プロフィール

モーニングNもり

★27

15

経歴

2013年~週刊少年マガジン編集部
2019年~モーニング編集部

6月よりモーニングに異動してきました。
青年誌の現場は初めてですが、やる気に満ち満ちています。

↓こういうものが好きな人生を経て、編集者になりました。

1つでも被るものがあれば、ぜひその話だけでもしにきてください。
被るものがなくても、あなたと打ち合わせをさせてください。

好きな映画は、『プライベートライアン』(#バリー・ペッパーは最高だ)『善き人のためのソナタ』『キックアス』『アメリ』『12モンキーズ』書ききれない。
好きな漫画は、『ハチミツとクローバー』『苺ましまろ』『BLACK LAGOON』などなど。節操なし。
性癖を決定づけた小説は『痴人の愛』。応援する球団はベイスターズ。

担当作

『グラゼニ』、『バトルスタディーズ』、『天地創造デザイン部』、『AUTOMATON』、『あいだにはたち』など。

メッセージ

作り手の価値観や、こだわりが伝わってくる作品が大好きです。

例えば…JKが大好き! ロボット愛が止まらない! 銃火器への愛情は誰にも負けない!などなど。
全部作品に活かせる大切な感情だと思います。

恋愛観、人生観、スポーツ観、職業観、あなただけの世界観、何でもOK。
作家さんのフェチズムがぎゅっと詰まった作品を読みたい入社7年目。

楽しい打ち合わせを心掛けてます。
あなたの「好き」を読者にも響かせる方法を、一緒に考えていきましょう。

リンク

新着メッセージ

  • 乳を揉んでる幽霊ちゃんの表情がいちいち気が利いていますね。ツボにはまりました。
    JK✕幽霊。ある種これは、異種百合…なんですかね。
    演出もインパクトがあって、目で見て瞬間 楽しかったです。
    氷室さんの恍惚な表情、もっともっと見たかったですね!

    …それにしても、まさか以前からお名前を存じている作家さんにご投稿をいただけるなんて。作品一覧に見覚えのあるお名前とイラストバナーがあって、大変びっくりしました。

    Noiseさんが描く、なぜか本番はできないサキュバス!だったり、ギャル✕おじさんの勘違いラブコメだったり。想像が膨らみますね。
    一般誌でNoiseさんの漫画を読んでみたい気持ちでいっぱいです。

    ぜひ一度、お話をさせてもらえたら嬉しいです。

    2019/08/15 01:00
  • 10回言ってシリーズがツボにはまりました。
    ブログも拝見しましたが、憂鬱さんが一番好きでした。ネガティヴな性格への共感と、反比例して訪れる幸運。ギャップが可愛かったです。
    意外と(失礼)キャラの描き分けがしっかりしている点も、シュールな世界観への没入感に一役買っていると思います。登場人物がみんな真面目で真顔なところがひとつのミソなわけで、その真顔がみんな同じ顔だったら読者も冷めてしまいますからね。
    「あ、なんかこんな人いそう!」という感想こそが、土田さんの描くキャラクターに愛らしい印象を与えてくれているのかなと。

    どこからこんなアイデアが湧いて出てくるんだ!とすごく気になったので、ぜひ一度お話させてもらえたら嬉しく思ってます。土田さんのアイデアの源泉、知りたいです。

    2019/08/08 13:33
  • 妖怪ちゃん、たまらんですね…。
    2P目、舌なめずりのホラー感から、めくりの照れ。
    一気に心掴まれました。可愛い。
    短いページを無駄なく有効に使っている印象です。続き読みたいですね…。

    今後の展開については、男の子がもっと妖怪ちゃんを振り回す、ともすればブン回しまくる情熱的なキャラクターだったらどうなっていくだろう?と想像してみたりしてます。

    例えばこの4Pに落とし込む場合、
    「可愛い…すごい、一目惚れです…付き合ってください!」ハグされてアワアワと困惑する妖怪ちゃん。
    さらに「ん…ニオイますね…。え?最近風呂に入れてない?じゃあうちのお風呂入りましょう!」
    引きずられていく妖怪ちゃん…無念…そんな屈託のない強引さのある男の子だったら?と。

    もちろん別のやり方もあると思います。色々と。
    作画志望とのことですけども、名瀬さんの描くショートラブコメ。正直かなり読んでみたいです。
    ぜひ一度ゆっくり話をさせてもらえたら嬉しいです。

    2019/08/06 22:07
  • チーズ君…いったい何者なんだ……。
    まず画面の表現力が達者で、驚かされました。より丁寧さを心掛ければ、恐らくすぐに連載できるレベルにある画力だと思います。
    そして何より、チーズ君と言う謎の存在。顔にカビが生えてるよ、って未知のツッコミだなあと思いつつ笑、すごく素敵なキャラクターですね。こんな友達ほしい。
    彼の存在を読者の私がすぐに受け入れられたのは、きっと生活感のある会話を描けているからだと思います。シンプルにいうと、言葉のやり取りに嘘がないから、チーズ君の存在をリアルに感じられた、ってことですね。
    ただそれと同時に、懐かしくて嬉しい再会、という誰もが体験したい普遍的なテーマに物語を落とし込めている点。これこそが勝因かなと感じます。
    素敵な物語を読ませてもらえて、本当に感謝です。
    もしよければこの続き、もしくは新作の話もさせてもらえたら嬉しいです。

