真山菜緒  (ID:mayama_)
★191,556

女の子と、男女が絆を築いていく様を描くのが好きです。少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです!

投稿作品

担当希望

担当希望はありません

編集者メッセージ(新着)

  • 未知と青春【読み切り】へのメッセージ

    どわああ! 彼がなぜ女装していたのか、気になる~!

    ストーリー的にはたしかに、かなり気になるところで
    ブツっと切られてしまった印象はありましたが、いっぽう、
    絵がとてもよいですね!

    手の描き方がとても上手だったので、もっともっとうまくなる
    かただとお見受けいたしました。

    次回作、楽しみにしております!

  • 未知と青春【読み切り】へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます!
    ほんとだ。ラストPが一番次のページをめくりたくなるような、
    尻切れトンボというより尻上がりな作品ですね。

    設定は確かに王道なので
    この設定このふたりのキャラで、真山さんがどんな面白さを描くのか、
    描き出す前にポイントをもっと絞れておけると良かったかもしれないです!

    ウソをついてるドキドキ感、もいいとおもいますし
    女の子を好きになって戸惑う主人公の恋心を掘り下げてもいいし
    女装したい男の気持ちっていうのも、どんな風に描かれるのか興味がわきます!

    とか、いろいろアイデアが湧いてくるとてもいい設定だと思うので
    真山さんなりのおもしろポイントに絞り込んで
    それを切り口にもう一本お話を描かれるなら
    そちらも読んでみたいなーと思いました。

    ありがとうございました!

  • 未知と青春【読み切り】へのメッセージ

    少女漫画界の王道ですね。
    私も何度この設定の少女漫画にキュンキュンわくわくしたことか…!


    尻切れトンボと言われがちなのは
    まさに、この設定が出た時点で期待する王道中の王道、正体がバレないようにする!!というドキドキ展開がないまま終わってしまうからです。

    本当にここで読み切りにするのなら、
    最後の最後に実は男!というドデカい嘘は使わないほうが良かったと思います。


    絵はとても可愛いし、コマ割りもとても読みやすいです。また別の読み切りも楽しみにしています!

  • 夏には夜と君と盆へのメッセージ

    完成度の高い作品、楽しく読ませていただきました!

    未加子ちゃん可愛いです…。
    目的にむかってまっすぐなところ、
    でもちょっと抜けているところ、
    ツン属性もいい味出しているし、
    ラストのお礼のシーン&笑顔も可愛くて、
    とっても素敵なヒロインだなあと感じました。


    普段あまり由来や歴史を考えることのない「盆踊り」という題材も、
    うまくストーリーに取り入れてあり、関心しました。思わず調べてしまいました(笑)!
    ラストの見開きのシーンも見ごたえがあって良かったです。

    少し気になったことを述べさせていただくと、
    あれだけ盆踊をやめさせることに固執していた未加子ちゃんが、ずいぶん簡単に説得に応じてしまったな~という部分がひとつ。
    また、端縫いの浴衣に込められている「親から子へ受け継がれていく特別なもの」という意味についても、
    未加子が母親とほとんど接点がない設定のせいで、やや活かしきれていないような気がしました。
    できれば多少エピソードを増やしてでも、祖母→母→娘とそれぞれの世代にひとつずつリンクが作れると良かったのかなあ、と思います。


    夏の夜、特にお祭りがある日の特別感は感情を刺激しますね。
    (背景描写やトーン処理などでその雰囲気がもっと感じられるとなおよかったですが…!)
    青年誌&女性誌志望とのことですが、作品、とても気に入ってしまったのでコメントをさせてもらいました。

    ぜひ少年誌ジャンルでのお話も読んでみたいところですが、
    次の作品も楽しみに待っております。


    投稿ありがとうございました!

  • 夏には夜と君と盆へのメッセージ

    読ませていただきました! 取材や勉強の甲斐もあってか、非常に美しい原稿になっていて目を惹かれました。特に踊りのシーンの見開きはとても素敵ですね。顔を見せない踊りが、逆に亡くなった人の面影を重ね合わせられる感じで、すごく美しい踊りだと思いました。主人公のおばあちゃんへの思いゆえの行動というのもよかったです。

    惜しいのは、「祭りを潰す」という意思ばかりが強く描かれていて、その思いの源になっているおばあちゃんへの思いや、おばあちゃんのお母さんへの思いと、そこから感じる自分の境遇への気持ちなどがほとんど描かれていないことです。題材や「親から子へ受け継がれる」という言葉など考えると、主人公自体がどんな気持ちを抱えていたのか(本当は自分もお母さんから受け継ぎたかったものがあったりとか)にもう少し焦点を当てたエピソードを入れられるとよかったのではないかと思いました。

    でも、とっても力がある人だと思うのでこれからが楽しみです。頑張ってください!

