾われた。』
『とんずらごはん』
『爆笑頭』

メッセージ

現在は「『今、”これから”のカッコ良さ』とは何だ!?」という問いを強く突き付けられている時代です。ありとあらゆる物語が語られたこの世界で、「今を生きる我々にとってのクールさとは何か」「長く人々の心に残り続ける面白さとは何か」を考えております。「この世はくだらんかもしれんけど、今月号の漫画も面白かったし明日もまぁ頑張っか~」と思ってもらえるような漫画を一緒に作っていきたいです。この世にとにかくカッコ良いもの、面白いもの、美しいもの、醜いもの、尊いものを残していきましょう。全力で支えさせてください。どうぞよろしくお願いします。

リンク

新着メッセージ


  • 月マガ読み切り選手権へのご応募、誠にありがとうございます!
    コメントが遅くなってしまい申し訳ございません。

    めちゃくちゃ色気を感じる絵柄が良いですね。
    7p~の「本当に自分の行きたいところに行けたらどうする?」
    「バカか お前」
    の絶妙な表情。
    全体的にローテンションなのに、主人公の
    感情の上下が伝わる表情はすごいと思いました。

    転落死してしまう前に、
    「明日もまた…頑張るか…」
    という希望を感じるモノローグが
    入っていたのが良かったです。
    彼は本当に死を望んでいたのか、
    ブラックな労働、という環境によって死を望まされてしまったのではないか…
    と思わせてくる、割り切れないエンドが好きでした。

    とても良いラストだったので、
    1p目で「このまま楽に死ねたらいいのに」
    と言ってしまわずに、
    「こりゃ死にたくなっちゃうかもな…」と
    読者が思わず思ってしまうような
    主人公が鬱々としている、仕事ですり減らされている…
    というシーンにもっとリアリティがあるネタを
    考えて入れられるともっと良くなると思いました。

    とてもポテンシャルを感じるので、
    キャラクターやネタの作り込み、
    ネームを描くときに”踏ん張る”ことができれば
    これからもどんどん伸びていかれると思います。

    陰鬱だけど色気を感じる絵が好きだったので
    担当希望させていただきます。
    もしよかったら、お話させていただけますと幸いです。
    よろしくお願いいたします!

    2022/09/29 23:59
  • 架空の儀式なのにこのディティール。
    気が触れてしまったひいじいちゃんがナチュラルに出て来るのにも驚くのですが、
    「服キツ過ぎてゲロが出そうやわぁ」というセリフや、イカの活け造りなどにリアリティを感じさせます。ほのぼのしている所が、和製ミッドサマーみたいな恐ろしさがある。
    パーツが少なくなってる祭具など、これを装着した主人公はどうなってまうんやというハラハラ感もあります。
    魅力的な舞台や設定を描く力はお持ちなので、後は読者にとって作品がひと事にならないよう、人物描写を強化していくと良いのかなと感じました。
    「佐橋くんの受難」第3話で、佐橋くんがおおいぬとなって大空に駆けるシーンは非常にカッコ良く、見た事が無い景色を表現しようとしている点が良かったです。
    「ピースちゃんと死にたいおじさん」はとにかくエッチだなと思いました。

    二三さんの奇想を、より多くの読者に届けるお手伝いをさせていただければと思い、担当希望ボタンを押させていただきました。
    よろしければ、ぜひ一度お話だけでもさせてくださいませ。
    よろしくお願いいたします。

    2020/07/06 06:03
  • DAYS NEOにご投稿、誠にありがとうございます。
    楽しく読ませていただきました。

    猫耳っ娘がかわいい!と
    読み進めていたら…
    猫耳がびっしり生えている絵、恐ろし過ぎる!
    3p目の「掴んだ腕に、猫耳が生えかけている」絵も
    ゾワゾワしました。
    「猫耳って萌えの記号だけど、ちょっとグロくない?」と
    いう問いも含まれている気がします。
    「飲むと猫耳が生えてくる薬」という設定の面白さ、
    ホラーとしての絵のインパクトの強さ、
    4pなのに奥行きを感じさせる作品でした。

    2019/12/20 13:09
  • DAYS NEOへのご投稿、誠にありがとうございます。
    楽しく読ませていただきました!

