投稿作品

担当決定

編集者メッセージ(新着)

  • しあわせですが?へのメッセージ

    面白かったです! モノローグ、セリフ、表情、動き、背景、すべてリアリティがあって、
    引き込まれました。4Pという短いページで、主人公の気持ちの変化をしっかり描き切っているところに、さとうさんの漫画力を感じました。
    最後のビールを飲んでいる主人公、とてもいいですね。おいしそう(笑)。
    私はビールを飲める年齢なので「そうだよねビール最高だよね」と共感しますし、
    未成年の人が読んだら「こんなにビールっておいしいのかぁ」と憧れちゃうだろうなと思いました。それくらいに実感がこもった、いいシーンでした。
    さとうさんの「男の残酷なセリフシリーズ」もっと読みたいです!楽しみにしています。

  • しあわせですが?へのメッセージ

    なんというか強烈な4pでした!
    実感というか、なんというかすごくストレートに伝わってきます。
    ほんと無駄がなくてすごいパンチ力!
    なにを描くか、が大事なんだなあって改めて思い知らされました。
    面白かったです!
    カメラワークも素敵だし、絵もかわいくて何度も読み返してしまいました。
    さとうさんの実感が込められた別の作品もぜひぜひ読みたいです!

  • しあわせですが?へのメッセージ

    めちゃめちゃ共感しました…!
    「しあわせになってね」という言葉ほど無責任なものはないですよね。
    「今のきみはしあわせではない」、
    自分が幸せにできなかったから去る、というのも無責任な話です…。

    ラストのページ、
    ビールをあおって、無意識に「しあわせ」と声に出ている描写、とても良かったです。
    露天風呂に入っている時は、
    油断すると涙がにじんでしまうほどには
    別れを割り切れていなかったのに、
    この突発的な旅行で彼女の心は
    ちゃんと癒えたんだな…とほっこりしました。

    露天風呂に入ってからビールを飲むまでの間、
    何があって彼女は割り切ることが出来たのでしょうか?
    きっと何かしらの葛藤や妥協があったのでは、と思います。
    その葛藤を知りたいなと思いました。

    もっとさとうさんの描かれる漫画、読みたいです…!
    またのご投稿をお待ちしております。

編集者メッセージ(いいね)

  • しあわせですが?へのメッセージ

    めちゃめちゃ共感しました…!
    「しあわせになってね」という言葉ほど無責任なものはないですよね。
    「今のきみはしあわせではない」、
    自分が幸せにできなかったから去る、というのも無責任な話です…。

    ラストのページ、
    ビールをあおって、無意識に「しあわせ」と声に出ている描写、とても良かったです。
    露天風呂に入っている時は、
    油断すると涙がにじんでしまうほどには
    別れを割り切れていなかったのに、
    この突発的な旅行で彼女の心は
    ちゃんと癒えたんだな…とほっこりしました。

    露天風呂に入ってからビールを飲むまでの間、
    何があって彼女は割り切ることが出来たのでしょうか?
    きっと何かしらの葛藤や妥協があったのでは、と思います。
    その葛藤を知りたいなと思いました。

    もっとさとうさんの描かれる漫画、読みたいです…!
    またのご投稿をお待ちしております。

  • しあわせですが?へのメッセージ

    面白かったです! モノローグ、セリフ、表情、動き、背景、すべてリアリティがあって、
    引き込まれました。4Pという短いページで、主人公の気持ちの変化をしっかり描き切っているところに、さとうさんの漫画力を感じました。
    最後のビールを飲んでいる主人公、とてもいいですね。おいしそう(笑)。
    私はビールを飲める年齢なので「そうだよねビール最高だよね」と共感しますし、
    未成年の人が読んだら「こんなにビールっておいしいのかぁ」と憧れちゃうだろうなと思いました。それくらいに実感がこもった、いいシーンでした。
    さとうさんの「男の残酷なセリフシリーズ」もっと読みたいです!楽しみにしています。

  • しあわせですが?へのメッセージ

    なんというか強烈な4pでした!
    実感というか、なんというかすごくストレートに伝わってきます。
    ほんと無駄がなくてすごいパンチ力!
    なにを描くか、が大事なんだなあって改めて思い知らされました。
    面白かったです!
    カメラワークも素敵だし、絵もかわいくて何度も読み返してしまいました。
    さとうさんの実感が込められた別の作品もぜひぜひ読みたいです!

TOP