編集者メッセージ(いいね)

  • 夏には夜と君と盆へのメッセージ

    完成度の高い作品、楽しく読ませていただきました!

    未加子ちゃん可愛いです…。
    目的にむかってまっすぐなところ、
    でもちょっと抜けているところ、
    ツン属性もいい味出しているし、
    ラストのお礼のシーン&笑顔も可愛くて、
    とっても素敵なヒロインだなあと感じました。


    普段あまり由来や歴史を考えることのない「盆踊り」という題材も、
    うまくストーリーに取り入れてあり、関心しました。思わず調べてしまいました(笑)!
    ラストの見開きのシーンも見ごたえがあって良かったです。

    少し気になったことを述べさせていただくと、
    あれだけ盆踊をやめさせることに固執していた未加子ちゃんが、ずいぶん簡単に説得に応じてしまったな~という部分がひとつ。
    また、端縫いの浴衣に込められている「親から子へ受け継がれていく特別なもの」という意味についても、
    未加子が母親とほとんど接点がない設定のせいで、やや活かしきれていないような気がしました。
    できれば多少エピソードを増やしてでも、祖母→母→娘とそれぞれの世代にひとつずつリンクが作れると良かったのかなあ、と思います。


    夏の夜、特にお祭りがある日の特別感は感情を刺激しますね。
    (背景描写やトーン処理などでその雰囲気がもっと感じられるとなおよかったですが…!)
    青年誌&女性誌志望とのことですが、作品、とても気に入ってしまったのでコメントをさせてもらいました。

    ぜひ少年誌ジャンルでのお話も読んでみたいところですが、
    次の作品も楽しみに待っております。


    投稿ありがとうございました!

  • 未知と青春【読み切り】へのメッセージ

    少女漫画界の王道ですね。
    私も何度この設定の少女漫画にキュンキュンわくわくしたことか…!


    尻切れトンボと言われがちなのは
    まさに、この設定が出た時点で期待する王道中の王道、正体がバレないようにする!!というドキドキ展開がないまま終わってしまうからです。

    本当にここで読み切りにするのなら、
    最後の最後に実は男!というドデカい嘘は使わないほうが良かったと思います。


    絵はとても可愛いし、コマ割りもとても読みやすいです。また別の読み切りも楽しみにしています!

  • 未知と青春【読み切り】へのメッセージ

    どわああ! 彼がなぜ女装していたのか、気になる~!

    ストーリー的にはたしかに、かなり気になるところで
    ブツっと切られてしまった印象はありましたが、いっぽう、
    絵がとてもよいですね!

    手の描き方がとても上手だったので、もっともっとうまくなる
    かただとお見受けいたしました。

    次回作、楽しみにしております!

  • 夏には夜と君と盆へのメッセージ

    読ませていただきました! 取材や勉強の甲斐もあってか、非常に美しい原稿になっていて目を惹かれました。特に踊りのシーンの見開きはとても素敵ですね。顔を見せない踊りが、逆に亡くなった人の面影を重ね合わせられる感じで、すごく美しい踊りだと思いました。主人公のおばあちゃんへの思いゆえの行動というのもよかったです。

    惜しいのは、「祭りを潰す」という意思ばかりが強く描かれていて、その思いの源になっているおばあちゃんへの思いや、おばあちゃんのお母さんへの思いと、そこから感じる自分の境遇への気持ちなどがほとんど描かれていないことです。題材や「親から子へ受け継がれる」という言葉など考えると、主人公自体がどんな気持ちを抱えていたのか(本当は自分もお母さんから受け継ぎたかったものがあったりとか)にもう少し焦点を当てたエピソードを入れられるとよかったのではないかと思いました。

    でも、とっても力がある人だと思うのでこれからが楽しみです。頑張ってください!

  • 未知と青春【読み切り】へのメッセージ

    ご投稿ありがとうございます!
    ほんとだ。ラストPが一番次のページをめくりたくなるような、
    尻切れトンボというより尻上がりな作品ですね。

    設定は確かに王道なので
    この設定このふたりのキャラで、真山さんがどんな面白さを描くのか、
    描き出す前にポイントをもっと絞れておけると良かったかもしれないです!

    ウソをついてるドキドキ感、もいいとおもいますし
    女の子を好きになって戸惑う主人公の恋心を掘り下げてもいいし
    女装したい男の気持ちっていうのも、どんな風に描かれるのか興味がわきます!

    とか、いろいろアイデアが湧いてくるとてもいい設定だと思うので
    真山さんなりのおもしろポイントに絞り込んで
    それを切り口にもう一本お話を描かれるなら
    そちらも読んでみたいなーと思いました。

    ありがとうございました!

TOP