    絵柄が可愛い!
    女子も可愛いのですが、男子にも愛嬌があって
    好かれやすい絵柄だと思います。
    おでこの形が綺麗な女子、とても好きです。
    8p2コマ目も爽やかなエロさです。

    「告白すればほぼほぼOK、
    だがどっちが先に友達以上恋人未満の関係に
    斬り込むか、緊迫感がある」
    というドキドキ感を楽しむお話だと思っているのですが、
    強いて言うなら
    「あん子が告白に踏み切った出来事、シーン」が
    決定的に描かれていると良いのかなと思いました。
    6-7pで、
    6p
    1段目…あん子視点、
    2段目…葉月視点、
    3段目…あんこ視点
    7p
    1~2段目…あん子視点
    3段目…葉月視点
    と視点が交互に変わって
    若干読みづらかったので、
    例えば6-7pは大ゴマを使って
    ラッパ飲みしてる葉月がカッコ良くみえてしまった、
    などあん子視点から
    葉月が魅力的に見えてしまってドキドキした、
    というコマを入れると
    感情の流れがスッと入ってくると思います。

    長文になってしまいましたが、
    とても爽やか&微笑ましい
    素敵な作品をありがとうございました。
    次回作も楽しみにお待ちしております!

    2019/09/03 22:05
  • DAYSNEOへのご投稿、ありがとうございます。
    とても楽しく読ませていただきました!

    「乳首相撲」を情熱大陸パロディでシリアスに描く、
    という試みがとても良かったと思います。
    また、CECIL CHIcBEEや乳首相撲公認リード・シザーなど、
    小ネタがこれでもか!というぐらい詰められており
    エンターテイメント魂を感じました。
    バカバカしいネタだからこそ、キッチリやる事の面白さ。

    気になる所があるとすれば、主人公が乳首相撲に負けるシーンは
    ギャグ調にせず、敗北をシリアスに描いた方が
    シュールさが保てるのかなと思いました。

    熱量とネタがとても面白かったです!
    次の作品も楽しみにお待ちしております。

    2019/08/16 00:11
  • DAYS NEOにご投稿いただき、誠にありがとうございます。
    とても楽しく読ませていただきました。

    眼に力がこもっていて、
    人を惹きつける絵柄だと思います。
    光の演出が非常に巧い!
    比較的線が太めの絵柄だと思うのですが、
    線の強弱やトーンワークで光の演出が繊細に描かれていました。

    絵だけではなく、ストーリーも
    乃嶋さんならではの世界観を生み出せていました。
    「アンタは自分の顔を鏡を介さずに見た事があるか?」
    というセリフ一言で、小町の凄惨な過去をズバッと表す。
    キャラクター達が、ちゃんと愛を注がれ
    イキイキと動いていました!
    『嘘つき2匹』も、キャラの絵に力があり、
    2人が出会って恋に落ちた瞬間、など
    よりこのキャラ達について知りたい、と思わせられる
    ショートでした。

    乃嶋さんのキャラを描く才能はとても凄いと思います。
    よろしければ、ぜひ一度お話だけでもさせていただけますでしょうか?
    こちらの作品に担当希望を送らせていただきます。
    よろしくお願いいたします。

    2019/08/06 14:27
  • DAYS NEOへのご投稿、ありがとうございます!
    楽しく読ませていただきました。

    幼馴染大好き黒ギャル、可愛いですね。
    シチュエーションはとても羨まし度が高いです。

    少し気になった点は、
    4p目1コマ目、男主人公から黒ギャル視点に変わるのが急かな?
    という点です。
    例えば、
    3p目4コマ目「遊びの範疇なんだろうなぁ」の横に
    小さい5コマ目を入れて、男主人公をジト目で見る黒ギャル、
    を描いたりすると4p目の”オチ”へのフリが分かりやすくなると思います。

    ハンドサインだけではなく、例えば太腿チラや、
    第二ボタンを開けて挑発、スカートをパタパタしてみせるなど
    ”見せ場”があると、
    「セックスしよーぜ?」という過激なセリフと幼馴染キャラがつながり、
    彼女の過激なキャラが伝わりやすくなるのかな、
    と思いました。

    ご投稿、ありがとうございました。

    2019/07/30 20:26
  • DAYSNEOへのご投稿、誠にありがとうございます。
    大変面白く読ませていただきました!

