神蔵眞吹  (ID:mabuki-k_w)
★2293

恐れ入ります。神蔵眞吹《かみくら まぶき》と申します。
この度は、こちらを覗いて下さり、ありがとうございます。

漫画歴は長いですが、ブランクも長いです。
マンガ科専門在学中~卒業後十数年はコンスタントに描いていましたが、以後は文章中心に転向。まともにストマン一本仕上げたのは、2015年が最後になります。
文章投稿サイトの表紙を描く為、2018年頃から一枚絵のイラストは(ラクガキを含み)定期的に描くことを再開。

作画に関して、背景やキャラの描き分けがあまり得意ではないので、どちらかと言えば原作者志望(本音は作画込みも捨て難くはありますが……)。

【ジャンル傾向】
漫画に関しては、今のところ朝鮮王朝時代劇が主です。
傾向として、専門在学中は少年漫画志望で、考える話もそっち系が主ですが、作画するとなると少女漫画のほうが自分の能力的には楽だと気付きました(専門の卒業制作時)。

余談ながら、小説は以下の通り。
◆SF
◆史劇:現在、朝鮮王朝時代中心。ほかの国や時代も、興味を持てば書きます。
上記をベースにしたサスペンス、なんちゃってミステリ、アクションがメインで、基本恋愛要素は味付け程度。
著者の好みにより、心や過去に傷持つ中性的美少年が主人公のことが殆どです。

【製作環境】
アナログ:デジタル=9:1。
ペン入れ(ベタ入れ含む)まではアナログで、仕上げがデジタルです。
使用作画ソフトはGIMP。

【職歴】
2016年4月~2021年3月末まで、WTRPG『リンクブレイブ』『グロリアスドライヴ』にてマスター業務(シナリオライター)に従事(和倉眞吹名義)。

【現在所持アカウント&サイト】
■個人サイト…https://nanos.jp/entelechy03plus/(2022年9月現在、ほぼ休止中)
■ピクシブ…https://www.pixiv.net/member.php?id=12038309(2022年9月現在、ほぼ休止中)
■なろう…https://mypage.syosetu.com/256526/
■エブリスタ…https://estar.jp/users/150838867
■イラストデイズ…https://illust.daysneo.com/illustrator/mabuki-k_w/
■ノベルデイズ…https://novel.daysneo.com/author/mabuki-k_w/
■アルファポリス…https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/479125051(2022年9月現在、休止中)

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 王妃候補なりすまし譚へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございました。
    コメントが遅くなりすみません。歴史的事実に基づく密度の高い作品ですね。
    揀擇というものを知らなかったので、非常に勉強になりました。

    と同時に、歴史的事実を知らないと、情報量が非常に多くて理解をするのに時間がかかる作品でもありました。冒頭で時代や国の設定が説明されているのですが、文字だけで理解するのはなかなか難しいと思いました。主人公が役人を成敗をするという始まりではなく、主人公の日常生活から初めた方が、世界観をつかみやすかったかもしれません。

    絵が緻密で服装や街並みなどもきれいでした!
    その絵を存分に見せていただく原稿で素敵だと思ったのですが、セリフの文字が読みにくいなと思ってしまうところも多々ありました。絵を生かす吹き出しを、絵をここは見せたい!というところに絞ったり文字の量を整頓して減らしたり、読者の方が読みやすくする工夫なども、次回作では是非してみてください。

編集者メッセージ(いいね)

  • 王妃候補なりすまし譚へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございました。
    コメントが遅くなりすみません。歴史的事実に基づく密度の高い作品ですね。
    揀擇というものを知らなかったので、非常に勉強になりました。

    と同時に、歴史的事実を知らないと、情報量が非常に多くて理解をするのに時間がかかる作品でもありました。冒頭で時代や国の設定が説明されているのですが、文字だけで理解するのはなかなか難しいと思いました。主人公が役人を成敗をするという始まりではなく、主人公の日常生活から初めた方が、世界観をつかみやすかったかもしれません。

    絵が緻密で服装や街並みなどもきれいでした!
    その絵を存分に見せていただく原稿で素敵だと思ったのですが、セリフの文字が読みにくいなと思ってしまうところも多々ありました。絵を生かす吹き出しを、絵をここは見せたい!というところに絞ったり文字の量を整頓して減らしたり、読者の方が読みやすくする工夫なども、次回作では是非してみてください。

TOP