プロフィール

ベツフレnishimura

★15

6

経歴

1998年入社
週刊少年マガジン→ヤングマガジン→別冊フレンド
別フレは5年めに突入しました

担当作

別フレでは
『あるいていこう』『いちごの王子とアントルメ』(上田美和)
『キララの星』(森永あい)
『たいへん不良くできました』(蒼井まもる)
など

メッセージ

先日、初恋をした4歳の愛娘に彼のどこが好きなのか訊いたところ、「お顔がカッコイイから」と一言。やっぱりイケメンですよね。お顔に限らずカッコイイ男の子が大好きな少女マンガ志望の方のお手伝いができればと思っております。皆さんのカッコイイ像を、一緒に磨かせてください!

リンク

新着メッセージ

  • 投稿ありがとうございました。
    YouTubeというネタにひかれて、遅ればせながら読ませていただきました。

    ネームのテンポがいい上に、わかりにくいところがなかったので、とても読みやすかったです。

    ひとつだけ個人的に残念だったのは、途中から男のコの方がややおとなしくなってしまった点です。YouTuberとしての憧れだけでなく、女の子としての魅力も感じているはずなので、もっと主人公にせまって、主人公を困らせたり、2人でイチャイチャするシーンが見たかったです。

    次の作品にも期待してます。

    2018/12/21 22:50
  • 先生の苦悩や2人のすれ違いがめちゃめちゃおもしろですね。
    「自著が憎い」が絶賛リフレイン中です。

    先生も本賀さんも、2人とも応援できるので、
    好感度の高い愛される作品になっていると思います。
    続きを楽しみにしています。

    2018/12/18 20:54
  • 投稿ありがとうございました。
    めちゃめちゃおもしろかったです!

    「討論したい!」という主人公の欲望が明快なのが特によかったです。
    討論したいわけじゃないけど強く訴えたいことがある男の子との討論がどんなものになるのか、非常に続きが気になりました。

    賛否あるとは思いますが、ページ当たりのセリフ量が多いのは気になりました。
    セリフ量を考慮した続きを執筆中とのことなので、ますます続きが楽しみです!

    2018/11/23 21:33
  • 中村さんの「こういうのが好き」という世界観がビシビシ伝わってきました。

    特に驚いたのは、文旦の匂いや風の心地よさなどが、絵とセリフで五感に訴えかけられてくるところ。作品世界に自然に入り込めました。
    読んだ後、文旦を食べたくなったほどです(けっこうお値段するんですよね…)。
    丁寧な描き込みや言い回しのセンスの良さに脱帽です。

    もちろんキャラクターも素晴らしかったです。
    虎さんがとってもセクシー。

    投稿ありがとうございました。

    2018/11/23 21:01
  • おもしろかったです。
    多少とっちらかっている部分もありましたが、
    名残作戦とか教科書侵攻とか、
    エピソードのひとつひとつが秀逸でした。

    主人公が男の子に恋愛感情があるのか、
    また逆に男の子は主人公に恋愛感情があるのか、
    このあたりが曖昧なまま話が進んでいくので、
    読んでてちょっとモヤっとしましたし、
    atsukoさんも「何だこれ?」と思ってしまったのでは。
    キャラクターの感情の流れを考えながら描けると、
    ステップアップできるかと思います。

    以上です。
    投稿ありがとうございました。

    2018/11/01 15:55
  • 墓場まで持っていきたい秘密がある人、けっこういると思います。
    そういう点で共感しやすいテーマなのがいいですね。

    この続きがどうなるのか気になるところですが、
    もっと主人公がどんな人だったのか知りたいです。
    「純粋なJKのイメージのままでいたい」とありますが、
    生前の主人公はどれほど純粋そうだったのか、
    BLとのギャップがあればあるほどスリルがあるのでは。

    また、主人公の問題も「絶対に知られたくない異性がいる」とか、
    より私的な事情に絡めてはどうでしょう。
    主人公の感情を揺さぶる要素を入れて読み筋を作れると、
    もっと続きが読みたくなると思います。

    以上です。投稿ありがとうございました。

    2018/11/01 15:33

担当希望作品

担当希望作品はありません

TOP