    まず女の子が可愛く、とても透明感があり良かったです!
    百合の題材に、米軍基地を選び
    国境を障害として描いたのは斬新だと思いました。
    (不勉強だったのですが、16歳以下は
    基本的に外出ができないのですね)

    ロミオ-ジュリエット、ノンバーバルコミュニケーション、
    主人公の成長と構成も非常に巧みでした。

    この作品に、もしご提案をするとすれば、
    ラストについてです。
    「別れたデルフィーが福生にやって来る」のではなく、
    「英語を学んだリサがアメリカへデルフィーに会いに行く」
    の方が、リサがより主人公らしくなるのかな?と感じました。
    最初に目標が無かったリサが、デルフィーとの出会いと別れにより
    「国境は甘くないんだよ」をひっくり返して
    思い切った決断をする、という百合としてのパワーも出てくると思います。
    『英語』、というのはあくまでもツールで
    それを得て「何をしようとする」か、という話だと思ったので。
    (でも最後の「ここは福生 日本とアメリカの交わる町」に繋がるのも
    素敵だというのも理解でき…。)

    あと、若干途中で背景が白くなっていたのが気になったので、
    少し意識をして書き込みをしてみてください。

    『ミルフィーユフィクション』、『お願いアイちゃん』ともに
    女子の表情に細やかな感情がこもっていて、尖しこふみさんの強い武器だなと思いました。
    尖しこふみさんの次回作も是非読んでみたいです!

    月刊少年マガジン編集部は、本誌月マガ・増刊マガジンR
    マガジンポケットなどの発表媒体がございます。
    一度、お話だけでもさせていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    2019/05/22 20:41
  • ま~○こま○こで高収入♪

    イ、イヤ過ぎる!!
    ご投稿、ありがとうございます。
    ゲラゲラ笑いながら読ませていただきました!

    最後のページのオチが酷い!
    「真面目で清楚な学級委員長が実は…」というネタで、
    ここまで下品の雪崩を起こせるとは!
    「ちくきゅう」呼びで固定、本当に失礼。
    ここまで濃すぎるネタの最後に次回予告で
    オチるのは(良い意味で)ズルい!
    悪役令嬢・山科の異世界転生、非常に読んでみたいです。
    これでもう3本ぐらい作れそうな勢いのネタだと思います。
    読んでて置いてけぼりになりそうになったシーンはいくつかありましたが、
    井出さんのスケベに対する熱意と、エンターテイメント性が
    伝わる熱い漫画でした。

    ツイッタープロフィールを拝見させていただきました。
    『くろアゲハ』を挙げてくださり、誠にありがとうございます。
    担当の一人としてとても嬉しいです。

    よろしければ、お話を一度させていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    2019/04/01 19:15
  • ファンタジー×SNS、という企画性の高さ、
    そして「インスタ映え」を
    「冒険の高揚感」に結び付けてちゃんとテーマに
    落とし込めたのは見事!!
    一発ギャグで終わらずに、
    キャラクターに共感しながら全作品読むことができたのは素晴らしいです。

    会話劇だけでなく、
    光るシルフがどう見ても金玉、という
    ド直球なギャグも良かったですね。

    酒場がスタバになっていたりと小ネタも練られており、
    「ブレイクダンスに時間をかけた分
    ぼろが出とる」
    「ムリだって 人間だもの ぷ」
    セリフ回しも光っていました!

    あともう一つ、江丸さんの隠れた良い所は、
    「タイトルが工夫されている」事だと思います。
    『#アロスの冒険』、『まわる金曜日は薔薇』など
    タイトルが考えられている。
    読む前に、「オッ何か面白そう…!」と
    ワクワク感を煽ってくれる。
    もしかすると、「そんなこと大体の人がやっているのでは?」
    とこれを読んでいて思うかもしれませんが、
    意外とできている新人さんはは少ない印象です。
    「作品を書き上げたぞ!」で終わらずに、
    「どうパッケージするか?」という最後のひと粘りができている。
    そしてそれは、「読者へよりサービス出来るか?」という
    心意気にもつながっていると思います。
    「エンターテイメント」性、これは江丸さんの一番の強みだと思います。

    『Dリンク』、『まわる金曜日は薔薇』、『#アロスの冒険』
    どれも面白かったです!
    ぜひ江丸さんと一緒に作品を作れたら、と思い担当希望ボタンを押させていただきました。
    (『まわる金曜日は薔薇』の方にも押させていただきました。)
    月刊少年マガジン編集部は、本誌月マガ・増刊マガジンR・マガジンポケット…などの発表媒体がございます。
    もしよろしければお話を一度させていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    2019/03/09 00:19

担当希望作品

TOP