    2019/07/29 04:50
  • 人間を観察する力に長けてますね…。
    私は「夜の街は動物園」って言葉にやられてしまいました。本当にその通り。
    夜の繁華街は、欲望渦巻く悲しい世界です。
    でもカルビさんの表現って、その空虚さを努めて煌びやかに見せようとしてますよね。あっけらかんと「社会見学」と表現しているカナちゃんの言葉と、そして表情。すごく素敵で、すごく好きです。
    しがない牛丼屋の店員。謎に夜間徘徊を繰り返すJC。朝キャバの勧誘。酔いつぶれたおっさん。
    きっとみんな、脛に傷がある人間なんだと思います。大なり小なり。
    そして多分、カルビさんの人生経験の中でそういった事を実際に見る機会があったんだと思います(勝手な推測)。だから、リアルな手触りがあるんじゃないかなと。
    でもそのリアルを、可能な限り希望のある方に向けようとしているところに、私は作家としての美学を感じました。
    コマ割りなどの演出や、シンプルな原稿力については、すでに高いレベルにありつつもまだまだ改善の余地はあるかと思います。中学生〜〜?チビだな、で粉チーズを出す下りはもっと溜めて、この前後のシーンもキャラの魅力が出ているのでそんなに急がなくてもいいかなと思ったり。でもその辺りは、トライアンドエラーで改善していけばいいところです。
    私はカルビ佐藤さんという作家さんに、本物の人間を描ける可能性を感じました。
    きっといい企画を見つけられたら一気に伸びていく、それだけの才能のある作家さんだと思うので、これからも頑張ってください。次回作も心より楽しみにしております。

    2019/07/29 04:24
  • 画面の説得力が、圧倒的。。。
    ただカッコいいバトル漫画、というだけではなく。
    Fanさんの個性と独特な筆致が画面の中で大爆発。
    その表現力があまりに衝撃的で、目が離せませんでした。見開きの描き込みは圧巻の一言。
    画面表現に限れば、今の段階でも唯一無二に近い才能だと思います。
    1点、8P目下段のキズが治るのが早い、というシーン。ここは少し勿体なかったです。
    キズが治っているシーンはもっと大きく。キャラが見えてくるコミカルなシーンはもっと厚めに。
    ここをより一層こだわっていくと、後半のキャラの見え方も変わってきたように思います。
    だから今の課題は、序盤でキャラの魅力を引き出すこと、ですかね。

    とはいえ、Fanさん。すごく一緒に仕事にしたい作家さんです。
    ぜひ一度話だけでもさせてもらえたら嬉しいです。

    2019/07/25 16:11
  • うわあ。引き摺り込まれました。
    少年には無垢な彼のまま、幸せでいて欲しい。その願いとは裏腹に、転げ落ちるように"性欲的生活"の悦楽に堕ちていく姿をこの目で見たい、という密かな蜜の味。
    おねショタは元から大好物なんですけども、本作ではそれとはまた別種の新しい扉を開けられてしまったかもと。そう感じてしまうくらい、物語に惹きつけられました。
    それはきっと、お姉さんの毒々しい独白をミステリアスに、リアルに表現できているから。彼女の言葉にホンモノのような手触り感があるからだと思います。
    だから私も、少年と同じように「見てはいけないもの」を指の間から覗いているような、そんな背徳感に襲われたんじゃないかと。

    すごく2話目が読みたいです。そして、ものすごく山本さんとお話がしたいです。
    担当希望させてください。

    2019/07/23 15:00
  • 魔法の国の豆スープ。5話目まで拝見いたしました。
    本当に漫画歴、浅いんですか…?
    それを感じさせないほど非常に筆致が達者で、かつ世界観をしっかり構築されていて。すごくいい作品に出会えたなあという印象です。
    まず何より、登場人物それぞれの感情が瑞々しくて、そこにちゃんと「生きている」ような感覚になりました。ファンタジーという世界の中でも会話に無理がなく、等身大の少年少女を、でもちゃんと確固たる意志や主張を持った人間を描けていると思います。
    次に、キャラクターデザインが魅力的でした。とりわけ、私のツボはナターシャ。
    それぞれ描き分けがしっかりしている中で、表情も魅力的なキャラクターたちを表現できている点に惹かれました。
    より一層全体的にレベルアップしていけば、せんさんにしか描けない不思議がたくさん詰まったファンタジー作品が描けるのではないかと思ってます。

    すごく魅力たっぷりな作家さんという印象を覚えたので、担当希望をさせてください。
    ぜひ一度、じっくりお話させてもらいたいです。

    2019/07/23 01:28
  • ラーメンだったww
    AとBの二者択一を迫られるなか、さらっと斜め上のCを捻り出せるのはカッコイイです。
    緊迫した展開を予想してました。きっとシリアスな続きが読めると思ってました。
    まさか2Pで笑わされるとは…露にも思いませんでした。真顔だから、余計に可笑しかった。
    原稿も雰囲気があって、なんか表情に乏しいのに艶めかしいんですよね。特に2Pラストのコマ。底知れない可能性を感じる画面でした。

    ぜひ、この続きを読みたい。その一番最初の読者になりたい!
    そして、彼方さんの漫画をもっともっと面白くするお手伝いがしたい!
    素直にそう感じたので、担当希望をさせてください。

    もしよければ、まずは一度お話だけでもさせてもらいたいです。
    どうぞよろしくお願いします。

    2019/07/19 22:18
  • すごく計算された恐怖感だ…。
    読者の「怖い!」という感情を引き出すための表情の入れ方や演出、画面構成、そして文字の入れ方。すべてが計算づくで、しっかりツボをついてくる!
    何が起こっているのかわからない。だから読んでるこっちまで怖くなる。
    とにかく正常ではない何かを、正しく、そして大胆に表現できる作家さんだと感じました。
    僕は本作を拝見して、円井さんの描くサスペンスが読んでみたくなりました。
    もしよければ、一度お話だけでもさせてください!

    2019/07/03 02:36
  • 1
  • 2

担当希望作品

TOP